模型と魚釣り

インドアはプラモデル。アウトドアなら海釣り。田舎暮らしのオヤジ日記。

ミスった 99ダイバーその9

2017年05月03日 | 99艦爆

5/3は家族全員休日で、特に予定もない。
4時起きだったが、ブログを書いてたら明るくなった。
こんな駄文でも1時間以上も掛かるんだよねえ。

担当者が寝坊してるので、犬が散歩連れてけと騒いでうるさいから替わりに行ってやって、帰ったら朝飯だった。

艦爆はほぼ大掛かりな塗装は終わり、小物製作の日でした。
アンテナ線は、初めて複葉機以外でストレッチリギングを使おうと思う。
テンションが掛かるのでアンテナ柱を金属化することにした。

材料はこれ。

四角はゼロとは読み違わないのに、斜め線引くんだね。
10マルを10ファイと読んだ人が、10角を10マスなんて読んでたら、今頃は角棒のサイズを日本中でマスと呼んでたかもね。

元のパーツが0.8X1.6x12位だったので、1.5mm丸棒を探したがなかった。
角棒を叩いて平角にしてからやすりで削る。

こんな感じ。
線は柱に2か所で接続して、三角形みたいになるようです。

上辺は半田付けするとして、斜めの辺の位置決めが難しいので、柱に穴を穿って刺し込むことにしました。

ヒートンの真鍮線は0.01インチ径を使うので、ドリルは0.3mmにしました。
叩いたから、加工硬化しててドリルが進まない。

ライターで焼きなましたが、時間が短かったのか。
何とかできた。
位置決めだけなので凹んでいれば良いの。

半田付け自体はあっという間。
 
下は刺してあるだけだけど、そのおかげでマスキングテープでの固定が簡単。

これをキャノピーに立てなきゃいけないのだが、クリアパーツに瞬着は危険だ。
プラでダボを作ることにした。
そうすれば、クレオスのセメントSで、塗装に影響を与えず付けられる。

断面に0.6mm穴を明けて、伸ばしランナーを瞬着付きで刺し込み。
プラ化成功。

他に爆弾やアレストフック、羅針儀など後回しにしていた部品を製作。
ここまでは良かった。
次はデカール貼り。

失敗したのはここ。

この銘板は工場出荷の時から描いてあるので、新品からの塗り残してるはず。
黄帯に掛かってるから透けるといけないので、デカール貼る前に明度差を塗っておこうと。
マスキングで囲ってから、タミヤ水性明灰白色をリターダーで薄めて筆塗りした。
吹き付けだと良いが、筆塗りはマスキングしても厚塗りはダメなんだね。
盛大に、はみ出したので、水性シンナーで拭いたら、Mrカラーの濃緑色まで落ちた。
通常は水性シンナーでMrカラーは落ちないが、リターダーのせいかな。 

それで急きょ濃緑色を吹き直したので、デカールは5/4以降になりました。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 順調 99ダイバーその8 | トップ | 連休には終わらないな 99ダ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

99艦爆」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。