枕草子の枕

気になる出来事

魔女の宅急便 やさしさに包まれたなら

2017年07月27日 | 日記
魔女の宅急便 「やさしさに包まれたなら」





You tubeで、ユーミンの「やさしさに包まれたなら」を聴きながら、キッチンで食器洗いをしていたら…

涙が流れだし止まらなくなってしまった。


あれこれ、いろいろ考えちゃう今日この頃…

封印していた感情が一気に噴き出した。




過日よりは母の付添いで、暫く一緒に過ごし、齢80を超えた母との時間も直ぐ先に見えて来た終焉…?

孤独感を強く感じる。





アニメーターだった兄

「魔女の宅急便」では業界誌に数ページに渡り、兄のインタビュー記事が掲載されている事を、

兄が亡くなってから彼の同業者、仕事仲間の方から知り、父、母はその雑誌を買い漁っていた。


兄、渾身の作品の一つだ。



その後も兄の渾身のジブリ作品は続くのだが…


志半ばで天に旅立ち、私は兄の「おくりびと」となった。

その後、父が逝き、ふたたび、おくりびとを演じる。



兄も

父も

全く…あとは宜しく!的に。

ホント無責任な人たちだ… 💢💢


そして、母にだって今から

「貴女がいてよかった」と、すっかり甘えられている…






むかーし、昔、学生の頃

仲良し大親友のアンちゃんが夏休み、故郷、奄美大島に帰るさい、

私、免許取立て初心者マーク付けて、車でピックアップ。

危なっかしい私の運転で羽田空港まで送った時の事を何故か思い出した。



離陸時間よりはるかに早く空港に行き、ラウンジで数時間おしゃべり。

たった、一ヶ月かそこいらのお別れなのに、永遠の別れみたいに…



で、その時

「見送られる方とお見送りする方、どっちが辛い? どっちがいい?」

みたいな議論をした事思い出した。



確か友、アンちゃんは送られる方が辛い…と言っていた記憶。

私は〜最初は断然送る方!と思っていたけど、

アンちゃんの意見を聞いて、想像力を全力投球した結果…

そうかぁ〜、辛いのは送られる方かもね〜…と




そんな、無邪気な会話が何故か甦る…





こんど、アンちゃんに会ったらば、もう一度、この議論?闘わせてみましょうか。

数々の経験を経て、大人になった私達ふたり。どういうことに?。





そおそお、あの羽田空港の帰り、私は、駐車場からクルマを出したら、

あまりに長く駐めていたから警察官、若きお巡りさんに不信がられたのだ。

当時は駐車場、平おきだし、料金は人に払っていたし、出入り口には警察官が

たっていたんだな。



不審者じゃないです、友としばしの別れを惜しんでたの!って弁明して。。。。






さてさて、さてと・・・

チェロ弾きはおくりびと? 

やっぱり送るのはいやだ、いやだ、残されたくない。












ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神宮前 蕎麦処「玉笑」 | トップ | 有楽町水族館 »
最近の画像もっと見る