goo

17年4月期アニメ、取捨選択ッ!完了ッ!

暑くなったり寒くなったり雪が降ったり、なかなか安定しない天候が続いておりますが、皆様地方は如何でしょうか。
とはいえ、家の中は快適です。まだ暖房、つけてます
ということで、2017年4月スタートのTVアニメ作品、取捨選択が完了しました。

今期は、なんと!
ちゃんとしたSF作品が複数あり、喜ばしい限りであります。
まず、堂々の残留作品は。

ID-O(アイディーゼロ)公式サイト
アバターもの、でございます。ようするに人間の意識を電気信号に変換し、マシンに注入ッ!することにより、合ッ!体ッ!みたいな?
しかしそうなりますと、「ワタクシ自身」とは何なのかという根源的なモンダイがですね。非常にアレでしてね。ぶっちゃけ、自分のクローンを作成し、そこに電気信号化された自分の意識を植え付けたなら、それは本当に「ワタクシ自身」なのか?という、ですね。いわゆるアイデンティティの危機、っていうね。
まあ西洋のSF(ぶはっ)には、こうやって自分のコピーを延々と作ることによって不老不死を実現する、みたいなハナシが(かつては)よくありましたが、ワタクシには違和感しかないですね、ええ。
この作品におきまして、ヒロインのミクリ・マヤは、生身→ロボ(I-MACHINE)を何度も繰り返しますが、マシン稼働中に生身の本体が目覚めちゃったら(あるいは、意図的に目覚めさせたら)どうすんの?アタシが二人?!
・・・ま、いいです。そこは物語の本題じゃないので。
ワタクシ的には、主人公・イドのCVが興津和幸さんなので、そこんとこが最大の魅力なのでございますよ

正解するカド公式サイト
導入部は、まさに小松左京!キター!という感じです。
これ、今期№1かもしれませんヮ
ちなみにこの作品、東映アニメーションが(たぶん)満を持して放つセルルック3DCGアニメです。劇場作品「楽園追放」(もちろんセルルック3DCG作品)のスタッフが参加しているんですね。伝統ある老舗の東映アニメが、こうしたチャレンジングな姿勢を見せてくれることに、いちファンとしては感涙でございます。
ところでセルルック3DCGといえば、アルペジオのサンジゲンがトップランナーと言えるでしょう。上記の「ID-O」が、そのサンジゲン制作のセルルック3DCG作品です。すなわち─
まさにガチンコ対決ッ!
そのサンジゲンをして「やられた!」と思わしめた作品が「楽園追放」だったわけですから、これはソッチ方面でも見どころですぞ

アリスと蔵六公式サイト
1話切りかな~と思って見始めたら、ちゃんとしたSFだったエスパー迫害モノ+アルプスの少女ハイジ、みたいな?
オリジナル作品ではなく、原作コミックあり。まあ読む気は・・・ないですサ~セン。

有頂天家族2公式サイト
ワタクシしみじみと「AT-X、加入してよかった~」と、思っとります。
いやマジでよかった。何がいいって、途中のCMが入らないんですヮ。NHKアニメ、みたいなもんです。ゆえに、ディスクに落すための編集が楽ッ!前後をカットするだけでいいんだも~ん。しかも、エンドカード等々の場面に「提供・〇〇社」みたいな文字が入らんし!
そして・・・「超人ロック」劇場版とか、やってるや~ん
つくづく加入して良かった。入るか否かと悩んでいたのが、アッホみたいでした。はい。

月がきれい公式サイト
オリジナル作品で、岸誠二監督です。
「おフネのガチンコプロレスとか!暗殺とか!もういいから、初々しい青春を描きたいッ!」
と、いうことではないかと。
オサ~ンたちの夢がつまった、スマホ時代のちいさな恋のものがたりです

そのほか「進撃の巨人2期」と、引き続き「タイガーマスクW」「弱虫ペダル」、そして経過観察中(え?)の作品が3つほど。
ぶっちゃけ「アトム・ザ・ビギニング」はねえ・・・違和感しかない・・・原作読む気なっしんぐ、だしぃ・・・サ~セン。

豊作の予感がする4月期。
今後に期待です
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 今期アニメ─行... 身辺整理第2章... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。