フッフッフの話

日常の中に転がっている面白い話、楽しい話!

渡辺和子シスター

2016-12-31 19:06:07 | 日常雑感

 30日に、渡辺和子シスターが亡くなったとのニュースが流れた。

個人的にお近づきになれるようなお方ではないが、

講演や著書等を通じて、穏やかなお人柄に魅力を覚え、

少しでも真似が出来るようにと感じている。

今年も、我々の同年代の有名な人達が、黄泉の国に旅立った。

足元まで波が押し寄せた感がある。

「聖書」について、あれもこれもと乱読をしてきた。

曽野綾子氏と尻枝正行神父との往復書簡形式で書かれた「別れの日まで」を再読している。

一度読んでいるから赤い線が引いてある。自分が引いたものであろう。

しかし、少しも理解していない。初めて読むような気分である。

今年はもう少し心を入れて聖書を読もうと思う。残された持ち時間が少ない。

だから狭い範囲しか読めないであろう。挑戦しよう。

今なぜ聖書なのかと問われたら、自分の価値観と経験によって、

自分だけの解釈を許される本だと思うからである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年のお礼に | トップ | 初日の出 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日常雑感」カテゴリの最新記事