労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな〜と思いつつ飲んだくれて書いてるっす〜(* ̄∀ ̄)ノ■☆

わたしを離さないで 静かに静かにじわじわと。・゜゜・(≧д≦)・゜゜・。エーン!!

2011-03-30 | いい映画観てますか?

=18 -3-】 カズオ・イシグロという人の原作「わたしを離さないで」の映画化だそうだってのはエンドロールで知った。カズオ・イシグロって誰よ?って調べたら、長崎県出身のイギリス人作家で日本語は喋れない人だそうだ。

 寄宿学校「ヘールシャム」で学ぶキャシー、ルース、トミーの3人は、小さい頃からずっと一緒に暮らしている。外界と隔絶したこの学校では、保護官と呼ばれる先生の元で子供たちは絵や詩の創作をしていた。18歳になり寄宿学校を出て農場のコテージで共同生活を始めた彼ら。やがてルースとトミーが恋を育むようになり、キャシーは孤立していく。その後、コテージを出て離れ離れになった3人は、逃れられようのない運命に直面する事に…。

 予告編を1度も見ていなかったし、あらすじさえ読んでなかったのだが、どうもそれが功を奏したようだ、物語が全く解らないまま疑問符ばかりが脳内に大量生産されていく状態で、ずんずんと映画の描く世界観に引き込まれていった。プロットが積み上げられていくと、なぞが解けていくのだけど(一生懸命自分で推理している状態)、あらたな疑問が沸いてくる。モノローグで、このお話自体が「架空な世界」だということは示唆されていたので、「ありえない」ってな部分はあっても無理からぬのことだと飲み込むことが出来たのもこの映画を楽しむと言うことではよかったようだ。


 キャリー・マリガン、キーラ・ナイトレイ、アンドリュー・ガーフィールド、若手3人がすばらしい演技、いや必死の演技をしていた。キーラ・ナイトレイとアンドリュー・ガーフィールドの2人が映画の進行上、やつれなくてはならないのだけど、あんなにも身体を作りかえる(やつれさせる)のはたいへんなことだっただろう。(アンドリュー・ガーフィールドがフェイスブックのエドゥアルド・サベリンを演ってた役者と同一人物だとは思えなかった)大人すぎて綺麗すぎてちょっと18歳をやるには辛かったキーラ・ナイトレイと比較すると、何歳であろうとその年にぴたった相応しくなるキャリー・マリガンは役作りは楽だったのかも知れない(この映画では18歳から28歳まで)、でも彼女の変幻自在ぶりにはびっくり、そして彼女の目から零れ出す涙の粒にはこっちもつられて・・・"(/へ\*)"))ウゥ、ヒック 


 子役たちもみんな上手かった〜、そして主人公3人の子役はキャラがぴったしかんかん〜!この映画が全体的に郷愁が漂い牧歌的な雰囲気をまといながら、恋愛観の悲壮さやなんともいえない不穏な空気感が漂い、最後の最後まで緊張感と寂寥感が続き、じわじわと、何かが静かに静かに心に織りとなって溜まっていくという映画だった、自分にとっては。健康はやはり大切だが、手段としてレポゼッション・メンみたいなのももの凄く嫌だけど、この映画のような手もぜったいにやだ…。ルースの亡くなるシーンが、心からどうしても離れない…。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 労働者への損害賠償請求について | トップ | 厚生労働省より〜東北地方太平洋... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-03-30 21:43:40
たとえ架空の世界でもこの設定は私は嫌いなんです。映画のクオリティはともかくとして。
もっともキャリー・マリガン大好きな私はロングが似合うあの可愛らしさに鼻の下をのばしつつ、ムカツクというワケの解らん心情に陥っていたのですけど。(笑)
子役の彼女がまたすっごい可愛くて、本当にキャリーの子供の頃じゃないかと思うほどだっただけに。^^;
  この設定はたしかに。 (  KLYさんへ)
2011-03-31 00:07:45
  ミストがそうでしたが、「やるせなさ」を利用するってのは、まさにどうかと思います。

  う〜ん、僕はキーラ・ナイトレイのあのシャープなのがいいですね。
  もちっと露出もあったら・・・惜しいって感じでしたから(笑)
  
カフェのシーン (ituka)
2011-03-31 01:04:54
画像にもありますが、カフェのシーンのぎこちなさに不思議な感覚を覚えました。
たぶん、物を注文することはもちろん、メニューも知らなかったんでしょうね。
「とりあえず、コーク!」みたいな(笑)

原作を読まれた方も『アイランド』と比較されているので、たぶん、そのはずです^^
  街の風景にも (  itukaさんへ)
2011-03-31 12:44:10
  なぜかあまり若い人が登場せず、やたらと老人が目に付きました。
  全体的に流れる不穏な空気感が印象に残っています。

  やはりクローンなのですね。
  しかしそれにしても怖いお話しです。
  救いようのないってのは後味として辛いです。
Unknown (リバー)
2011-04-18 20:46:22
TB ありがとうございます

独特の空気感の中で進むストーリー
悪くはないが面白味に欠けたかな

原作読んでただけに余計かも
  あの淡々さがよかった (  リバーさんへ)
2011-04-19 11:57:11
  面白味には欠けたとは思いました。
  でもあの空気感は、好きです。
  原作読んだ方がいいですね、読みます。
TBありがとうございました☆ (tomoco)
2011-04-19 21:44:28
はじめまして。

わたしも前情報全くなかったので、疑問符大量生産状態同じでした(笑
後から原作読みましたが、独特の空気感を損なうことなく映画化してると思いました。

よろしくおねがいします
  母と同じ名前です (  tomocoさんへ)
2011-04-19 22:31:34
>近過去

  まさにそうです!
  自分も知らず知らずの鑑賞を周りに薦めてます。
  あり、な映画でしたよ。
遅くなりました。 (sakurai)
2011-04-20 21:29:54
肩痛により、右手が全く使えない状態が続いて、遅くなりました。
すいません。五十肩ってやつです。ちゃんと年齢相応になるんだなあと。。。
あの方々に、若い肩を移植してほしい・・・ってやっぱ思うかもです。
やっぱり、激痛や病気ややむを得ない状況になった時、考えるのは自分のことだなあ〜とつくづく思いました。
私は、結構この話好きです。よく出来てたと思います。あの牧歌的な風景と中身とのギャップがまたいい味を出してたなあと思いますわ。
今、原作本読んでます。
  五十肩・・・ (  sakuraiさんへ)
2011-04-21 13:00:58
  自分にも最近とうとう老眼が来たようで・・・
  自分も若い目がほしいかも・・・(滝汗)

  この映画、最近観た映画の中では、かなりの高得点です、自分にとって。
  いろいろ考えさせられましたし、そしてほんとに怖かった。

  ところで被災地へのご訪問、ご苦労様でした。

>ある一点から世界が変わる

  このことは自分たちは、阪神淡路大震災で経験しました。
  自分は「変わらなかった」側でしたが、その変わる地点が身近でした。
  ほんとに一日も早い復旧・復興を心から祈ります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

