労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな〜と思いつつ飲んだくれて書いてるっす〜(* ̄∀ ̄)ノ■☆

中杉若手社労士勉強会に初参加「はじめから第一人者でスタートする」

2016-01-25 | 書記長社労士 お勉強の記録

 昨日、福岡での仕事が延期になったので、今日は東京から直接に徳島入り。
しかし機材の到着遅れのために、出発は50分遅れるらしい、会議には十分間に合うけど、雪の影響はまだまだ治まらないようだ。


 先週木曜日は、「中杉若手社労士勉強会」第37回定例勉強会に初めて参加させていただいた。
テーマは、「社労士のための人事制度づくり実践講演会」。
講師は、第一部は『社労士のためのコンサルティング超入門 〜コンサルタントを名乗る上での覚悟と欠かせないマインドセット、選択理論の実践〜』というテーマで望月建吾先生。


 第二部は『社労士のための人事制度構築超基礎講座』というテーマで大津章敬先生。
定員60名も募集開始1〜2時間で満員御礼・札止めとなる大盛況、福島、群馬、茨城、東京、神奈川、埼玉、千葉、新潟、富山、愛知、大阪、高知、愛媛、福岡、宮崎、沖縄と実に1都1府14県から60名の社労士が集結らしく、さすがそれだけの中身の濃い講演内容、よくまあ自分がこの凄い勉強会に滑り込めたものだ。
と言っても、講座の内容は望月先生のも大津先生のも、書くことは出来ないけど、開業していない自分には、あまりにも実践的すぎて宝の持ち腐れになってしまうこと必至の仕入れとなった。
しかしマインドという点で、大いに刺激をいただいた。

 「はじめから第一人者でスタートする」
プロである者、こうでなくてはならない。
が、そうあるためには、準備万端でなければならないね…、って自分の場合、まだまだいつのことだかわからないが。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福岡出張が延期になって、海は強... | トップ | 「メンタルヘルス不調者への気付... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。