ひとみの目!

神戸市会議員
人見誠のブログです。

フランス視察~東芝のリヨン・コンフュランスにおけるスマートシティ事業~

2015-11-17 22:54:25 | 日記
さらに、近くの「東芝」の事務所で リヨン・コンフュランスにおけるスマートシティ事業の取り組みの現状と課題などについてお話をお伺いしました。

リヨン・コンフュランスの地域は、昔は沼地だったところで、今は埋立地になっている。

リヨン・スマート・コミュニティ事業は、2008年にリヨン関係者が訪日して話が進み、2011年にグランリヨンとNEDOの間で協定が締結され、2012年から東芝を中心に順次スタートしている。

この事業のタスクは、
①新設ビルのPEB化、
②スマート交通システム、
③既設住宅のスマート化、
④CMS
の4つから構成されて、2011年から2016年の期間で行なわれている。

EU環境政策20-20-20(①1990年レベルに比べ、EUの温室ガスの排出を20%削減、②再生可能エネルギーから創出されるEUエネルギー消費の割合を20%に増大、③EUにおけるエネルギー効率を20%改善)やフランスの環境政策のグルネル法を踏まえた上で、
①この地域にスマートコミュニティのモデルを作る、
②日本の優れた技術の紹介・導入を図る、
③スマートコミュニティに必要なものを理解する、
ことを目的にしている。

東芝が全体を企画・管理し、多数の日系企業が協力している。

「新設ビルのPEB化」では、複合ビルの「HIKARI」を建設し、センサーで部屋にいる人数や何をしているかを把握しライトや空調を調整したり、菜種油を使ったCGSを導入したり、入居者にタブレットを配って消費電力を可視化するなど創エネ・蓄エネ・省エネ・エネルギー管理の実証実験を行なっている。

「スマート交通システム」は、PVをエネルギー源とするEVシェアシステムによるゼロエミッション交通の確立と交通渋滞・駐車場不足の解決を図るため、三菱自動車製とプジョーシトロエン製の電気自動車を6箇所に計36台と普通充電と急速充電のスタンドを設置してカーシェアリングを行なっている。

利用登録者は約180人で、ほとんどが個人。登録してネットで予約し、使った分だけ利用料を払うが、30分で4ユーロ程度。

借りたところと同じところに返さないといけないのが長所でもあり短所でもある。

μEMSで発電を管理している。

「既設住宅のスマート化」は、築80年の公営住宅7棟を住宅公社(グランリヨンハビタット)が改修し、全275世帯中200世帯以上にタブレットによる消費エネルギーの見える化(ConsoTab)に参加してもらっている。

電気・ガス・水道の使用量が見え、電気は家電ごとにも見れるようになっており、アドバイスも多く出して省エネに繋げている。

「CMS」は、①~③のタスクのデータをとりまとめて、分析などを行なっている。

リヨンのプロジェクトはステップであり、NEDOや協力企業等と課題を乗り越え、これらの4つのタスクを柱に快適なまち暮らしを実現したい、

といったお話でした。

リヨン・スマート・コミュニティの具体的な取り組みをお聞きしました。NEDOの実証実験で、NEDOなどからの出資により実施されていますが、交通システムや消費エネルギーの見える化など市民に具体的でわかりやすく、成果が実感できる取り組みが行われています。

神戸市においても環境モデル都市や「神戸スマート都市計画」によるスマート都市実現といった取り組みにおいても、リヨンの事例を参考にすべきところが多くあると思います。




この記事をはてなブックマークに追加

フランス視察~SPLリヨン・コンフュランス再開発事務所~

2015-11-16 23:39:44 | 日記
次に「SPLリヨン・コンフュランス再開発事務所」でコンフュランス地区の再開発に至る歴史的経緯や再開発の現状と課題などについてお話をお伺いしました。

コンフュランス地区はソーヌ川とローヌ川に挟まれた約100万㎡のエリアで、駅や高速道路建設で街が分断された南側の地域にあたる。

かつては工業地域であり、刑務所やと殺場などがあり環境のよくない地域となっていたため、工業の不振もあり1990年代から再開発が計画され、リオンメトロポールの第三セクターSPLが事業主体となって2005年に本格的に開始された。

2005年~2015年が第1期、2015年から2025年が第2期で計画が進められている。

街の中心部をもう1つ作る目的で、新築だけでなくもともとあった建物を残して開発を行なっており、刑務所は2009年から2年かけて改築してリヨンカトリック大学が入居したり、砂糖倉庫はビエンナーレ会場になるなどしている。

