京都市会議員鈴木マサホひとくち日記

民進党京都市会議員鈴木正穂(マサホ)の日々の活動と京都市や民進党、左京区の話題が満載。

民進党定期大会    3月12日

2017年03月19日 | 日記
●3月12日(日)

    <民進党定期大会>

 朝、新幹線で東京へ。民主党から民進党になってちょうど1年、1時から蓮舫代表になって最初の民進党定期大会。ぼくは自治体議員フォーラムの代表として招待されたのです。会場は、東京タワーの隣のホテル。右翼の街宣車が騒がしい。

 民進党のHPから大会の模様をちょっと長いけれど抜粋、引用しておきます。興味ある方はオンでくださいね。

    <来賓のあいさつ>

 東日本大震災で犠牲になられた方の冥福を祈って黙とうが行われ、民進党の立党の原点を再確認するため綱領の斉唱。
 来賓挨拶は、連合会長の神津里季生氏「一つひとつの課題に対して真摯(しんし)に議論を尽くすこと。議論の結果を受け入れ、皆が一丸となって対応していくことだ。このことがあらためて世界共通の課題となっている。民進党のエネルギー・環境政策は、苦労の末まとめあげた政策を堅持されて今日に至ったと考える。働き方改革の時間外労働の上限時間設定は、労基法制定70年の歴史の中で大きな「改革」だ。次期総選挙勝利に向け、蓮舫代表を筆頭に、民進党の皆さん方が大きな発展に向かうことを心より願う。私たちにとっては民進党しかない。ともに頑張ろう」。

 続いて、慶應義塾大学経済学部井手英策教授の挨拶。「必死に働くなかで自分自身で明日の暮らしを何とかする、自己責任の社会を僕たちは生きている。人間同士が分断され、生きることが苦痛と感じるような社会を子どもたちに絶対に残すわけにはいかない。貧しい人だけでなくあらゆる人の生活を保障していく。期待できない経済成長に依存するのではなく、将来の不安を取り除けるような新しいモデルを示してこそ、アベノミクスへの対立軸たり得るのではないか。自己責任の恐怖におびえる国から、生まれてよかったと心底思える国に変えてほしい。」

 ぼくは、彼の覚悟に胸を打たれた。万雷の拍手でした。


 2人目はNPOキッズドアの渡辺由美子理事長。
 「日本の子どもの貧困という課題に取り組んでいる。家庭環境の不安定な15歳について、世界各国と同じように、義務教育を終えてもまだまだ社会が支えるべきだ。例えば児童手当。なぜか15歳までしかないが、高校に行くにはお金がかかる。通学定期が買えなくて、高校をやめてしまう子がいるという現実がある。そんななかで児童手当の拡充や給付型奨学金もようやくできたが、まだまだ足りない。教育無償化の話が出ているが、そういうこともぜひやっていただければと思う。」

 そして3人目が異色の駐日アイルランド大使のアン・バリントン女史。
「2016年グローバル・ジェンダー・ギャップ指数」で、アイルランドは世界6位で日本は111位。日本が評価を改善できる分野の一つは、国会議員の女性比率だ。アイルランドでは2012年に可決された法律で、立候補者の少なくとも30%が男性、少なくとも30%が女性でなければならないと規定した。今年の国際女性デーのスローガンは「変革のために大胆であれ」。おそらくこれは民進党にとっても、より多くの女性を国会に送りだすために、すばらしいスローガンとなるのではないか」と通訳付でお話し。

    <蓮舫代表のあいさつ>

 そして、「この国の未来を選択できる政治を実現するために」と蓮舫代表が挨拶。ちょっと長いけれどお付き合いをよろしく。
 「私たちは、国民の選択肢になる。選ぶことのできる政治を実現する、選ぶことのできる政策をしっかりと示し、国民がこの国の未来を選択できる政治を実現するのは民進党だと、今日、みなさんとともに確認をさせてください。私たちはどんな未来を創っていくことができるのか。厳しい現実を超えて教育やエネルギー等の国のあり方について国民に夢と可能性のある、もう一つの選択肢を提案していくことが、民進党の「未来への責任」です。

 と述べて、以下、
原発ゼロ基本法案を国会に提出しますと明言。
「森林が市面積の8割を占める岡山県真庭市は、バイオマスタウン構想を官民一体で進め、新市庁舎に地元木材を使ったボイラーを導入し、1年中快適な室温を維持することができ、電気料金をかつての3分の2にしました。また、官民が出資して真庭バイオマス発電株式会社を設立し、市内一般世帯数1万7千を上回る2万2千世帯分の電気をつくり、会社は黒字になっています。これまで処分費用がかかった木くずや間伐材が新たな燃料として収入になり、関連産業で雇用が生まれ、地域のお金が地域内で循環する仕組みが生まれました。自然エネルギーを起点に、新しい経済システムが回り出したのです。こうしたシステムは今や各地で動き出しており、未来への夢と可能性は広がり始めています。民進党はすでに再エネ・省エネ推進の関連法案を国会に提出しています。新しい技術、国民の努力によってグリーンエネルギー革命が加速化されています。この加速に伴い原発依存からの脱却が前倒しで実現可能となるよう、来る総選挙に向け「原発ゼロ基本法案」を立案し、国会に提出します。
 再稼働まっしぐら、原発依存へ逆戻りの現政権とは違う未来を描いていきましょう。エネルギーは国家の重要基本政策です。国民生活・経済活動に与える影響、国際的なエネルギー情勢や国際社会との関係、使用済み核燃料の処理に関する自治体の理解と協力の状況なども検討します。東日本大震災から6年。飯館村の村長が「普通の災害はゼロからのスタートだが、われわれゼロへのスタートだ」と言われました。この重い言葉に応える責任を、3・11を忘れずに私たち民進党がしっかり果たすと言わせてください。

 そして、教育無償化実現に向けた法案を立法します
私たちは政権時代に「高校の実質無償化」を実現し、その第一歩を踏み出しましたが、最近、さまざまな「教育無償化」を巡る議論が起こっており、一部にはそのために憲法を改正しようとの主張があります。しかし、「教育無償化」を実現するための最大の課題は「財源」であることは明らかであり、憲法改正の主張はこれをごまかすものに他なりません。民進党はこの問題に正面から取り組みます。
 子どもたちに奨学金という名の借金を負わせ、返済負担が重く結婚さえできない未来を自己責任と言い放つのではなく「支える」。子どもたちが納税者として社会を担う一員となるために必要な財源は最大で5兆円程度と見込まれます。その第一歩として、消費税を8%から10%に引き上げる際、その1%、3兆円弱を活用することに加え、所得税・住民税の配偶者控除廃止、相続税・贈与税の引き上げ等により、十分な財源を確保します。これを前提に「教育無償化」に向けた具体的な工程を、法律案という形でお示します。
 
 人口減少社会での持続可能な社会保障制度はどうあるべきか。日本型ベーシックインカムの税制と合わせ、これも今、党内で積極的に議論しています。教育とエネルギー。そして社会保障制度のあり方と税制改革。次世代へ可能性を残す政策はどうあるべきか。私たちはいつも「今」を見つめ、新たな可能性を実現する政策集団である、ということを、この1年日本の津々浦々で訴えていこうではありませんか。

 男女共同参画推進こそ私たちの目指す社会
私たちは、法律で適正な残業時間の上限を定めることによる長時間労働の解消、育休手当100%支給による男性の子育て参加促進、そして選択的夫婦別姓の実現に取り組みます。
 政界で活躍する女性を増やし、世の中の仕組みを女性視点から創ることも大切です。国政選挙で「男女クオータ制」の導入を可能とする公選法改正の成立に全力を挙げていきます。民進党として、2年後の統一自治体選挙で女性候補者倍増を目指し、国政選挙でも積極的に女性候補者を発掘して、それが私たちの目指す社会を作る力になります。

 次期衆院総選挙に向けて
 次期総選挙に向け、2大政党の一翼を目指す民進党は、過半数の候補者擁立も絶対条件です。国民の皆様に今の政権と違った未来を、夢と可能性に思いを馳せることのできる未来を提示していきたい、皆さんと一緒にそれを現実のものにしていきたいからです。そのために党の理念、政策を明確に掲げ、全国で国民の理解を一層求めていかなければなりません。私自身が先頭に立ち全力で走り続けますが、皆さんのお力を貸していただきたい。党が一丸となって取り組み、石にかじりついても総選挙の勝利をわれわれの手でつかみとっていきましょう。
 
 「ひとりで見る夢は夢でしかない。しかし、誰かと見る夢は現実だ」オノ・ヨーコさんの言葉です。教育無償化で子どもたちに未来を。原発ゼロ社会で新しい未来を。持続可能な社会保障制度で日本の未来を創りたいのです。1人で動く力は限られていますが、仲間の皆さまと動き、訴え、伝えて行くことが、可能性を夢で終わらせない政治を実現させると確信しています。過半数の候補者を擁立する。女性の挑戦を力強く支援する。次世代の夢と可能性を現実に変えていく政策を掲げる民進党こそが、2大政党制を創ることができるのです。」
蓮舫代表のあいさつに続いて野田佳彦幹事長が登壇し、「2017年度活動方針案」と「2017年度予算・2016年度決算」の議案の提起を含む幹事長報告を行い、拍手で了承された。
 その後、野田幹事長から党大会議案の報告・提案として、人への投資、国会論戦について、選挙を勝ち抜く態勢、組織活動、団体交流・国民運動、男女共同参画、故・日比健太郎名古屋市議の思いを胸に刻んで「民進党は、すべての白血病患者が骨髄移植をできる社会を目指し、全国で推進運動を展開し政策提言を取りまとめる」と宣言した。淡々と出席者の拍手で了承された。 
 その後、地方自治体議員表彰も行われ、蓮舫代表、党役員、青年局の自治体議員や女性議員ネットワークの自治体議員、学生の面々が登し、蓮舫代表の発声でガンバロー三唱を行い、大会を締めくくった。」ということです。
 まあこんなもんかな。イマイチ高揚感と熱気はないなあ。されどここから頑張るしかないのです。

