ペンギン通信

一橋大学バスケットボール部のブログです。

自己紹介 福田大晟

2017-05-15 20:15:31 | weblog2011

わんばんこ!(伏線)

新二年生の福田大晟と申します。自己紹介をします。

 

 

 

名前:福田大晟

学部:法学部

出身高校:仙台第二高等学校

ポジション:F

身長/体重:177㎝/73㎏

座右の銘:論より証拠

 

 

 

まったく関係のない話ですが、宮城では「こんばんは」のことを「おばんでがす」といいます(伏線回収)。「おばんでがす」は、「お晩でございます」がなまった言い方だと考えられています。最近部員に尋ねたところ、「おばんでがす」を全く知らなかったのでカルチャーショックを受けました。ちなみに、宮城県民の年配の方は語尾に「~でがす」をつけがちです。

 

 

 

ということで、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、語尾に「~でがす」をつけて私が女性恐怖症になった理由をつづるでがす。

 

 

話は高校二年生の秋にさかのぼるでがす。その日は放課後に友達2人と仙台駅近くのたい焼き屋さんによったんでがす。友達2人はあんことクリーム味を、私は最近発売されたというバナナクリーム味を注文したんでがす。たい焼きを手にした3人は店のそばで話しながら食べていたんでがす。そこへ女性がきて私に話しかけたんでがす。(女性は推定40代前後、見た目のヤバさは片桐はいりの6倍、明らかにヤバい)

 

 

女「あなた、何味頼んだの?」

 

私「バナナクリーム味です」

 

女「へぇ.....」

 

私「.....?」

 

女「何、最近たまってんの?」(ここでおもむろに私の下腹部を触る)

 

私「.....」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は戦慄したでがす。女が放った一言が「便」ではなく「性欲」を指していることは女の様子から明らかでがした。中年の不潔な女性に「性」を垣間見たのはこの時が初めてだったため、その衝撃は計り知れないものだったでがす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バナナクリーム味を頼んだ私がいけなかったんでがしょうか。

 

 

 

私たち3人は女から逃げるように走り出したでがす。それまで私はバナナクリーム味をおいしく堪能していたんでがすが、食欲が完全に失せたため友達に譲ったでがす。

 

 

 

 

 

私はこの、「男子高校生が食べているバナナクリーム味のたい焼きから性を想起するヤバい女」との出会い以降、女性とたい焼きには手を出せないでいるんでがす...

 

 

 

皆さんも気を付けてくださいでがす。

 

 

 

 

 

最後になりましたが、今年は自分にできることを精一杯こなしチームの三部昇格へ貢献する所存です。日々精進してまいりますので応援のほどよろしくお願いします。

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

ps:確かに宮城県民は「~でがす」を使いますが、こんなに乱暴には多用しません。使い方も4割方間違っています。本物の「~でがす」を聞きたい方は是非宮城にお越しいただき、70~80代の方に話しかけてみてください。きっとほっこりします。

 

 

文責:福田大晟

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自己紹介 桂大志 | トップ | 自己紹介 齋藤愛乃 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL