労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

クラウドアトラス 映画見終わった時点では「???」だったが・・・

2013-03-19 | いい映画観てますか?

=18 うち今年の試写会2】 昨日は台風並、いや台風以上の風が吹きまくっていた、春一番とかがこんな暴風になるなんて自分には記憶が無いのだけど・・・
とにかくここ最近、天候が極端になっているような気がする、ほんま地球がおかしくなってるんかなあ・・・こないだ観たこの映画のように。

 主人公の男を軸として、波乱に満ちた航海物語、幻の名曲の誕生秘話、原子力発電所の陰謀、人殺しの人気作家、伝説となるクローン少女の革命家、そして崩壊後の地球の戦いが交錯していく。そこに生きる人々は、親子、夫婦、兄弟、恋人、友人、あるいは敵同士となっても、いつかはその愛を成就するために姿が変わっても惹かれ合い、何度も何度も出会っては別れ、争いと過ちを繰り返す。

 とにかく難しいのだ、19世紀から文明崩壊後までの異なる時代に舞台を置いた6つの物語が描かれているが、輪廻転生があって、6つの時代と場所で6つの人生を生きるほうき星のアザをもつ人が核となって物語が、前に行ったり後ろに戻ったり、なかなか何を描こうとしているのか不明だし、相関図も読めないし、そもそも6つのお話の関係がさっぱりわからない。
最初はテンポが遅くもどかしいのだが、ラストに近づくと6つの話全てが一気に畳み掛けるかの様に展開していく。
結果、172分の長尺だけど退屈はしなかった、言うなれば30分×6本のドラマを同時進行で見ているわけだから、退屈なんてしている暇が無い。


 とは言っても、正直、だからどういう映画だったのかということについては見終わった時点では上手く咀嚼できていなかった。
VFXを含めて「こりゃ新しい映画作りの壮大な実験」だったのではないか、だから物語なんてどうでもよかったのだ~なんて感想を、このブログに書こうと思っている始末だった。
しかし「佐藤秀の徒然幻視録 クラウド アトラス~三島由紀夫オマージュ」というブログ記事を読ませて貰って、「あ!そういことか!」とようやく納得が出来た・・・あははは・・・
「「原作者デイヴィッド・ミッチェルは「世界で最も衝撃を受けた結末」と言う三島由紀夫の夢と転生の物語「豊饒の海」にインスパイアされた」(佐藤秀さんのブログから引用)からはじまり、なぜソウルなのか、クラウドアトラスというタイトル、すべてにすべてに意味があったのだ、そして文学や映画に対するオマージュが山盛り散りばめられていたのだ、ってなことを学ぶことが出来る、むちゃくちゃ納得だ!
佐藤秀さんのブログ、ネタバレはしていないので、先に読ませていただいてから、映画を鑑賞するってのもありかも!(自分もそうしておけば感動の度合いがかなり違ったはずだ)


 韓国人の女優ペ・ドゥナもキーとなる役をはじめ様々な役で登場、移民工場のおばさん役の時はちょっとわからんかった(そういえば彼女の役の一つのソンミって名前はソンミ村虐殺事件-Son My massacre-から来ているんだろう、これくらいはわかった)。
たくさんの俳優が、それぞれ6つの時代のいろんな役をこなしていて、そこも見物のこの映画、誰だかすぐわかるのもあれば、声を聴いてようやくわかるのや、最後までわからずにエンドロールで気付くとか、そう、エンドロールですべてが明かされるんやけど、メーキャップの技術ってすごいなあと今更ながら驚く。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (40)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヨイトマケ | トップ | 早起きしてればもっとゆっくり波... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (佐藤秀)
2013-03-19 10:48:05
>メーキャップの技術ってすごいなあと今更ながら驚く。

白人が東洋人に変装しているのはなんか宇宙人ぽいというか、スタートレックのスポックみたいであんまり感心しませんでした。
  え!? (  佐藤秀さんへ)
2013-03-19 23:36:58
  あのメイクって、未来の人は進化して顔つきが変わるのだと解釈していたのですが・・・
  韓国人(アジア人)らしくするために、彫りを浅く、目を一重にしていたのですか・・・
  ちっともアジア人に化けてなかったですね。
  まんまスポックでした。
Unknown (Unknown)
2013-07-28 10:11:48
クローンとピュアブラッドで顔つきが違うのは
アジア人らしくためじゃなくてそうした変化があるからですよ