     <東京タワーに>

 
 散会後、知人らにあいさつした後、すぐ隣の東京タワーに。中学の修学旅行以来かなあ。塔の下で東北応援の出店があり、岩手三陸の吉浜ラーメンなる魚介類のラーメンを食して、150メートルの展望台に。多くの観光客で賑わってました。しばし大首都、東京の眺望を見てから、割り引きマッサージが階下でやっている広告を見つけて、早速スポーツマッサージをしてもらいちょっとリラックス。
 
 そして帰途、新幹線でハイボール。明日からまたガンバロー

この記事をはてなブックマークに追加

車いす駅伝の開会式など  3月9日ー11日

2017年03月19日 | 日記
●3月11日(土)

<京都インターナショナルスクール(KIS)創立60周年記念シンポジウム>

土曜日の昼下がり。岡崎公園での平安楽市。ちょっと寒かったけれど、ライブや出店で賑わってました。
そして、国際交流会館での京都インターナショナルスクール(KIS)創立60周年記念シンポジウムに参加。 京都、関西における教育の国際化について多角的な視野から議論。今は上京区の元聚楽小学校で、グローバルシティズンを育てる教育を実践中。
世界文化自由都市宣言をしている京都ならではの学校です。ぼくは縁あって評議員です。応援しています。2年前上京区で府会議員選挙に挑戦した高木博章夫妻も参加。締めの挨拶は柴田重徳さん。お元気で何よりです。同時通訳もあったけれど、なしでも半分ぐらい理解できたかなあ。
 
<全国車いす駅伝の開会式>

夕方は、宝ケ池のホテルで全国車いす駅伝の開会式。今年で28回目。市会の教育福祉委員会の委員としていつも参加しています。今年も高窓宮妃殿下がご列席。ガールスカウトの御嬢さんたちもプラカードもってボランティア。今年は18チームが参加。
京都は駅伝のメッカ。年末の高校駅伝に始まり、年明けの女子駅伝に2月の小学生の大文字駅伝、そして車いす駅伝と続くのです。ぼくは日曜日、東京での民進党の大会があるので応援できませんが、選手のみなさん、頑張ってください。

●3月10日(金)

<市会改革推進委員会>

 10時から市会改革推進委員会。今期最後の委員会。投票率の向上に向けて高校生との意見交換会など色々と市会改革に努力をしてきた。今後、意見交換会の開催などどうするか、各会派の委員から意見が披歴され、今後も開催に向けて努力はしようと大まかな合意はできたとぼくは思っているが、その他、この間の取り組みを議長に報告すべくまとめの会。
 寺田委員長はじめ市会事務局や委員のみなさんご苦労さんでした。
 
   <左京区選挙管理委員の選出に向けて>

 昼前、左京区役所の多田副市長が来室。4年に一度の区の選挙管理委員の改選期を迎えて、ぼくが最年長をして座長役になるので進行や選任の方法について打ち合わせ。原則、各会派からの推薦になるのだが、左京は8人の議員がいるが、共産2人、民進2人、公明1人、京都1人、維新1人、無所属1人で自民党の議員がいない。
 過去の慣例や市会の会派の人数など考慮しながら決めることになるのです。

 午後は、民族学校のことで相談ごと。地域に根差した学校にどうしたらいいのか、ということでアドバイス。なかなか難しい問題です。
 またハラールネットワークのメンバーが教育委員会との懇談の場に挨拶にも。そして政務活動費のことについて市会事務局より。この間の訴訟の結果を受けて、どう対処するか、説明も。
 それから合間を縫って、予算特別委員会の総括質疑に向けて、質問項目について打ち合わせも。
 
     <ウイングス京都のこと>

 さらにウイングス京都の図書室の縮小について、ウィメンズカウンセリング京都の井上摩耶子さんらが来室。京都市男女共同参画センター「ウィングス京都」は1994年に「女性の自立と社会参加を支援する」ことを目的に京都市によって開設された。当時、ぼくも建設にあたって色々と議論をしたが、今回は、図書室のスペースを縮小してギャラリーにして、図書の貸し出しを原則しないということで、貸出についてなど要望に。担当の部長らと懇談。
 夜は、事務所で議員レポートの原稿書きなど。

●3月9日(木)
 ぼくも属している予算特別委員会第2分科会は今日はなし。

   <おふくろの見舞い>

 昼前、千本丸太町のおふくろの主治医の上田医院に。西陣病院を退院したので、ご挨拶と今後のことを相談に。
 そして、嵯峨野のケア付き住宅におふくろのご機嫌伺いに。退院して5日目かな。ヘルパーさんとケアマネさんらにお世話になって、少しは元気になりました。コンビニで買った弁当を持ち込んで、食堂でゆっくりゆっくり食事をするおふくろと1時間ほど付き合う。うどんも自分で食べれる姿を見て、ちょっとは安心かな。

   <カミさん 68歳の誕生日>


 夜は、カミさんの68歳の誕生日。結婚してなんと44年!わが戦友です。熊野神社前の日生パレステートのビルに正月にオープンした膳洛にて、尚ちゃんや佳蓮ちゃんらと会食。以前近くで店を構えていた「炎の火」の幻の料理人正人君の鹿肉のパスタはサイコーでした。オーナーの斎藤勇樹君は造園業をしながらがんばってますよ。

この記事をはてなブックマークに追加

予算特別委員会局別質疑  3月6日ー8日

2017年03月19日 | 日記
●3月8日(水)

<予算特別委員会 教育委員会と質疑>

 予算特別委員会第2分科会の5日目。今日は教育委員会に対する質疑。
以下、山本ひろふみ議員の報告をコピペ。
「 教育委員会が所管する予算は1102億600万円(うち28億3500万円は次年度以降子ども若者はぐくみ局に移管)です。もちろん公立の幼稚園、小中学校、高等学校から図書館行政、生涯学習に関する事業を所管しています。
本日は以下のような内容について質疑がありました。
・新学習指導要領における英語教育、・地域ぐるみの教育、・新しい3学期制、・長期休業の統一・学校維持管理経費・伝統文化の継承と国語教育・スチームコンベクションオーブンと和食給食・子ども若者はぐくみ局への移管・不登校対策(フリースクール対策)・多文化が息づくまちづくりと日本語指導・自転車マナー教室・教職員の多忙化解消・京北小中一貫校・新しい定時制単独校・中学校における食育と中学校給食・熱中症対策・児童の都心回帰・児童の体力向上とトップアスリートを目指す環境整備・薬物乱用防止・キャリア教育の推進と自己肯定感の向上・青少年科学センターの今後と環境地球儀・読解力の向上・道徳の教科化・就学援助制度・指導力と学力の向上・新しい普通科高校・学校の統廃合・英語教員の資質向上、教員の」TOEIC受験・図書館のサービス向上とアンケートについて」

 ぼくは、小学校英語教科化に関して、今年第13回英語活動実践研究会が開催されたこと、10年前京都は第四錦林小学校で開催されたことなどに触れて、委員会室に出席している教育委員会でのメンバーに、「ところでみなさん英語、喋れますか?」と問えば「、ゼロでした。こら、あかん!などと話してから、ALT(外国語指導助手)の人数など充実を求め、続いて、手話言語がつなぐ心豊かな共生社会をめざす条例の施行後1年、教育委員会としての取り組み、児童生徒への理解、教職員への啓発など「劇団あした」のことにも触れながら質疑。
 そして、子ども若者はぐくみ局の創設において、こども未来館がシンボルとして保健福祉局との垣根を超えて、学習困難児や不登校生徒などに寄り添って対策を講じることなどを質疑。
 今日も終わったのは、午後6時。これにて予算特別委員会第2分科会の局別質疑もおしまい。腰が痛いよ。
 夜は、議員レポート春号、原稿書き。息抜きは、パソコンで麻雀して気分転換。

●3月7日(火)

     <予算特別委員会 保健福祉局と質疑>

 寒の戻り、寒いですね。
今日も昨日に引き続き平成29年度予算に関する質疑。第二分科会では保健福祉局に対する質疑、2日目。山本ひろふみ議員の報告を今日もコピペ。

 各委員からの質疑のテーマは以下の通りです。
・民生児童委員、・国民健康保険の都道府県一元化、・延長保育と保育士加配、 ・民泊について、・学童保育の環境改善、・健康長寿、地域あんしん支援員、成年後見人制度、・敬老乗車証、・児童館の長寿命化、・児童虐待の防止、・健康長寿に向けた口腔ケア、・家庭の収入と出産の相関関係、・保育士の確保、・障害者就労支援、・生活保護行政、・地域でささえるまちづくりと認知症サポーター・特別養子縁組、予防接種、・深草墓園、・民泊業務の集約化、・中央保護所、・学童保育所職員の処遇改善、・子ども食堂、・生活困窮者自立支援、・高齢者の居場所づくり、・保育所利用の申し込み方法、・いきいきポイント事業、・学童保育における待機についてなどなどです。
 
 ぼくは、手話言語がつなぐ心豊かな共生社会をめざす条例、手話言語条例が議員提案で制定、施行されてちょうど1年。この間の市民学習会、議員の手話研修会などの取り組みを紹介して、新年度4600万円の予算化されているので、その内訳や取り組みついて質疑。また当事者を含めて手話条例推進方針策定にむけて懇話会も開催され、推進方針案も出される。その経過などについても質疑。
 それから地域リハビリセンターとこころの健康増進センター、児童福祉センターの一体化の考え方と今後の計画、同時に京都市衛生環境研究所と京都府保健環境研究所の共同化の手法などについて質疑。
 夜は、明日の教育委員会との質疑のためのメモづくり。
 そして、議員レポート春号の原稿書き。16年の市会の動き、教育福祉委員会のページづくりなど。

●3月6日(月)

      <予算特別委員会 保健福祉局と>

 今日からまた新しい一週間。
一頃の寒さもなく、季節は春に向けて着実に歩んでいます。

 今日も10時から予算特別委員会。3日目。平成29年度予算に関する局別質疑。今日は保健福祉局に対する質疑が行われました。
保健福祉局が所管する予算は一般会計で3030億3100万円、特別会計で3357億100万円と最大の予算を要する局です。以下の内容について各委員から質疑が行われました。
・認知症初期集中支援チーム、・ひきこもり支援、・子ども若者はぐくみ局の創設、・公衆衛生部門の集約、・教育委員会との連携、・子育て支援に対する寄付、・健康長寿のまちづくり、・生活保護制度、・待機児童対策、・国民健康保険事業、・民泊、ペットの避難所対策、・保育所における防音対策、・保育士の処遇改善と人材確保、・保育士キャリアアップ制度、・介護保険制度、・子どもの貧困対策、・骨髄移植の推進、・一人暮らし高齢者の見守り活動、・生活保護世帯における高校生のアルバイト、・中央斎場の改修、・市営保育所の民間移管に・視覚障がい者と手話言語条例、・子どもの居場所づくり支援事業、・健康増進センター、・がん検診についてなどなど質疑がありました。
 ここまで山本ひろふみ議員のブログからコピペ。 

 ところで会派の持ち時間は自民112分、共産96分、公明64分、わが民進党は48分、維新32分、京都党16分。第二分科会は山岸、山本、そしてぼくの3人が委員なのでひとり15分の持ち時間しかない。
 この15分間で、ぼくは、こども若者はぐくみ局の創設と区役所でのはぐくみ室と保健福祉センターの統合。さらに生活衛生部門が、民泊の指導なども含めて御池のビルに集約化されることになるので、その課題について、議員団として付帯決議をつけた項目を中心にしつこく質疑。
 各議員熱心に議論をして、委員会が終わったのは6時過ぎ。

 夜は来客対応など。そして明日の質疑のためにメモづくり。

 このとろこのニュースは、森友学園問題。安倍夫人が名誉校長だったり、幼稚園では教育勅語を暗唱させたり、国有地の売却を巡って次から次に、奇妙奇天烈な話。

この記事をはてなブックマークに追加

予算特別委員会と左京小学生バレーボール大会

2017年03月10日 | 日記
●3月5日(日)

 暖かい日曜日、昼前、左京西部いきいき市民活動センターでの「左京の朝カフェ」を見学に。体を動かして、リラックス。いいね〜

 今日の昼ごはん。松ヶ崎駅隣りのスペイン料理のラパエラでライオンズクラブのおっさんメンバーとパエリアランチ。弾丸ツアーでバルセロナに行った気分。

   <第20回京都高野川ライオンズクラブ杯左京小学生バレーボール大会の結果>

 午後はこども体育館で第20回京都高野川ライオンズクラブ杯左京小学生バレーボール大会の決勝戦。熱戦が繰り広げられました。結果は以下の通りです。選手のみなさん、実行委員のみなさん、応援に来ていただいたみなさん、ありがとうございました!

●4年生の部(10チーム)
優勝 松ヶ崎ファイターズ、2位 錦林VBCリトル 
   松ヶ崎ファイターズ 2・0(21-9、21-8)錦林VBCリトル 
3位 市原野男子3年・修二スターファイターズ
 敢闘賞 市原野女子4年
 その他の参加チーム
・修二キッズスターズ、下鴨4レインボー、修学院C、松ヶ崎リトル・吉田トップスター

●5年生の部(7チーム)
優勝 明徳、2位 松ヶ崎Jr
   明徳 2-0(21―13、21-14)松ヶ崎Jr
 3位 吉田ビクトリー5
 敢闘賞 養徳Five(ファイブ)
 その他の参加チーム
  静原ファイヤーズ、下鴨リターンズ、 修学院B、

 ●6年生の部  (12チーム)
  優勝 市原野男子、2位 松ヶ崎スポーツ少年団  
   市原野男子  2-0(24-22.21-19) 3位 松ヶ崎パワーズ   
 3位 市原野女子
 敢闘賞  錦林VBCジュニア
 その他の参加チーム
   修二ファイヤー6、下鴨ボーイズ、下鴨ガールズ、修学院A
    吉田6年、養正リトルスターズ、養徳Six(シックス)

夕方5時過ぎまで後片付けなど。夜は、議員レポートの原稿書き。嗚呼シンド。

●3月4日(土)

    <京都高野川ライオンズクラブ杯左京小学生バレーボール大会>

 土曜日朝、こども体育館で京都高野川ライオンズクラブ杯左京小学生バレーボール大会の開会式。今年で20回目。小さなクラブだけどこの大会だけが一大行事。各学校の教員、スポーツ少年団の指導者、保護者のみなさんが手作りで続いてきた。去年に比べて参加チームは減ったが、4年生の部10チーム、5年生の部7チーム、6年生の部には12チームが予選リーグに。みんながんばってね。
 
     <京都造形芸術大の卒業展>

 開会式終了後、京都造形芸術大の卒業展に。剣鉾女子の島内梨佐さんの吉田剣鉾の素晴らしい大作に感動。歴史遺産学科の剣鉾女子の青木睦実さんは「吉田今宮社の剣鉾の継承について」卒業論文。これまたすごいよ!京都で就職も決まり良かったね!

    <おふくろ、退院>

 午後、西陣病院に。正月明けから入院していたおふくろがちょっと元気になって退院。福祉タクシーに来てもらい車いすに乗せてもらい嵯峨野のケア付き高齢者住宅に。ケアマネさんやヘルパーさんが迎えてくれました。その後、ケアマネさんらと介護計画について説明を受ける。介護度は5になりましたが、元気になってよかった。
 トイレや入浴介助などもしてもらえる。介護保険制度がなかったら、老々介護でたいへんになることだった。スタッフのみなさん、よろしくお願いします。
 
 夜は事務所にて、議員レポートの原稿書き。

●3月3日(金)

    <予算特別委員会2日目、建設局>
 
 10時から予算特別委員会2日目、建設局と審議>
 
 ぼくは、吉田山の里山の再生をする会のことを例に挙げて三山の保全、自転車走行環境について、京大周辺の矢羽根のマークが車道に書かれて自転車が走りやすくなったことと、自転車保険の保険の義務化の条例について、さらに各公園に3点セットの健康器具をつけるという健康長寿の公園づくりについて、すこやか公園の例を挙げて質疑。 

 以下は例によって山本ひろふみ議員の報告をコピペ。
建設局の来年度予算は一般会計で260億円(前年比-約40億円)、特別会計で12億円(前年比-7億円)となっています。大きくは八条口駅前広場整備の終了など大型公共事業の終了によるものです。
  一方で、JR嵯峨野線新駅設置や、JR奈良線複線化、無電柱化などの事業も引き続き行われます。今日の質疑では、来年4月から義務化される自転車保険加入なのど自転車政策、再来年の4月に京都市に移管され無償化される新十条通、健康長寿に資する健康遊具の整備などについて多くの会派から質疑がありました。
以下、本日の質疑の項目です。・JR嵯峨野線新駅、・公園のバリアフリー・歩道上の電柱・自転車保険加入義務化・健康遊具の設置・交通事故防止に向けたビックデータの活用・まちの無電柱化・新十条通の京都市への移管、113億円の出資金・大宮交通公園再整備・北泉橋、北泉通・堀川通りバイパストンネル構想・緑化政策と獣被害・阪急立体交差化事業・河川整備・街路樹整備・スポンサー花壇・自転車走行環境整備・放置自転車対策・公園での球技・私道舗装助成・外国人向け自転車ルールマナー啓発についてなどなどです。

    <春闘決起集会後のデモ>

 委員会終了後は四条河原町で連合京都の春闘決起集会後のデモを泉ケンタ議員はじめ民進党の府市会議員がそろって激励。毎年のことだけど、ちょっと寒かった。デモ参加者は2000人ぐらいかな。長いデモでした。散会後、某組合役員さんと百万遍で熱燗で一献。

●3月2日(木)

