労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな〜と思いつつ飲んだくれて書いてるっす〜(* ̄∀ ̄)ノ■☆

J・エドガー 自らの権威にここまで執着する人物ってすごい!ってのを見事に描いていた

2012-02-09 | いい映画観てますか?

=7 -0-】 最近、クリント・イーストウッド監督の作品は絶対に見逃せないと思っている。
封切りからずいぶん経ってしまったが、先日ようやく鑑賞できた(上映時間がなかなか噛み合わなかった)
期待を裏切らず、興味深い、のめり込める作品だった!

 FBI初代長官として、アメリカの秘密を握ってきた男、J・エドガー・フーバー。彼は自分の業績を回顧録に残そうと考え、自らのキャリアについて語り始める。1919年、当時の司法長官の家が爆弾テロ事件の捜査で注目された彼は、FBIの前身である司法省捜査局の長官代行となる。独善的な彼には批判も多かったが、彼は成果を挙げ続けた。そんな彼を支えたのは、生涯彼の右腕であったトルソン副長官と秘書のヘレン、そして母親のアニーだった。

 映画を観るときには極力予備知識を入れないで観ようとする傾向が自分にはあって、この映画がFBIの初代長官であったフーバー長官のお話しだったのだということは、映画が始まってから知ってしまった。(「J・エドガー」でわかるやろってなふうに知識のある人から怒られそうだが、自分は気付かなかった・・・泣)
もうちょっとFBIのこと、フーバー長官のこと、勉強してからこの映画を観れば良かったと後悔したけど、後悔先に立たず、仕方がない。
しかしおかげでいくつかのエピソードすべてが、新鮮なお話しとして興味深く楽しむことが出来たし、のめり込むことも出来た。


 映画は、晩年のフーバー長官が自分の回顧録を、書記に口述筆記させながら、過去と現在を行ったり来たりする構成になっている。
映画が進むにつれ、回想の場面と現在の場面に差が無くなっていく、そこに妙に説得力があるのは、役者さんの演技力の見事さと、映像が細かいところまで矛盾が無くて素晴らしく緻密だからだろう。
J・エドガーを演じるレオナルド・ディカプリオは、特殊メイクも取り入れながら、20代から77歳までの彼を見事に演じている、あいつ歳食ったらあんな顔になるのか。
ディカプリオのあの顔には自分はなんか独特のイメージがこびりついていて、いつもは感情移入しにくいのだけど、今回は彼のあの顔が逆によかったのだ!(って変な褒め方やなあ)
J・エドガーを支え続ける部下を演じたアーミー・ハマー、ナオミ・ワッツの特殊メイクも見事でリアルで、アーミー・ハマーは若いときには完璧な美青年だったけど年とったらそうとう崩れてしまって・・・、ナオミ・ワッツはさすが、お年を召してもお美しい!


 彼が仕えた8人の大統領のうち、映画の中に登場するのはニクソン大統領だけ。
ロバート・ケネディやリンドバーグとともに見事イメージばっちりの役者さんを使っているだけに、他の大統領もちょこっとだけ登場させて欲しかったなあ。
権力に執着するということ、ここまで徹底的にやられると、もうお見事っとしか感想が出ない、映画を見終わった後、「ふ〜っ」っと大きな溜め息が漏れてしまった。

 追伸:クリント・イーストウッドは、きっとダチョウ倶楽部のギャグが好きなんだ(爆)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (54)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こんなはずやなかったのに・・・お... | トップ | そんなの常識やんって言われたら... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同意 (まっつぁんこ)
2012-02-09 12:59:00
「極力予備知識を入れないで観る」
私も同じです。たまに予習しますけど(笑)
映画観て興味が湧いたら復習します。
  ちゃんと調べておけばよかったってのは (  まっつぁんこさんへ)
2012-02-09 14:21:56
  今回のようにありますけど。
  でも、予備知識ない方がおもしろいですよね!
  って、僕は思っています。
ずいぶんと (sakurai)
2012-04-04 11:58:18
やさしい視点のフーバー観だったと感じました。イーストウッドも年とった?!
日本人がJ・エドガーと聞いただけで、フーバーのこと!なんてのは思わないですよね。いろんな事例がアメリカ人なら、だれもが知ってること・・という前提で作られてたような感じもしました。
でも、いまどきの若いアメリカ人は知ってるんだろうか?これ見て、「はあ、そうだったのね」と思うアメリカ人も、きっといっぱいいるんでしょうね・・などと思いながら、トリビア的な視点でも妙味深かったです。
  というより (  sakuraiさんへ)
2012-04-04 16:41:53
  ディカプリオの演技が緩いから、そうなっちゃんじゃないですか?
  自分にとってもトリビア的な視点で見ていて飽きはしませんでした。
  でもディカプリオがね〜、なんでディカプリオを使ったのだろう・・・謎
デカ君 (sakurai)
2012-04-04 19:41:33
採用は、デカ自身がえらく自己推薦したと聞きました。
あまりの熱意にイーストウッドもうんと言ったとか。
あたし的にはフィリップ・シーモア・ホフマンあたりが似合うと思いますが、それじゃ薔薇のシーンは見たくないし。。。
最近めっきり見ない、トビー・マグワイアあたりもいいかもです。
  クリントくんも優しいねえ (  sakuraiさんへ)
2012-04-05 00:38:43
  そうですね、「薔薇」のシーンはあるていど美しくないと見るに堪えないか。
  自分はどっちにしても観たくないけど(;^_^A アセアセ…
  若いときから、説得力を持って老けていくのは難しいでしょ。
  アーミー・ハマーの場合はかなり特異ですよね。
  ブラピのもそうとう説得力なかったし。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

55 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『J・エドガー』 毛布をかけてもらうには? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  クリント・イーストウッド監督がJ・エドガー・フーバーの映画を撮る!  その報に接したとき、あまりにも上手い組み合わせに驚くとともに、傑作になることを予感してワクワクした。 ...
偉人の話かと思いきや・・・。『J・エドガー』 (水曜日のシネマ日記)
FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を描いた作品です。
劇場鑑賞「J・エドガー」 (日々“是”精進! ver.A)
フーバーのもたらした、光と闇… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201201280004/ キネマ旬報 2012年 1/15号 [雑誌] キネマ旬報社 2012-01-06 売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-...
『J・エドガー』 2012年1月18日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『J・エドガー』 を試写会で鑑賞です。 フーバー長官って言う方が、日本では分かりやすいよね・・・ 【ストーリー】  1924年にFBI初代長官に任命されたジョン・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は、歴...
J・エドガー (あーうぃ だにぇっと)
J・エドガー@よみうりホール
J・エドガー (新・映画鑑賞★日記・・・)
【J. EDGAR】 2012/01/28公開 アメリカ 137分監督:クリント・イーストウッド出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジョシュ・ルーカス、ジュディ・デンチ だれよりも恐れられ、だれよりも崇められた男。 1924年にFBI初代長官に任命さ....
J・エドガー/レオナルド・ディカプリオ (カノンな日々)
FBIの初代長官となったジョン・エドガー・フーバーの半生をクリント・イーストウッド監督がレオナルド・ディカプリオを主演に描く伝記ドラマです。FBI長官のJ・エドガーといえば有 ...
J・エドガー (Akira's VOICE)
その男,葛藤につき。  
J・エドガー (佐藤秀の徒然幻視録)
ディカプリオがフィリップ・シーモア・ホフマン化 公式サイト。原題:J. Edgar。クリント・イーストウッド監督、レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジュ ...
J・エドガー/J. Edgar (LOVE Cinemas 調布)
クリント・イーストウッド監督最新作。FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を描いた伝記物語だ。大統領ですら手が出せないほどの権勢を誇った男の人生の裏側を赤裸々に映し出す。主演は『インセプション』のレオナルド・ディカプリオ。共演に『愛する人』の...
J・エドガー (風に吹かれて)
FBIに48年君臨した男公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/hoover監督: クリント・イーストウッドFBI初代長官として、アメリカの秘密を握ってきた男、J・エドガ
『J・エドガー』 「強い男」の神話 (Days of Books, Films )
J.Edgar(film review) クリント・イーストウッドは『J・エドガ
『J・エドガー』 (こねたみっくす)
初代FBI長官、革新者、マザコン、同性愛者、秘密主義、権力者、正義を愛するアメリカ国民、そして近代アメリカの裏の歴史ジョン・エドガー・フーバー。 恐喝・盗聴・科学捜査を駆 ...
FBIを創った男〜『J・エドガー』 (真紅のthinkingdays)
 J. EDGAR  初代FBI長官J・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は、老境に 差し掛かってもその地位に君臨していた。彼は、半世紀近くに渡るFBIでの 出来事を、自らの回想録と...
J・エドガー (ダイターンクラッシュ!!)
2012年2月4日(土) 16:05〜 丸の内ピカデリー1 料金:1250円(チケットフナキで前売り券を購入) パンフレット:未確認 『J・エドガー』公式サイト FBI初代長官の話。 「アンタッチャブル」のような爽快な話ではなく、同性愛疑惑もあり吃音で実は小心者であると...
『J・エドガー』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「J・エドガー」□監督 クリント・イーストウッド □脚本 ダスティン・ランス・ブラック □キャスト レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、       ジョシュ・ルーカス、ジュディ・デンチ、デイモン・ヘ...
J・エドガー (to Heart)
だれよりも恐れられ、だれよりも崇められた男。 原題 J. EDGAR 製作年度 2011年 上映時間 137分 脚本 ダスティン・ランス・ブラック 監督 クリント・イーストウッド 出演 レオナルド・ディカプリオ/ナオミ・ワッツ/アーミー・ハマー/ジョシュ・ルーカス/ジュディ・デン....
映画レビュー「J・エドガー」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
J・エドガー(レオナルド・ディカプリオ主演) [DVD]クチコミを見る◆プチレビュー◆ディカプリオがフーバーの青年期から老年期までを怪演。伝説の男が信じた正義は現代アメリカの闇を ...
J・エドガー (映画と本の『たんぽぽ館』)
