フッフッフの話

日常の中に転がっている面白い話、楽しい話!

忘れられた立葵

2017-06-10 20:53:18 | 日常雑感

草に埋もれ、主(ぬし)から忘れられても、花を咲かせた立葵。

立葵の花言葉は、「野望・大望」である。主(ぬし)の大望のために、立葵は棄てられた。

来年は持ち主が替わり 、草も花もない生まれ変わった土地になっていることであろう。

立葵も今年限りの命である。刻々と変化をし、変わらないものは何一つない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南天 | トップ | お湿り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日常雑感」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL