労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

第一交通産業の田中亮一郎社長を表敬表問

2016-09-13 | 書記長社労士 労働組合

 北九州に日帰り出張、タイムテーブル的に楽勝なスケジュールやったはずやのに、東京の大雨のせいで、機材やりくり、離陸の大混雑で、大幅に離陸遅れ、当然到着も遅れ、西鉄のエアポートバストの接続もずれて…。


 日本一のタクシー車両保有数を誇る第一交通産業の田中亮一郎社長との約束の時間の5分前になんとか到着、うちの組織内の労組で、しかも第一交通産業ないで唯一のタクシー労働組合の委員長・書記長と合流できた。
今回の第一交通産業への表敬訪問の趣旨は、第一交通に企業譲渡の際に私鉄総連労組を残して貰った委員長が昨年10月にお亡くなりになり、そのあとを引き継いだ委員長を、紹介するということ、と、全国ハイヤータクシー連合会の副会長の立場での、思いをお聞きし、そして議論をさせて頂きたいということ。


 田中社長との懇談では、白タク合法化阻止、地域公共交通の確保維持でのタクシー業界の対応、東京では無くて東京以外でのタクシーの活性化施策、昨今の雇用情勢の中で乗務員不足対策についての方策、など。
田中社長の持論を聞きながら、私鉄総連の政策を話しながら、議論展開。
有意義な時間だった、向いてる方向は私鉄総連と一緒だ、大河が違うから方法論は違うけど、5年や10年って視野で、議論をしたいと感じた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京都社労士会「社会補償制... | トップ | 夏、いきなり終わり過ぎちゃ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL