ひとり旅への憧憬

気ままに、憧れを自由に。
そしてあるがままに旅の思い出を書いてみたい。
愛する山、そしてちょっとだけサッカーも♪

久々の雪山テン泊:最後はやっぱりこれっ!

2017年05月11日 23時27分55秒 | Weblog
登れるところまでは登った・・・。
あとは戻ってもう一度滝壺まで行くことにした。
画像では十分に伝えることはできないが、ここは結構な急斜面であり、下りは無理をせずフェイスインスタイルで下りることにした。


AM君もOC君もフェイスインでの下り方はひょっとして初めてかも知れない。
であれば尚のこと経験値を積むにはもってこいのポイントだ。
先ずは自分が手本を示し、後からゆっくりと下りるよう指示した。


OC君、膝をついてしまってはいるがまずまずだ。
AM君はさすがに問題なく下りてきた。
近々行く予定の赤岳・横岳縦走の時にもきっと今日の経験が役に立つはずだ。

滝壺では三人で記念撮影をしただけですぐにテン場へと戻ることにした。

AM君「いやぁ腹減りましたね。早く『俵屋』に行きたいですよ♪」
もちろん自分もOC君も同意見だ。

「俵屋」とは・・・。
自分の勤務先近くのラーメン屋のことだが、友人知人には絶対お薦めの店だ。
味は「佐野ラーメン」系のあっさり醤油味だが、とにかく美味い!
OC君は自分と何度か行ってはいるが、実はAM君は今日が初めてなのだ。
それだけに早く行きたいという思いは強い(笑)。

テントを撤収し、約2時間かけての下山。
そこから車で1時間30分もあれば「俵屋」へ着く(だろう)。

二日間とも好天に恵まれ、男三人の雪山テント泊を十分に楽しむことができた。
さぁて、いざ俵屋へ向かって下山開始!

15時頃には店に着いた。
ここのラーメンの味は一種類のみで、そこにチャーシューかネギをお好みでトッピングするだけのいたってシンプルなメニューだ。
もちろん餃子もある。
味が一つのみということは、たった一つの味だけでやっていけるという自信の裏返しだろう。


いやぁー美味い! 実に美味い!
月に一度は食べたいラーメンだ。
AM君、OC君、そして自分も満足のラーメンだ。
また餃子も美味いんだな、これが!
皮が厚く、肉汁がしたたり落ちる。
かなりニンニクを使っているため、家に帰ってからすぐに歯磨きをしないと結構やばいことになる。
翌日の仕事にも影響があるかもね(笑)。

最後の〆は俵屋で正解、大満足だった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 避けては通れないもの | トップ | 赤岳と横岳:寝不足はつらい »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。