フッフッフの話

日常の中に転がっている面白い話、楽しい話!

大掃除の意味

2016-12-20 19:08:01 | 日常雑感

 年末に行う大掃除は、1年間の埃や煤を払うとの意味ではなく、

お正月にお越しになる神様を、きれいに掃除をした所にお迎えするとの意である。

掃除の仕事始めは、12月13日であり、28日までに終了する。

29日は忌み日とのことである。

神様を迎えるに当たって、青い松などをあしらった門松を置き、

神様がお入りになる家の入口を示す。

神様の居られる場所を示す〆縄を飾り、鏡餅で神様に感謝する。

これが、お正月の大きな行事である。

私のように掃除をサボって、「掃除をしなくても、お正月は来る」などと

不謹慎なことを言う人間からは、神様も遠ざかられるらしい。

神様と共に、”福”も逃げるとのことである。

クワバラ!クワバラ!

まだ期限までには十分間に合うから、大掃除に取り掛かろうかな!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 窓拭き日和 | トップ | 認知症検査 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日常雑感」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL