京都市会議員鈴木マサホひとくち日記

民進党京都市会議員鈴木正穂(マサホ)の日々の活動と京都市や民進党、左京区の話題が満載。

秋の日々     11月6日ー8日  

2017年11月29日 | 日記
●11月8日(水)

   <教育福祉委員会>

 第2週の水曜日は、10時から教育福祉委員会。

 保健福祉局からは、報告案件で敬老乗車証制度の現状と課題に関する市民アンケート等の集約結果についてと社会福祉法人七施会に対する特別監査実施結果について。

 敬老乗車証の見直しがこの間審議会からも提案されて、市民新聞にその財政的な課題などが示され、また市民へのアンケートが行われその回答の集計が発表された。ぼくも2年先には敬老乗車証を交付される年齢になるので注目していて、色々な観点から質疑。40億円を超える税が投入されているのだが、高齢者が増える一方の時代にいかにして、持続できる制度にするかが問われている。ある程度の応益負担が必要になってくるかな、と思っている。

 一般質問では、・民泊について・薬物乱用防止について・障害者の就労支援について・国保の都道府県、一元化について各委員から質疑。

 続いて、こども若者はぐくみ局は。報告案件で、児童養護施設退所者等支援事業における実態調査の結果について。色々な事情で養護施設にいた子供たちが施設を出た後の悩みなどが聞き取り調査などで明らかになった。いかにフォローしていくのかが、課題。

 一般質問では、・こども若者はぐくみ局の計画審議会の一体化について・障害のある施設の運営について・保育園のオンライン申請についてなど委員から質疑。

 教育委員会は、報告案件なしで、一般質問のみ。ぼくは少年合唱団のことなど質疑をしたかったが、時間の関係でおりました。委員からは・北区、紫野小学校・楽只小学校の統合について、・図書館におけるブックリサイクルと付録の有効活用について ・教職員の働き方改革について質疑があり、委員会終了は18時過ぎ。
 
 夜は、年に一回の議員団と市長、副市長らとの懇談会。京都市政の諸課題について親しく意見交換。

●11月7日(火)

 朝、久しぶりに浄土寺の吉田歯科に。歯茎が弱ってきているので、なんとかしようと吉田民夫先生。今年はよく通院したな。ぼくが唯一通う医療機関。これからもよろしくお願いします。
 
 帰途、真如堂の木々も色づき始めています。秋ですね。

 昼は、議員団室に。NPO法人KOALAの森五宏さんと食事をしながら懇談。森さんは長年関西で交通問題に粘り強く取り組んでいる人。久しぶりに会って、京都駅から河原町までLRTを走らす夢などを語る。

 夕方、真如堂に。11月は「お十夜」と言って本堂で11月5日から15日にかけて毎夜、鐘を鳴らしながら鉦を打ち阿弥陀仏を念ずる仏事。浄楽学区のぼくの友人らが一心不乱に鐘を叩いているのを見学。結願の15日にはお練り法要もいとなまれ、中風よけの小豆粥の接待もあります。
 色々な行事が我が家の近所にはあるのです。 

●11月6日(月)

 月曜日、おふくろの定期検診の日。カミサンと嵯峨野の高齢者住宅に迎えに行き、千本丸太町の診療所に。血圧など正常。採血もしてもらうが、特に悪いことはないとのこと。検診した後、天気も良かったので広沢の池から嵐山をドライブ。来月91歳になります。足は弱って車イスだけどまあまあ元気ですよ。

 午後、出町の高野川に架かる河合橋の改修工事に関わり、下鴨学区や養正学区の代表に学識経験者らのデザイン検討委員会のみなさんの現地説明会に合流。河合橋の安全の確保の請願が採択されて、歩道も拡幅されます。欄干にしぶとく生えている「ど根性松」は、移植されるそうでよかった。
 
 帰途、わが事務所から北に徒歩3分かな。吉田山、南参道の紅葉が今年もきれいですよ!
 
 トランプ大統領、安倍首相と会談して、ミサイル開発を進める北朝鮮に政策を変えさせるため、圧力を最大限に高める方針を確認して、日米間の貿易不均衡是正を要求。米国製武器の購入拡大も求めたという。不動産屋のおっさんが、つまりは武器を売りに来た、ということかな。
 
 もうひとつの気になるニュースは、泉ケンタ議員が、希望の党の代表選挙に出馬表明。その心意気を良しとして、国会議員8人の推薦が必要らしい。玉木雄一郎衆院議員も立候補を表明しているという。8日が告示で10日が投開票らしい。まあ見守りましょう。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3連休 イベントまわり、 ... | トップ | 秋の日々 その2    1... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事