労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな〜と思いつつ飲んだくれて書いてるっす〜(* ̄∀ ̄)ノ■☆

藁の楯 わらのたて 遣る瀬無さすぎて・・・どないせえちゅうねん!

2013-04-19 | いい映画観てますか?

=24 うち今年の試写会4】 連合のFacebookページ http://www.facebook.com/jtuc.rengo を昨日紹介したが、それ以降「いいね」は2つしか増えていない、このブログの影響力ってこの程度なのか!
それとも連合の求心力の問題なのか?
ε-(;ーωーA フゥ…

 政財界を牛耳る大物・蜷川の孫娘が惨殺された。容疑者は8年前にも少女への暴行殺人事件を起こし逮捕され、出所したばかりの清丸国秀だった。全国に指名手配され、警察による捜査が続くが、行方は分からない。事件の3か月後、大手新聞3紙に「この男を殺してください。清丸国秀。御礼として10億円お支払いします。 蜷川隆興」という前代未聞の全面広告が掲載された。「人間の屑を殺せば、10億円が手に入る…」と日本中が俄かに殺気立つ――。

 原作「藁の楯 (講談社文庫)」は『ビー・バップ・ハイスクール』シリーズの漫画家木内一裕の小説家としてのデビュー作品だそうで、それを「十三人の刺客」「悪の教典」の奇才三池崇史監督が映画化したサスペンス・アクションだ。
予告編を一度見ただけで興味津々、いったいどんな展開になるのか想像できそうで想像できない感が、ほんまそそった。
ツッコミどころないわけではないが、そんなことはこっちに置いといての手に汗握る演出、ハラハラドキドキサスペンスアクション、ラストまでどっぷり作品の中に浸ったままだった。


 と、面白かったから褒めちぎってあげてもいいのだけど、「政財界を牛耳る大物・蜷川」の大物ぶりさが「ありえねーあんた、なんぼのもんやねん!」だし、移送についてもちょっと都合が良すぎるやろ〜がどんどん酷くなって「おいおいっ!ありえへんやろ!」やし、登場人物の感情の起伏の幅がでかすぎて「どっちやねん、ちょっと自分、激しすぎるねん!」やし、などなどかなり雑な感じがちょっと残念。

 「10億円」が貰える、しかしその条件は「殺人犯を殺すこと」と「裁判で有罪判決を受ける」、自分はそんな条件であっても10億円が欲しいか?みんなはどうなんだろう?
人間の屑清丸を演じる藤原竜也がほんまに憎たらしくて確かに観ている自分にも何度も何度も殺意が湧いてくるし、「フィクションなんだから」と言うことが前提で「もういいやん、早くこんなヤツ殺してしまえ!」って思った。
だけど、しかし現実にこんなことがもし合った時に自分はどうなるのだろうという葛藤をずっと抱きながら最後まで観ていた、けっきょく見終わってもその葛藤は結論付かなかった。


 松嶋菜々子が「おばさん」を上手く演じていた。
ってかおばさんなったのやね、「可愛い」ってのはもちろん抜群やねんけど、「かわいいおばさん」の香りがそこはかとなく醸し出されていたのだ・・・なんやろ、ちょっとアップが辛かったのだ・・・ΣΣ┗(|||`□´|||;;)┛ガーン!!

 「十三人の刺客」「悪の教典」もたいがいやるせない映画だったのだが、この映画はそのやるせなさはさらにパワーアップ!
三池崇史監督、このままこの路線で映画を作っていくのだとしたら、史上最強最悪のやりきれない映画であるミストをきっと越えるかもよ!

 ちなみにこの映画、もし大阪に居ていた時のようにうちの奥さんと一緒に観に行っていたら、映画の内容はともかく、大沢たかおだけで、ず〜っと機嫌が良いのだ。
あんたの旦那、大沢たかおよりっずぅ〜〜〜〜っとかっちょよいと思うのだ、きっと灯台元暗しなのだと思うのだ。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (42)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 連合のFacebookページ | トップ | 南国高知寒いのですけど(((p(>◇... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大沢たかお (sakurai)
2013-05-14 14:14:20
かっこいいっちゃ、かっこいいんですが、あたしゃ、どうも苦手で。
昆虫系の顔がどうしてもだめ。
で、演技もなんか芝居ががった(芝居なんで当たり前ですが・・)ところが引っ掛かってたのですが、今回はそんなアタシの苦手感も吹っ飛ぶ、なかなかの好演でした。
葛藤ぶりもよかったなあ。
しっかし、葛藤だらけでしたね。
体を二ツに分かたなければみたいな・・。
あ、手塚の漫画にそんなのあったと今、思い出しました。
  ははは〜好みがわかりやすい! (  sakuraiさんへ)
2013-05-16 22:12:51
  あの人の昆虫系の顔と臭い演技というんは、思いっ切り同意です!
  でも、そうです、その昆虫系の顔と臭い演技が、この映画ではプラスに働きました!
  ん?手塚治虫のマンガ?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

42 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
藁の楯 わらのたて (あーうぃ だにぇっと)
藁の楯 わらのたて@イイノホール
藁の楯 わらのたて (とりあえず、コメントです)
木内一裕著の同名小説を三池崇史監督が映画化したサスペンスアクションです。 予告編を観て、殺人犯を殺したら10億円なんて一体どうなるのだろうと気になっていました。 予想以上に極悪非道な犯人とたくさんの血が流される展開に、圧倒されっぱなしの作品でした。
藁の楯 わらのたて (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2013/04/26公開(04/11試写) 日本 124分監督:三池崇史出演:大沢たかお、松嶋菜々子、岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗、余貴美子、藤原竜也、山崎努 [Story]少女が惨殺される事件が起き、殺人事件の懲役を終えたばかりの清丸(藤原竜也)が指名手配される。清丸を殺せば1...
「藁の楯」守る価値のない犯人を守った先にみた血で塗られた価値のない10億円と本当に死の裁きを宣告するための手段 (オールマイティにコメンテート)
「藁の楯」は木内一裕原作の藁の楯を映画化した作品で、少女連続殺人事件で仮出所中の犯人が再び少女を殺して逮捕されるも、殺された祖父に当たる人物が殺したら10億円の懸賞金 ...
劇場鑑賞「藁の楯」 (日々“是”精進! ver.F)
守るものは、何なのか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201304270002/ 藁の楯 わらのたて Original Soundtrackオリジナル・サウンドトラック ワーナーミュ...
藁の楯 わらのたて (to Heart)
製作年度 2013年 上映時間 125分 原作 木内一裕 脚本 林民夫 監督 三池崇史 音楽 遠藤浩二 出演 大沢たかお/松嶋菜々子/永山絢斗/岸谷五朗/伊武雅刀/余貴美子/山崎努/藤原竜也 少女が惨殺される事件が起き、殺人事件の懲役を終えたばかりの清丸(藤原竜也)が指名手配さ...
映画『藁の楯』観てきたΣ(|||;>д (よくばりアンテナ)
三池監督作品。 原作の感想はコチラ。 原作よりも3割増でアクションが派手。 そして、3割増で気持ち悪い。 さらに、3割増で犯人のクズ度が高い。 なので、3割増で面白かった〜! さすが...
藁の楯 わらのたて (とりあえず、コメントです)
木内一裕著の同名小説を三池崇史監督が映画化したサスペンスアクションです。 予告編を観て、殺人犯を殺したら10億円なんて一体どうなるのだろうと気になっていました。 予想以上に極悪非道な犯人とたくさんの血が流される展開に、圧倒されっぱなしの作品でした。
藁の楯 わらのたて (いい加減社長の映画日記)
大沢たかおさん、最近よく観るなぁ・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 ある日、日本の大手全国紙のすべてに見開き全面で「この男を殺してください。御礼として10億円お支払いします」という新聞広告が掲載された。 それは財界の大物・蜷川隆興が、孫娘を惨殺...
映画「藁の楯/わらのたて」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「藁の楯/わらのたて」観に行ってきました。木内一裕の同名小説を原作とする、大沢たかお・松嶋菜々子主演のサスペンス・アクション作品。少女殺しの凶悪犯を、「DEATH NOTE」2...
『藁の楯』 (こねたみっくす)
日本の安全神話はモラルで成り立っている。ゆえにモラルの崩壊こそが日本の安全神話の崩壊。 10億円の懸賞金を掛けられたクズを守ることに意味があるのかという問いよりも、誰も信 ...
『藁の楯』 2013年4月22日 新宿ピカデリー (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『藁の楯』 を試写会で鑑賞しました。 ジャパンプレミアということで、 大沢たかお、松嶋菜々子、藤原竜也、岸谷五朗、永山絢斗、三池崇史監督が登壇しました。 先日発表されていましたが、カンヌへ行く作品になったそうです。 【ストーリー】  少女が惨殺される事件...
No.347 藁の楯 わらのたて (気ままな映画生活)
孫娘を殺害された政財界の大物・蜷川が、新聞に「この男を殺してください。清丸国秀。御礼として10億円お支払いします」と行方不明の犯人殺害を依頼する全面広告を掲載。日本中が ...