崩壊後のプレシエント族が全員黒人である理由など
クラウドアトラスは原作の設定や映画での改編など
相応に丁寧に作られてます

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

40 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
クラウド アトラス~三島由紀夫オマージュ (佐藤秀の徒然幻視録)
輪廻転生から第七天へ 公式サイト。原題: Cloud Atlas。デイヴィッド・ミッチェル原作。ラナ・ウォシャウスキー、トム・ティクヴァ、アンディ・ウォシャウスキー監督、トム・ハンクス ...
クラウド アトラス (心のままに映画の風景)
19世紀から24世紀、時代も場所も違う6つのエピソードを並行し、人間の神秘を描くスペクタクル・ドラマ。 デイヴィッド・ミッチェルの同名小説を、「マトリックス」のウォシャウスキー兄弟(姉弟)と「パ...
劇場鑑賞「クラウド アトラス」 (日々“是”精進! ver.F)
魂の転生… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201303150002/ Cloud AtlasSoundtrack Watertower Music 2012-11-06売り上げランキング : 8239Amazonで詳しく...
クラウド アトラス (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
輪廻転生や人類の歴史を壮大なスケールで映像にした意欲作だ。誰が誰を演じているかは全部把握できないけど、長い上映時間を退屈しない。それぞれの物語をつなげながら、徐々に盛り上がる脚本が見事だ。映画という表現手段を芸術的に高めていると思った。
『クラウド・アトラス』 2013年2月25日 ワーナー試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『クラウド・アトラス』 を試写会で鑑賞しました。 この映画は172分と長い映画ですが、飽きなく観れました でも、6つの話があってぐちゃぐちゃに入り乱れているので、ちーーーーっとも分からないという落ちが だから、もう1回観たくなってます 【ストーリー】  1849年...
『クラウド アトラス』 (こねたみっくす)
真実を知った時、そこに愛と希望が生まれる。 これは冒頭でジム・ブロードベント演じる編集者が述べていたように、6つの物語が時系列を無視するかのように複雑に描かれているも ...
クラウド アトラス (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Cloud Atlas [CD]6つの物語がシンクロする壮大な物語「クラウド アトラス」。今まで見たことがないような構成にびっくり。ウォシャウスキーが兄弟ではなく“姉弟”になったことに驚い ...
クラウド アトラス (悠雅的生活)
六重奏。革命。永劫回帰。
クラウド アトラス ★★★★ (パピとママ映画のblog)
この作品は6つの時代を生き続ける人間の時空を超えた魂である。「マトリックス」「スピード・レーサー」などのラナ&アンディウォシャウスキー姉弟と、「ラン・ローラ・ラン」のトム・ティクヴァの共同監督による壮大なSF叙事詩である。 ここではまず、1:1849年...
映画:クラウドアトラス Cloud Atlas 「変化」をもたらすのはどの時代でも、正しい方向に向う「意志」  (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
オープニング早々、鑑賞者は混乱に陥る。 時代バラバラの物語が次々とキックオフされ、翻弄される。 原作本が「統合されないバラバラのプロット」的に批判されてた記事を見ていたこともあって、焦った。 果たして、これで最後までついていけるか?(汗) だが各プロ....
『クラウド アトラス』('13初鑑賞26・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 3月16日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 13:25の回を鑑賞。
映画「クラウド アトラス」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「クラウド アトラス」観に行ってきました。アメリカ・ドイツ・シンガポール・香港の4ヵ国共同合作で、トム・ハンクス等の有名俳優が多数出演している作品。今作では、作中に...