42 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
わたしを離さないで (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Never Let Me Go。カズオ・イシグロ原作、マーク・ロマネク監督、キャリー・マリガン、アンドリュー・ガーフィールド、キーラ・ナイトレイ、シャーロット・ランプリン ...
わたしを離さないで (あーうぃ だにぇっと)
10月30日(土)@TOHOシネマズ六本木ヒルズスクリーン7。 こんな時期に台風接近とやらで風雨強し。 雨はともかく、風は自転車の大敵だ。 今日は冷静に地下鉄で六本木まで出かけることにした。
【TIFF2010】『わたしを離さないで』(2010)/イギ... (NiceOne!!)
原題:NeverLetMeGo監督:マーク・ロマネク原作/製作総指揮:カズオ・イシグロ出演:キャリー・マリガンアンドリュー・ガーフィールドキーラ・ナイトレイシャーロット・ランプリング映画『...
わたしを離さないで (シネマDVD・映画情報館)
わたしを離さないで キャシー、ルース、トミーの3人は、小さい頃からずっと一緒だった。田園地帯にひっそりと佇む寄宿学校ヘールシャムで絵や詩の創作に励んだ日々。しかし外界から完全に隔絶されたこの施設には幾つもの謎があり、キャシーたちは普通の人たちとは違う.....
わたしを離さないで (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
レイチェル・ポートマン/オリジナル・サウンドトラック 『わたしを離さないで』ある秘密を持つ3人の男女の詩情豊かな物語は、静かな緊張感が漂っている。その謎を知ったとき誰も ...
『わたしを離さないで』 (ラムの大通り)
(英題:NEVER LET ME GO) ※この映画はネタバレを避けた方が楽しめます。 ----この映画の原作って、カズオ・イシグロニャんだって。 映画では『日の名残り』が有名だよね。 「うん。 あれは監督がジェームズ・アイヴォリーということもあって、 端正で抑制のきいた...
わたしを離さないで (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】(13) 厳しい寄宿学校、プロムに誘う彼女に苦悩するイケメン学生の話じゃないのね(←おい)
ネタバレ「わたしを離さないで」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
★この映画は、ネタバレ無しで感想を書くのが難しいので、今回に限って全部ネタバレで書きますので注意!★
映画* わたしを離さないで/ Never Let Me Go (有閑マダムは何を観ているのか? in California)
数年前に原作を読んで、とても強いインパクトをうけたお話が映画化されたので、早速観に行きました。 お話のあらすじについては、原作読後記事をご参照下さいませ 本* わたしを離さないで  (カズオ・イシグロ) 主人公と幼馴染の送ってきた、かつての寄
わたしを離さないで (とりあえず、コメントです)
日本生まれで英国籍を持つカズオ・イシグロ著の同名小説を映画化した作品です。 原作は未読のまま、出演者たちに惹かれてチャレンジしてみました。 SFの世界なのにちょっと昔のラブストーリーでもあるような、不思議で切なくて美しい物語でした。
【TIFF2010】『わたしを離さないで』(2010)/イギ... (NiceOne!!)
原題:NeverLetMeGo監督:マーク・ロマネク原作/製作総指揮:カズオ・イシグロ出演:キャリー・マリガンアンドリュー・ガーフィールドキーラ・ナイトレイシャーロット・ランプリング映画『...
わたしを離さないで (Memoirs_of_dai)
柵に付いているボロボロのビニール 【Story】 外界から隔絶された寄宿学校ヘールシャムで、幼いころから共に日々を過ごしてきたキャシー(キャリー・マリガン)、ルース(キーラ・ナイトレイ)、トミ...
わたしを離さないで (東京国際映画祭にて) (風に吹かれて)
魂がある存在なのに公式サイト http://movies.foxjapan.com/watahana2011年公開同名小説(カズオ・イシグロ著)の映画化監督: マーク・ロマネク1960年代、治療の向上
わたしを離さないで (心のままに映画の風景)
外界と隔絶された寄宿学校ヘールシャム。 キャシー(キャリー・マリガン)、ルース(キーラ・ナイトレイ)、トミー(アンドリュー・ガーフィールド)の3人は、普通の人とは違う“特別な存在”として健やかに...
わたしを離さないで (ともやの映画大好きっ!)
