労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

平成18年度行政書士試験合格発表!

2007-01-29 | 書記長社労士 社労士
 本日、行政書士試験の合格発表がありました
平成18年度から、行政書士試験が大きく変わったので、今回は新しい行政書士試験での初めての合格者です。
合格された皆さん、おめでとうございます
受験した僕の友人たち、今のところどうだったかは解りません・・・合格していたらいいなあ・・・
今は、個人情報の関係で合格者の氏名を公表しませんもんね。
(僕が社労士に合格した平成15年はばっちり氏名を官報でもネットでも公表していました!)

 注目の合格率は4.79% (受験者数 70,713名で合格者数 3,385名)
平成9年度 8.55% 平成10年度 5.85% 平成11年度 4.29% 平成12年度 8.01% 平成13年度 10.96% 平成14年度 19.23% 平成15年度 2.89% 平成16年度 5.33% 平成17年度 2.62% で、平成18年度が 4.79%です。

 僕は平成15年の社労士合格後、せっかく付いた勉強癖、そのまま活用したくて、取得してたら邪魔にはならないだろうと思い行政書士を平成16年に独学で受験しました。
結果的には、足切り1問に泣いての不合格・・・正直、楽勝だと思っていたのですが、奇問に泣かされました・・・(負け惜しみか・・・

 行政書士の試験勉強している間に、開業している先輩社労士とか、講師をやっている友人たちから、「社労士合格して、行政書士のダブル資格目指してどうすんの、そんな暇あったら、開業について本気で考えろ」」と、言われ続け、自分でも「ん?そうかも・・・」ってだんだん思うようになっていったから、でも、乗りかかった船状態で試験日までは精一杯がんばったつもりだったから、試験が終わった瞬間に「もーやめたー」って(笑)
ちゅうわけで、次の年の受験はしませんでした。
しかし、そんな僕が言うのも説得力無いのですが、この合格率、ほんと低すぎると、僕は思います・・・
でも、せっかく勉強した行政書士関係の法令、順番に忘れていっているので、もう一度挑戦してみようかなあ・・・
ジャンル:
スキル
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キャッチ ア ウェーブ | トップ | 「おまとめローン」問題あり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL