労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

今さらながら「居酒屋タクシー」

2008-06-12 | 書記長社労士 公共交通
 レトロフィッシュに、ニットケース。普通のショートボードのを履かせてみたら・・・なんか、かっちょ悪っ。やっぱり、ちゃんとレトロフィッシュ用のニットケースが要るのか・・・(;^_^A アセアセ…


「居酒屋タクシー」 「割り戻し」調査へ 国交省、事業者の行政処分も(産経新聞) - goo ニュース
 居酒屋タクシーってネーミングが最近ちょっとお気に入りな書記長社労士ですこんなヨダレが出そうな楽しいタクシーで僕も通勤したいです深夜帰宅のタクシーで運転手から現金や金券の提供、飲食の接待を受けていた東京・霞が関の公務員は6日現在で13省庁・機関で計502人。その後も厚生労働省や防衛省などでまだまだたくさん発覚中公務員の金品の授受、便宜供与ですんで、やはり一定の懲戒処分は必須でしょうね

 そしてタクシーの方では「道路運送法第10条(運賃又は料金の割戻しの禁止)一般旅客自動車運送事業者は、旅客に対し、収受した運賃又は料金の割戻しをしてはならない。」に抵触する恐れがあり、この条項の罰則は「100万円以下の罰金」です。これらの個人タクシーの運転手さん、100万円の罰金を払っても元は取れるのでしょうか?心配です(笑)でも、この件は、中央省庁だけでなくって、地方支局とか市役所や都道府県庁とかも調査した方が良いと思う。大阪市役所の前にもいつも同じ個人タクシーが列をなして待機している。運転手さん達の目的は中央省庁と同じでしょう。

 タクシーチケットの使い方には確かに問題あるんやろうけど、そもそもどうして毎日毎日タクシーで帰宅しなくてはならないような残業になるのかも考えた方が良いのでは?莫大な時間外手当や深夜手当が税金から支給されているのか?それともサービス残業なのか?そんでもって国の機関では、適正な労働時間管理がおこなわれているのかなあ?「ワークライフバランス推進の基本的方向報告」(内閣府)、「仕事と生活の調和に関する検討会報告書」(厚生労働省)、「労働時間等設定改善指針の概要」(厚生労働省)、「過重労働による健康障害防止のための総合対策について」(厚生労働省)・・・最近購入した労働時間管理に関する本の巻末についてる資料はざっとこんなもんやけど、これを一生懸命考えてる中央省庁の職員さんにとっては俺たちには・・・「そんなの関係ねー」なんかな(って古っ)しかし、今後の調査で、歓楽街や繁華街からの乗車でもチケットを使用していたり、便宜供与を受けていたりというのも明らかになってくるのではないのかな…
『社会』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 父の日か~♪ | トップ | マジックアワー 噛み殺せな... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
えっ~と、 (徳留新人)
2008-06-12 17:10:10
20万円超の現金をもらった皆様、ぜひ期限後申告を♪


重加算が付くかもしれませんけどね。
ヾ( ´ー`)
  ぐっふっふっふ (  徳留新人へ)
2008-06-13 00:08:58
  そこまで痛めつけるんか?(笑)

  ところで新人。

  新人自身も煮詰まってくる頃やないか?

  ちょっとだけ海行く?
Unknown (みなみ)
2008-06-13 08:42:01
前回に続いてまたまた登場です。

公務員が労働基準法の適用「有る」「無し」に係わらず「夜中まで働いてもタクシーで帰ればOK」ってなその世界で通用する常識があるんでしょうかね?

書記長の仰るように、労働時間の管理と把握が出来ていないのでしょう。

労働基準監督署の一部の監督官は、一般国民に「タイムカードの一分単位まで残業代払いなさい」なんてメチャクチャなこと言うくせに自分達は一体どうなってるんやろ?

ワークライフバランスや労働時間等設定改善指針とか一生懸命考えているお役人が夜中まで残業して居酒屋タクシーで帰宅となるとチョッと説得力無しってとこ。

国民からみて、「グゥゥゥ~!」って言われる様な働き方では無いですよね。

海ぃぃぃぃぃぃっ!!! (徳留新人)
2008-06-13 16:21:11
行きたい。

でも、職業柄この時期は日焼けしちゃいけないんでね・・・(笑)

ってか、もう、煮詰まってるは通り越した・・・(汗)


というより、今月は休みの日すべて模擬テストで埋まってる(滝汗)


  経費削減(節税)なら (  みなみさんへ)
2008-06-13 19:16:27
  ホテルを借り上げて宿泊。
  霞ヶ関に近い官舎に超してきて貰う。
  早出の残業に重きを置いて貰う。
  適正に人員配置を考える。

  もっと努力して欲しいよな。

  でも、確かに中途半端な立場の官僚は、国民のために
  まじで無茶苦茶仕事してくれているのは認めるけど!
  嘘~~~っ! (  徳留新人へ)
2008-06-13 19:18:52
  そんな業界と違うやろ~!(笑)

  ま、たったの3月だけの我慢や、頑張れ!
  新人以外の、受験生はもっと長期間我慢して勉強しているから
  彼らに比べたら我慢少なくてよかったやん。
  結果に反比例するか正比例するかは、社労士の僕には
  よくわからんけど・・・わっはっは!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
居酒屋タクシー問題の本質 (NAGISA TAXI Cruisin')
タクシー接待:国交省が事業者の調査へ   中央省庁の職員がタクシー乗務員から金品を受け取っていた問題で、国土交通省の峰久幸義事務次官は9日の定例会見で「道路運送法が禁じる運賃の割り戻しに該当する可能性があるものが含まれている」と述べ、タクシー事業者の...