フッフッフの話

日常の中に転がっている面白い話、楽しい話!

カーネーション

2017-05-16 21:56:57 | 日常雑感

 はこちゃんちのテーブルに、可愛い瓶に入れた真っ赤なカーネーションがあった。

昭和20年代・小学生の頃を思い出した。「母の日」が近付いたら、

「お母さんありがとう」と書かれた紙テープを張ったカーネーションが配られる。

白と赤のカーネーションがあり、母親が健全な児童は赤いカーネーションを頂いて胸に付けた。

すでに死亡等で母親がいない児童は、白のカーネーションを胸に付ける。

自分のことだけしか考えない子だったらしく、何とも感じなかった。

しかし、白いカーネーションを付けなければいけない子は、どのような気持ちだったろう!!

白いカーネーションを付けなければいけなかった人が、大人になって話してくれた。

母の日が近付くのが、嫌いでさみしくて地獄に落ちるようであったと。

なぜあのような思いやりのないことが、学校で行われたのであろうか!

”恕”の教育はなされなかったのであろうか!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 上品で美しい | トップ | 医療費 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おもいやり (瀬野じい)
2017-05-17 07:59:36
おもいやりの教育をつくづく感じますネ。
ちょとしたことですが・・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL