東武練馬と上板橋の間にある不動産会社の社長ブログ(株式会社久富)

東武東上線、東武練馬、旧川越街道沿い株式会社久富の社長です…地域不動産や周辺環境、不動産コラム、街、子育て、つれづれ…

宅建試験と資格

2016-10-14 12:18:01 | 日々の仕事について

明後日の日曜日、10月16日に今年の宅建試験があります。

年に一回のこの時期。

 

早い、もう、あれから一年経ったのか…

今年も試験監督員でいって来ます。

 

不動産屋なら誰しも持っていなくてはいけない資格ですが

学生さんから主婦の方、金融関係のサラリーマン…

色々な方が受験されてきます。

 

だから受験生のテンションもまちまちです。

不動産屋が持ってる資格ですから

さほどハードルは高くない試験でしょうけど

やっぱり、本気にならなければ、なかなか…

合格率も15%ぐらいになるようにしてますからね。

 

受験される方がいらしたら、是非、頑張ってください。

 

ただ、この資格、日本の多くの資格がそうですが

一度とってしまえば、ほぼそれっきり…

その後の、講習、研修などはさほど厳しくありません。

更新の際に、聞いてるだけの運転免許の更新のようなもの。

有資格者のどれだけの人が日々変化する不動産の世界を

勉強し続けているでしょうか。

 

しかし、不動産先進国のアメリカではそうはいきません。

不動産ブローカー資格(日本で聞くブローカーとは違います)の

維持には、常にブラッシュアップが必要で、研修時間も内容も

かなりハードです。(下にセールスパーソンと言う資格がありますが)

それだけに、その資格の地位も日本とは比べ物にならないほど

高いものです。

 

一生で一番高い、何度もない買い物。人生を左右する買い物です。

そういった厳しい資格があって、高いモラルの下で初めて商売が出来る。

こちらのほうが自然な事だと思います。

日本の不動産はアメリカに10年以上は遅れているといわれます。

 

これから先、街場の不動産屋も半分はなくなるであろうとも言われています。

今は大手の看板で出来る仕事も、いずれは会社が重要なのではなく

一担当者の仕事内容、スキル・モラル・人間性までもがお客様の判断材料になる

アメリカ並みの仕組みになって、満足のいく取引が増えればよいですね。

そう、アメリカはそんなレベルになってます。

 

早く日本も追いついていけるように… 業界全体のレベルアップするように…

頑張りたいと思います。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋らしい日がなくなる… | トップ | ドラフト会議 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご無沙汰してます (Tak)
2016-11-08 02:02:50
私はてっきり日本の宅建資格の方が難しく、その後の維持も大変なのだとばかり思っていました。

ちなみに私の知人でリアルターをしている人間がいるのですが、この周辺は州境なので両方の州のブローカー資格を取得したと言ってました。確かに面倒そうです・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。