フッフッフの話

日常の中に転がっている面白い話、楽しい話!

名刺

2017-05-03 21:21:23 | 日常雑感

定年後の名刺の肩書を、なんと付けようかと考えたことがある。

以前にも書いたように、付けたかった肩書は「百姓」である。

百姓とは、農業関係の事なら何でも知っているし、ほとんどの事が自分で解決できる人のことである。

そのことを知っては、肩書に付けることは出来ない。

知人にそのことを言ったら、「百姓なんて差別語だから付けないほうがよい」との返事。

何も分かっていないなーと感じた。

 

 先日、3人の女性が集まって眺めている所に通りかかる。呼びとめられて近寄って見ると、

新品の草刈機なのに、エンジンが掛らないとぶつぶつ言っている。

こんな物を売り付けるお店は困るとのことである。

見ると、チョークを引っ張ったままにしているから、吸い過ぎでエンジンはかからない。

エンジンの掛け方も知らないで、販売店の悪口を言われてもなー!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 泥まみれ | トップ | 花付きが良い »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
士農工商 (瀬野じい)
2017-05-05 09:36:57
お侍さんは苗字・帯刀の特権をもち,お百姓さんは年貢の負担者として、次に,工商は町人とよばれました。今のサラリーマンはわかっていないだなー

コメントを投稿

日常雑感」カテゴリの最新記事