雨の芳香

占い師をしています。

お姉さんの話

2017-07-29 12:22:36 | 日記
輪々華先生のお姉さんの話をします。

たまに来ます。
本館を仲介したのはお姉さんです。
美人だと思います。女狐の様な人です。今、先生に聞いたら女狐は誉めてない言葉の様です。
先生は猫顔です。猫顔も別に誉めてない言葉の様です。難しいです。
お姉さんは周りの空気を斬って歩きます。声に張りがある、気合と共に吐き出してます。
怖がらないのは多嘉良先生だけです。輪々華先生はお姉さんの妹だから当然だけど、普通です。
多嘉良先生の事すら舎弟扱いです。僕はお話できません。目を合わせるのが、大変です。
実は優しい人だと思います。
みんなに必ず何か、買って来て下さいます。
アロマか何かのいい匂いのスプレーとか、シロップ漬のオリーブの実とか珍しい物は、女性陣が喜んでます。お姉さんは前職がショップ店員という事です。よくわからないですがおしゃれなのは、なんとなくわかります。
霊感持ちなのに生かしてません。霊に会っても気のせいで済ませます。
困るのはお酒の席でも夜でなくても、下ネタ女王な点が困ります。下ネタのレベルじゃないと思います。セクハラです。ご本人は日常会話の様です。僕以外、皆そんな話は平気らしくて和気あいあいとします。理解できません。女の人は言わないほうがいいです。これはとても困ってます。飲みの席が、もっとひどいのは言うまでもないんです。
占い師は際どい相談も受けるから、このくらいで情けないと先生に言われました。あんまりにもは、苦手です。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 先生のお人形 | トップ | 先生の娘さん »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事