真の姿を覆い隠すヨロイ                  * * * * * * * * * * さて、イーストウッド監督作品なので、久しぶりにまた出てきました〜。 007よりはハリキリがいがある。 でも、実はこの作品を見るのは、あんまり乗り気ではなかっ....
J・エドガー (そーれりぽーと)
クリント・イーストウッド監督×レオナルド・ディカプリオ。 これは興味深い!しかしJ・エドガーて誰?何の話? 何の予備知識も無いまま『J・エドガー』を観てきました。 ★★★★ んー、なるほど益々この人物が興味深い。 クリント・イーストウッド、よくもこれだけ全...
『J・エドガー』 ('12初鑑賞13・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 1月28日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:35の回を鑑賞。
7★J・エドガー (レザボアCATs)
’11年、アメリカ 原題:J.Edgar 監督: クリント・イーストウッド 脚本: ダスティン・ランス・ブラック 製作: クリント・イーストウッド、ブライアン・グレイザー、ロバート・ローレンツ 製作総指揮: ティム・ムーア、エリカ・ハギンズ 撮影: トム・スターン キ...
クリント・イーストウッド監督『J・エドガー』(J. Edgar) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。クリント・イーストウッド監督『J・エドガー』(J. Edgar)脚本はダスティン・ランス・ブラック(ガス・ヴァン・サント監督「ミルク」でアカデミー賞脚本賞受賞) 物語・F
J・エドガー (キノ2)
★ネタバレ注意★  クリント・イーストウッド監督が、レオナルド・ディカプリオを主演に、初代FBI長官ジョン・エドガー・フーヴァーの生涯を描いた映画。  フーヴァー長官と言えば、巨大な権力を背景に政治家や社会活動家やその他有名人に対して諜報活動だの恐...
『J・エドガー』 (ラムの大通り)
(英題:J. Edgar) ----J.・エドガーって何した人? 「何をしたというよりも、 ある地位に君臨し続けたという方が分かりやすい。 J・エドガー、J・E・フーバーは、FBIの初代長官。 20代にして、FBI前身組織の長となり、 以後、死ぬまで長官であり続けた男。 20世紀の半....
J・エドガー・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
権力の裏側で、男が守ろうとした“正義”の根にあったのは何か。 実に48年間に渡ってFBI長官としてアメリカの司法の世界に君臨し、クーリッジからニクソンまで8人の大統領に仕えた男、ジョン・エドガー・フー...
J・エドガー (うろうろ日記)
試写会で観ました。【予告orチラシの印象】実話っぽくてワンマンなFBI長官のお話
J・エドガー (心のままに映画の風景)
1919年、司法省に勤務していた・ジョン・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は、新設された急進派対策課を任され、その後、FBIの前身である司法省捜査局の長官代行となる。 片腕となるクライ...
J・エドガー(試写会) J.EDGAR (まてぃの徒然映画+雑記)
ディカプリオが、一瞬レスリーとダブりました。 FBIを創設して初代長官に就任し、8代の大統領に仕えたジョン・エドガー・フーバーを、クリント・イーストウッド監督、レオナルド・ディカプリオ主演で描く。物語は、晩年のフーバーがFBI創設前夜からの話を口述筆記させる...
J・エドガー  監督/クリント・イーストウッド (西京極 紫の館)
【出演】  レオナルド・デュカプリオ  ナオミ・ワッツ  アーミー・ハマー 【ストーリー】 FBI初代長官として、アメリカの秘密を握ってきた男、J・エドガー・フーバー。彼は自分の業績を回顧録に残そうと考え、自らのキャリアについて語り始める。1919年、当時の司法長...
「J・エドガー」:レオ≒P.S.ホフマン (大江戸時夫の東京温度)
今や世界一の巨匠クリント・イーストウッドの新作『J・エドガー』は、やはり格調高く
J・エドガー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3,5点】(F) ディカプリオのフィルモグラフィーに、またひとつ箔が付く。
「J・エドガー」 (みんなシネマいいのに!)
 映画業界で最も元気な年寄りといえば、日本だったら新藤兼人、アメリカだったらクリ
「J・エドガー」 (或る日の出来事)
FBI(アメリカ連邦捜査局)(Federal Bureau of Investigation)の初代長官ジョン・エドガー・フーヴァー(在位1924年〜1972年)とは、どんな人物だったのか。
J・エドガー / J. EDGAR (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click アメリカでは誰もが知る存在を恐れられていた実在の人物、J・エドガー=ジョン・エドガー・フーバーを レオナルド・ディカプリオが熱演の、クリント・イーストウッド監督最新作 またまた2時間超えの長さ! ...
「J・エドガー」 「アメリカ」の国家像とかぶる (はらやんの映画徒然草)
ジョン・エドガー・フーヴァー、彼はFBI初代長官にして、48年もの長期にわたりそ
J・エドガー / J. Edger (勝手に映画評)
虚実に包まれた謎の人物である、FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を描いた映画。一応、歴史的事実を元に描かれていますが、フーバーを巡る物語自体は、創作という形になっています。1972年のフーバーが回顧録を口述していると言う設定で物語は進み、時に応じ....
J・エドガー (ケントのたそがれ劇場)
★★★  さすがクリント・イーストウッド作品のブランド力は凄いね。平日の昼間から映画館は満員御礼であった。従って興行的には大成功かもしれないが、作品の出来はいまひとつかもしれない。  決してつまらない作品ではなく、アカデミックな社会派ドラマなのであるが、...
J・エドガー (とりあえず、コメントです)
