模型と魚釣り

インドアはプラモデル。アウトドアなら海釣り。田舎暮らしのオヤジ日記。

梅星学園 99ダイバーその6

2017年04月25日 | 99艦爆

梅星学園(ばいせいがくえん)というと関西あたりにある私立みたい。
たんなる誤変換。
梅干が食えん、ということ。
ゲテモノでなければ、パクチーでも鮒ずしでも平気だが、梅干だけは見るのもいや。
なぜ?って聞く奴いるんだよなあ。
好きな人には申し訳ないが、理由はない。
キライだから。

艦爆はたいして進んでいないが、自分の記録も兼ねているので書かなきゃね。
この飛行機、実にダサかっこいい!
立体になるのが、本当に楽しい。

キャノピーは分割の方を採用したので、一体型は贅沢なマスキングに。 

なんとなく、よく検討もせず、明灰白色、赤、緑、黄帯、青帯、黒の順にしようと決めた。
胴体と翼下面の日の丸は、明灰白色に掛かるので、マスキングの丸穴の中を塗る方法。
翼上面はエリアを赤く塗って、上から丸でマスクする方法にした。

丸穴に丸を貼って、日の丸をマスク。
周りを剥がす。

裏面は近年になく、ムラムラに塗った。
尾っぽの赤い部分をマスキングしたら、そのまま緑にいかずに、明灰白色ではみ出した赤を抑えて、下面のムラももう少しおとなしくしようかな。


どうせ見えないと思ったが、ちょっと雑な気がする。

実は今回、もっとも手がかかったのが翼と胴体の段差。
上面はほぼ修正なしだったが、その歪が下面に出たのか。

緑矢は翼下面パーツのパネルラインのスジ彫り。
その3mmほど後ろに胴体パーツと翼パーツの接着線がくる。
ここはパネルラインではないので、完全に消さないと納得できない。
t0.3のプラバンを貼るほどの段差。
プラバンと溶きパテで何回やっても消えない。
サフを吹いて確認するとスジが浮き上がる。
投げ出したくなったよ。
こういう初歩的な技術が未熟なんだよなあ。
この程度の段差でも、ヒケないパリパテ使うべきなのかねえ。

修行が足りんねえ。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 釣春はいずこ2017 | トップ | 春の収穫 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
名誤変換 (クラキン)
2017-04-27 07:00:16
私がipadで「うめぼしがくえん」と入れて変換すると「梅干学園」になりました。😁
99艦爆、ずっと拝見していますが素晴らしいです。
コックピット、機銃、塗装・・全てに手抜きなく今回の下面塗装も絶妙ですね。
継ぎ目も写真では殆どわかりません。
そろそろ完成が近そうですが、きっと凄い作品になるでしょうね。
引き続き楽しみにしています。
コツコツと (hisota)
2017-04-27 07:34:17
クラキンさんいつもありがとうございます。
自分はセンスがないのがわかったので、芸術点で加点を狙うのは諦め、技術点で減点されない作戦があっていると悟りました。
コツコツ手抜きせずやります🎵

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。