湯めぐり四方山話

湯めぐりは 人・風物との出会い

新しくなった美又温泉街の景色

2017-05-19 | 町歩き(温泉街・歴史街)
2年ぶりの「美又温泉街」は、
温泉街に沿って流れる美又川の堤防が整備されて、橋も新しくなっていた。

温泉街の道も、舗装し直されていた。

今回、最初に泊まろうとした「山根」旅館。新しく建て替えられていた。

美又温泉会館に近く、和食・食事処を併設の「山根」旅館。
料金もほどよく人気があるのか?
5月中旬のこの土日は、学生の団体客で予約がすでに一杯だった。

「山根」旅館の向かい側は「美又温泉神社」

その手前は、さっき入ったPH10,0のヌルヌル湯「美又温泉会館」(公衆浴場)

「山根」旅館と接するように建っているのは、今夜、宿泊予定の「かめや」旅館。

美又温泉街の中では一番?大きい旅館。

「美人湯かめや旅館」が正式名。
この旅館も2年前と外観が違う。リニューアルしたようだ。

「かめや」旅館と道路を挟んで向かいにあるのは「とらや」旅館
食堂付きの旅館で、リーズナブルな料金。温泉会館にも近い。

2年前に泊まった旅館「みくにや」

ここは、料金+料理+サービスともに満足した宿

温泉街の終わり?(反対側から歩いたら温泉街の始め?)にある「ふくや」旅館

いつも「ふくや」のショーウインドーに見入ってしまう。

「ホテル美又」

温泉街の反対側の端っこに「足湯」が新しくできていた







「足湯」の近くの橋も新しくなっていた。

「美又温泉国民保養センター」(入浴、食事処、休憩)外来湯・専門施設

ここは、日帰り湯専門の温泉施設(レストランあり)

ここで、温泉街は終わるので、引き返した。



『島根県』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美又温泉会館(公衆浴場) | トップ | 美又温泉「かめや」旅館 (... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
新しく・・なった訳は (屋根裏人のワイコマです)
2017-05-22 15:45:22
美又温泉の建物施設と橋や舗装が整備
されて、県や市町村や各温泉施設で・・
一生懸命誘客の努力が窺える。
昨年の鳥取地震で山陰のイメージが
だいぶ低下したにも関わらず山根などは
週末は満員・・他の日の稼動状況が
どうなのか?? 誘客施政に何とか応えて
あげねば・・皆で応援しましょう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL