模型と魚釣り

インドアはプラモデル。アウトドアなら海釣り。田舎暮らしのオヤジ日記。

もう少し 九六中攻の7

2017年06月17日 | 96Bomber

梅雨入りすると、コンプが水吹いたり、塗装面がかぶったり、と聞きますが、あまり経験がありません。
吹き始めはエアブラシを宙に向かってひと吹きしてから始めるクセを付けてるし、カーモデルのようなツヤを気にする作品がないからかな。

さて96陸攻。

削っては眺めて、ゆっくりと進めてます。
わざとらしい見本です。

ケープですが、時々うまくいかないことがあります。
こんな風に、塗装を弾くのです。

拳ちゃんに聞いたら、弾いたことはないということですが、なぜでしょう。
成分にシリコンって書いてありました。それのせいでしょうね。
削る前からこんな風に塗装が乗らないのです。
この程度なら、外周をギザギザに削ってごまかせますが。

塗装剥がれはこの程度で止めようと思います。

カウリングはちょっと大げさに剥がしました。
模型だし、この程度でいいんじゃないかな。加減が難しい。
これにフィルターで彩度と明度を落として、最後にクリア吹いておしまいの予定です。

ジャンル:
模型
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハゲ練 九六中攻の6 | トップ | 小田原遠征 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
凄い迫力 (クラキン)
2017-06-18 05:26:53
ケープは色々とコツがあるようですが、仕上がりは凄い迫力ですね。
本当に剥がしている感が満点で、やはり筆でちょこちょこ塗るのとは全然違いますね。
私も一度挑戦して見なくては・・・。
なんとか (hisota)
2017-06-18 12:38:04
クラキンさん毎度です!
お褒めいただきありがとうございます。
剥がしは今回の課題だったので、うまくできるようになって良いのですが、だからといって、飛行機がこれでかっこ良くなるかというと、そうでもないので、複雑な心境でーす。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。