    <予算特別委員会1日目 都市計画局>

 今日から予算特別委員会がいつものように、67人の議員が3つの分科会に分かれて、平成29年度予算について各局に質疑。ぼくは第二分科会、都市計画局から予算の説明ののち、自民、共産の会派の順で持ち時間中で質疑が行われました。

 ぼくは、民進党議員団の持ち時間は48分のうち、3番目で持ち時間はわずか7分。されど、東大路歩行空間創出推進事業、京都駅南口駅前広場の修学旅行を迎えて観光バス対策、そして新景観条例制定10年たち、広告景観づくり推進事業と記念シンポジウムのことについて質疑。

 都市計画局が所管する予算は一般会計では131億500万円、特別会計は4900万円です。各議員の質疑のテーマは以下の通りです。(山本ひろふみ議員のメモをコピペ)
・市営住宅のバリアフリー化・周辺地域におけるバス待ち環境の整備・洛西ニュータウンのまちづくり・阪急高架下整備事業・空き家対策・京町家対策・向島ニュータウンの活性化・叡電の多言語化・市営住宅のリノベーション・民間賃貸住宅の子育て世帯向けリノベーション・歴史的景観保全・八条口貸し切りバスショットガンの導入・パーク&ライド・民泊対策・高齢者の賃貸住宅の保証人・らくなん進都のレンタサイクルの社会実験・防災まちづくり・木造住宅耐震化・阪急西院駅周辺のバリアフリー化・指定道路沿道の耐震化対策・市営住宅の適正管理・古都保存などなど。
 委員会終了は18時。これから連日長丁場となります。
 
 散会後、歯医者に行き、夜は、明日の建設局との質疑に備えて資料読みとメモづくり。また議員レポートの原稿書きなど。

●3月1日(水)

    <京都市会本会議 代表質問2日目>

 今日から弥生3月です。早いねえ!市会本会議代表質疑の2日目。
 10時より各会派代表による質疑。

 午前中は、公明の久保、国本、西山議員が登壇。予算編成と防災・減災対策、国土強靭化地域計画の策定、ソーシャルビジネスのまち・京都へ、NPOや地域団体とのネットワークづくり、東アジア文化都市の交流・拡大を、終活を市民に広めていく取り組み、スポーツ振興、児童虐待防止対策、各種証明書のコンビニ交付について
京都への文化庁移転と地域活性化、文化芸術の力による地域課題解決の取組の推進について、ICOM(国際博物館会議)京都大会に ・京都駅西部エリア活性化、子どもの貧困対策、子どもの居場所づくり支援事業について高齢者の生活を地域で支える仕組みづくり京都市役所における仕事と介護の両立などについて質疑。

 午後はわが民進党議員団から、山岸議員が平成29年度予算案について、世界文化自由都市宣言など引用しながら、文化庁の全面移転を契機とした世界文化交流の活発化について。そしてデンマークの海外視察を受けて、熱の有効利用とバイオマス産業都市構想の推進などについて、さらに地域社会の一員として積極的に協力する子どもの育成について質疑があり、彼のライフワークである地元伏見桃山城の今後のあり方について要望。

 続いて、隠塚議員は・京都市の景況感の認識、・京都型グローバル・ニッチ・トップ企業創出支援・国際マンガコンテストの方針、若者施策と青少年条例、防災対策、東日本大震災被災地への継続的な職員派遣、指定管理者の防災能力向上、帰宅支援サイトのリニューアル、災害時の動物愛護センターの役割、土砂災害危険個所解消に向けた取組、そして左京区の地域体育館宝が池公園体育館(仮称)建設について質疑。

 その後、維新は、森川、宇佐美議員が、京都党は江村、村山議員が登壇して代表質問は終わり。
 
    <補正予算を可決>

 テレビ中継が終わってから、その後、補正予算を可決。なお議員報酬カット分を京都市社会福祉事業基金に繰り入れる修正案を可決。その他、京都市分庁舎(仮称)、美術館再整備工事、樫原市営住宅改修工事など可決、京都市南部クリーンセンター第二工場工事請負契約の変更については付帯決議、京都駅南口駅前広場整備工事(道路改築工事)請負契約の変更について、市道路線の認定、廃止について、なお31年から新十条トンネルが無料になる阪神高速道路株式会社との同意も可決。そして先の教育福祉委員会で採択した「食の安心安全デーの制定」の請願採択。

 散会後、西陣病院におふくろの様子を見に行く。ゆっくり、ゆっくりだけどおかゆなど食べていて、目にも生気がなってきたかな。一
 時期の落ち込みより、ましになった感じ。すこし安心した。
 
 で夜は、タコケンタローで音楽家鈴木キヨシさんとバディウオークのことや左京大博覧会のことなどよもやま話。

この記事をはてなブックマークに追加

2月市会始まる  2月19日ー28日

2017年03月04日 | 日記
●2月28日(火)

   <京都市会 代表質疑 1日目>

 10時から本会議が開かれ、各会派代表による質疑。自民は小林、橋村、寺田、椋田議員が、それぞれの視点で質疑。
、平成29年度予算編成に対して今後の財政運営に対する考え、文化庁の京都移転、子ども若者はぐくみ局、北部山間地域の活性化、大宮交通公園と北消防署の移転整備、地下鉄市バス事業、飲料水の備蓄や水道水等のPR、水防団の団員、らくなん進都の整備促進と企業誘致、伏見区を環境教育・学習の拠点にする取組、地域コミュニティ、エネルギー政策(省エネ政策)、防災について、住宅用火災警報器の取換え、健康寿命、保育行政、八条口の再整備後の取組,洛陽工業高校跡地にできる新しい普通科高校などについてそれぞれが質疑。

 共産は井坂、倉田、山本議員が、宿泊施設拡充・誘致方針」と違法民泊の規制、美術館のネーミングライツ問題、大型公共事業計画の見直し、原発再稼働と原子力災害対策、子ども若者はぐくみ局設置に伴う局再編,集約化、中小企業支援、公契約基本条例、伝統産業支援、中央卸売市場第一市場再整備計画の見直し、介護保険「新総合事業」、仁和公園の代替公園、
子どもの貧困対策、保育園の入所待機児童解消、学童保育の環境改善,児童館事業の充実、敬老乗車証への応益負担導入についてなど門川市政へ批判的な視点で質疑。
 大きく紛糾することもなく終わりました。

 夕方の相談ごとは、ゲストハウスのこと。また夜は、とあるドクターと京都市の医療政策について懇談。
 明日から早くも弥生3月。あっという間に二月は過ぎ去ったなあ。

●2月27日(月)

    <議員会>

 10時から議員会。昨日自民党から提出されていた、再生可能エネルギー等導入推進基金(グリーンニューディール基金)事業についてと京都市南部クリーンセンター第二工場の土壌汚染に関しての工事請負契約の変更について付帯決議についての対応など議論。
新たな汚染箇所が見付かったことから,23億円もの費用が増加したのです。豊洲問題だけではなく、この汚染土壌のことはどこの自治体も苦労するのです。
 議員団としては、補正予算など賛成することを決めて、予定通り午後2時過ぎから討論結了の予算特別委員会。付帯決議の調整に副委員長として同席。
 
 議員団室への来客は環境問題に取り組んで来られた京大名誉教授のM先生。デンマークでの視察の話をして、先生からはバイオの研究についてお話を伺いました。

 夕方、病院におふくろを見舞う。ちょっと食欲が出てきたのか、御粥をゆっくりゆっくりだけど食べるようになって、一安心。週末にはなんとか退院できるかな。

●2月26日(日)

   <吉田山の里山を再生する会>

 日曜日、ゆっくり寝ていたいところだが、朝、吉田山に。ボーイスカウト、氏子講社、ロータリークラブのメンバーら「吉田山の里山を再生する会」で、桜の植樹。京大の深町加津子先生の指導で、剣鉾保存会会長の造園業の津田正之さんが、実際に植樹する手本を見せてくれて、各班に分かれて10本のサクラを植樹し、また笹などの下草刈りも。今年で8年目かな。10年先が楽しみです。

 昼前、ゼスト御池の広場に。「世界希少・難治性疾患の日」の啓発イベントが開催。「加音」のみなさんと談笑。がんばってね!

 午後4時から民進党京都府連常任幹事会。定期大会や党員、サポーター募集のことなど報告と協議。
 
      <森友学園問題>

 ところで、国会では、豊中市の国有地が森友学園というところに売却問題が火を噴いたが、山井議員からも現地に視察に行くとのこと。この法人が経営している塚本幼稚園のヘイト行為のことが1週間ほど前からか、話題になり始めていたが、教育方針も含めて、安倍首相の夫人が名誉校長とか、教育勅語を暗唱させるとか、オドロオドロしい話。政治家の関与もあるだろう!しっかり追及してよ!
 夜は、久しぶりに我が家でゆっくり。

●2月25日(土)

 土曜日の朝、西陣織物会館で社会福祉法人「菊鉾会」、テンダーハウス後援会 ベル・エキープの会 主催の第18回ミュージックフェスタ。利用者のみなさんが元気に歌を披露。また永年勤続のみなさんに表彰も。

   <大津市は膳所駅前商店街を視察>

 その後、土曜日の昼、忙中閑あり、大津市は膳所駅前に。過日の研究会で報告していただいた膳所駅前商店街のビーコムというパソコン教室を主宰している戸所新太郎さんに平野地区の色々な取り組みやシルバー世代の活動についてお話を伺いました。街を歩くと、木曽義仲の墓所と松尾芭蕉のお墓があり、翁堂の天井絵は伊藤若沖作だとか、義仲寺も見学。知らない街を歩くのは楽しいですよ!
 久しぶりに見る琵琶湖をいいなあ。

 夕方、京都府広告美術協同組合の懇親会。10年前、屋外広告物の規制など新景観政策について喧々諤々の論議。当時からのお付き合い。安全で京都らしい広告物、景観づくりにがんばっているみなさんの会です。抽選大会で鳥打帽をゲット。児玉理事長、感謝。これからもがんばてください!

 その後。鈴木キヨシさんに誘われて、出町柳「かぜのね」での左京博覧会キックオフミーティング。5月28日に左京区役所で開催されますよ!

●2月24日(金)

 朝、わが母校の第四錦林小学校の学習発表会。3年生が「きょうりゅうにのってどこまでも」と題して、「パフ」の歌を歌いながら韓国やスイスなど世界の歌を発表。可愛いなあ。

 10時から議員会。補正予算について各分科会の審議の模様や問題点を各議員が報告して賛成の方向で。また山岸、隠塚議員からは代表質問の原稿について、修正した原稿が示されて議論。
 
 午後は、西陣病院に。主治医の先生からおふくろの病状について説明。機能などは年相応に落ちてきているが、少し食欲も出てきたし、ぼちぼち退院を考えているということで、ケアマネさんとも相談して来週末には一旦退院してケア付き住宅に戻る方向に。
 
 夜は、自治労清掃支部の第26回定期大会。なんと前原議員も来賓で来られていたのにはびっくり。マメですよ。ぼくは挨拶として、26年前に自治労清掃支部が結成されたとき、今は亡きわが友、髭の加藤裕史氏が書記長としてがんばっていたことを披露。若い組合員に伝えたかったのです。

●2月23日(木)

   <吉田神社から京都市に寄付>

 朝、9時に市長応接室に。吉田神社の宮司さんと藤影婦人会の役員さんが公務多忙なか、保健福祉、環境政策局長にも同席のうえ門川市長を表敬訪問。節分祭のぜんざい店の収益を福祉のためにご寄附いただき、感謝状の贈呈。今年で21回目。今年は火炉祭でお札さんも燃やせたお礼や吉田山の里山再生のことなど懇談。
 
   <補正予算を審議する予算特別委員会>

 そして10時から補正予算を審議する予算特別委員会。ぼくは第2分科会。保健福祉局、都市計画局、建設局、教育委員会が所管する予算で、保育園や放課後デイサービスなどへの支援の補正や繰り越し明許費のことなど。
 
 散会後、とある学校の校長先生と四方山話、そして浄土寺の吉田歯科へ。今夜は女性の先生に歯石をとってもらいました。 

●2月22日(水)

   <2月市会始まる 提案説明の本会議>

 2月市会の始まり。本会議場で京都市会恒例の京都市交響楽団による演奏。「京都市歌」とボロディンの「弦楽四重奏曲第2番」から第1楽章を演奏いただきました。
会期は3月24日まで。市長から予算案の概要について、また副市長からその他の議案などの提案説明。
 平成29年度予算は、一般会計7669億円、特別会計6597億円、公営企業会計2632億円、合計1兆6897億円。大変厳しい財政状況のもとに編成された平成29年度予算です。条例の制定などは、自転車の保険加入の義務化をする条例や中央斎場の使用料値上げの条例、4月からの「子ども若者はぐくみ局」の新設に関する条例など。
 平成28年度補正予算は、緊急の待機児童対策や水垂運動公園(仮称)の整備に向けた検討など49億5800万円。
 
    <海外行政視察団の報告会>

 午後からは、「省エネルギーや再生可能エネルギーによる持続可能な地域社会の実現」を調査テーマとした海外行政調査について,調査の成果に関する報告会。
 
 ぼくもメンバーの一員なので前列に座る。寺田団長が挨拶や提言、山岸副団長以下、各メンバーが分担して、コペンハーゲンやオーフス市、サムソ島。ロラン島など視察をしてきたところのスライドを使って報告。提言としては、「環境教育・学習」「民間活力」「住民参加」「府や企業等との連携」など,様々な観点から市政への提言が行われた。なお報告書も春には冊子として発行されます。
 夜は、補正予算案などの資料読み。質問に際してのメモづくり。

●2月21日(火)

 朝9時から、明日の本会議後のデンマーク海外視察報告会に向けての海外調査団の打ち合わせ。その後、色々と市民相談を受けていた案件で担当者とやりとりなど。
 
 また、京都高野川ライオンズクラブ杯左京小学生バレーボール大会のプログラムができたので、後援団体の京都新聞社などに持参して、表彰状をもらう。
 
 昼は、ハラールネットワーク京都のメンバーとインドネシアの女性と教育委員会の先生との懇談会に同席。昼は、彼らとインド料理もいいよね。
 
 午後、事務所への来客あり。相談ごとと四方山話。
 
     <元市会議員 桑原茂樹氏 逝去>

 夜、伏見区の葬祭場に。元市会議員の桑原茂樹君の通夜。彼は、自治労京都市職労の組合活動家として、たしか1991年だったかな、伏見区から市会議員選挙に当選。社会党京都市会議員団として彼と4年間一緒だった。その後、彼は落選してから、民主党には来なかったので疎遠になっていた。最近体調を崩して緩和病棟にいると聞いていたが、帰らぬ人となった。家族葬ということで、参列者も少なかった。心よりご冥福をお祈りいたします。

●2月20日(月)

 議員会10時から議員会。選挙管理委員会、人事委員会、会計室、監査事務局から新年度の予算の説明。そして、代表質問に立つ山岸議員と隠塚議員が質問の要旨を説明して、感想などみんなが述べて点検。

 午後、西陣の病院におふくろを見舞う。食事も細くなりだいぶヤツレテきた。ベッドの横で、待合室にある西村京太郎の十津川警部シリーズを読みながら時折声をかける。
夕方、左京区役所で高野川ライオンズクラブ杯左京バレーボール大会の実行委員会。2週間後の大会を控えての打ち合わせや小林先生からルールの解説など。その後、事務所では、相談ごと一件。

●2月19日(日)

     <京都マラソン>

 絶好のマラソン日和。京都の初春の一大イベント、京都マラソン。多くのボランティアのみなさんが支えられて、都大路を1万6千人の市民ランナーが駆け抜ける。ぼくはゴールの岡崎公園にていつものように声援を送り、みやこメッセでのおもてなし広場で岡崎自治会のうどんをいただいて、表彰式にて入賞した選手たちに拍手。そして東大路を駆け抜ける選手たちに声援をおくる。
 この日は、あちことで車の規制が行われて、また東山通を横切るのもたいへんだけれど、市民からの苦情も最近はほとんどないようで、まさに市民あげてのマラソン大会になった。完走できたみなさんおめでとう!そしてボランティアのみなさん、関係者のみなさん、お疲れ様でした。
 マラソンが終わってから民進党京都府連で選挙対策委員会の会議。なんとマラソンを完走した田中府会議員が議事進行。筋肉が痛いとか言ってたが、完走した達成感があって、意気軒昂。お疲れさんでした。

この記事をはてなブックマークに追加

新年度予算内示 そしてなんやかんや   2月13日ー18日  

2017年02月24日 | 日記
●2月18日(土)

 <未来の京都 公共政策社会問題研究会 
   前原誠司議員の講演と意見交換>
     
 今日は、昨年9月から始めた「未来の京都 公共政策社会問題研究会」の第6回目。前原誠司議員が「ALL FOR ALL みんながみんなのために」と題して講演と意見交換。25人程の参加者でわが事務所は満員御礼。
 アベノミクスの分析のあと、少子高齢化する社会、高齢者と若者の負担のこと高福祉税負担、世代間の分断をなくすことなど、今後の尊厳ある社会保障制度の構築に向けての考えを披歴。参加者との意見交換も活発に行われて、研究会の2期目の最後を飾るにふさわしい研究会になったと思います。これから早急にまとめた成果を冊子にして、提言したいと思う。
 
 その後、懇親会を熊野神社前の膳洛にて開催。15人のメンバーが参加して、それぞれが自己紹介して交流。われら団塊の世代から上のシルバー世代がますます元気。なお膳洛は、ぼくの若い友人、斉藤勇樹君がオーナーで「炎の火」のマスターがシェフ。佳連ちゃんも手伝いに来てくれていた。
 
 夜、朋あり遠方より来る。山口県は光市から反戦喫茶「ほびっと」時代からの友人、久光夫妻が自分で捕獲しさばいた猪の肉を土産に上洛。猪の焼肉、サイコーでした。

●2月17日(金)

    <議員会 局別勉強会>

 議員会2日目。局別勉強会は、都市計画、上下水道、交通、建設、総合企画、教育。それぞれ補正予算に新年度予算やまた議案についての説明が続き、その後意見交換。

 正午には、予算特別委員会の正副委員長が集まり、今後の日程の確認。ぼくは副委員長ということで第2分科会の副主査という役割。

 夜は、元全電通の委員長だった小倉治一郎さんの告別式。92歳だったという。心よりご冥福をお祈りいたします。

●2月16日(木)

 朝、9時からデンマーク海外視察団のメンバーが集まり、2月22日の本会議後に開催される本会議場での報告会について打ち合わせ。

 10時から議員会。例によって 局別で予算などの説明。今日は、産業観光、文化市民、環境政策、消防、行財政、保健福祉局から説明を受けて意見交換。

 議員会が終わって、浄土寺の吉田歯科に。ただいま治療中。ぼくの主治医は吉田民夫先生です。おかげさんで入れ歯なしで当分行けそうです。8020運動、80歳でも20本が残りますように!

 その後、とある知人の見舞いに。年末に脳梗塞で入院されてが、だいぶ回復されて喋るのには苦労されていないが、足と手に麻痺が残って車イス。懸命にリハビリ中。早く元気になってほしい。

●2月15日(水)

 昼前議員団室に。岡田副市長から民進党議員団として昨年末に提出した予算要望に対しても回答書をもらいしばし懇談。117件の要望を出したが、困難なものとして2件。あとは前向きの回答。これらを基にして、予算委員会で審議をすることになる。
 
    <おふくろのこと>

 午後は、おふくろを見舞いに病院に。ちょうど従姉妹二人が見舞いに来てくれていた。一人は大阪から来てくれた。ぼくの叔母にあたる彼女たちの母親は特別養護老人ホームにて元気に過ごしているようで、94歳かな。それぞれ親のことで心配の種は尽きない。
見舞いもありおふくろはちょっと元気になったかな。見舞いありがとう。
その後、しばし、待合所においてある本棚から西村京太郎の十津川警部の本を読みながらベッドの横で過ごす。

 夜、事務所では雑務。明日から2月市会に向けて予算など議案についての局別勉強会が始まるのです。がんばらんと!

●2月14日(火)

    <左京区民作品展>

 朝、左京区役所で毎年恒例の左京区民作品展のオープニングセレモニー。百万遍保育園の可愛い園児たちがいつものように鼓笛隊の演奏。ママやおじいちゃんらが声援を送ってました。この作品展は女性会や寿会のメンバーらが自慢の手芸品、絵や写真、書などを展示。

    <市会改革推進委員会>

 急いで市役所に。
 10時から市会改革推進委員会。過日の所沢市議会や早稲田マニフェスト研究所、また上越市議会の視察を踏まえて、議会基本条例の点検、検証をどうするかの議論。新年度から本格的に評価シートも元に検証を始めることになります。11時過ぎに散会。

    <民進党本部常任幹事会>

 それから新幹線に飛び乗って東京へ。午後4時から衆議院第二議員会館で民進党本部の常任幹事会。席上に蓮舫代表写真入りのキットカットのチョコ。そうか、今日はバレンタインデーや。

 常任幹事会の内容については 民進党のHPから引用
「民進党は14日、第27回常任幹事会を国会内で開いた。

 蓮舫代表は冒頭のあいさつで、衆院予算委員会の質疑の状況について、「『マイナスからのスタートではないか』と懸念されていた日米首脳会談。ゼロからのスタートになったという部分では一定の評価をするが、『距離を縮めすぎているのではないか』等、いろいろな見方がある。今日はその部分で問題点を鋭く指摘している委員会になっていると思う。もう一つは南スーダン。その日報の隠ぺい、言葉を使い分ける、大臣のシビリアンコントロールがまったく効いていなかったことに対しても今日わが党から厳しい指摘をしているが、納得できる回答は返ってきていない。天下りの問題、予算への反映、資料を出す出すといいながらいまだに出していない。共謀罪の金田法務大臣の不安定な答弁についても引き続き同じ懸念を持っている。こうした問題を、まだまだ議論しなければいけないが、どうやら衆院予算委員会は中央公聴会の開催を強行に決定するという。まさに不安定な答弁の大臣隠しではないか。こういうこととはしっかり闘っていく」と決意を述べた。
 
 報告事項で野田佳彦幹事長は藤田幸久ネクスト外務大臣の訪米報告、党大会に向けた準備などについて説明。佐々木隆博組織委員長と鈴木正穂地方自治体議員常任幹事は地方自治体議員フォーラムの総会・全国研修会を5月8・9の両日に東京都内で450人規模で開催することを報告した。
 協議事項で大塚耕平広報局長は機関紙民進プレスの内容刷新と月刊化について提案し、党大会活動方針と合わせて都道府県連の理解を踏まえて実施していくことを了承した。野田幹事長は党大会に諮る2017年度活動方針案、2016年度活動報告について、常任幹事や都道府県連等からの意見をもとに28日の常任幹事会で大会議案として確定することを提案し、確認された。」
 
 なおぼくが発言したのは、過日の地方自治体議員フォーラムの全国代表者会議に江田副代表、野田幹事長が列席されたことのお礼と、5月の総会に国会議員はぜひ参加してほしい、また予算措置をちゃんとしてほしいとなど訴えた。そして予算市会が始まるので3月末までは参加できないことも伝えたよ。
 
 散会後、前原事務所などに立ち寄って、夕方は新橋でとある新聞社の元京都支局にいた某氏とホッピー飲んでトントロを腹いっぱい食べて、東京都議選のことや民進党の今後のことについてわいわい。

 気持ちよく新幹線では熟睡でした。

●2月13日(月)

   <月一街宣 出町柳で>

 寒い朝、毎月1回、民進党として京都府内で一斉に街頭宣伝をしようということで、今朝は、民進党2区総支部として出町柳で街頭演説。前原総支部長は、トランプと安倍首相のゴルフ会談のことやアベノミクスの限界などを、また北岡ちはる府議、隠塚議員、そしてぼくもマイクをかわるがわるもって、府政や市政報告。9時前まで演説。出勤途上の人からエールをもらい元気百倍!がんばるでえ!

   <2017年の京都市予算は 予算内示> 

 午後1時から市長応接室にて、市長と3人の副市長が並び、われわれ7人の議員に対して、市長から民進党京都市会議員団に2017年度の予算内示。
抜粋しておきましょう。

<基本方針>
●「はばたけ未来へ! 京プラン」に掲げる京都の未来像の実現に向け,133項目の市長公約全てを盛り込んだ京プラン実施計画・第2ステージの取組を着実に前進させ,「くらしに安心,豊かさ実感,未来に責任」のまちづくりを力強く推進
●京都の最大の強みである「文化力」を基軸として,産業・観光や福祉,教育,地域活性化をはじめとする,あらゆる政策分野を融合・充実させた総合的な施策を展開。あわせて,市民の皆様や民間事業者をはじめ,あらゆる主体の参画と,縦割りを排した全庁的な連携により,共汗と融合を徹底。非常に厳しい財政状況の中で,京都の未来に必要な施策を進めるため,効果的で効率的な質の高い事業を構築
<重点施策の推進 予算の四本柱>
◎日本の“こころの創生”を牽引する「世界の文化首都・京都」の実現
・歴史と伝統に支えられた生活文化,地域の絆,おもてなしの心など,京都の最大の強みである「文化力」を基軸として,産業,観光,福祉・子育て,健康長寿,地域コミュニティなどあらゆる政策分野を融合・充実。文化を軸とした総合的な政策を,京都への全面的移転が決定した文化庁と共に推進し,京都はもとより,日本を元気にする,全国の地方創生をリードする取組を推進
◎京都経済の活性化と質の高い雇用の創出
・京都の強みを活かした成長戦略の推進により,京都経済を更に活性化。市民所得の向上や中小企業の活性化,ひいては税収の増を実現し,「成長と分配の好循環」を加速させることで,市民が確かな豊かさを実感できる社会を実現
・市民も観光客も共に快適に過ごせる観光都市としての魅力を向上し,国内外に発信
◎市民のいのちと暮らしを守り,子育て環境を充実
・国の「ニッポン一億総活躍プラン」とも呼応しながら,ひとりひとりがいきいきと輝くことのできる健康長寿・福祉のまちづくりを推進するとともに,全国トップ水準の福祉・教育・子育て支援をさらに充実
・地震や集中豪雨といった大規模災害への対策や,既存インフラの老朽化対策など,危機に対する備えをより強靭なものとし,市民の安心・安全な暮らしを守るまちづくりを推進
◎参加と協働による地域の個性と活力あふれるまちづくり
・市民一人ひとりが“ひとごと”ではなく“じぶんごと”“みんなごと”としてまちづくりに参加し,それを行政がしっかりとサポート
・市民や企業,大学など,あらゆる主体の参画により,地域の多様な魅力と個性を活かしたまちづくりを推進するとともに,京都市への移住・定住を支援です。
一般会計7668億5千万円と12特別会計、4公営企業会計を合わせた総額1兆6896億8500万円です。一般会計は、京都府が負担していた教職員給与費が京都市に移管されたことなどに伴い前年度比5・4%増となり、2年ぶりに増額となった。
これからこの予算案は22日の本会議で上程されて審議される。

 その後、左京副区長が、左京区のまちづくり市民提案の予算案の説明、また保健福祉局の部長らも議案の説明に。2月市会が始まるのでなんとなくバタバタし始めています。

夜は、上京区のとあるご縁で路地裏の友人宅に呼ばれて、猪鍋など手作りの料理をご馳走になりました。心のこもった手料理に至福の時。元同僚の小林あきろうさんと一緒。元気でした。

この記事をはてなブックマークに追加

まだまだ寒い日々  2月8日ー12日 

2017年02月15日 | 日記
●2月12日(日)

