労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな〜と思いつつ飲んだくれて書いてるっす〜(* ̄∀ ̄)ノ■☆

抱擁のかけら はい!ペネロペ目当てだけでした!r(^ω^*)))テレマスナ

2010-02-10 | いい映画観てますか?
=10 -4-】 いやはや、もちろんPenelope Cruzが観たいから、それだけがこの映画を見た動機ですわ・・・(///o///)ゞ テレテレ今日はかなり緊張高めの一日やったし、精神的に癒されたかったのだ〜もちろん視覚的にも〜。

 盲目の脚本家のハリー・ケインは新聞記事で実業家のエルネストが亡くなった事を知る。その後、エルネストの息子がハリーを訪ね、自分の監督作の脚本をハリーに依頼。それをきっかけに、ハリーは封印していた過去に向き合う。今から14年前、失明する前のハリーは、新進監督マテオとして活躍していた。ある日、マテオはオーディションにやってきた美しい女性レナに心奪われる。しかしレナは、実業家エルネストの愛人だった…。


 いや、ペネロペ目当てはそうなんだけど、ほんとうは新聞でこの映画のことが紹介されていて、この映画の描きたいテーマにもかなり興味が湧いていた。前半はルイス・オマール演じるハリー・ケインとペネロペ・クルス演じるレナが別々に描かれていて、この二人はいったいぜんたいどうなっていくの〜??さらに物語の舞台は2008年と1994年、だから複雑だ〜。二人が絡み合ってきてからはストーリーはいいテンポで進展、前半にまぶされていた伏線が上手く展開していくのでミステリー的なお話となっていく。って、なんだか深〜い感じのお話のように書いているけど、それはそれでスペイン映画、ラテン系ですのでそのへんは「よろしく!ヽ( ̄ ̄∇ ̄ ̄)ノ ランラン♪」ってとこです。(スペインの映画って韓国映画っぽい軽さがあるね〜、この作品だけ?)


 Vanilla Skyでがちょ〜んってやられたけど、エレジーで完膚無きまでに惚れちまったよ〜。それでも恋するバルセロナが見れなかったのが残念だったけど、やはりこの映画でも綺麗で可愛かった!え?そんな彼女は1974年生まれの35歳なんだって!魔女だ〜!映画の中に映画が登場する、その劇中映画の中でのペネロペ・クルスの扱われ方がほんとうに素敵だった。映画ってのはそうなのかなあってのを、ふと感じたなあ。


 二人が逃避行したところのビーチでは風波のチョッピー波ながら腰〜胸くらいの波が割れていたし、水着姿でサーフィンスクールをしているシーンもあった。FAMARAという地名らしいので調べてみたら、しかし話しの流れ的には車で行き来が出来る距離なような気もするし、だからバルセロナ郊外にそのような地名の海辺の街があるから最初はそこだと思った。しかし大の大人の二人が世を捨てて逃避行したとしては、あまりにもバルセロナからは近すぎるよな、しかも実業家で大富豪エルネストの捜索の目からも隠れなくてはならない。そのうえ水温が低いであろう地中海でウェットスーツを着ないで波乗りが可能なんだろうか?で、いろいろ調べてみたら、どうもイベリア半島から南西に1,000 km、アフリカ大陸の北西より大西洋沖125kmに位置するカナリア諸島を構成する島のひとつであるランサローテ島のようだ。それならなっとくだ、ビーチの雰囲気、波の形からみて直感的に(というより長年の経験から)きっと北向きの浜に入る北からの波のような気がしていたんだ。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サロゲート アバターっぽいがで... | トップ | パートの時間給の区の格差 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (デイヴィッド・ギルモア)
2010-08-03 23:25:57
いつもお世話になり、ありがとうございます。
この映画で、ハリーが初めてペネロペに会った時の彼女の美しさに思わず、目を見張ってしまいました。それと、ペドロ監督の映画愛といったものを強く感じました。
それでは、またよろしくです。
  コメントありがとうございます (  デイヴィッド・ギルモアさんへ)
2010-08-04 09:04:11
>「渡辺淳一の世界」

  まさにそんな映画でした(笑)
  ペネロペってほんとに官能的です。
  そんな彼女を生かし切っていたと思える映画でした。
  こちらこそまたよろしくですm(__)m

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
抱擁のかけら (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛から逃げて、愛と出逢う』  コチラの「抱擁のかけら」は、4度目のコンビとなるペドロ・アルモドバル監督、ペネロぺ・クルス主演で、<究極の愛>の誕生から崩壊、そして再生を描いた2/6公開のPG12のラブ・サスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪14...
抱擁のかけら (LOVE Cinemas 調布)
『ボルベール<帰郷>』のペドロ・アルモドバル監督とペネロペ・クルスのコンビが贈る4本目の作品。今回は愛と同時に視力までも失った老脚本家が封印してきた過去を紐解き、再び活きる喜びを見出していく様子を描く。共演は『バッド・エデュケーション』のルイス・オマ...
抱擁のかけら (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:LOS ABRAZOS ROTOSのスペイン映画。英題:BROKEN EMBRACES。ペドロ・アルモドバル監督、ペネロペ・クルス、ルイス・オマール、ブランカ・ポルティージョ、ホセ・ルイス・ゴメス、ルーベン・オチャンディアーノ、タマル・ノバス、キラ・ミロ。主演はペネロ...
抱擁のかけら (あーうぃ だにぇっと)
1月28日(木)二回目の観劇@一ツ橋ホール ゲストは山本モナ。 真っ赤なドレスに身を包んでやって来た。 映画の見所を語る。 KYなこともある彼女だが、今日の話は参考になった。 最後に「すなおさ」についての持論を展開。 すなおになりすぎるのも考え物というよ...
抱擁のかけら /LOS ABRAZOS ROTOS/BROKEN EMBRACES (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ペドロ・アルモドバル×ペネロペの4度目タッグ{/kirakira/} ゴールデン・グローブ賞「外国語映画賞」にノミネート。 アルモドバル監督作は、 「オール・アバ...
「抱擁のかけら」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
ペネロペの魅力が満載の映画。
◆『抱擁のかけら』◆ ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2009年:スペイン映画、ペドロ・アルモドバル監督&脚本、ペネロペ・クルス、ルイス・オマール、ブランカ・ポルティージョ、ホセ・ルイス・ゴメス、ルーベン・オカンディアノ出演。
抱擁のかけら (試写会) (風に吹かれて)
ある愛の記憶読唇術の女性はプロフェッショナル[E:good]公式サイト http://www.houyou-movie.com2月6日公開監督: ペドロ・アルモドバル盲目の脚本家ハリー・ケイン(ルイス
「抱擁のかけら」:浅草雷門バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}まっ赤な人力車なんて、派手ねえ。 {/kaeru_en4/}「抱擁のかけら」にでも出てきそうな人力車だな。 {/hiyo_en2/}ああ、ペドロ・アルモドバル監督の新作ね。赤いドレスに、赤い靴、赤いセーターに、赤い車。たしかに、赤が目立つ映画だった。 {/kaeru_en4/}情...
[映画『抱擁のかけら』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆やや長さを感じるが、よくよく考えるとどこのシーンも省けない、そんな傑作であった。  ペドロ・アルモドバル監督は、私の認識では「映画文法に忠実なデビッド・リンチ」で、  多くの斬新な構図や、一風変わった登場人物、暗喩に充ちた物語を展開させつつも、多くの...
映画レビュー「抱擁のかけら」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
Broken Embraces◆プチレビュー◆視力を失くした男がたどる愛の誕生、崩壊、再生の道。アルモドバルの物語はいつも原色で濃厚だ。 【70点】 盲目の脚本家ハリー・ケインは、実業家エルネストが死亡したことを知る。直後にエルネストの息子がハリーを訪れ、ある脚本を依...
『抱擁のかけら』 (・*・ etoile ・*・)
'10.01.28 『抱擁のかけら』(試写会)@一ツ橋会館 yaplogで当選。いつもありがとうございます。ノーマークだったけど、試写会募集記事を見たらペネロペ・クルス×ペドロ・アルモドバルだったので即応募! 見事当選したので、バレエのお稽古サボって行ってきた。 トークイ...
【抱擁のかけら】 (日々のつぶやき)
監督:ペドロ・アルモドバル 出演:ペネロペ・クルス、ルイス・オマール、ホセ・ルイス・ゴメス    愛から逃げて、愛と出逢う 「目の見えない脚本家のハリー・ケインの元にある映画の脚本依頼を持ちかけてきた男ライ・X、彼は14年前ハリーが事故に合う前マテオ...
美しすぎる女〜『抱擁のかけら』 (真紅のthinkingdays)
 LOS ABRAZOS ROTOS  BROKEN EMBRACES  盲目の脚本家ハリー・ケイン(ルイス・オマール)は、ある日ライ・Xと名乗る男 から映画を共作しよ...
『抱擁のかけら』 (ラムの大通り)
(原題:Los abrazos rotos) ----これって、今日から始まった映画だよね。 ペドロ・アルモドバル監督とペネロペ・クルスの黄金コンビ! 「そう。始まった映画について話すときの通例で、 ストーリーはほとんど省略しちゃうけど、 ざっと、こういう流れ。 主人公は執筆...
抱擁のかけら (シネマ大好き)
視力を失くし、エージェントのジュディエット(ブランカ・ポルティージョ)と彼女の息子ディエゴ(タマル・ノバス)の助けを借りて、脚本家として生活するハリー・ケーン(ルイス・オマール)。ある日、知人だったというエルネスト(ホセ・ルイ・ゴメス)の死亡記事を読ん...
抱擁のかけら☆LOS ABRAZOS ROTOS (銅版画制作の日々)
 愛から逃げて、愛と出逢う MOVX京都にて鑑賞。いやあこれだけぺネロぺちゃんを見るだけでも価値がある作品ではないでしょうか?まさに彼女あっての、この作品だと思いました。いろんなぺネロぺに出会えます。モンロー風だったり、ヘップバーン風だったり。。。。同性...
抱擁のかけら (とりあえず、コメントです)
ペドロ・アルモドバル監督が再びペネロペ・クルスを迎えて作り上げた最新作です。 視力を失った脚本家の心に仕舞われていた愛の追憶と共に、 愛のために全てを失った美しい女優の人生が描かれてしました。
*抱擁のかけら* (Cartouche)
{{{   ***STORY***           2009年 スペイン 盲目の脚本家のハリー・ケインは新聞記事で実業家のエルネストが亡くなった事を知る。その後、エルネストの息子がハリーを訪ね、自分の監督作の脚本をハリーに依頼。それをきっかけに、ハリーは...
★「抱擁のかけら」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
久しぶりの週末レイトショウは、 ペネちゃん作品を見るためにららぽーと横浜まで行ってきました。
抱擁のかけら (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ペネロペ・クルス] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年11本目です。 【あらすじ】 2008年、マドリード。 14年前のある事件で視力を失って以来、「ハリー・ケイン」と名乗って脚本家の活動をしているマテオ・ブラ...
抱擁のかけら (心のままに映画の風景)
新進気鋭の映画監督だったマテオ(ルイス・オマール)は、14年前の事故で視力を失った。 現在は脚本家としてのペンネームであるハリーと名...
抱擁のかけら / 58点 / LOS ABRAZOS ROTOS (ゆるーく映画好きなんす!)
全ての愛の形を愛おしく描くアルモドバル・・・でも自分は今回ペケです! 『 抱擁のかけら / 58点 / LOS ABRAZOS ROTOS 』 2009年 スペイン 128分 監督 : ペドロ・アルモドバル 脚本 : ペドロ・アルモドバル 出演 : ペネロペ・クルス、ルイス・オマー
抱擁のかけら (映画的・絵画的・音楽的)
 『ボルベール』、『エレジー』や『それでも恋するバルセロナ』で見た妖艶なペネロペ・クルスの映画だというので、まあ前田有一氏が言うように「罪作りなおっぱいの物語」かもしれないと思いつつも、映画館に足を運んでみました。 (1)この映画は、どうしてどうして、な...
抱擁のかけら [監督:ペドロ・アルモドバル] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
きれいすぎる起承転結の構成と、複雑な人間関係で血の通ったキャラクターを作り出した見事な脚本。そしてペネロペ・クルス。華やかで激しくて美しい。見応えたっぷりの女優の映画にして緻密なドラマ。やっぱりアルモドバルは外さない。観てよかったぁぁぁ!!!っと心の底か...
『抱擁のかけら』 (Cinema + Sweets = ∞)
3月は本当に個人的に色々とあって、なかなか映画が観られていないのですがー、どうにかこうにか先日ペドロ・アルモドバル監督作品『抱擁のかけら』を観てきましたー。 今月後半に向けて、少しでも観賞本数増やしたいなーとは思ってるんですが、ちょっと厳しいかもー。 ...
抱擁のかけら■まるで「市民ケーン」のようだ (映画と出会う・世界が変わる)
「抱擁のかけら」とはなんとも巧い題名である。映画監督マテオがその人生を賭けて愛したレナの写真の破片やかけらの場面を見たときに、この日本語題名はぴったりだと思った。物語は、現在はハリーとして生きる主人公がレナのことを思い出しながら、レナと自分との間にあっ...
『抱擁のかけら』『ニューヨーク,アイラブユー』をギンレイホールで観る男ふじき (ふじき78の死屍累々映画日記)
■『抱擁のかけら』 相変わらず、変な映画撮ってんな、ペドロ。 何となく『ゴジラ対ペドロ』って成立しそうな気がする。 ペドロがゴジラにショッキング・ピンクのミニスカートとか穿かせそうで、それはそれで戦慄の怪作ができそうだ。あ、でも原色バリバリで作り上げ...
mini review 10475「抱擁のかけら」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
『ボルベール<帰郷>』のペドロ・アルモドバル監督とペネロペ・クルスにとって、4度目のコラボレートとなる恋愛ドラマ。愛と視力を同時に失った男の過去へとさかのぼり、男と運命の女との愛に満ちた日々と悲劇を描く。過去の出来事を封印して生きる男を演じるのは、『バ...
「抱擁のかけら」(BROKEN EMBRACES) (シネマ・ワンダーランド)
スペインのオスカー女優、ペネロペ・クルス主演のミステリ仕立てのラブ・ロマンス「抱擁のかけら」(2009年、西、128分、PG−12指定、ユニバーサル映画配給)。この映画は、生涯をかけた愛が崩壊し、視力や人生までも失った映画監督が、これまで封印していた悲...