労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

悪人 やっぱ役者ってすごいわ~!

2010-09-16 | いい映画観てますか?

=41 -12-】モントリオール世界映画祭で深津絵里が最優秀女優賞を受賞したり、初日舞台あいさつで妻夫木くんが感極まって号泣しちゃったり、と話題は満載。予告編の流し方も良かったからか、前評判はさておき、自分も是非観たいなと思っていた。

 長崎在住の清水祐一は、博多で働く石橋佳乃と待ち合わせをしていた。しかし、待ち合わせ場所で佳乃は他の男の車に乗って行ってしまった。佳乃を追いかけた祐一は、福岡県の三瀬峠で彼女を殺してしまう。その後、長崎でいつも通りの日常を送っていた祐一は、以前出会い系サイトでメールをやりとりしていた馬込光代という女性と会うことに。ホテルでお互いを求めあった後で、祐一は光代に佳乃を殺したことを告白するのだが…。

 役者ってほんと凄いなあ!∑( ̄[] ̄;)!ホエー!!スゴイッ!!!深津絵里が最優秀女優賞を受賞したのは、全ての役者さんを代表しての受賞でしょう!妻夫木君も壮絶な演技だったし、岡田将生くんと満島ひかりちゃんは、俺でも殺したくなるほどの悪人ぶりっ、樹木希林と柄本明なんてもう「絶句!」としかいいようがないいぶし銀的演技(ん?絶句ってそもそも何も言ってないんやったっけ?)、俺は宮崎美子が良かった。きっと、満島ひかりちゃん演じる最初可愛く実はむちゃくちゃ憎たらしい石橋佳乃と同じような世代の娘を自分が持っているからか、ついつい彼女の両親を演じていた榎本&宮崎夫妻に感情移入してしまっただけだな、きっと。


 悪人、「ひとつの殺人事件。引き裂かれた家族。誰が本当の悪人なのか?」というのがコピーだった。悪人という定義を考えさせられる映画、映画の中では、たくさんの悪人のような人たちがいた、一方ではたくさんの善人のような人がいた。でもそれは映画から与えられた条件から分析したものであって、でも映画の中で観客に見せていない部分にもし焦点を当てれば、悪人か善人かというものはまったくひっくり返るかも知れない。例えば殺された石橋佳乃が売春まがいのことをしていたのは、父の理髪店の再興のための資金作りだったとかとなれば・・・(って、ないか。)一人一人、登場人物の人物像の描き方は奥深かったのに、どうも深津絵里演じる馬込光代のキャラが浅くて、なんで彼女がこんな極端な行動に出てしまったのかが解せず。そもそも俺は深津絵里が美人女優だとは思えたことがなく、今回かなり諸肌脱いだセクシーだと思われるシーンがあったのだけどそそらね~。自分には未だにテレビドラマ「カバチタレ」での役がトラウマとなっていたが、今回の役柄の方がどうも彼女のそもそものパーソナリティなように見えてきた。やるせない映画だ、鑑賞後、かなり後味は悪い、でも・・・・。映画を見終わって即思ったことは、「とにかく原作を読まなければならない!」だった!(原作=「悪人」吉田修一著)


 祐一と光代の繋がりの大きなキーワードなる灯台は、原作では長崎市内の灯台だったそうだが、この映画のロケでは、長崎県五島列島の東端にある大瀬崎灯台が使われた。たいへんなロケーションにある灯台で、灯台に至る風景や、灯台の周りにひろがる風景はすごい、いつか必ず絶対に一度は行ってみたい!聞くところによると、この灯台には灯台小屋が無く、まずはここまで資材を運んで小屋造りにたいへんな苦労をし、そして妻夫木君と深津さんをふくめてスタッフは撮影機材を抱えてあの断崖にある灯台まで撮影終了までの寒い寒い年末の数ヶ月間、毎日歩いて往復したそうだ。全日空の機内誌「翼の王国8月号」に、原作者がエッセイとしてその壮絶さを書いていた。「灯台 対馬海峡 冬の対馬海峡は哀しくなるほど厳しい。強い海風は容赦なく冷え切った体を叩き、雄大な水平線が恨めしくなるほど目の前には何もなく、ただ寡黙な灯台だけが待っている。・・・・」映画を観る前に読んでいたが、あのエッセイの内容はけっして誇大されたものでなくて、まさにそうだったのだろうと感じた。ほんとに、大瀬崎灯台には行ってみたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   トラックバック (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« またまた「労働者性」について | トップ | EFXパフォーマンスリストバンド »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
観るぞ!!! (☆mitsu☆)
2010-09-16 23:04:35
「悪人」絶対に観たい!!!
「BECK」も観たいんだけど、まずは「悪人」だな!
mitsuちゃん深津絵里の演技好きだよ!!

ロケ地の灯台までは歩いて30分もかかるんでしょ!?
でも、行ってみたいな~。

そして、ひさぽんと同じく原作を読みたい!!!
  見る価値がある映画だよ! (  ☆mitsu☆ちゃんへ)
2010-09-17 12:11:24
  ロケ地の灯台、ほんとものすごいとこに立っているよ。
  ぜひ一度行ってみて、夜明けから日暮れまで、ずーっと居て、ボーッとしてみたい。
  季節のいい時にが条件だけど。

  よし!☆mitsu☆ちゃん、2人で行って、妻夫木くんと深津絵里さんになりきろう!
  (*/∇\*)キャ
こんにちは。 (みぃみ)
2010-09-17 15:20:08
TB、ありがとうございました。

有休とって、映画ハシゴにこの映画を組み入れていたら、まさかの深津さんの賞受賞!。
おめでたいことなのですが、せっかく空いてる時狙って行くつもりだったのに(>_<)との思いはありつつ。。。観てきました。(案の定、混み混み:爆)。

でも、混んでいる事も、上映時間も、暗いぞモードな内容も、負担になる事なく、どっぶり映画に浸りました。

役者さん達、みなさん、本当に上手いですね。

特に、樹木さんと柄本さんの迫力に圧倒されました。

灯台。。。いつか行けたらいいなぁ☆と思います。
Unknown (みぃみ)
2010-09-17 15:25:01
すみませんm(_ _)m。
途中でコメントが途切れてしまっていますので、続きを。。。

混み混みだった場内ではありましたが、暗めの内容も上映時間も人混みも気にならないくらい、映画に浸り鑑賞しました。

役者さん達、本当に上手ですね。

特に、柄本さんと樹木さんの迫力に、圧倒されました。無言で語る凄さに…。

灯台、いつか行ってみたいなぁ☆と思います。
  gooブログは「泣く」顔文字を使うと切れるのです (  みぃみさんへ)
2010-09-17 17:34:40
  コメントありがとうございます。
  ほんとうに役者って凄いなあってこの映画でつくづく思い知らされました。
  あの灯台のロケも壮絶だったようですよね。
  ほんとうにあの景色は一度生で見てみたい!
灯台 (ふじき78)
2010-11-13 23:48:06
「灯台元暮らし」。

写真見ると、こんなロケーションだったんだ、と驚かされますね。
  ほんま (  ふじき78さんへ)
2010-11-14 00:04:31
  行ってみたい地です、あそこは。
  ロケもほんとたいへんだったそうですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

50 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画『悪人』(お薦め度★★) (erabu)
監督、李相日。脚本、吉田修一、李相日。原作、吉田修一。2010年日本。犯罪映画。
『悪人』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「悪人」□監督 李 相日□脚本 李 相日、吉田修一□原作 吉田修一□キャスト 妻夫木 聡、深津絵里、樹木希林、柄本 明、岡田将生、宮崎美子■鑑賞日 9月12日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は...
映画:「悪人」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成22年9月16日(木)。 映画:「悪人」レポ。 【監督・脚本】李相日  【原作・脚本】吉田修一 【 美術監督 】種田陽平 【音   楽】久石譲 【 キャスト 】妻夫木聡・深津絵里・岡田将生・満島ひかり・樹木希林・柄本明 【ストーリー】 ネットの出会いで知り...
悪人 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。吉田修一原作、李相日監督、妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、柄本明、樹木希林、余貴美子、宮崎美子、塩見三省。 光代役の深津絵里が自転車に乗っていると、どうしても「博士の愛した数式」で自転車でせっせと博士宅に通う「無学で一人ぼっち」な...
【悪人】 (日々のつぶやき)
監督:李相日 出演:妻夫木聡、深津絵里、満島ひかり、樹木希林、柄本明、岡田将生   なぜ、殺したのか。      なぜ、愛したのか。 「長崎に住む祐一は車で博多までやってきて待ち合わせをしていた佳乃に合うが、目の前で他の男の車に乗られてしまう。頭に
悪人 (Akira's VOICE)
善くもあり悪くもある。それが人間。  
「悪人」、深津絵里の傷だらけの演技 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
善悪よりも、人間の弱さや醜さが主な登場人物それぞれにある。この映画を見終わると、自分がいつこういう立場になるかわからないと共感できる。楽しい映画ではないが、問題意識の確認のために見ることをお勧めする。おそらくハリウッドがリメイクして、少し上映時間を短く...
「悪人」みた。 (たいむのひとりごと)
例によって原作は未読なため、予告編から判っているのは”逃亡劇”だということのみ。しかし、主演から脇の脇まで実力派俳優陣がそろっているこの映画。単なる逃亡劇でなさそうなのは予告編からでもジワジワと感じら
淋しい人間が多過ぎる~『悪人』 (真紅のthinkingdays)
 長崎の寂れた漁村に祖父母と暮らす祐一(妻夫木聡)は、解体作業員として働く 孤独な青年。彼は出会●系サイトで知り合った保険外交員の...
悪人/妻夫木聡、深津絵里、岡田将生 (カノンな日々)
日本での公開直前に開催されたカナダはモントリオール映画祭で主演の深津絵里さんが見事に最優秀女優賞を獲得した作品です(ふかっちゃん、おめでとォ!)。かなり期待していた作品でしたのでこのニュースを知ってさらに期待度が増してしまいました。「作品自体も良かったか...
『悪人』 (こねたみっくす)
まるで夜明けの来ない夜を過ごしているような、一生どこにも行けないような閉塞感。監督の演出で映画はこうも変わるのかと思い知らされる秀作でした。 恐らく第34回モントリオール国際映画祭で深津絵里さんが主演女優賞を受賞したのも、彼女の演技力以上に、この映画に漂...
映画「悪人」@朝日ホール (masalaの辛口映画館)
 今回はyahoo!映画ユーザーレビュアーとして試写会に招かれました。客入りは女性客を中心に9割くらい。   【送料無料】久石譲/悪人【CD】 映画の話 若い女性保険外交員...
悪人 (花ごよみ)
試写会で見てきました。 原作は吉田修一の同名小説。 監督は李相日。 出会ってしまった孤独な男と女。 その二人を、妻夫木聡と深津絵里が演じます。 福岡・佐賀・長崎 が舞台。 保険外交員、佳乃(満島ひかり)が何者かに 命を奪われる事件が発生。 まず最初に...
「悪人」 (2010 東宝) (事務職員へのこの1冊)
監督:李相日 原作:吉田修一 脚本:吉田修一、李相日 音楽:久石譲 出演:妻夫木
『悪人』 ('10初鑑賞121・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆★-- (10段階評価で 5) 9月11日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 14:00の回を鑑賞。
悪人・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「悪人」とは、何ともド直球なタイトル。 多分に韓国映画の影響がありそうな気がするが、最近の日本映画には人間の心のダークサイドにスポッ...
悪人 (映画鑑賞★日記・・・)
2010/09/11公開(09/02試写) 日本 PG12 140分監督:李相日出演:妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、宮崎美子、樹木希林、柄本明なぜ、殺したのか。なぜ、愛したのか。ひとつの殺人事件。引き裂かれた家族。誰が本当の“悪人”なのか?若い女性保険外...
映画『悪人』 (健康への長い道)
 観るつもりはなかったんですが、モントリオール世界映画祭・最優秀女優賞記念ということで。TOHOシネマズ梅田にて『悪人』。  誰もが持つ身勝手さ、愚かさ。程度の差はあっても、結局みんな自分本位・・・そんな人間の負の側面をしっかり見せ付けてくれます。でも、愚...
悪人 (ダイターンクラッシュ!!)
2010年9月11日(土) 21:30~ TOHOシネマズ川崎6 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『悪人』公式サイト 深津絵里が賞を取ったからか、TOHOシネマズで延々と予告編を流していたからか、初日とは言えレイトショーの終映が12時だというのに妙に...
『悪人』・・・真の悪人は誰なのか (SOARのパストラーレ♪)
原作は未読ながら、ボリュームある小説を一本の映画にするための省略や圧縮の苦労(工夫)が随所に感じられた。登場人物一人一人の描写、さらにはそれぞれの係わり合いの描写がより掘り下げて描かれていればもっとインパクトある作品になったのではないだろうか。またこの...
映画「悪人」 (FREE TIME)
注目の映画「悪人」を鑑賞しました。
『悪人』 祐一はなぜ光代を殺そうとしたか? (Days of Books, Films )
年若い友人に誘われて、久しぶりに試写室に足を運んだ。週刊誌の芸能欄を担当していた
映画『悪人』 (闘争と逃走の道程)
 深津絵里がモントリオール世界映画祭で最優秀女優賞を受賞した話題作。原作のほうもたいそう売れているようで、本屋に行けば必ず目立つと...
『悪人』 (kuemama's_webryblog)
2010年/東宝/139分 【オフィシャルサイト】 監督:李相日 出演:妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、柄本明、樹木希林
「悪人」 (みんなシネマいいのに!)
 仕事は土木作業員で、年老いた祖父母の面倒見るだけの寂しい生活をしている清水祐一
悪人 (だらだら無気力ブログ)
芥川賞作家・吉田修一の同名ベストセラーを「涙そうそう」の妻夫木聡と 「博士の愛した数式」の深津絵里主演で映画化したヒューマン・ミステリー・ ドラマ。長崎の漁村で孤独な人生を送り、ふとしたことから殺人者となって しまった不器用な青年と、そんな男と孤独の中...
映画:悪人 (伊八のいろいろ)
映画:悪人 2010-9-11(TOHOシネマズ直方) ストーリー:若い女性保険外交員の殺人事件。ある金持ちの大学生に疑いがかけられるが、捜査を進めるうちに土木作業員、清水祐一(妻夫木聡)が真犯人として浮上してくる。しかし、祐一はたまたま出会った光代(深津絵里)を...
悪人 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
悪人'10日本◆監督:李相日「フラガール」「69 sixty nine」◆出演: 妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、樹木希林、 柄本明◆STORY◆長崎在住の清水祐一は、博多で働く石橋佳乃と待ち合わせをしていた。しかし、待ち合わせ場所で佳乃は他の男の車に乗って行ってし...
悪人 (勝手に映画評)
2010年のモントリオール世界映画祭で、深津絵里が最優秀女優賞を授賞した作品。監督は、『フラガール』の李相日。また、美術監督を種田陽平、音楽は久石譲と錚々たるメンバーがスタッフに名を連ねています。 実は正直、見る行く予定は予定は無い作品でした。ですが、深津...
「悪人」とはなにか (再出発日記)
何度も何度も予告編を見た。出演俳優も派手な者は一人も出ていなくて、テーマもひどく地味なものなのであるが、モントリオール国際映画祭でラッキーにも深津絵里が最優秀女優賞を獲...
2010-28『悪人』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
&#63704;映画を鑑賞しました。&#63893; 2010-28『悪人』(更新:2010/09/12) 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) 深津絵里がモントリオールで最優秀女優賞を受賞。 おめでとうございます。 予定していなかったのですが、観賞しま...
悪人 (いい加減社長の日記)
なんか、重そうな感じもして、「どうしようかなぁ・・・」と思ってたんだけど。 深津絵里さんが賞を取ったり、ピグとものゆきちゃんから、「実家近くがロケに使われてるから観ろ」と脅されたりで。 金曜日に「悪人 」を鑑賞。
映画「悪人」 (虎哲徒然日記)
吉田修一の小説を、「フラガール」の李相日監督がそれ以来の作品として撮った一本。公開直前に深津絵里がモントリオールで主演女優賞を獲得して、注目度も一気に上がった。 山深い峠で、殺人事件が起こった。殺されたのは福岡で保険外交員を...
悪人 (映画三昧、活字中毒)
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞悪人 2010年/日本/139分 監督: 李相日 出演: 妻夫木聡/深津絵里/岡田将生/満島ひかり/塩...
悪人 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  吉田修一の原作は未読だが、なんとなく松本清張を思わせるストーリー展開であった。ヒロイン馬込光代を演じた深津絵里は、本作でモントリオール世界映画祭の最優秀女優賞を受賞したという。確かになにか寂しげで頼りなさそうだが、実はかなり芯の強いハイミス...
「悪人」 大切な人は? (ももたろうサブライ)
監督 李相日少しあらすじ若い女性保険外交員が殺され、その直前まで彼女を車に乗せていた金持ちの大学生(岡田将生)に疑いがかけられる。しかし捜査が進むうちに土木作業員、清水...
悪人 (しぇんて的風来坊ブログ)
悪人の原作小説を読んでいないし、予備知識もなく観た。なので妻夫木が、どんな極悪人を演じるんだろうと思って観た。わざわざ茶髪? てのもそういう(所謂その時点でこの映画的にダメ的なわたしだが)先入観と後半に至るまでのdondonギャップ。。。悪ということは難しい...
★ 『悪人』 (映画の感想文日記)
2010年。「悪人」製作委員会。   李相日監督・脚本。吉田修一原作・脚本。  妻夫木聡と深津絵里という、『ザ・マジックアワー』でも共演していた新鮮味も意外性もないキャスティングに不安を感じながら見た。他にも...
「悪人」 無表情の感情 (はらやんの映画徒然草)
深津絵里さんがモントリオール世界映画祭で主演女優賞を受賞しましたが、作品を観れば
■映画『悪人』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
妻夫木聡と深津絵里が大胆にイメージチェンジし、リアルな逃避行を演じた映画『悪人』。 劇中でふたりが見せるセックスシーンは本当に生々しく、「このふたりがこんなシーンを…」と、驚くはず。 妻夫木聡は自らこの役を演じたいと名乗りを上げただけあって、暗い目...
「悪人」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・日本/東宝監督:李 相日原作:吉田 修一脚本:吉田 修一、李 相日 芥川賞作家・吉田修一の同名ベストセラーを、原作者自身と「69 Sixty Nine」、「フラガール」の李相日監督が共同で
『悪人』 (+Paraiso*Caprichoso+)
【悪人】STORYひとつの殺人事件。引き裂かれた家族。誰が本当の悪人か土木作業員の清水祐一(妻夫木聡)は、長崎の外れのさびれた漁村で生まれ育ち、恋人も友人もなく、祖父母の面倒...
悪人 (幕張コーポ前)
「悪人」観てきました。灯台。悪人は誰だ。深津絵里の首を締めて、けじめをつけようとしたけど、それは彼女を救うためのものであって、2人を大切に思う人たちに対してのけじめではない。自分の弱さに勝てない妻夫木くんは悪人。「本気で誰かに出会いたかった…。ダサいよ...
悪人 (にき☆ろぐ)
さて、深津さんが賞をもらったことで注目された作品です。私自身みてみたいな~と思っていたんですがやっとみることが出来ました。監督はフラガールの李相日さんですね。あらすじ若...
悪人■主役は「風景」 (映画と出会う・世界が変わる)
この映画を見て真っ先に感じたのは、ドラマの背景、舞台になっている町の風景のなんと寒々しいことかということである。寒々しいだけではなく情緒がないのである。即物的な潤いのな...
映画「悪人」 (itchy1976の日記)
映画「悪人」(映画.com) 「悪人」オフィシャルサイト ...
『悪人』をパルコ調布キネマで観て、みんな役者バカだよねな男ふじき☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆役者は皆いいけど、単にジャンルとして苦手】       立場としては原作未読です。 役者がみんな凄い。 物語的には登場人物の誰も彼もがどんどん不幸になってってきつい。 ラストの妻夫木くんのあれはよかった (あれがなければ映画として...
観ました、「悪人」 (オヨヨ千感ヤマト)
「フラガール」が素晴らしかった李相日監督作品。原作は吉田修一。 公開したばっかり
「悪人」善人ではない人 (ノルウェー暮らし・イン・London)
昨年のうちにこの映画は見ておかないと・・・・と思っていた。 深津絵里が最優秀女優賞を取った作品だし。 でも、私は昨年のベスト10には、入れなかった。 確かに彼女の寂しげな表情、ふと見せるやさしい笑顔~~どれも巧いとは思うのだけど・・・・・
『悪人』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 悪人 』 (2010)監  督 :李相日キャスト :妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、塩見三省 吉田修一のベストセラー小説を『フラガール』の李相日監督が映画化。原作者の吉田修一は李相日と共同...