[映画『クラウド アトラス』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆マトリックスのスタッフが作ったことといい、なんか、「空気人形」のパクりみたいな韓国人アンドロイドみたいのが出てきていたので、あまりそそらなかったのだが、観に行った。  過去から未来への六つの時代を舞台にした(ああ、だから、作中で作曲家が作るのが「六重...
クラウド アトラス (だらだら無気力ブログ!)
ジョウ・シュンが出てるなんて知らなかったよ。
No.343 クラウド アトラス (気ままな映画生活)
「マトリックス」のラナ&アンディ・ウォシャウスキー、「ラン・ローラ・ラン」のトム・ティクバの3人の監督がメガホンをとり、デビッド・ミッシェルの同名小説を映画化。悪人とし ...
ラナ&アンディ・ウォシャウスキー、トム・ティクヴァ『クラウド アトラス』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。「マトリックス」シリーズのラナ&アンディ・ウォシャウスキー(以下ウォシャウスキー監督と表記します)と「パフューム ある人殺しの物語」のトム・ティクヴァが共同で監督した『ク
クラウド アトラス/トム・ハンクス (カノンな日々)
たしかウォシャウスキー兄弟監督だと記憶していたんですけど、いつの間に姉弟監督に変わってしまったんでしょうか?劇場で流されてる宣伝&解説映像を観てアレ???夫婦監督じゃ ...
クラウド アトラス (あーうぃ だにぇっと)
クラウド アトラス@ワーナーブラザース映画試写室
クラウド アトラス (ダイターンクラッシュ!!)
2013年3月23日(土) 16:05~ チネ9 料金:1000円(チネチッタデー) パンフレット:未確認 時空を超えた「バベル」 『クラウド アトラス』公式サイト 「スピード・レーサー」(俺は高評価)で仕出かしたウォシャウスキー兄弟改め、ウォシャウスキー姉弟の新作は...
「クラウド アトラス」:意外やトンデモ映画? (大江戸時夫の東京温度)
映画『クラウド アトラス』は2時間52分の長尺で、6つの物語が時空を超えて交錯す
「クラウド アトラス」 (或る日の出来事)
いくつもの時代の話が並行して描かれ、しかも、同じ俳優がそれぞれの時代時代において、別の役を演じているという、ややこしさ…。
【クラウド アトラス】子宮から墓場まで人は他者と繋がる… (映画@見取り八段)
クラウド アトラス~ CLOUD ATLAS ~    監督: トム・ティクヴァ、ラナ・ウォシャウスキー、アンディ・ウォシャウスキー    出演: トム・ハンクス、ハル・ベリー、ジム・ブロードベント、ヒューゴ・ウィーヴィング、ジム・スタージェス、ペ・ドゥナ、ベン・ウィ...
クラウド アトラス ★★★★ (パピとママ映画のblog)
この作品は6つの時代を生き続ける人間の時空を超えた魂である。「マトリックス」「スピード・レーサー」などのラナ&アンディウォシャウスキー姉弟と、「ラン・ローラ・ラン」のトム・ティクヴァの共同監督による壮大なSF叙事詩である。 ここではまず、1:1849年...
輪廻する六重奏~『クラウドアトラス』 (真紅のthinkingdays)
 CLOUD ATLAS  世紀をまたぎ、国も性別も超えて転生する魂たち。6つの時代の異なる場所 で起こる出来事を並行して描きつつ、ひとつの命題に光を当てる壮大な物語。  「何故、人...
クラウド・アトラス 監督/ラナ&アンディ・ウォシャウスキー、トム・ティクヴァ  (西京極 紫の館)
【出演】  トム・ハンクス  ハル・ベリー  ジム・ブロードベント 【ストーリー】 主人公の男を軸として、波乱に満ちた航海物語、幻の名曲の誕生秘話、原子力発電所の陰謀、人殺しの人気作家、伝説となるクローン少女の革命家、そして崩壊後の地球の戦いが交錯していく...
「クラウド アトラス」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2012年・アメリカ/配給 ワーナー・ブラザース映画 原題 Cloud Atlas 監督:ラナ・ウォシャウスキー、アンディ・ウォシャウスキー、トム・ティクバ原作:デビッド・ミッチェル脚本:ラナ・ウォシ
■クラウド アトラス (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第301回「1番驚いたのは、監督の性別が変わってた!」 マトリックス3部作の監督であるウォシャウスキー兄弟が監督を務め、主演にトム・ハンクス、ハル・ベリーとアカデミー賞俳優を配した作品と聞けば、否が応でも期待してしまうというもの。しかし、予告編を見るだ....
『クラウド アトラス』 (2012) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: CLOUD ATLAS 監督: ラナ・ウォシャウスキー 、トム・ティクヴァ 、アンディ・ウォシャウスキー 出演: トム・ハンクス 、ハル・ベリー 、ジム・ブロードベント 、ヒューゴ・ウィーヴィング 、ジム・スタージェス 、ペ・ドゥナ 、ベン・ウィショー 、ジェ...
クラウドアトラス/ CLOUD ATLAS (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 3時間の大作というので覚悟して観に行ったけど、、、長い うーむ これは好き嫌い分かれるな~ 6つの時代が時系列関係なく出て来て キャストも一人6役なので はじめから何の説明もなく進むので やや....
「クラウド アトラス」 歯向かう者たち (はらやんの映画徒然草)
登場人物のひとり、若き作曲家ロバート・フロビシャーが作曲するのが「クラウド アト
繋がる 6つのストーリー (笑う社会人の生活)
17日のことですが、映画「クラウド アトラス」を鑑賞しました。 1849年 航海の物語 1936年 高名な作曲家と弟子の物語 1973年 原子力発電所の陰謀 2012年 編集者の奇妙な冒険 2144年 クローン少女の革命 2312年 崩壊後の地球の運命 これほど説明の難しいというか・・...
クラウド アトラス (とりあえず、コメントです)
1849年の奴隷船時代から2321年の文明が崩壊した後の遥か未来まで、6つの時代が交差するSFです。 予告編を観て、ウォシャウスキー兄弟が今度はどんな世界を描いているのだろうと気になっていました。 それぞれの時代を映す物語が生きることとは何かを深く問いかけているよ...
クラウド アトラス (そーれりぽーと)
ウォシャウスキー兄弟もとい姉弟と、トム・ティクヴァがタッグを組んだ『クラウド アトラス』を観てきました。 ★★★★ 七変化の特殊メイクの自然なこと!何よりここが面白いと言っても良い。 エンドロールでバラしてくれるまで気付かなかったのがいくつも有り、もう一...
★クラウド アトラス(2012)★ (Cinema Collection 2)
CLOUD ATLAS いま、<人生の謎>が解けようとしている。 上映時間 172分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2013/03/15 ジャンル ドラマ/アドベンチャー/SF 映倫 PG12 【解説】 それぞれ時代も場所も違う6つのエピソードが 入れ子...
クラウド アトラス (いやいやえん)
SFと「輪廻転生」というテーマを上手くまとめあげた作品だと思います。一見、複雑で脈絡なく進んで行くように見えてしまう物語も6つの時代を巧みに繋ぎ合わせられており、その繋がりがみえてくると、その壮大さに改めて感嘆してしまうような物語。でも、やっぱり約3...
クラウド アトラス (銀幕大帝α)
CLOUD ATLAS 2012年 アメリカ 172分 ドラマ/アドベンチャー/SF PG12 劇場公開(2013/03/15) 監督: ラナ・ウォシャウスキー トム・ティクヴァ アンディ・ウォシャウスキー 製作: ラナ・ウォシャウスキー トム・ティクヴァ アンディ・ウォシャウスキー 脚....
クラウド アトラス (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【CLOUD ATLAS】 2013/03/15公開 アメリカ PG12 172分分監督:ラナ・ウォシャウスキー、トム・ティクヴァ、アンディ・ウォシャウスキー いま、<人生の謎>が解けようとしている。 [Story]■1849年、南太平洋。青年ユーイングは、妻の父から奴隷売買を託され、船での航...
クラウドアトラス (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ラナ・ウォシャウスキー、トム・ティクヴァ、アンディ・ウォシャウスキー  出演: トム・ハンクス (ドクター・ヘンリー・グース/安ホテルの支配人/アイザック・サックス/ダーモット・ホギンズ/『カベンディッシュの大災難』の主演俳優/ザックリー) ハル・...
クラウド・アトラス(2013年3位) (映画好きパパの鑑賞日記)
 いよいよベスト3です。2013年マイベストテンで3位はクラウド・アトラス  作品情報 2012年米国映画 監督:ラナ・ウォシャウスキー、トム・ティクヴァ、アンディ・ウォシャウスキー 出演:トム・ハンクス、ハル・ベリー、ヒュー・グラント 上映時間:17...
クラウド アトラス (映画大好きだった^^まとめ)
262 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/03/15(金) 20:43:19.65 ID:Fr1iO1z7話の繋がりよくわかんなかったが自分は好きだ アイノウ爺さん可愛すぎる449 : 名無シネマ@上映中[sage] : 2013/03/17(日) 01:30:52.67 ...