le monde interessant

興味の向くままに

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アポロプラス

2007-12-22 22:44:56 | gourmet
アウトリーチ系飲み会ということで、三条堺町にあるアポロプラスというお店に行った。
店の内装がおしゃれなところで、居酒屋のメニューだけれどワインも置いているようなところだった。

料金は1人四千円で、いつもの飲み会よりは高かったが、満足度も高かった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

漸近的自由

2007-12-21 22:19:29 | thoughts
昨日職場の同僚と飲み会をした。
帰りに、同僚がやっている研究内容についていろいろ話を聞いた。
内容は、可解モデルにおける解の漸近的自由についてだそうだ。興味深いのは、空間三次元で三回交換関係がゼロでないとき、解をうまく時間対称にできないらしい。

酔いながら話していたのだが、三回交換関係がゼロでないというイメージが、物理では内容があまりない気がした。
議論の結果、時空四次元が非可換になっていて、時間反転対称性が破れているのではないか、という案がよさそうな気がした。
その方向で調べてみると、面白い結果が出るかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペーパーナイフ

2007-12-18 20:44:35 | thoughts
家にペーパーナイフがあったらいいかな、と思って、紙が一枚だけ切れる刃付きのペーパーナイフと思われるものを買った。
家に買って帰って見てみたら、形状はペーパーナイフになっていて、用途としてもペーパーナイフとして使えるが、「ペーパーナイフとして使えます」という説明は一切なかった。

本当にそういう意図があるのかどうかわからないが、カッターナイフのメーカーとして、カッターがメインで商品を作っています、という意気込みが感じられた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

年賀状作成

2007-12-17 19:39:44 | events
年末に旅行に行くので、今年は早めに年賀状を作った。
郵政民営化の流れで顧客の要望を聞くようになったのか、写真用の光沢紙が最近売り出されているので、それを買ってみた。

今までは印刷屋に頼むと、印刷代が10枚で1000円以上かかっていたので、格安で写真年賀状が作成できるのはうれしい。
ただ、普通の年賀状よりも10円高く、1枚60円である。コストだけ考えると、もう少し安くてもいい気がする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レゴで周期表

2007-12-16 15:27:46 | thoughts
京都大学の前野教授が周期表ペン立てを考案して、京大のおみやげでよく売れているらしい。
同様なものとして、レゴで周期表をつくったら売れるかもしれない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

iPod touch

2007-12-15 20:40:08 | travel
旅行で飛行機に乗っている時間が長いので、時間をつぶすためにiPod touchを買った。
PCの充電池をもう一つ買って、PCを使って時間をつぶすことも考えたが、重量の面と、Podcastで結構時間がつぶせるだろうということで、iPod touchにした。

電池を持たせるために、Wi-Fiを切ることはできるのだろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

家庭クリスマス

2007-12-14 17:05:32 | events
職場の家族が集まって祝う、クリスマス会があった。
子どもも集まって会を開くことは、町内会の子ども会以来だったので、おもしろかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トルコ語

2007-12-13 18:34:51 | travel
3月にトルコに旅行に行くので、トルコ語の本を買ってみた。
トルコ語は、1928年にアラビア文字からアルファベットを使用することになったらしい。
簡単な文法書に一通り目を通したが、語の並びは日本と同じで馴染みやすいが、語源が全く違うので、単語を学ぶのが大変なようだ。
3ヶ月で会話までは難しいと思うので、看板が分かる程度を目指して学ぼうと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アジロ印

2007-12-12 13:28:01 | gourmet
職場の飲み会で、北山にあるアジロ印というお店に行った。
ブリしゃぶと串焼きが出て、けっこうおいしかった。
飲み放題つきで\4000と、値段も手頃だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

守破離とリテラシー

2007-12-10 18:20:20 | thoughts
世阿彌のいうところの破は、教わったことを応用すること、離は独自のスタンスに立つことらしい。
これらの段階は、リテラシーの考え方と共通している。

守破離の段階論に立つならば、理論や知識を批判的に捕らえるためには、知識をきちんと身につける段階が必要なのかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加