ひとりごつ

なんのこっちゃとお思いでしょうが・・・

2016-09-15 | 息子
あの子が二つのころだった
隣で添い寝をしていたら
不意になにかに気づいたあの子は
「キレイがある!」と飛び起きた

夜が明けたら朝日が入るようにと
カーテンは閉めないままの二階の寝室の窓には
ぽっかりと大きなまるい月
明るい光を放っていた

“キレイ”を見ながら寝たいと言って
その晩は頭と足を逆にして
さかさ枕で寝たんだっけ
その角度がいちばんよく見えたから

今も静かに目を閉じれば
あの日の情景がよみがえる
冴えわたる月光と
幼いあの子の息づかいまでも



『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心の住人小劇場 | トップ | 大切なのは誠意だと思う »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (一炊の夢)
2016-09-16 17:42:58
「名月に 映してみたい あの人を」  優迷人 吟

名月にチョット感傷的になった一炊(優迷人)さんでした
一炊の夢さま (一莉)
2016-09-16 19:54:17
月には
人にいろんな思いを呼び起こす
不思議な力を感じます。
明日が満月だそうですね。
昨日、今日とはまた違った表情を見せてくれるのでしょうか。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む