HITOMI NEW YORK(ヒトミニューヨーク)・天然石アクセサリー

アクセサリーブランドHITOMI NEW YORKデザイナー・長谷川仁美のブログ!

若冲と蕪村 岡田美術館

2016-11-26 11:07:25 | Weblog

今をときめく、伊藤若冲の孔雀鳳凰図を目当てに箱根の岡田美術館へ

運よく、混雑もなく、ぜいたくにじっくりと見ることができました。

最近の若冲人気はすごいですが、実物を見ると納得。

本当に繊細で、色鮮やかで、艶やか

画面の隅々まで丁寧に描かれているのがよくわかります。

ずっと見ていても見飽きないのも若冲の魅力です。

プラス、江戸時代の画家たちの展示も見ごたえがありました。

江戸絵画、ひとつひとつが個性的で、楽しめます。

そして、常設展も充実していて大満足

岡田美術館はオープン当初から、気になってはいましたが、入場料が高いので(なんと2800円!)

なかなか行く気になれず、今回が初めての来訪でした。

緑に囲まれた箱根の森の中の美術館。

近くには白糸の滝など、散策を楽しめるエリアもたくさんあります

 


この記事をはてなブックマークに追加

KENPOKU ART 2016

2016-11-17 13:56:10 | Weblog

今年、初めての開催となる茨木県北芸術祭

茨木県北エリアで開催される、アートの祭典です。

かなり広い範囲での開催なので、バスツアーに参加してきました

山と海、大きく、二つのエリアに分かれていて、

水戸発の山コース、日立発の海コース、と両方のバスツアーに参加

山コースの旧校舎、旧青年の家などの展示がよかったです

今は使われなくなった山里の古い建物。

地方の芸術祭ならではの場所、そして、個性的な作品たち。

ただ、初回だったせいか、エリアが広すぎるせいか、

瀬戸内や越後妻有に行った時のような、

その場所にいるだけでアートを感じる、わくわく感が、あまり感じられませんでした。

初めて訪れる茨木県北エリア、

アート作品以外にも、袋田の滝、御岩神社、六角堂、など、見どころがたくさん

観光も楽しんできました

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

アメリカ大統領選挙

2016-11-12 11:50:04 | Weblog

まさかの、トランプ次期大統領

アメリカ在住、日本人だったら、ほとんどが民主党支持。

特に東海岸、西海岸の大都市は民主党の街。

ニューヨーク市民の9割がヒラリークリントンに投票したとのこと。

冗談みたいなトランプ候補に投票した人が、アメリカ国内に半分もいるなんて、

(都市部のアジア人にとって、身近にはいない人たち)

アメリカの奥深さ、闇に衝撃です。

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

ゴッホとゴーギャン展 東京都美術館

2016-11-08 08:14:40 | Weblog

ゴッホとゴーギャン展を見に上野へ

どちらも人気画家なので、混雑をさけ、平日の閉館ギリギリの時間に行ってきました。

タイトルはゴッホとゴーギャンですが、展覧会はゴッホからの視点のように感じられます。

進んでいくうちに、どんどんゴッホに感情移入。

個性の違う芸術家同志の共同生活がうまくいくはずもなく、

たった2か月で破たん。

常人には想像もできない、ものすごく、濃い2か月だったんだろうなあ。

すごい作品があるとか、作品数が多いとかではないですが、

作品だけをを見る展覧会とは違い、

それを取り巻くものも感じることができる、稀有な展覧会でした。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

トーマス・ルフ展 国立近代美術館

2016-11-07 14:19:03 | Weblog

トーマス・ルフ展を見に、竹橋へ

写真は、個人的には難しい分野。

すごく評価されているアーティストさんの作品でも、

どこがすごいのか、よくわからなかったりします

今回のトーマス・ルフ展は、そんな私でも、楽しめました。

これは、写真という分野を超えた展覧会。

宇宙好きなので、CASSINI、ma.r.s、宇宙の写真 などは、

ずっと見ていても見飽きなくて、

だんだん、それが、現実に存在している、のか、わからなくなってきます。

 