(原題:NEVER LET ME GO) 【2010年・イギリス/アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) 第23回東京国際映画祭コンペティション部門出品作品。 イギリスで活躍するベストセラー作家カズオ・イシグロの同名原作を映画化。 臓器移植用に人間のクローンが認められている、ここ...
生きる意味〜『わたしを離さないで』 (真紅のthinkingdays)
 NEVER LET ME GO  世間と隔絶された寄宿学校「ヘールシャム・ハウス」で育ったキャシー(キャリ ー・マリガン)は、自他共に認める優秀な介護士。彼女には、共に成長した二人 の親友、トミー...
わたしを離さないで (to Heart)
この命は、誰かのために。 この心は、わたしのために。 原題 NEVER LET ME GO 製作年度 2010年 製作国・地域 イギリス/アメリカ 上映時間 105分 原作 カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』(早川書房刊) 脚本 アレックス・ガーランド 監督 マーク・ロマネク ....
わたしを離さないで (映画的・絵画的・音楽的)
 『わたしを離さないで』を日比谷のTOHOシネマズシャンテで見てきました。 (1)この映画の原作を書いたカズオイシグロ氏については、映画化された『日の名残り』を読んだり(映画〔1993年〕も見ました)、脚本を書いた『上海の伯爵夫人』(2006年)を見たりしたことがあ....
「わたしを離さないで」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・英=米/配給:20世紀フォックス原題:Never Let Me Go 監督:マーク・ロマネク原作:カズオ・イシグロ脚本:アレックス・ガーランド製作総指揮:アレックス・ガーランド、カズオ・イ
わたしを離さないで◇◆Never Let Me Go (2010) (銅版画制作の日々)
 この命は、誰かのために。この心は、わたしのために。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。レディスデイで1000円。春休みでサービスデイということもあって、多くのお客さんでした。若手注目俳優3人の主演ということで、気になっていた本作。どんな話かも事前にチェックし...
せつない運命 (笑う学生の生活)
1日のことだが、映画「私を離さないで」を鑑賞しました。 キャシー、ルース、トミーの3人の男女、彼らの恋・友情・成長 しかし、彼らには ある秘密・運命があり・・・ カズオ・イシグロ原作の映画化 原作を読んだ身として 気になったのだが せつない物語であった そ....
わたしを離さないで (悠雅的生活)
外出禁止の寄宿舎。砂の上の船。ささやかな望み。
〜『わたしを離さないで』〜 ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2010年:イギリス+アメリカ合作映画、マーク・ロマネク監督、キャリー・マリガン、 アンドリュー・ガーフィールド、キーラ・ナイトレイ、シャーロット・ランプリング出演。
【TIFF 2010】『わたしを離さないで』 (2010) / イギリス・アメリカ (Nice One!!)
楽天ブログ「Nice One!!」2010年10月30日日記からのコピーです。 TBはこちらにお願いします。 原題:Never Let Me Go 監督:マーク・ロマネク 原作/製作総指揮:カズオ・イシグロ 出演:キャリー・マリガン アンドリュー・ガーフィールド キーラ・ナイトレ....
わたしを離さないで (5125年映画の旅)
外界と隔絶された寄宿学校で共に過ごすキャシー、トミー、ルースの三人。キャシーはトミーに淡い恋心を抱いていたが、トミーはルースと恋仲になってしまう。大人になった三人は寄 ...
『わたしを離さないで』、邪魔する女 (weekly? ぱんだnoきぐるみ)
映画の原題になっている『Never Let Me Go』というジュディ・ブリッジウォーターの曲は、二度ほど映画中に流れます。 一度めはそのテープをトミー(アンドリュー・ガーフィールド)がキャシー(キャリー・マリガン)のために代用コインで買ってくれたとき。 キャシーは...
わたしを離さないで (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「17歳の肖像」のキャリー・マリガン、「ソーシャル・ネットワーク」のアンドリュー・ガーフィールド、「つぐない」のキーラ・ナイトレイ共演で贈るラブストーリー。謎を秘めた寄 ...
『わたしを離さないで』 (まいふぇいばりっと ゆる日記)
半月以上前に映画観て、すぐに原作買って読み始めたのはいいけど、 途中何度もストップしちゃってやっと読み終えた〜。 つまんなかったっていうんじゃなく、むしろ面白かったんだけど、 このごろ本読むのって電車の中だけになっちゃって、 しかも最近は音楽聴いてるこ...
わたしを離さないで (secret boots)
評価点:79点/2010年/イギリス・アメリカ 監督:マーク・ロマネク 僕たちに「猶予期間」などない。 ヘイルシャムという学校では全寮制の規律正しい教育が行なわれていた。 トミー、キャシー、ルースの三人はその中で幼なじみとして過ごした。 そこでは...
わたしを離さないで (迷宮映画館)
闇の大人たち・・とでもいうべきか。
わたしを離さないで (映画通信みるみる)
期待どうり、素晴らしかったです。 あらすじ:緑豊かな自然に囲まれた寄宿学校ヘールシャム。そこは、牧歌的な田園地帯にありながら外界からは完全に隔絶され、徹底した管理が行われている謎めいた施 ...
わたしを離さないで(NEVER LET ME GO) (シネマクマヤコン)
何を見に行こうかな〜と時間的に合う映画の予告編をいくつか見てたんですが、タイトル
『わたしを離さないで』 (beatitude)
緑豊かな自然に囲まれた寄宿学校ヘールシャム。そこで学ぶキャシー(キャリー・マリガン)、ルース(キーラ・ナイトレイ)、トミー(アンドリュー・ガーフィールド)の3人は、幼い頃からずっと一緒に過ごしてきた。しかし、外界と完全に隔絶したこの施設にはいくつもの謎....
「わたしを離さないで」心に刺さる。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[わたしを離さないで] ブログ村キーワード  キャリー・マリガン、アンドリュー・ガーフィールド、キーラ・ナイトレイ。今が旬の、若手実力派スター3人が共演!「わたしを離さないで」(20世紀フォックス映画)。このタイトルだけ聞くと、何か“昼メロ”みたいですが、...
映画 「わたしを離さないで」 (英国日記)
先日、本も読み終わり、やっと映画を観てきました。 ネタバレしないようにしたいので、 ご覧になった方にしかわからないようなあいまいな表現も使いますが ご了承下さい。
■映画『わたしを離さないで』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
キャリー・マリガン、キーラ・ナイトレイという英国出身の実力と人気を兼ね備えた若手俳優が顔を揃えた映画『わたしを離さないで』。 イギリスの美しい自然の中で、哀しい運命に翻弄される若者たちの姿を、切なく描いています。 ある意味、とても無気力な彼らの姿は...
わたしを離さないで  監督/マーク・ロマネク (西京極 紫の館)
【出演】  キャリー・マリガン  アンドリュー・ガーフィールド  キーラ・ナイトレイ  シャーロット・ランプリング 【ストーリー】 寄宿学校「ヘールシャム」で学ぶキャシー、ルース、トミーの3人は、小さい頃からずっと一緒に暮らしている。外界と隔絶したこの....
『わたしを離さないで』 訴えられるのは誰か? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『わたしを離さないで』の中には、実に無意味な問いが出てくる。  それは、「彼らは心を持っているか」という問いかけだ。  もちろん、本作はこの設問を追及するものではない。追...
「わたしを離さないで」、残酷な、とても残酷な物語 (カサキケイの映画大好き!)
この映画を観たかったのはキーラ・ナイトレイが出ているから。 でもスクリーンで キーラ出演作品で良かったと思えると作品に出会ったことがない。 (日本の女優でいうと蒼井優にその感想は似ている) 脇に控えたキーラのこの作品はとても楽しみにしていたが、 この...
わたしを離さないで (A Day In The Life)
新作DVDにて観賞 解説 イギリスの文学賞・ブッカー賞受賞作家カズオ・イシグロの小説を基に、 傷つきながら恋と友情をはぐくみ、希望や不安に揺れる男女3人の軌跡を たどるラブストーリー。 『17歳の肖像』のキャリー・マリガン、『つぐない』のキーラ・ナイト...
mini review 11540「わたしを離さないで」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
イギリスの文学賞・ブッカー賞受賞作家カズオ・イシグロの小説を基に、傷つきながら恋と友情をはぐくみ、希望や不安に揺れる男女3人の軌跡をたどるラブストーリー。『17歳の肖像』のキャリー・マリガン、『つぐない』のキーラ・ナイトレイ、『大いなる陰謀』のアンドリュ....
わたしを離さないで (いやいやえん)
主演はキャリー・マリガン、キーラ・ナイトレイ、アンドリュー・ガーフィールド。 「アイランド」でもあった臓器移植を目的として誕生させられたクローンという設定が、こちらは国が認可しているという設定でした。しかし3人を取り巻くそういった環境が、前半から隔...