京都市会議員鈴木マサホひとくち日記

民進党京都市会議員鈴木正穂(マサホ)の日々の活動と京都市や民進党、左京区の話題が満載。

帰国後の日々 深夜11時前まで委員会  11月9日ー13日  

2016年12月24日 | 日記
●11月13日(日)

 朝、高野の障害者スポーツセンターでの電動車いすサッカーフレンドリーサンガカップの大会。大阪、奈良、福井、滋賀からもチームが参加。ソニックの河前君や和馬君らみんなたくましくなりましたね。
 
 それから、左京区役所で左京歯科医師会の主催の「歯のひろば」。
 いつもお世話になっている吉田歯科医のご子息やFB友達の藤田先生らとあいさつ。高校時代の同級生の新見さんも元気で活躍。若いパパママと子供たちで賑やかでした。

    <同志社ホームカミングデー>

 昼過ぎは、我が母校の同志社のホームカミングデー。好天に恵まれて卒業生がキャンパスを散策し、またゼミなどでも同窓会も。ぼくは1968年文学部文化学科文化史西洋史専攻入学、学生時代色々とあったので卒業したのはなんと9年かかったあ!1977年に卒業。それから議員になって3期目1995年阪神大震災の年、同志社に総合政策科学研究科が開講して社会人入学の一期生。修了は1998年でした。

 で、今日は、同志社学友会倶楽部主催の藤原史郎さんの「差別なき地平への歩みー高校教師として何ができたのか」という講演会に。全国外国人教育研究会などで出会った神学部卒の先輩。尼崎の高校での在日コリアン生徒との交流について、ビデオを見せながらのお話。なつかしい諸先輩にも出会えた。そのあと、総政会の部屋に行ったら終わったあとで、会長の久保さんと挨拶して早々に帰宅。

 久しぶりに我が家で夕食。

●11月12日(土)

 土曜日。昼すぎ、我が家から徒歩1分、白河総合支援学校の創立40周年と地域感謝祭。和太鼓の演奏などもあり、美味しいパンや農園で収穫された野菜の販売もあり、地元の住民も参加して賑やかでした。
 
 それからロームシアターでの「京都から日本の未来を展望する」のシンポジウム。ジェフ・バーグランドさんと山極京大総長とのやりとりが愉快でした。ロビーでは天才アートの作品の展示も。

 そして夕方は大相撲京都場所の実行委員会。立浪親方(元小結旭豊関)も来られて、山田義秀・高江洲昌平の沖縄の島唄の演奏も。とりは、今枝徳蔵さんの相撲甚句。来年は10月15日(日)に京都場所が開催されることも決まりましたよ!実行委員長の桝本元市長もお元気でした。

●11月11日(金)
 
 昼すぎまでダウン。午後、税理士の友人と四方山話。

 夕方、連合京都市内地協の総会がラポールにて。来賓の挨拶等。

    <泡盛同好会>

 その足で、泡盛同好会、錦秋の集い。毎年11月11日に開催されている。会長は門川市長。沖縄とゆかりのある檀王法林寺さんのご住職がいまは世話人をされているが、始めたのは松田明さん。もう亡くなって何年たつのかな。ゼスト御池の沖縄物産展も閉められて残念。
 今年も沖縄の酒造組合のはからいで、泡盛の女王も花を添えて、沖縄と泡盛を満喫!公務多忙な中、福山議員も飛び入り。島唄やエイサー、沖縄ポップスなど盛り上がり、会場いっぱいに踊りましたよ。ぼくが沖縄に行ったのは1969年夏のこと。もちろん復帰前。あれからもう半世紀近くになるなあ。

●11月10日(木)

    <アメリカ大統領にトランプ!>

 アメリカの大統領に予想を覆して、共和党候補の不動産王ドナルド・トランプが当選。ヒラリー・クリントン候補が勝利すると思っていたが、びっくり仰天。移民を排斥したする言動を繰り返している人物が、大統領なんて、信じられない。アメリカの民主主義はこれからどうなるのか。マスコミも予想が外れて慌てているね。TPPにも反対しているのに日本の国会ではTPP賛成で可決。さて日本との関係はどう動くのか。

    <予算要望づくり>

 昼から時差ボケか疲れかぼーとしながら予算要望づくり。議員団の予算要望作成チームのリーダーということで、各行政区の地域要望や政策的な重点項目、また各施策の項目を点検しながら、前年度分から削除する項目や修正したり、また新たに項目を起こしたり。また前文も書かないといけないので、ちょっとたいへん。しんどい体にムチ打ってパソコンに向かう。

 夕方、近所の「ひげ床」さんで、デンマークで伸ばし始めた髭を整えてもらう。ぼくは海外視察など行くと髭を剃るのが邪魔くさくて、無精ひげを伸ばす。しばらく伸ばしたままで行こうかな。

●11月9日(水)

   <教育福祉委員会 深夜11時前まで!>

 時差ボケもなんのその、昨日、デンマークから帰国した翌日なのに教育福祉委員会。
まずは教育委員会から報告事項。

 (1)「京都市学校施設マネジメント基本計画(案)」の策定及び市民意見募集の実施について報告があり、委員から質疑もあり。
 請願審査は、共産党系の婦人団体が毎年、請願を出してくる「全員制の中学校給食の実施について。各委員が賛成反対の立場で議論。継続審査に。
 一般質問は、7人かな。もう眠たいけど忍の一字。

 保健福祉局からは、報告事項として、市長選挙の時の門川候補の公約でもあったこどもはぐくみ局のこと。子ども若者はぐくみ局(仮称)の創設に係る所管業務等の検討について報告と質疑。ぼくも質疑をしました。
 以下、報告事項が山ほど。
 ◎障害者24時間相談体制構築モデル事業における個人情報の紛失について、◎本市市営墓地における無縁改葬時の誤改葬について
 ◎障害者支援施設「わかば」に対する特別監査実施結果について、
 ◎障害福祉サービス事業所「輪舞(ロンド)」及び「交流広場ライフアート」の指定取消処分について、
 ◎)精神保健指定医の指定取消し処分について、
 ◎京都市におけるホームレス支援施設の今後のあり方について、
 ◎貧困家庭の子ども等に係るアンケート調査結果(速報)について、
 ◎「京都市児童福祉法に基づく事業及び施設の人員,設備及び運営の基準等に関する条例」 等の改正に関する市民意見募集について、
 ◎「京都市における介護予防・日常生活支援総合事業の実施内容」について
 ◎宿泊サービスの提供に係る本市のルールの明確化に向けた取組について、
 ◎違法な「民泊」の適正化等に向けた衛生課業務等の集約についてと合計11件の報告と質疑があり、もうたいへん。

 さらに請願・陳情審査として、ぼくも紹介議員になっている「児童館未設置学区エリアへの子育て機能の充実・拡充」の請願についても議論。結果は継続審査。
 陳情案件の「国の待機児童解消に向けて緊急的に対応する施策に係る丁寧な議論」についても議論もありました。
 時差ボケもなんのその。終わったのは深夜11時前。
 もうヘロヘロ。勘弁してよ!ギブアップや!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京都市会海外行政調査でデン... | トップ | 民進党本部常任幹事会に初参... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事