模型と魚釣り

インドアはプラモデル。アウトドアなら海釣り。田舎暮らしのオヤジ日記。

返り討ち。でもちょっと試行

2017年07月16日 | 釣り

仲間内では「イカは50ハイが勝敗ボーダー」なのに、先週まさかの2ハイで、ありえない惨敗。
もやもやが治まらないので、今週仲間が行く船に混ぜてもらいまいした。

敦賀はピークを越したようなので、北上して三国です。
写真のバックは九頭竜川マリーナ。
敦賀は原発のある深い湾から出るのに小一時間掛かりますが、三国のイカポイントは出てすぐ。

そして、まだ明るいうちに仲間内一番で本命ゲット。

幸先がいい!気が楽になった。
しかしその後は続かず1時間1パイペース。
最終的にイカは5ハイ。
三国も盛りが終わってました。
イカだけを真面目に狙ったトップの人で12ハイ程度。

私は真面目にやらなかった。
イカを2ハイ釣ったところで、このままでは数は望めないし、イカは他の人が釣れ始めてから戻しても間に合うので、お魚狙いに変更。

今回はイカとアジの両面狙いが通用するかどうかの試行も兼ねているのだ。

いきなり明確な当たりがあってアジゲット。
23cmくらい。
小田原エサ釣りの時の一番小さいのくらい。
仕掛けは、鉛スッテを錘代わりに下に付けて、エダスにジグヘッドを付けた、ダウンショットスタイル。
このアジのあとに、錘代わりの鉛スッテの方にイカが乗ったから本当に両用なの。

隣の人が、ゆっくり上げてくるとイカが何か大きな魚にかじられる、というので28gのメタルジグに替えてしゃくったら、カマスがヒット。
カマスじゃイカの胴をひとかじりで取っていかないから、もう少し大きいタイかなんかがいるんだろうね。
22時以降なら何やってもいいルールにした、と船長が言うので今度はジギング用のロッドも持って来よう。

好いサイズのカマスだけど、40cmに少々足りない。
カマスは塩焼き、アジは刺身にした。
アジの刺身は本当にうまいなあ。
イカ釣りの時は、最低アジ1尾をノルマにするかな。

『釣り』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 搭乗員集合 流星改の3 | トップ | 出張のランチその2 富士の裾... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
充分です (クラキン)
2017-07-18 07:21:32
イカ🦑5杯にアジ、カマス・・自分で味わって頂くには充分な釣果ですよ。
欲張っちゃいけません、限りある資源を大切に・・私は貧果の時はそう自分に言い聞かせます。( ◠‿◠ )
流星頑張って下さい。
ギャンブルなので (hisota)
2017-07-18 20:53:05
クラキンさん、いつもありがとうございます。
釣れたり、駄目だったりするから面白いんですよね!だけど船代が頭をよぎると、途端に貧乏根性が心を乱します。まだまだ修行が足りませんな。
うちは工作室にクーラーがないので昼間はプラモ無理です。快適に作業されているクラキンさんがうらやましい。

コメントを投稿

釣り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。