そして、さすがの国立近代美術館

常設展示も見ごたえがあり、充実の一日でした

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

豊島美術館

2016-11-01 20:12:20 | Weblog

瀬戸内海に浮かぶ島のひとつ、豊島。

瀬戸内国際芸術祭で、注目されていますが、

ここでは、芸術際の期間でなくても見ることができる、常設展示の作品がたくさんあります。

豊島横尾館、心臓音のアーカイブ(ボルタンスキー)など、

規模は小さくても、きらりと光る美術館たち。

 

その中でも、豊島美術館は別格です

内藤礼さんのアートと西沢立衛さんの建築による、奇跡のような美術館。

ここは、実際に行って、その場に含まれてみないと、何も語れません。

世界中でここでしか、感じることができない特別な場所。

日本にこんな美術館があるなんて、内藤さんと西沢さんに感謝です

 


この記事をはてなブックマークに追加

クリスチャン・ボルタンスキー アニミタス さざめく亡霊たち

2016-10-27 10:11:33 | Weblog

東京都庭園美術館で開催中の、クリスチャン・ボルタンスキーの展覧会へ

 

ボルタンスキーと言えば、越後妻有の最後の教室。

心惹かれる作品で、何度か訪れていますが、最初に見た(体験した)時は衝撃的でした

新潟の山里の廃校になった学校を、そのまま使った巨大インスタレーション。

他の世界につながっている、異質な世界に入り込んでいくような作品です。

 

今回は、歴史ある旧朝香宮邸の建物を生かした展示。

大きな作品は新館の方で展示されています。

こちらの、アニミタス ささやきの森(映像作品)は

朝から夜までの、長ーい作品。

実際の時間と写っている画面の時間がほぼ同じとのこと。

昼間に行ったので、昼間の映像でした。

夕方も見たかったです。

そして、今、絶賛開催中の瀬戸内国際芸術祭の豊島に、

ささやきの森があります。

豊島には行ったことがありますが、ささやきの森は山の中で、時間がなく、行けませんでした

豊島、いいです

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

ダリ展 国立新美術館

2016-10-26 12:43:32 | Weblog

タイトルもシンプルに、ダリ展

を見に、国立新美術館へ行ってきました。

 

総作品数250点という、ボリュームのある展覧会。

ダリの代名詞でもあるシュルレアリスムの、

幻想的で、奇怪で、不思議で、

見ていると、どこか、他の世界に連れていかれるような絵、

だけでなく、

初期の作品から、映像作品、宝飾品、などなど、幅広い作品たちを見ることができました。

ここまで、多才な人だったとは、、、時代の先駆けです。

描かれた絵だけでなく、ダリ自身も作品のような稀有な芸術家。

作品だけでなく、本人の魅力も感じることのできる、ダリ展でした

 


この記事をはてなブックマークに追加

大巻伸嗣 Memorial Rebirth

2016-10-22 11:52:08 | Weblog

上野公園で10月21日から23日まで開催中のアートイベント、TOKYO数寄フェス、

大巻伸嗣さんのMemorial Rebirthも参加、

これは、見逃せない

と、行ってきました。

 

Memorial Rebirthはたくさんのシャボン玉が空間を埋め尽くしていく、という作品。

横浜トリエンナーレをはじめ、色々な場所で開催されてきましたが、

見るのは初めて。

暗くなった公園の木々のまんなかで、

照明に照らされたピラミッド型とタワー状の装置から霧が流れ、

少しづづシャボン玉があらわれ、それがどんどん増えていって、

無数のシャボン玉が色を変えながら流れていくと、その場の空気感が特別なものに、

予想通り、繊細で、美しく、幻想的な作品でした

あっという間の30分。

やっぱり、大巻さんワールド、しみます。

ご本人もいらして、作品解説、監督など、されていらっしゃいました。

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

アニマルフォトコンテスト

2016-10-20 08:03:19 | Weblog

弊社スタッフ、りーにゃさんが、動物写真家岩合光昭さん主催のアニマルフォトコンテストで、

ネコ部門 準グランプリを受賞しました

(昨年は入選でした。)

写真はこちらに掲載されています。

https://www.digitaliwago.com/event/?lm=animalphotocon03

おめでとうございます


この記事をはてなブックマークに追加