普通すぎる占い師HISOKA.のブログ


普通の占い師です。σ(´・ε・`*)


静岡占いの館ミューズ 054-255-3320

哲学とはなんぞや?

2017年01月04日 | 8年目以降
お休みだから家にある本でも読み返したりしようと
タロットや算命学の本をチラチラと

たまにタロットや手相では
おすすめの本はなんですか?と聞かれます。
初心者、中級者や
その人の求めることによって
何がよいというのか判断は難しいのだけど
1つの占術について50冊くらいなら全部読んだ方がいいよ。
プロになるんでしょ?と答えます。

あるときタロットではこの本がよかったなぁと言ったら





驚かれて


なぜなら
そのタロットの鑑定士さんがこの本の筆者のお弟子さんだったから。

よりによって
その本をあたしが読んでいるとは思っていなかったと思う。


占いをやりたいとか
タロットをはじめてやる人が選ぶ本ではないけれど
違う角度から新鮮な気付きを与えてくれた。

たくさんの本を出来るだけ読むというのは、仕事で使えるとかそういうこととは別に
その占いの世界から教わる哲学のようなものがあって
そこが自分の人生に深みを与えてくれるんだよね。
この本はよかったよ。

でも、深いので読み進めるのに時間がかかるの、あたしの場合。






そんな合間に家事もやりつつ
今年はじめてのお雑煮、やっと食べましたとさ。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松本隆さん | トップ | 今日から授業だ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

8年目以降」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL