ライムグリーンのつぶやき日記

映画鑑賞(ほぼ洋画)、海外ドラマ、ハリウッドスター、洋楽が好きなライムが書くBlogです。オススメ度はMAX☆×5です!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

グラン・トリノ

2014-09-13 10:29:40 | 映画 カ行

グラン・トリノ (2008) 117分

原題:Gran Torino

オススメ度…

 

 

スタッフ

 監督・製作:クリント・イーストウッド

 脚本:ニック・シェンク

 音楽:カイル・イーストウッド

     マイケル・スティーヴンズ

 撮影:トム・スターン

 

あらすじ

フォードの自動車工を50年勤めあげたポーランド系米国人コワルスキーは、妻を亡くし、愛車グラン・トリノのみを誇りに、日本車が台頭し東洋人の町となったデトロイトで隠居暮らしを続けていた。頑固さゆえに息子たちにも嫌われ、限られた友人と悪態をつき合うだけであり、亡き妻の頼った神父をも近づけようとしない。コワルスキーを意固地にしたのは朝鮮戦争での己の罪の記憶であった。

その彼の家に、ギャングにそそのかされた隣家のモン族(en:Hmong people)の少年タオが愛車を狙って忍び込むが、コワルスキーの構えた銃の前に逃げ去る。その後、彼の姉スーにホームパーティーに招かれ、歓待してくれた彼ら家族の温かさに感じる。なりゆきで、タオや姉スーを不良達から救ったコワルスキーだったが、それによって、タオに仕事を世話して一人前の男にさせることを頼まれる。仕事によって成長していくタオの姿を見て考え方が変わっていくコワルスキー。その最中、体調が良くないことをタオに心配され乗り気ではなかったが病院に行く。そこで、病が体を蝕んでいることを知る。一方、これを快く思わないモン族のギャングが、タオにさらなる嫌がらせを加えた。顛末を聞いて激昂したコワルスキーはギャングに報復するが、その報復としてギャングはタオの家に銃弾を乱射し、スーを陵辱する。

復讐の念に燃えるタオを家に閉じ込め、この状況に決着をつけるべくコワルスキーはある作戦を胸に、ひとりでギャング達の住みかに向かう。大声でギャングを呼び近隣住民の注意を集めた後、コワルスキーはタバコをくわえて、銃を取り出すかのように上着のポケットに手を入れる。恐怖に駆られたギャングはコワルスキーを射殺するがポケットにあったのは第一騎兵師団のジッポであった。タオが急いで現場に向かうと、シートをかぶせられたコワルスキーの死体があった。現場の警官に聞くとコワルスキーは武器は何も持たずに、一人、ギャングの家に向かっていったこと、そして、目撃証言がある事と、コワルスキーが丸腰だったことから、ギャング達は長期刑が確定したことが分かる。

タオの未来の為に、自らの命を引き換えにしたコワルスキー

コワルスキーの遺書には、愛車グラン・トリノをタオに譲る、と記されていた。

コワルスキーの思い出と共に、海岸線を走り去るタオ

彼の心には友人コワルスキーが住み続ける..

 

キャスト

 ウォルト・コワルスキー・・・クリント・イーストウッド

 タオ・ロー・・・ビー・ヴァン

 スー・ロー・・・ア―二―・ハ―

 ヤノヴィッチ神父・・・クリストファー・カーリー

 

感想

「男らしい」とかいう単語がよく出てきて、クリント・イーストウッドの特徴がとても出ている作品だった。

いやぁ~、クリント・イーストウッド・・・自分の役カッコよくしすぎでしょ!!

タオとスーのために死ねるとかスゴイ!!

ていうか、1番可愛そうな役は、スーの役だった。

1番サイテーなのがスーの従兄。

グラン・トリノカッコいー

 1回乗ってみたいなぁ~ロマンあるな~

クリント・イーストウッドと共演したビー・ヴァンが羨ましい・・・!!

 

2013.11.02

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 96時間 | トップ | コン・エアー »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
涙・・・ (小米花)
2014-09-13 11:39:19
この映画が公開されたとき、イーストウッドが俳優を辞めるという話でしたね。
もうスクリーンで会えないのかと大泣きした私。
でも、その後映画出演しました。
あの時の涙を返して、、、とイーストウッドに言いたかったです(笑)。
Re: 小米花さん (ライムグリーン)
2014-09-13 13:33:25
その後の映画って、もしかして『人生の特等席』ですか?
こっちもとっても良いですよね!!
イーストウッドもそうですが、
ジャスティン・ティンバーレイクもカッコよかったです!!
ティンバーレイクの『Tie&Suit』っていう曲、カッコいいですよ!!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
グラン・トリノ (本と映画、ときどき日常)
監督、出演  クリント・イースドウッド 面白かったです。 イースドウッド扮するウォルトとの交流で、強くなっていく移民族の少年や若き神父さんの様には、胸を打つものがありました。 愛車グラン・トリノの物語の中でのインパクトも強く、最後の30分は、もう目が...
グラン・トリノ (こんな映画見ました~)
『グラン・トリノ』---GRAN TORINO---2008年(アメリカ)監督:クリント・イーストウッド出演: クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー 、クリストファー・カーリー 長年一筋で勤め上げたフォードの工場を引退し、妻にも先立たれた孤独な老人...
「グラン・トリノ」(GRAN TORINO) (シネマ・ワンダーランド)
米映画界の大御所、クリント・イーストウッドが製作、監督、主演の三役をこなした感動のヒューマン・ドラマ「グラン・トリノ」(2008年、米、117分、ニック・シェンク脚本、ワーナー映画配給)。この映画は、妻に先立たれ息子家族とも折り合いがつかず、孤独な暮ら...
『グラン・トリノ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「グラン・トリノ」 □監督 クリント・イーストウッド □原案 デヴィッド・ジョハンソン □原案・脚本 ニック・シェンク □キャスト クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー、クリストファー・カリー、コリー・ハードリ...