労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

奇跡のシンフォニー 最高のファンタジーでした(ノ_<。)

2008-06-27 | いい映画観てますか?
【20 -9-】 映画館で予告編を初めて見たときから、もう観たくて観たくて楽しみにしていた。試写会には当たらなかったし、でも出来るだけ音が良い劇場で観たかったから、それはそれでまあいいか。
 
 両親が必ず迎えに来ると信じながら養護施設で暮らしていた、孤児のエヴァン。鋭い音感を持つ彼は、ある日、不思議な音に導かれるようにNYのマンハッタンへと向かう。そこで“ウィザード”と名乗る男にギターを習い、ストリートミュージシャンとして音楽の才能を開花させていく。一方結ばれぬまま別離したエヴァンの母ライラと父ルイスも、それぞれの想いを胸にマンハッタンを目指し……。

 主演のフレディ・ハイモア、こないだ観た「スパイダーウィックの謎 」でもう~ん!って感心させられた一人二役の演技、今回の映画でも、非凡な才能を、とくに「楽しい!」「嬉しい!」って時の演技で、見せつけてくれています。


 ストーリーなんて、1回予告編を見ただけで、完全に想像がついて、そして一縷も期待を裏切らないから(笑)でも、この映画はそんなことはどうでもいいんだ。強調しておくけど、観客を泣かすことを目的にしていないからね。No Music,No Life音楽がいったいどういう風に使われるのだろうその事に興味津々だったんやけど、冒頭の風の中で揺れる麦畑のシーンで、「これは絶対に期待を裏切らないぞ」と確信よく出来たファンタジー映画。ディズニー映画であっても良かったのではないのかな。


 Jonathan Rhys Meyers。誰だか知らなかった。唄がスゴく上手いから、ミュージシャンが役者に抜擢されたのかと思って観ていた、だって演技は上手いとは思わなかったから。しかし、そうではなくて元々役者さんのようだ?????(笑)


 ほんとになにもかもが徹底的に上手く噛み合わないままにストーリーが進んでいく。もう「あ゛ぁぁぁぁぁっ」って大きな声で叫びだしてしまいそうな場面が、これでもか!これでもか!ってしかし最後の最後で、いろいろなことが、これだけ万が一かも知れないような偶然で、ピタって収まることが「あるわけない!」のだけど、こんだけ悪い方にうまくいかないことが続くんだったら、こんな風にぴたっと来ることもあってもいいかなって騙されてしまうから笑ける 最近は邦題で騙されることが多かったけど、この映画は原題の“AUGUST RUSH”よりも、邦題の“奇跡のシンフォニー”で良かったと思う。


 超いかがわしい役どころ「ウィザード」のロビン・ウィリアムズ 。ほんとに実に素晴らしいいかがわしい演技で、すっごく嫌悪感・・・しかしながら彼のギターとハーモニカがなかったら、お父さんとお母さんは恋に落ちなかったかも、すると、このストーリーはもともと始まらなかったんやからね。ロック、ゴスペル、クラシック・・・素晴らしい音楽が満載です思わず速攻で、サントラ盤買っちゃいました 絶対音感のある人って、このフレディ・ハイモア演じるエヴァンのようになんでもかんでも音楽に聞こえるんですよね。どんな楽器でも少し触ればある程度は演奏可能やし、どんな曲でも一度聴いただけで演奏できるし、車の爆音、小鳥の鳴き声・・・どんな音でも楽譜にするし、人が指一本・半音だけギターのコード間違って弾いていたら「今のG、違うよ」って情け容赦なしに指摘するし・・・友人に一人そんなやついました。(職業はなぜか体育系ですが)この映画ほんとに観て良かった

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 労働組合の“ロ”の字も知らな... | トップ | カンフーパンダ あれ?あれ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは! (由香)
2008-06-29 14:05:57
お邪魔します♪
TB&コメントありがとうございました。

私も予告を見た時に感動して、「絶対観たい!!」と思っていた映画でしたが、イマイチ入り込めませんでした(汗)
『冒頭の風の中で揺れる麦畑のシーン』には、私も「これはイケるゾ!」と思ったのですが・・・

ハイモア君は流石に演技がお上手でしたね~
彼の眼差しには涙・涙ではありましたが、物語自体がなぁ~ムムム・・・


ジョナサンは『マッチポイント』や『MI3』にも出ていましたよ~
目元が哀しげな素敵な俳優さんです(笑)
  どうもです! (  由香さんへ)
2008-06-29 22:09:05
  由香さんの映画デビュー、いつも「うんうん」やのに
  珍しくずれた!

  こんなこともありですよね(^g^)

  由香さんのへそくりのありかがわかったことがこの映画の成果です!

  『マッチポイント』や『MI3』ですか!
  未だわかんないぞ!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
奇跡のシンフォニー (Matthewの映画日記?)
今日は『奇跡のシンフォニー』を観て来ました。 主演は、『スパイダーウィックの謎』でも好演していたフレディ・ハイモア君です。 本当に、超売れっ子ですね{/m_0140/} あらすじは 主人公:エヴァンは、あらゆる物が起こす音に、音楽を感じ取ってしまうほどの天才だが、...
映画「奇跡のシンフォニー」 (Andre's Review)
August Rush 2007年 米 音楽をテーマにした映画はやっぱり劇場の良い音響で観たいものです。今年のアカデミー賞で主題歌賞ノミネート時のパフォーマンスを観て以来、ずっと気になってた作品です。 ある夜、パーティ会場で出会い、一晩をともにしたチェロ奏者のライラとバ...
奇跡のシンフォニー/August Rush (描きたいアレコレ・やや甘口)
フレディ・ハイモア君なので、淡く甘く仕上げてみました♪ 孤児院で育った少年エヴァン(フレディ・ハイモア)が、音楽を通じての親捜し...
奇跡のシンフォニー (そーれりぽーと)
もはやファンタジー専門子役と言ってもいいフレディー・ハイモア主演の『奇跡のシンフォニー』を観てきました。 ★★★★★ ミュージシャン二人の運命の出会いに始まり、単身での出産、嬰児との死別、孤児としての生活…。 二人とその子供が幸せにならないよう、ありとあ...
奇跡のシンフォニー (シャーロットの涙)
August Rush・・・
『奇跡のシンフォニー』 (cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー)
6月公開作の中でなにげに一番期待をしていたフレディ・ハイモア主演の『奇跡のシンフォニー』を新宿で観てきましたー。ニューヨークの養護施設で育った11歳の少年エヴァン。生まれつき類い希な音感を持つ彼は、音楽を通じていつか両親に出逢えると信じていた。だが、その....
奇跡のシンフォニー (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
ピュアな少年を演じさせればピカいちのフレディ・ハイモアの今回の役は、ひたむきな孤児。天賦の音楽の才能を持つ少年エヴァンが、離れ離れになった両親と、音楽を通して奇跡の再会をはたす物語だ。あまりにも偶然に頼りすぎるストーリーはおとぎ話のようで現実味に欠け、...
★ 『奇跡のシンフォニー』 (映画の感想文日記)
2007年。アメリカ。"AUGUST RUSH". カースティン・シェリダン監督。  映画の内容は予告編でだいたいの見当はついていたものの、『ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた』のケリー・ラッセルと、『マッチポイント』のジョナサン=リース・マイヤーズに...
奇跡のシンフォニー (eclipse的な独り言)
 東京から帰ってきて観てきました・・・それも2本。(←馬鹿)さてこの映画、非常に
[Review] 奇跡のシンフォニー (Diary of Cyber)
人の想いは、何よりも強い     。 それを思い起こさせる、素晴らしい作品です。 天才的な音楽の才能と感性を持つ少年の望みは、有名になることでも、お金を儲けることでもない。彼の願いは、両親を探すこと。そして両親と普通の幸せな毎日を暮らすこと。公園で...
奇跡のシンフォニー (とらちゃんのゴロゴロ日記-Hamazo)
フレディ・ハイモア主演の音楽ファンタジーという感じの映画だ。「チャーリーとチョコレート工場」や「ライラの冒険」、「スパイダーウィックの謎」などに出演した彼は、たいした演技力で全く見劣りしない。音楽担当のマーク・マンシーナやテーマ曲を担当したハンス・ジマ...
【映画】奇跡のシンフォニー (新!やさぐれ日記)
■動機 劇場配布広告にて見覚えのある少年に惹かれて ■感想 もうちょっと、なにか物足りない ■満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ■あらすじ 孤児院で育ったエヴァン(フレディ・ハイモア)には豊かな音楽の才能が備わっていた。ある晩、エヴァンは不思議な音を...
奇跡のシンフォニー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
予告を見ただけで涙・涙だったので、、、泣く気満々で鑑賞―【story】孤児院で育ったエヴァン(フレディ・ハイモア)には豊かな音楽の才能が備わっていた。ある晩、エヴァンは不思議な音を追い、施設からマンハッタンへと導かれる。さまざまな出会いにより、エヴァンの音...
★「奇跡のシンフォニー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
ららぽーと横浜の「TOHOシネマズ」に行ったいつでの2本目。 1本目は「ミラクル7号」。 こちらは、天才子役フレディ・ハイモア君の感動作。 品がある顔なのに、何故か暗い役が多い気がするけど。
「奇跡のシンフォニー」 (古今東西座)
まぁね、なんっつうか…天才でもここまで出来るかっ!ってくらいの天才少年エヴァン君(フレディ・ハイモア)が主人公のこの『奇跡のシンフォニー』。初めて手にした楽器は直ぐ弾けちゃうし、ほんのさわりだけ教わった楽譜はいきなり凄いの書けちゃうし、「おいおい、ちょ...
奇跡のシンフォニー♪♪AUGUST RUSH (銅版画制作の日々)
 音楽♪の力が奇跡を呼び起こす   6月27日、MOVX京都にて鑑賞。人気子役?というより、人気俳優の一人という方がいいかも。ご存知 フレディ・ハイモア君が主演です。最近はさまざまな作品で大活躍のフレディ君。今年で16歳ということですから、高校生なんで...
映画 【奇跡のシンフォニー】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「奇跡のシンフォニー」 人気子役フレディ・ハイモア君の最新作。 おはなし:孤児院で育ったエヴァン(フレディ・ハイモア)には豊かな音楽の才能が備わっていた。彼はいつか両親が自分を迎えに来ると信じ、音楽を通して自分の存在を知らせようとする。 なん...
2008-46『奇跡のシンフォニー』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2008-46『奇跡のシンフォニー』(更新:2008/06/27) 評価:★★★★☆ もう、大きくなったかと思ったらそうでもなかった。 フレディ・ハイモア君が主演の映画です。 ある事情から養護施設に入れられ...
奇跡のシンフォニー (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年6月21日 公開 いやぁ~もぉ、あの夜、一発でki・・・・すいません、Hな本と、下ネタはやめます。 これなぁ~、ん~、感動作なんでしょうねぇ~。 この親子愛に涙するとこなんでしょうねぇ~。 でもね、私は・・・...
『奇跡のシンフォニー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「奇跡のシンフォニー」□監督 カーステン・シェリダン□脚本・原案 ニック・キャッスル □脚本 ジェームズ・V・ハート □キャスト フレディ・ハイモア、ケリー・ラッセル、ジョナサン・リース=マイヤーズ、ロビン・ウィリアムズ、テレン...
【2008-154】奇跡のシンフォニー (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? まだ見ぬ両親を捜して── 少年は、旅立つ。 音楽── それは3人を結ぶ唯一の絆 きっと会える。 この音の先に、愛が聞こえるから。 11年と16日・・・施設で育った孤独な少年。 でも彼は信じていた。この世界のどこ...
[遅ればせながら、映画『奇跡のシンフォニー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆昨夜、MOVIX昭島の公開最終日/最終回になだれ込んだ。 意外にも、客の入りが2割ほどもあったので驚いた。    ◇   ◇ 物語は、孤児院に育った、音楽的才能に溢れた少年が、その音楽の道を貫いていけば、自分を捨てた親に会えると確信し、ニューヨークに...
mini review 08351「奇跡のシンフォニー」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
孤児の少年が音楽と出会い、音楽によって両親とのきずなを取り戻す感動のファンタジードラマ。『ネバーランド』『スパイダーウィックの謎』の子役フレディ・ハイモアが主人公の少年を好演。少年を音楽の世界へと導く元ストリート・ミュージシャンをロビン・ウィリアムズが...
【映画】奇跡のシンフォニー…あくまでも奇跡。ご都合展開とは違うモノだよね? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_rain/}どうも タイトルに「フリ○ン」とか「フル○ン」とか付く記事が一番上になったまま、一週間近くブログを放置したピロEKです{/hiyo_oro/} 相変わらずお仕事の忙しい日々が続いておりました{/face_ase2/} なおかつココの所、寝つきが悪くちょこっと寝不足{...
奇跡のシンフォニー (mama)
AUGUST RUSH 2007年:アメリカ 監督:カーステン・シェリダン 出演:フレディ・ハイモア、ケリー・ラッセル、ジョナサン・リース・マイヤーズ、テレンス・ハワード、ロビン・ウィリ ...