アメリカ連邦捜査局(FBI)の初代長官ジョン・エドガー・フーヴァーを描いたドラマです。 クリント・イーストウッド監督&レオナルド・ディカプリオ主演でどんな人物像になるのだろうかと 公開を楽しみにしていました。 絶大な権力を持ちながらもとても寂しい人だったのだ...
J・エドガー (ハリウッド映画 LOVE)
原題:J. Edgar監督:クリント・イーストウッド出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジョシュ・ルーカス、ジュディ・デンチetc・・・まだまだ若い!ディカプリオ。
「J.エドガー」フーバー長官の秘密 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
アメリカでFBI初代長官として、科学捜査の基礎を確立し、大統領や有名人の秘密を知り尽くして恐れられていた人物の隠された本質とは・・・ 彼が徹底した人種差別は、何から来るものだったのか・・・?
J・エドガー (Movies 1-800)
J. Edgar (2011年) 監督:クリント・イーストウッド 出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジュディ・デンチ FBI初代長官として、約50年に渡り、君臨したJ・エドガー・フーバーの伝記映画。 アメリカの自由主義を脅かす外敵を排除すべく立...
J・エドガー J・Edgar (映画!That' s Entertainment)
●「J・エドガー J・Edgar」 2011 アメリカ Warner Bors.Pictures,Imagine Entertainment, Malpaso Production,137min. 監督:クリント・イーストウッド 出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジョシュ・ルーカス、 ジュディ・デン...
J・エドガー/J. Edgar (いい加減社長の映画日記)
FBIを築き上げた初代長官のフーバー。 ちょっと気になる人物だし、クリント・イーストウッド監督、レオナルド・ディカプリオ主演ということで、観たいと思ってた作品。 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 FBI初代長官として、アメリカの秘密を握ってきた男、J....
J・エドガー/J. Edgar (いい加減社長の日記)
FBIを築き上げた初代長官のフーバー。 ちょっと気になる人物だし、クリント・イーストウッド監督、レオナルド・ディカプリオ主演ということで、観たいと思ってた作品。 「オフィシャルサイト 」 【ストーリー】 FBI初代長官として、アメリカの秘密を握って...
J・エドガー (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「J・エドガー」監督:クリント・イーストウッド(『ヒア アフター』)出演:レオナルド・ディカプリオ(『インセプション』『シャッター・アイランド』)ナオミ・ワッツ(『フェ ...
J・エドガー (映画の話でコーヒーブレイク)
デカプリオの「エドガー」、見てきました。 本編に入る前に・・・、 今回の予告編で見ました!阿部ちゃん主演の「テルマエ・ロマエ」。 阿部ちゃんと言っても、サダヲじゃなくて、ひろし(寛)で〜す。 ヤマザキマリさんの漫画原作で古代ローマ人が日本のお風呂に突如タイム...
J・エドガー (映画的・絵画的・音楽的)
 『J・エドガー』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)こうした実在の人物を描く作品はあまり好みませんが、クリント・イーストウッド監督(注1)が制作し、L・ディカプリオ(注2)の主演ということであれば、何はともあれ見ざるを得ないところです(同監督の『インビクタ...
J・エドガー (我が頭に巣くう映画達)
33点 2011年のアメリカ映画で、 監督はクリント・イーストウッド、 主演はレオナルド・ディカプリオです。 FBIの初代長官である、ジョン・エドガー・フーバーの 生涯を描いた作品です。 う〜ん。 ...
J・エドガー (迷宮映画館)
一人の男の人生と、アメリカの歩んだ道のりが哀しくクロッシング。
映画『J・エドガー』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-17.J.エドガー■原題:J.Edgar■製作年、国:2011年、アメリカ■上映時間:137分■字幕:松浦美奈■観賞日:2月23日、渋谷シネパレス(渋谷) □監督・製作・音楽:クリント・イーストウッド◆レオナルド・ディカプリオ(J.エドガー・フーバー)◆ナオミ...
J・エドガー (いやいやえん)
これイーストウッド監督作品だったんですねぇ。 ジョン・エドガー・フーバーといえばFBI。アメリカ犯罪史にとって重要な科学捜査を確立させ、指紋管理システムを作り大組織へと変貌させた男。実に48年もの間長官
猜疑心と虚栄心、そして愛 『J・エドガー』 (映画部族 a tribe called movie)
監督:クリント・イーストウッド出演:レオナルド・ディカプリオ、ナオミ・ワッツ、アーミー・ハマー、ジュディ・デンチアメリカ映画 2011年 ・・・・・・ 6点
『J・エドガー』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
J・エドガー Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)レオナルド・ディカプリオ,ナオミ・ワッツ,アーミー・ハマー,ジョシュ・ルーカス,ジュディ・デンチワーナー・ホーム・ビデオ 『J・エドガー』 2011年(米)監督クリント・イーストウッド  総合文学ウェブ情報誌....
【映画】J・エドガー…ヤッパリ、アメリカの昔話は退屈 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
一昨日、帰省する息子を小倉駅まで迎えに行った足で、そのまま「アイアンマン3」を観てきました 感想文は後日…といっても、まだ「アベンジャーズ」のもアップしていない私でした 早速ですが、以下は映画観賞記録です(もうすぐ1年遅れに) 「J・エドガー」 (監督...