また、自然景観を守り、街中の快適空間を維持することも目的としており、WWFと提携して果物や野菜を作る庭を作ったり、高い建物に巣箱を設置したり、土地売却の前に土壌改良をしたりするなど環境改善を行なっており、トンボやビーバーなどが戻ってきている。

EU環境政策20-20-20も踏まえて省エネにも取り組んでおり、NEDOが支援し東芝が中心となっている「リヨンスマートコミュニティ事業」などが行なわれている。

開発が進むにつれて市民の目が向いてきており、地域内のマンションは5,000~6,000ユーロ/㎡で分譲されている。

また、地域内にはリオンメトロポールが建設した低所得者向け公営住宅が国内の基準(20%)以上の25%ある、

といったお話でした。

SPL(リヨン開発公社)の方に直接お伺いすることができなかったため、SPLの組織概要や再開発事業の手法や財源確保などは調査できませんでしたが、事業の概要はよくわかりました。

既存建物のリノベーションを中心に環境や自然環境にも配慮して取り組みが進められており、特にWWFと提携しているのは印象的でした。

既存建物の活用はコスト削減や景観保護にも繋がると考えられることから、神戸の都

心再整備にあたってもこのようなコンセプトを取り入れていくべきではないでしょうか。




この記事をはてなブックマークに追加

フランス視察~ローヌ・アルプ州商工会議所~

2015-11-15 22:58:14 | 日記
11月4日はまず「ローヌ・アルプ州商工会議所」でお話をお伺いしました。

ローヌ・アルプ州商工会議所は地区内の11の商工会議所をまとめる。

ローヌ・アルプ州はスイスやイタリアに近く、パリにもTGVで2時間のところ。

州の人口は約600~700万人でフランス全体の約10%、国内総生産や学生数なども約10%。

8つの大学、35のグランゼコール(専門学校)があり、リヨンとグルノーブルが中心。

企業は約40万社で、業種は多種多様だが工業産業が多く、300万人弱の雇用がある。

フランスの外国企業の約22%がローヌ・アルプ州にある。

リオン・ビオポールやアクセレラなど、13のクラスターがある。

150ものスキー場もあり、スキー産業も盛ん。

また、食文化のまちでもある。

フランス全体の約11%にあたる450億ユーロを輸出しており、日本は10番目の輸出先で7億ユーロを輸出し、6億ユーロを輸入している。

日本に輸出をしている企業は約500社あり、そのうち40社は日本にも会社がある。

日本からは52社がこちらに進出している。

日本は遠いので日本で直接会社を作った方がいいという側面はあるが、進出計画はたくさんある。

日本に関心のある企業やクラスターはたくさんあり、日本に行く際に神戸に来てもらう働きかけ等コンタクトのお手伝いなどをすることができる、

といったお話でした。

ローヌ・アルプ州商工会議所は、地域内のクラスターや企業とよく連携し、一緒になって海外進出など企業の発展、ひいては地域の経済発展に取り組んでいると感じました。

日本での取り組みも参考にすべき点は多くあると思いますし、また神戸市もこのような商工会議所とも情報交換しながら企業誘致などを進めていくべきではないかと思います。






この記事をはてなブックマークに追加

フランス視察~リヨン・ビオポール~

2015-11-14 23:32:33 | 日記
さらに、医療産業クラスターの「リヨン・ビオポール」でお話をお伺いしました。

リヨン・ビオポールは、世界的規模のクラスターで軸はガンや代謝などライフサイエンス関係のイノベーションの促進を広く行っている。

設立して10年で、まだ若いが基盤は古くからあり、大企業も参加している。

加入企業は約200社で、中小企業に力を入れており、リヨン周辺の研究所も加入している。

フランス政府やローヌ・アルプ州、リヨン市から経済的支援などもある。

人用医療・動物用医療・医療機器と医療技術・対外診断薬(インビトロ)の4つの分野を中心に、共同プロジェクト誕生促進など「イノベーション促進」、パートナーシップ構築など「経済発展支援」、海外の戦略的パートナー探しの支援など「国際発展の推進」、研究に適したスペースの提供など「設備用意」などを行なっている。

「イノベーション促進」は、イベントの企画やワークショップなどで新プロジェクトの誕生を促し、資金調達のフォローや研究機関と企業の結びつきの促進等を行なう。

プロジェクトは地域規模のもの、ヨーロッパ規模のもの、世界規模のものなどいろいろある。

これまでに165件のプロジェクトが誕生し、総額で87,800万ユーロの投資規模になっているが、その内30,700万ユーロは公的資金による投資である。

「経済発展支援」は、企業と研究機関のパイプを太くするため、ミーティングやイベントを行ない民間企業の投資を促進する。

「国際発展の推進」は、北米・ヨーロッパ・アジアをターゲットに中小企業の海外進出支援、資金調達支援などを行なっている。

日本のマーケットは優先的で、バイオジャパンというバイオビジネスにおけるアジア最大のパートナリングイベントに出展した企業もある。

日本の再生医療に取り組む姿勢に関心を持っており、将来的にも日本への進出を支援し、日本のクラスターと連携強化していきたい、

といったお話でした。

リヨン・ビオポールへの訪問は、リヨン訪問の中で最大の目的で、2014年に久元市長がリヨンを訪問し、医療産業都市の講演などを行ないましたが、さらに具体的に連携や企業誘致などを進めることができないか可能性を探ることにありました。

リオン・ビオポールの方は神戸の医療産業都市に大変興味を示し、2016年のアクションプランの中に神戸訪問も盛り込み、セミナーや視察などができないか検討したいとのことで、その可能性は十分にあると感じました。

しっかりと行政とも情報交換しながら、具体的に連携や企業誘致につながり、医療産業都市がさらに発展できるように取り組んでいきたいと思います。







この記事をはてなブックマークに追加

フランス視察~リヨン・アクセレラ~

2015-11-13 23:44:32 | 日記
次に化学と環境のクラスター「アクセレラ」でお話をお伺いしました。

アクセレラは、企業・研究所・大学が集積したところで、300の企業体が集まる団体。

創立者はアルケマ社、エンジ社、ソルベイ社など世界規模の化学製品の会社で、300社中、企業が234社、研究所が53か所。

ローヌ・アルプ州のクラスターで、化学製品の生産量はフランス1位、エコビジネス・エコテクノロジーではフランス2位の規模で、これらの産業に5万人近くの人が従事している。

「リサイクル可能資材、環境効率性、工業用資材・製品、複合化・軽量化、リサイクルと環境」の5つの戦略テーマがあり、300社はいずれかのテーマに関係している。

中小企業の技術革新、イノベーションプロジェクトを支援している。

50%は公費で、50%は加入費で運営している。

政府からの共同プロジェクト開発や、企業からの研究依頼、リヨン市等からの協力依頼によるプロジェクトを行なう。

プロジェクトが決まれば、企画をして正しい方向に進むよう導いていくのがアクセレラの仕事で、3~5年程度フォローする。

また、ウェブやイベントなどを通じて成果を紹介したり、セミナーや情報交換会などの企画ミーティングを数多く開いている。

2005年に設立してから10年で225のプロジェクトのフォローをしてきた。

1プロジェクトの平均予算は300万ユーロで、予算総額約7億にのぼることになるが、それらはすべて政府から資金が出る。

事例としては、リヨン市からの依頼による南部のケミカルバレーで発生している排熱エネルギーの再活用策のプロジェクト、グルノーブルの都市などの依頼による都市排水の品質管理のプロジェクトなどがある。

プロジェクトによって、各企業のテクノロジーにあわせてチームを編成する。

その他に、加入者同士の交流やセミナー・研修の実施、大企業との出会いの場の提供、世界に向けたビジネス開発をするためのパートナーリサーチなどを行なっている。

海外ビジネスのターゲットは、モロッコ、ドイツ、ブラジル、中国などを希望している加入者が多く、加入者の意向によりブース出展や企業紹介などを行なう。

創立者は大企業だが、それをベースに中小企業が恩恵を受けられるようにするのがアクセレラの仕事。

国からの資金がだんだん少なくなってきており、これからはクラスター自身で資金を獲得していく必要がある。

プロジェクトによっては、新しく企業が立ち上げられることもある。

プロジェクトはイノベーションのみで、技術開発ができればアクセレラの役割は終了し、売り込みはしない、

といったお話でした。

アクセレラは、政府や地方自治体などからリサイクルやエネルギー効率向上等の委託を受けて、課題解決のイノベーションを行っており、それに神戸や日本の企業との連携の可能性はあるのではないでしょうか。

また、産業・企業の育成方法の一つとして、アクセレラのような方式は参考になるところは多いのではないかと感じました。







この記事をはてなブックマークに追加