京都市会議員鈴木マサホひとくち日記

民進党京都市会議員鈴木正穂(マサホ)の日々の活動と京都市や民進党、左京区の話題が満載。

秋の日々 その4      11月20日ー23日

2017年12月04日 | 日記
●11月23日(木)

    <中央市場 市場まつり>

 勤労感謝の日。

 朝、中央市場の市場まつり!ぼくは2回目の選挙に負けて4年間、塩干部の「山本水産・山安」で働いてました。30余年前のこと。なつかしいところです。「山安」の社長ももう随分前に亡くなられて店も閉店。塩干部の仲買さんの店も少なくなっているのです。
 市場まつりには大勢の市民が詰めかけて、色々な鍋の前には行列でごった返してました。およそ170億円かけて行われる再整備の工事も始まってました!歴史ある京都市場が市民に安心で安全な食品を販売する市民の台所になることを願っています。
 
   <井手英策氏の講演会> 

 午後は岩倉木野の京都精華大学に。創立者の岡本清一記念講座ということで、井手英策慶応大教授が「公正と自由―欲望の奪い合いから幸福の分かち合いへと財政を変える」と題しての講演。この5月に民進党地方自治体議員フォーラムで講演していただいたお礼もかねて参加。前原議員も参加。
 大本教の教祖出口なおさんの話から始まって、「ALL FOR ALL」の考え方、締めは「勤労と倹約の美徳、自己責任を超える新しい社会を!」と熱弁。彼の熱い想いを実現するのは、誰か。今回の衆議院選挙をどう思うかな、など実は質問したかったのですね。ともあれ、ありがとうございました。
なお精華大学も開校して50年とか、立派な大学になりましたね。

 その後、比叡山山麓、修学院の関西セミナーハウスのもみじまつり。
自治労府本部の傘下の組合員の北野さんらに挨拶して、庭の紅葉を堪能。去年はイマイチでしたが、この秋は見事!

 夜は、わが事務所にて、十二提灯こども神輿保存会の直会。
飾り付けから巡行に協力していただいた世話人のみなさんに会計報告をして、反省点など議論してその後はビールを飲みながらワイワイ。来年もよろしくね。

●11月22日(水)

 10時過ぎ川端署に。この8月末に開催した「吉田東通の夜市」が大きなトラブルもなく無事に、また成功裏に終えたことを担当者に報告に。特に苦情もなかったようで一安心。地域おこしに配慮してくれて、またアドバイスなども。感謝でした。来年もよろしくです。

     <東山区のギャラリーまわり>

 忙中閑あり。東山区の東山通松原を西入るのハッピー六原の路地のギャラリー「MATTua-LA  まっつあら」に。「みりみりらんど」と名付けられた個展。細かい絵柄に感心します。「MATTua-LA  まっつあら」は福祉工房P&Pが運営しています。

 帰り道、安井金毘羅宮の南側にある「風の倶楽部」に。骨董展が開催中でした。ここは第四錦林小学校の校長先生だった海原清子さんが退職後開かれたギャラリー。病魔に侵されて、三年前に亡くなりました。ご冥福をお祈りいたします。あの世で、お酒、飲んでますか?

 帰途、今日の昼ごはん、久しぶりに三条古川町上がるの「いっちゃんラーメン」。レゲエ音楽の流れる店ですよ。美味かった!

 午後、事務所での来客は、NPO法人市民後見人センターの内藤さん。成年後見人制度が発足して16年、昨年28年には成年後見促進法が制定されて新たな拡充の仕組みづくりが行われている。しかし色々と課題があるようで、いちど保健福祉局と委員会で現状と今後の取り組みについて議論をしてみよう。

 夜は、京都府歯科医師会の役員さんたちと府会議員、市会議員に泉ケンタ議員と山井議員も参加してデンタルミーティング。口腔保健の大切さや京都市への予算要望などを伺いました。

●11月21日(火)

     <大相撲、暴行事件で大騒動>

 このところのニュースは、大相撲の横綱日馬富士が同じモンゴル出身の貴ノ岩に暴行し負傷させた問題で大騒動。貴乃花親方が沈黙を続けていて真相もわからないのか。巡業先の事件なので鳥取県警が事情聴取したりで、連日テレビのワイドショーではああでもない、こうでもないとコメント。この4年ほど前からか、ぼくは京都場所の実行委員会のメンバーになり親方やまた横綱らと記念写真におさまったことがあるが、こういうゴタゴタが起きると相撲人気が落ち込むことになるので、早く解決してほしいと思うひとり。
 
 今日は特に委員会もなしで議員団室には行かずに浄土寺の吉田歯科で治療を受けて、その後は、事務所で一か月遅れの「ひとくち日記」を打ち込んだり、11月市会の議案書やその他諸々の行政資料を読んだり整理したり、市民派議員レポートの準備をしたりで一日が暮れる。

●11月20日(月)

    <大原 尾見分校と百井分校のこと>

 10時から議員会。各局から議案の説明と簡単な質疑。

 補正予算関係以外の議案で注目したのは、京都市義務教育学校の条例の制定。
これは、すでに小中一貫校教育を実施している大原学院や花背小中学校を9年間に及ぶ義務教育学校として設置するもの。向島小中学校はなども新たに義務教育学校となり「秀蓮小中学校」になるという。
 
 気になったのは、左京区の山間部は百井分校と大見にある尾見分校の廃止のことが記されていたので、担当者と質疑。大見に残土投棄の大見総合公園計画に反対運動を繰りひろげたのは、もう35年前か、議員になる前。その時からこの分校跡については、地元の住民と色々と聞いていた。地元の方とも連絡を取って、相談しようかと思う。
 その他、児童館の指定管理者の選定や市道路線の廃止や認定、さらに近畿宝くじの発売金額などの議案。

   <吉田東通の夜市のこと>
 
 夜は、事務所近くの「丸二食堂」にてこの8月に開催した「吉田東通の夜市」の反省会。ファミマ―前から神楽坂まで全面通行規制で左京区役所の助成金で警備員を置くことができてトラブルも苦情もなく安全に開催することができた。夏の終わりの吉田の祭りとして定着したなあ。実行委員長のタコとケンタロー、中華そば「みみお」の夫妻など集まってワイワイいいながら次回に向けてのアイデアも。ご協力いただいた、特にご近所のみなさんに感謝です。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋の日々 その3     ... | トップ | 晩秋 琵琶湖疏水を蹴上から... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事