藁の楯 わらのたて (佐藤秀の徒然幻視録)
新型ウィルスで一億総ゾンビ化のパンデミック 公式サイト。木内一裕原作、三池崇史監督、大沢たかお、松嶋菜々子、藤原竜也、岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗、余貴美子、本田博太 ...
藁の楯 わらのたて (花ごよみ)
原作は木内一裕の同名小説。 彼は『ビー・バップ・ハイスクール』の作者で、 この作品は小説家としてのデビュー作。 監督は三池崇史。 10億円の懸賞金がかかった凶悪な犯人清丸を 誰がいつ襲ってくるか分からない緊迫感たっぷりの中、、 命がけで移送することになる....
「藁の楯 わらのたて」みた。 (たいむのひとりごと)
10億円の懸賞金が掛けられた極悪非道な幼女惨殺犯人:清丸の護送を担当するSPと、様々な理由(主に懸賞金狙い)から清丸の命を狙う不特定多数の人々との攻防戦が描かれたサスペンスアクション映画。法治国家であ
藁の楯 わらのたて (だらだら無気力ブログ!)
警察官としてはどうなんだろ、この人たち。
映画『藁の楯 わらのたて』★銘苅の怒 (めかりのいかり) (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/160427/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。   映画レビューしました(ネタバレ表示なし) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id34422...
藁の楯 (Break Time)
G/W前半2日間は、風が強く飛ばされそうで・・・
藁の盾 わらのたて ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『ビー・バップ・ハイスクール』シリーズで知られる漫画家の木内一裕の小説家としてのデビュー作品を、三池崇史監督が映画化したサスペンス・アクション。 凶悪な殺人犯に10億円の懸賞金がかかり、犯人を移送することになった刑事たちの緊迫した道程をスリリングに描く。...
藁の楯 わらのたて (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★【2点】(10) ズバリ言ってリアル感まったくなくて退屈だった。
『藁の楯 わらのたて』 この挑戦を受けて立て! (映画のブログ)
 シンプルなのに捻りがある。  作り手はこの設定にした段階で、『藁の楯 わらのたて』は面白いと確信したことだろう。  もちろん、その第一の功績は原作小説にあるのだろうが、主演の大沢たかおさんが数...
藁の楯 (Akira's VOICE)
人間の信を問う攻防戦!  
藁の楯 わらのたて (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
台湾の高速鉄道700T型や開通前の高速道路を使ってロケまでしているけど、間延びした脚本のおかげでなんとも締まらない映画になってしまった。時間の経過とともに、リアリティーがだんだんなくなっていくので見ているのが辛くなった。
『藁の盾−わらのたて−』 (ラムの大通り)
「正直言います。 実は、この映画については三池崇史監督の新作ということしか知らず、 “また三池か、よく作るな”くらいの感じで臨んだわけだけど、 いやあ、申しわけありませんでした。 これは、ほんとオモシロかった」 ----おっ、正直。 で、どんな映画だったの? ...
藁の楯 わらのたて (勝手に映画評)
「この男を殺してください、御礼として10億円お支払いします。」 何とも、すごい話です。犯罪者を護送すると言うシチュエーションを描いた映画といえば、『S.W.A.T.』や『16ブロック』などが思い付きます。その中でも特に『S.W.A.T.』に類似している印象です。『S.W.A.T....
藁の楯 わらのたて (Memoirs_of_dai)
屑は屑 【Story】 少女が惨殺される事件が起き、殺人事件の懲役を終えたばかりの清丸(藤原竜也)が指名手配される。清丸を殺せば10億円の謝礼を支払うという新聞広告が出され、身の危険を感じた清丸は...
藁の楯 わらのたて ★★★*☆ (センタのダイアリー)
10億円の殺人懸賞金を掛けられた殺人犯、清丸(藤原竜也)を巡り、殺人志願者が次から次へと現れる。 それは一般人のみならず、警察関係者の中からも続々と現れ、清丸移送のSPを命じられた銘苅(大沢たかお)と...
