ペンギン通信

一橋大学バスケットボール部のブログです。

自己紹介 中島信太郎

2017-05-18 01:59:51 | weblog2011

 

 

 

 


皆、肉体といふものについて思いをはせることはあるだろうか。


肉体といふ観念云々の前に、まず日本人の精神性を話さなければならない。


日本人は、肉体を侮蔑する精神主義を持つ民族であり、


古来、女性の美と考えたものは、淑やかさ、心ばえといった「内面の美」であった。


そして肉隆々たる男は下層階級の労働者とされ、無教養とみなされた。


それに比べ、ヨーロッパでは、イデアといふ究極に達するため、肉体の美しさを崇拝する哲学をもった。


女性というのは、豊満な肉体の健康さが魅力とされたのである。

もちろんこの肉体主義は、男性の筋肉を威厳を持たせた。

この肉体主義の浅はかたることや。


肉体主義は官能美と切り離せない、卑猥なものだ。


日本男子たるもの、完全な肉体は完全な精神に宿ることを肝に命じるべきだ。


バスケ部を見ると、状況のひどさにあきれるのほかない。


最近契りを交わしたばかりと言う、4年MGと2年プレイヤーの二人など言外である。


健康そのものを印象付ける豊かなシルエットを持つ女と、土方で鍛えた肉体と知性感じぬ気の短さを持つ男。


この西洋的な卑猥さにはあきれるのほかなく、バスケ部の風紀といふものが心配となる。


私は、日本人の精神主義の危うさを訴えているに過ぎないのであって


無論、先に快楽といふものを知られた悔しさとは無縁なのであることを声を大にして唱えなければならない。

 

 

 

 

 

名前:中島 信太郎
身長/体重:174/69
出身校: 駒場東邦
ポジション:F
感銘を受けた本:三島由紀夫「若きサムライのために」


今年こそ、チームに貢献するため、技術・フィジカル・メンタルの強化に励む所存でございます。ご声援の程、よろしくお願いいたします。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自己紹介 小野一勢 | トップ | 自己紹介 牛嶋克弥 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL