保険屋さんは腹黒くなければ生き残れない

あくまで勝手に創造したことを文章にしただけです。

渥美清さん 中村勘三郎さん なぜ死んだ?

2017-05-16 18:08:48 | 妄想

無料相談保険マンモス保険ショップ生命保険 相談

--------------------------------------------------------------------

’男はえらいよ’の寅さん 渥美清さんが亡くなったのは

21年前 肺がんの手術をして4日後でした。

歌舞伎の中村勘三郎さんが亡くなったのは

5年前 食道がんの手術をして4か月後でした。

何が言いたいの? ガンが原因で亡くなったんじゃないの?

ガンで亡くなったのではありません。

手術で亡くなったんです。

食道ガンの標準治療 欧米では放射線治療です。

同じステージの生存率は手術と放射線治療では同じです。

しかし、施術後半年の死亡率は 手術20% 放射線10%以下。

大きく開きがあるんです。

こういうことを踏まえてお客さまに提案している保険担当者が

いったいどれくらいいるのか?

お客さまがご病気になった時に適切な病院を紹介している保険担当者が

いったいどれくらいいるのか?

お医者さんにお医者さんを紹介出来る私から言わせれば

本当にお客様第一に考えて保険を提案しているのか疑問ばかり。

お客様を病気から守るのは、保険ではありません。お医者さんです。

医療保険やガン保険は適した治療をする時の経済的不安をカバーする

ものです。

それをカバーすることも出来ない保険を自分の為に販売している

腹黒い営業には手を出さないで下さい。

 

女性掲示板セラヴィ

リフィート

『保険』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 保険屋さんの収入 1 | トップ | 保険屋さんの収入 2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。