[グウィネスと菜々子、素敵な加齢(『アイアンマン3』と『藁の楯』を観た)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
     ☆今日公開の2作品をハシゴしましたよ^^  <ワーナーマイカル 武蔵村山>はペアディだったので、安く楽しめました^^  先ずは、『アイアンマン3』である。  まあ、完結編ではないでしょうが、一つの区切りらしく、若き頃からの因縁・・・、そして、...
『藁の楯』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「藁の楯」□監督 三池崇史□脚本 林 民夫□原作 木内一裕□キャスト 大沢たかお、松嶋菜々子、岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗■鑑賞日 4月29日(月)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5...
藁の楯 (そーれりぽーと)
過激なキャッチコピーを謳ったポスターが印象的と言うか、マジで藤原竜也の命が狙われたらどうするんやろと思っていた『藁の楯』を観てきました。 ★★★★ 「邦画で」と考えた場合の常識外れなスケール感、難しいテーマに真っ向から取り組んだ映画作家さん達全員の熱い...
藁の楯 (映画的・絵画的・音楽的)
 『藁の楯』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編を見て面白そうだと思い、映画館に出かけてみました。  話しは極く単純で、殺人事件の容疑者を、彼が出頭した福岡県警から、捜査本部が置かれている東京の警視庁まで48時間以内に移送するというもの。  ただ....
藁の盾 (おべんとログ)
前評判のみで、何の予習もせずに観に行きましたよ。 そしたら、また三池監督の作品でした。 期せずして三池監督の映画を続けて観ていますねー。 さて、 ↓あらすじはこちらです↓ http://www.cinematoday.jp/movie/T0015154 いうなればエスピーの物語なんだけど、そ...
映画「藁の楯」 (またり、すばるくん。)
主演:大沢たかお、監督:三池崇史の 映画「藁の楯」を観ました。
『藁の楯』 (映画大陸)
 仮に殺人犯を殺せば10億円貰えるとします。その時、あなたは手を下しますか?  僕の個人的な答えは、”No”です。なぜなら10億円貰ったとしても、リスクが大きすぎるから。 ...
『藁の楯』を109シネマズ木場7で観て、久々に心地よい疲労ふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★よう出来とるのお】 上から目線で偉そうに言うなら「三池も上手くなったもんだ」 そこそこの長尺ながら最後まで目を離せないし面白い。 役者がみん ...
藁の楯 わらのたて (迷宮映画館)
なかなかの迫力と、葛藤が面白い!
藁の盾・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
それでも、クズを守る理由。 福岡、東京間1100キロ。 被害者の遺族から「殺してくれたら10億円」という、巨額の賞金をかけられた猟奇殺人犯を護送するサスペンスフルなロードムービー。 護送チームは、要...
藁の楯 わらのたて (銀幕大帝α)
2013年 日本 125分 アクション/サスペンス 劇場公開(2013/04/26) 監督:三池崇史『悪の教典』 原作:木内一裕『藁の楯』 主題歌:氷室京介『NORTH OF EDEN』 出演: 大沢たかお:銘苅一基 松嶋菜々子:白岩篤子 岸谷五朗:奥村武 伊武雅刀:関谷賢示 永山絢....
藁の楯 わらのたて (いやいやえん)
この異常な状態の移送劇は、最悪の凶悪犯を守るという葛藤、全国民の目が賞金に向いている恐怖というのが良く描かれているとは思うのですが、銃撃戦も一発で終わってしまうなど明らかにそれはないだろ、と突っ込んで
藁の盾 わらのたて (タケヤと愉快な仲間達)
監督: 三池崇史 出演:大沢たかお、松嶋菜々子、岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗、藤原竜也、山崎努 【解説】 『ビー・バップ・ハイスクール』シリーズで知られる漫画家の木内一裕の小説家としてのデビュー作品を、三池崇史監督が映画化したサスペンス・アクション。凶悪...
映画 藁の楯 (こみち)
JUGEMテーマ:邦画     少女に悪戯をし、殺した悪党の清丸国秀を護衛するSP。    さまざまな工作をして蜷川隆興を殺害しようとするが    ちょっとやり方が大げさすぎますね。    清丸を...