常陸大宮里山日記

茨城県の北西。久慈川と那珂川に囲まれた、常陸大宮市のなんだか暖かい里山の暮らし。

国長阿弥陀堂

2016-10-16 21:24:49 | 神社仏閣
集中曝涼には最高の天気でした。国長阿弥陀堂。
普段は檀家さんしか見られない貴重な仏像や掛軸を見学。
参道の入り口は何度も通り過ぎながら、鎌倉時代からの古刹とは今まで知りませんでした。


ところが、山門あたりからただものではない気配が。


本堂です。
今回公開されている仏像のうち、本尊の阿弥陀三尊像は写真撮影不可。
集中曝涼に訪問した甲斐がありました。
穏やかな、お若いかんじのするいい仏さまでした。


廃仏毀釈を免れた貴重な仏像も見せていただきました。
一番左側の不動明王さまは、今まで制作年代が分からなかったのが、
ちょうど、昨日、調査結果がでて江戸時代初期のものと判明したと、
常陸大宮市の歴史文化振興室の職員さんが説明してくれました。

十王図の掛け軸や江戸時代中期からの釈迦涅槃図。
天井に掲げられた数えきれない寄進者の名前。


鎌倉時代から
何百年も地域の人々の心のよりどころ。
何百年も大事にしてきた名も知れない多くの人々。
その積み重ねのうえに今がある。
しっかり生きなさいよ、と阿弥陀さまがおっしゃっているようで。

市の職員さんや茨城大学の学生さんが丁寧に説明してくれました。
お若い方が歴史を大切にしてくれていることが、うれしかったです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ようやく秋の空~御前山ダム~ | トップ | 鷲子善徳寺~阿弥陀さま »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。