ひたふる君を

夜くればものの理みな忘れひたふる君を恋うと告げまし  …九條 武子…
題詠blogに参加しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

074:肩

2009-06-22 17:36:20 | 短歌
あまやかにわたしの肩に歯をたててマーキングせり男はあはれ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 075:マスク(ゆき) | トップ | 075:おまけ(ゆき) »

コメントを投稿

短歌」カテゴリの最新記事