 日曜日、この3週間ほど夜中に咳が出て、寝苦しかったが、ようやくマシになって、タバコも美味しくなったが、ちょっとバテ気味かな。
 大文字駅伝も見に行きたかったが、午前中、ゆっくり。

 日曜日の昼下がり。雪の大原三千院に。恒例の「幸せを呼ぶ初午大根炊き」。保勝会や志野の辻さんたちが頑張っている。大鍋に大根を煮たのを振る舞われる。なんと1万食ほど用意をするとのこと。無病息災、温まりました。

 午後、銀閣寺の白紗山荘橋本関雪記念館で、長年アフガニスタンで医療活動を続けて来られている中村哲さんのKYOTO地球環境の殿堂入り記念講演会。コムアクアの河合さんが司会で、土木関係者の参加者が多かった。アフガニスタンの砂漠に用水路を作る話。砂漠だったところが青々と緑が増えていっている写真を見て、感動する。
 1980年代半ばから医師として、赴任されて診療活動に励んで来られて、いまは土木屋さんになったという。古希を迎えられている。お元気でご活躍ください。

 散会後、とある友人宅に。ペット霊園のことで相談ごと。違法に火炉を建設しているという。ペット霊園にかかわる条例が昨年制定されたが、さて京都市の担当者と経過などを聞いてみよう。

●2月11日(土)

   <吉田山里山を再生する会>

 朝、雪景色。寒いよ!
 9時過ぎには、吉田山の里山を再生する会のメンバーと雪を踏みしめて吉田山に。ロータリークラブ、ボーイスカウト、また剣鉾保存会のメンバーらが京大の深町先生の指導で、この2月26日に桜の植樹や下草刈りをするので、現場を見る。以前はうっそうとしていた山から京都の雪景色が見てるようになり、また陽がさすことで植生も変わってきた。人が里山に入り手入れをすることで山が変わる。桜の名所になるのが楽しみです。
 
   <「KYOTO地球環境の殿堂表彰式」>

 午後は、国立京都国際会館で開催の「KYOTO地球環境の殿堂表彰式」と記念文化学術フォーラム。今年は、ムヒカ前ウルグアイ大統領とオギュスタン・ベルク氏(フランス国立社会科学高等研究院教授)と中村哲氏(ピースジャパンメディカルサービス総院長)が受賞された。この国際会館でCOP3が開催されたのは1997年、あれから20年。ムヒカさんは来られなかったのは残念。
 記念講演でベルグ氏は、和辻哲郎や西田幾太郎、また今西錦司先生の「風土」について日本語で話されたが、ちょっと難解だったなあ。アフガニスタンで長年医療スタッフとして頑張ってこられた中村哲さんの講演をお聞きするのは10年ぶりぐらいか。アフガニスタンの砂漠に用水路をつくるお話が感動的でした。

 その後、とある友人の相談ごと。近所の人からの迷惑行為で深刻な相談。保健センターや警察との連携が必要だ。
 夜、広河原の雪かきに行っていたFB友達の五味君が、我が家の近所の中華そば屋にやって来たのでお疲れ様会。積雪は1メートル以上あったという。ご苦労様でした。

●2月10日(金)

 寒い朝、毎週金曜日は近衛広場で公園体操。寒椿が咲き乱れてます。リーダーの中川、杉本さんは休むことなく6年目かな。雨も降ることがほとんどないのです。寒さにもかかわらず30人程のメンバーで汗を流す。男性陣が増えてきたかな。

 今日の昼ごはん。京大薬学部前の「満佐留」。おまかせ定食850円。ハンバーグと魚フライ。美味かった!

     <おふくろのこと>

 そして近所の京大医学部の解剖センターに。病に伏しているおふくろが亡くなったら献体を白菊会にする以前から言っているので、スタッフの人と会い、手続きやその後のことなどを尋ねる。おふくろの意志を尊重したいと思っている。いつになるのかわからないが、覚悟だけをしておきたい。

 そして夕方、おふくろの入院している病院に行き、主治医の先生から病状の説明を受ける。こ の10日間ほどで機能がだいぶ低下しているとのこと。食欲も進んでいないし、しばらくは、退院は無理かな。しばしベッドの横で本を読みながら過ごす。

 夜、11時過ぎまで、事務所でなんやかんやして外でたら、雪ですがな!

 その後、家で映画「イージーライダー」を久しぶりに見ましたよ〜我らが青春時代。ピーターフォンダのキャプテンアメリカとデニスホッパーも最後に殺されるのですが、不動産屋のおっさんが大統領になったアメリカでは、この時代に還るのでしょうか?

●2月9日(木)

 昼過ぎ、来客は「未来の京都 公共政策社会問題研究会」の事務局を担当してくれている真下仁さん来所。18日予定している前原議員を招いての研究会の打ち合わせなど。その後、役所にてデンマーク海外行政調査団の提言チームのメンバーが集まり、報告書作成について打ち合わせ。それぞれが書いたものを寺田団長がまとめてくれることになった。
 
 夜は、事務所にてたまり溜まった資料などを読み整理。

●2月8日(水)

   <教育福祉委員会>

 毎月第2週の水曜日は教育福祉委員会。

 まずは、保健福祉局からの報告事項は、「きょう いのち ほっとプラン(京都市自殺総合対策推進計画)改定(案)」に関する市民意見募集について。平成10年頃から毎年300人ぐらいの方が自殺をされていた、今なお200人ほどが自死される。ゲートキーパーなど相談窓口も設置されてきたが、これからひとりひとりが尊重されて自殺に追い込まれない社会づくりを目指して、「きょう いのち ほっとプランー自殺総合対策推進プラン」を改訂して、京都市地域自殺対策推進センターを設置して、相談支援と医療などの連携を図ろうとするもの。各委員から質疑。ぼくも「いのちの電話」などとも連携の必要性や市役所職員などのまたメンタルヘルスのケアの大切さ質疑。

 請願審査は、この間審議してきた「児童館未設置学区エリアへの子育て機能の充実・拡充」について、ぼくも紹介議員になっているので請願者とのやり取りやなどに発言をして、今回は次回の委員会まで継続審査。

 一般質問は老人福祉員のことなど5人の委員が質疑

 教育委員会からは、報告事項として、(1)京北地域小中一貫教育校に関する説明会の開催について報告があり、ぼくもデンマーク海外視察団の提言に即して、新校舎がペレットボイラーなど再生可能エネルギーの活用のモデル校となるように要望。
また(2)市民意見を踏まえた「京都市学校施設マネジメント基本計画」の策定についても報告があり学校のトイレのことなども話題に。
 限られた予算の中でどのように校舎の改善を図っていくのか、それが課題。

 その後、共産党の女性議員らから一般質問があり終わったのは6時。いつもながら長丁場です。

  散会後、自治労経済支部の旗開きに。産業観光局のメンバーで中央市場第1市場や第二市場、また観光、農林振興の職員に産業技術研究所のスタッフらと懇談。バイオ系チームの女性スタッフとぼくの友人の酒蔵「招徳」のコラボで作られたお酒は絶品でした。1月初旬から始まった旗開きもこれにておしまい。肝臓がよくぞもったものです。

この記事をはてなブックマークに追加

前原誠司衆議院議員の講演と意見交換会のお知らせ

2017年02月12日 | 日記

団塊・シルバー世代のみなさん、集合!!

<未来の京都 公共政策・社会問題研究会>特別企画 

「All for All」―みんながみんなのために

 前原誠司衆議院議員の講演と意見交換

日時 2月18日(土)午後2時―4時

会場 カルチャーガーデン吉田の森(鈴木マサホ事務所)
(左京区吉田中大路町17電話761-5537東山通近衛バス停東へ5分)

* 団塊の世代・シルバー世代が75歳を迎えるとき、
介護、年金、健康、医療、福祉などの問題が京都と日本の未来にとって大きな課題として顕在化します。
尊厳と誇りを持って生活できる社会つくりのためにどうすればいいのか。共に考えましょう。

参考文献「分断社会ニッポン」
(著者 井手英策 佐藤優 前原誠司 朝日新書刊)

主催 <未来の京都 公共政策・社会問題研究会>
・代表兼アドバイザー      鈴木マサホ (京都市会議員)
・事務局長兼コーディネーター  真下仁志 (株式会社住菱総合政策研究所代表)

準備の都合上、電話かFAX761-5591かメールで2月16日(木)までに申し込んでください。
会場の関係で先着30名様まで。
なお研究会終了後、研究会メンバーで懇親会(会費4千円前後)を計画しています。参加ご希望の方は事前に申し込んでください。
(問い合わせ)
鈴木マサホ 090―1717―1116  E-mail:suzuki@masaho.com

この記事をはてなブックマークに追加

節分過ぎて   2月4日ー7日

2017年02月12日 | 日記
●2月7日(火)

 朝、歯医者にて治療。そして、千本今出川の葬祭場で二ノ瀬在住の方の告別式にも参列。

 それから近くの西陣の病院に昨日に続いておふくろを見舞う。近くの弁当屋さんで弁当を買って病室でおふくろの様子をうかがいながら昼ごはん。おふくろは点滴を受けていて病院のご飯に手をつけることなく寝入っている。食欲がなくなったのかな。だいぶ弱ってきているなあ。
 夕方、事務所の来客と選挙や今後の政治動向について四方山話。

 夜は、連合京都市地域協議会旗開き。ここの旗開きは、毎年役員さんらが色々と面白い出し物をするので楽しみにしている。今年はなんとピコ太郎軍団が登場して愉快、愉快。サイコー。ビンゴゲームでも大いに盛り上がったよ!がんばってな!

●2月6日(月)
 
 月曜日、昼、おふくろが入院している西陣の病院に。主治医の先生と看護婦さんにケアマネさんらと会い、また介護度の評価をする担当者と懇談。おふくろはだいぶ弱ってきているが、生年月日などをまだ小さな声で応答。座っているのもしんどい感じ。
 その後、しばし病棟で過ごす。

    < ユイハート福祉まつりの実行委員会>

 夕方、事務所では、ユイハート福祉まつりの実行委員会。この4月8日に国際交流会館で第7回目の開催になる。テンダーハウス、いきいきいわくら、なづな園、ゆりかもめの福祉施設の担当者らが集まり、実行委員長の石井岩吉さんらと意見交換。この春は、国際交流会館主催のおもてなし広場との共催になり、各国のグルメも楽しめるし、音楽の演奏もある。ぜひみなさん、来てくださいね。

●2月5日(日)

 節分での疲れもなんのその。日曜日だというのに9時前の新幹線で東京へ。
 
    <中野健太著、島津三一郎さんの生涯を描いた「108年の幸せな孤独」>

 車中、映像ジャーナリスト中野健太君の書いたキューバ移民、島津三一郎さんの生涯を描いた「108年の幸せな孤独」を読む。新潟出身の島津さんらはキューバに移民して農業に従事。過酷な日々をくらし、また第二次世界大戦のときは収容所にも収容され、戦後のバチスタ政権下、そしてカストロのキューバ革命後もいちども日本に帰ることなく、今はキューバの老人施設で暮らしている島津さんとの出会い、そして彼を取り巻く人々を丁寧に描いている力作。

 ぼくがキューバにサトウキビ刈りに行ったのは1970年。21歳の時。あれからもうすぐ50年。キューバから亡命した人々も多い。アメリカとの国交回復が昨年なったが、フェィデルカストロも逝去して、キューバはどこに向かうのか。
 
    <地方自治体議員ファーラム全国世話人会議>

 午後1時から、民進党本部で地方自治体議員ファーラム全国世話人会議。江田憲司代表代行、そして野田幹事長も挨拶に来てくれました。代表として挨拶をして、政務活動費にかかわる決議も了承され、地方議員の年金問題についてのプロジェクトチームの設置のこと、そして5月に開催予定の総会と研修会に向けて全国の仲間と意見交換。
 節分の疲れもあって、ちょっとバテ気味です。

●2月4日(土)

 2日間節分で奉仕をして、ちょっと疲れたね。午前中はゆっくり。午後の来客は、鴨沂高校同窓会の先輩。体調を崩されて、理事を辞退されるということで、諸々のお話。長い間事務局の仕事、お疲れ様でした。
 
    <あったかサポート懇談会>

 夕方、あったかサポートの懇談会。設立はもう10年以上前になるのかな、笹尾達郎さんを事務局長に澤井勝先生はじめ社労士や弁護士、労働問題に取り組んできた人たちによるネットワーク。「解雇、賃金、労災、メンタルヘルス等労働問題、年金や医療等の様々な生活上の問題」などに取り組み、シンポジウムなど開催している。働き方が問題になっている今、このあったかサポートの活動は大切だ。公務多忙ななか、衆議院議員の辻元清美さんも登場!久しぶりに再会!大阪の希望の星。がんばろう!

この記事をはてなブックマークに追加

吉田神社の節分祭  2月2日・3日

2017年02月12日 | 日記
●2月3日(金)
      
   <吉田神社 節分祭 当日祭>
 
 吉田神社の節分祭の2日目で当日祭。9時過ぎから昨日に続いて「御神楽・追儺の矢」の受付に座る。昨日に比べて少しは寒いが、ホカロンを張り付けるほどもない。どんよりした天気。10時を過ぎると参拝客も多くなる。
午後になると、聖護院八ッ橋の鈴鹿可奈子さんに案内されて上七軒や祇園や先斗町の舞妓さんたちが、色々と扮装を凝らして登場。「おばけ」です。いつもながら賑やかです。また鬼が福鬼になって境内を歩き子どもたちに福を授ける。千客万来、小学校時代の友人らフェイスブック友達らが声をかけてくれる。夜8時頃には、左京消防団と左京消防署長らも激励に、浄楽消防分団のみなさんも一緒に無火災を祈願。2日間に渡って受付で座っていると、小中高の同級生らと久しぶりに顔を合わせ、また選挙や色々なところで出会った人らが、手を振ってくれる。これもぼくの楽しみ。差し入れをいただくこともあり感謝。
 
そして午後11時、昨年、去年と2年間火炉式のあとのお札さんを燃やすことを中止してきたが、今年は再開。学生アルバイトが持ち込まれるお札さんなどを吟味して、包まれてきた紙袋なども持ち帰ってもらう。いままでの5分の一ほどの量になった。火炉祭が復活して、良かった!良かった!これも時代の流れ。
 12時前に御神楽の舞を閉じて、散会。その後、警備に当たっていた今宮会のメンバーらと打ち上げをして帰宅したのは午前1時過ぎか。心地よい疲れ。節分が終わって、もうすぐ春だよ!


●2月2日(木)
    
    <吉田神社 節分祭 前日祭>
 
 今日からわが地元吉田の一大イベント、吉田神社の節分祭。去年は、親父を送ったところだったので、一切の神事には参加できなかったが、喪も明けて、吉田神社の節分祭に復活!
 
 朝、6時半起床。カミサンも福豆売りの奉仕で行くことになるので朝から我が家は着物の着付けと紋付着るのにテンヤワンヤ。
 いつものように朝8時前に白袴に羽織を着て、本殿から全国の八百万の神を祀っている大元宮に。およそ1時間の神事。寒い寒い。
 知らない人が横にいたが、俳優の船越英一郎さんだったみたい。BSの日テレの「京の極み」の撮影らしい。ぼくも写るかな。
 大元講社の役員さんらに挨拶して、本殿に戻りる。
 9時半頃から、本宮社殿の横の「御神楽・追儺の矢」の受付に福井さん、藤沢さんのいつもの3人のメンバーで座る。どんよりした天気だが、去年同様に今年も暖かいなあ。ホカロンも貼ることなく、火鉢の炭もいらないくらい。
 午前10時前には、石清水八幡神社からいつもの可愛い巫女さんや雅楽のメンバーが揃う。ピーヒャラ、ピーヒャラと笛が響き、鉦がなり巫女さんがお神楽を舞い、厄払いや家内安全など諸事の願い事を祈願。いつものようにぼくは受付に座り時には追儺の矢を渡す役。1年のブランクがあり、ちょっと緊張。
 秋の神幸祭のときに寄付をされた地元吉田の人たちを中心に家族そろって次々と参拝に来られる。吉田以外の人も毎年参拝に来られる方は顔見知りだ。今年もようこそお参りいただきましたと挨拶して、追儺の矢を渡す。

   <京大理学部の「ダジック・アース」> 

 午後2時前、ちょっと中抜けして、すぐ近くの京大北部キャンパスの理学部に。デンマーク海外行政視察団の有志のメンバーと地球科学輻合部可視化グループ(リーダー:齊藤昭則)が制作した「ダジック・アース」なる半球地球儀のようなものを見学に。
「地球や惑星についての科学を楽しんでもらうために、学校や科学館や家庭で、地球や惑星を立体的に表示するプロジェクト」「球形のスクリーンに、PCプロジェクタで地球や惑星を投影します。通常のパソコンとPCプロジェクタを使うので手軽に立体的な地球と惑星の表示が出来ます。地球などの立体的な物を地図の様な平面で表示すると必ず形が歪みますが、立体で表示する事で正しい形で表す事が出来ます。」という優れもの。

 デンマークはロラン島で見た科学地球儀の導入について検討しているときに、このプロジェクトが京大にあるということがわかって見学に言った次第。ぜひ検討したいね。
 
    <追儺式>

 1時間ほど付き合って、吉田神社に戻り、また追儺の矢の受付に座る。夕方6時からの「鬼やらい」といわれる追儺式を目当てに5時過ぎからは境内は人並みでいつものように埋まり始める。境内は超満員。6時前にはホラ貝が響く中、神楽岡町の保存会の人たちが扮した赤、黄、青の鬼が登場、
 「その儀式は、大舎人が黄金四つ目の仮面を被り、玄衣朱裳を着装し、盾矛をとりて方相氏となり、・子(しんし※人偏に辰)という小童を多数従え、陰陽師が祭文を奏し終えれば方相氏大声を発し盾を打つこと3度、群臣呼応して舞殿を巡ります。最後に上卿以下殿上人が桃弓で葦矢を放ち、疫鬼を追い払います。 平安京鎮護の神として、また全国の神を祀る社として、鬼すなわち悪神を追い払い諸人の不幸を除いて、人々の幸福と平和な生活を願います。」という儀式。
 午後10時ごろまで雨も雪も降らずに門川市長や浅野の区長ら多くの参拝客で賑わいました。ありがとうございました。

この記事をはてなブックマークに追加