労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな〜と思いつつ飲んだくれて書いてるっす〜(* ̄∀ ̄)ノ■☆

赤ずきん、大人のおとぎ話は深く深く怖ぇ〜っ!

2011-06-21 | いい映画観てますか?
 会社からの合理化提案を協議しているが、なぜか会社が高飛車、どないやねん、そろそろ「もう知らん」ってなりそう。


=30 -8-】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポート4本目、これも試写会が当たったのに行けなかった映画だった。
おとぎ話の大人バージョンが大好きなので、予告編ではかなり気になっていた、ようやく観ることが出来た。

 暗い森に囲まれた小さな村で生まれ育ったヴァレリーは、幼なじみで貧しい木こりのピーターと愛し合っていたが、金持ちの息子ヘンリーとの婚約を母親に強いられ、駆け落ちを決意するが、そんな矢先、姉が狼に惨殺されてしまう。狼の襲撃をかわすため長年にわたって満月に生け贄を捧げてきた村に衝撃が走る。さらに、人狼ハンターとして名高いソロモン神父が現れ、犯人は昼間は村人の姿をした人狼だと告げるのだった。


 「トワイライト」シリーズみたいな映画になってたけど、でも子どもの頃に慣れ親しんだ「赤ずきんちゃん」を、ちゃんとリアルなおとぎ話にしたら、そらこうなるやろと、妙に納得。
そらおとぎ話が元ネタやから無理くりなとこも多々あるが、それを批判するなら、ロードオブザリングやハリポタはどうなるのってなもんで。
子どものためのおとぎ話の重要な場面は、すべてきちっと落とし込められているところがかなりよい!☆☆(゚-゚)ウンッ☆☆
こういう映画は、一生懸命、知的に割り切って見ることが出来れば面白いのだ〜、お馬鹿では見れないのだ〜キラッ ( = ̄+∇ ̄=)v イエーイ・・・ってか?
いろいろ自分でも推理したけど、その推理の根拠はまんまと監督の思うつぼ、巧みだ(全体的に盛り上げに欠けるし、どうも盛り上げの意図もずれてるしと感じる、で総合的にかなり地味な映画の印象やねんけど、見終わってからはそれもすべて監督の狙いだったのかな?)


 時代設定だとか世界観だとかちょっとふざけすぎている感があって、ちょっと興醒めなとこがあったのが残念だったけど、でも、まあ全体的な雰囲気はあり。(人狼だけはもうちょっとなんとかならんかったか、あいつだけちゃんと金を掛けてくれていたら、もっと一般的に評価高かったのにね。)
マンマ・ミーア! では普通にキュートやったけど、この映画のアマンダ・サイフリッドってなんかちょっと見方を変えたら「カエル」っぽかった、その彼女が狼かもってのが、なじめないんやなあ(笑)
凝ったカメラワークをしていたけど、それってけっきょくまったく意味がなかったと思ったようだ・・・伏線としてはよかったけど、エンディング考えたらどうでもよかったのが、残念!

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パイレーツ・オブ・カリビアン ... | トップ | 1995年6月の波乗り日記 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
試写会 (マナりんご)
2011-06-21 23:38:53
ありがとうございました。友人と楽しみました☆。


ワタクシも・・・・童話のお・と・なな感じは気になるんですが・・・。


今回はそうでもなかったですね〜〜〜。


前に、主役の女優に似てる(!?)と言われたことがあるので気になってたのですが・・・。


笑えるくらい似てなくて・・・びっくり(笑)



カエル?
  マナリンゴは (  マナりんごへ)
2011-06-22 17:31:41
  カエルには似てないから安心して!

  自分は面白かったよ。
  後半の犯人捜しのところも楽しかったし。
  こういうファンタジーは、あんなんでいいねんって(^。^)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「赤ずきん」 (日々“是”精進! ver.A)
果たして人狼の正体は・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106100005/ 赤ずきん (竹書房文庫) posted with amazlet at 11.06.06 サラ・ブレイクリー・カートライト 竹書房 売り上げランキ...
赤ずきん/アマンダ・サイフリッド、ゲイリー・オールドマン (カノンな日々)
グリム童話「赤ずきん」のその後を描くファンタジー・サスペンスです。何だかダークそうな物語といい、アマンダ・サイフリッドにゲイリー・オールドマンというキャスティングとい ...
「赤ずきん」 ダークなおとぎ話 (はらやんの映画徒然草)
誰でも知っている童話「赤ずきん」。 グリム童話にも収録されていますが、そもそも童
『赤ずきん』 (ラムの大通り)
(原題:Red Riding Hood) ----これって、あの『赤ずきんちゃん』のお話と思っていいの? 「いや、さすがにそれはない。 主人公を演じているのが 『マンマ・ミーア!』のアマンダ・サイフリッド 。 年齢的にも、あの童話とはまったくあわない」 ----じゃあ、どういうお...
赤ずきん (あーうぃ だにぇっと)
6月6日(月)@新宿明治安田生命ホール。
タイトルデザイン_27 (PIC AGENCY)・アマンダ・セイフライド主演『赤ずきん』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。「トワイライト〜初恋〜」のキャサリン・ハード ウィック監督によるグリム童話『赤ずきん』のアナザーストーリー(童話、その後の話ともとれる)。出演は主人公ヴァレリーに「マンマ・ミー
赤ずきん (LOVE Cinemas 調布)
グリム童話で有名な「赤ずきん」が成長した後を描いたファンタジー作品だ。主人公の“赤ずきん”を『クロエ』、『ジュリエットからの手紙』のアマンダ・セイフライドが、その彼女を奪い合う2人の青年をシャイロー・フェルナンデスとマックス・アイアンズという若手俳優が...
赤ずきん (キノ2)
★ネタバレ注意★  赤ずきんの話なんですが、ゲイリー・オールドマンが出てるんです☆ オオカミかしら、猟師かしら、もしかして赤ずきんの役だったりして!? とめっちゃワクワクしたんですが、赤ずきんはアマンダ・セイフライドでした(や、知ってたけどな)。 ...
赤ずきん (Diarydiary! )
《赤ずきん》 2011年 アメリカ/カナダ映画 − 原題 − RED RIDIN
赤ずきん (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★【3点】(14) こういう閉鎖的世界感って好きだな〜
赤ずきん (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
赤ずきん (竹書房文庫)赤ずきんのその後の物語は、危険は意外な場所に潜んでいることを教えてくれる。設定があまりに“トワイライト”で苦笑してしまった。大人になった赤ずきん・ ...
赤ずきん (ともやの映画大好きっ!)
(原題:RED RIDING HOOD) 【2011年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) グリム童話の『赤ずきん』を下敷きにして描かれたダーク・スリラー。 その村の周辺には恐ろしい狼が住んでいて、村人たちは満月の夜に外を出歩くことを決してしなかった。さらには狼と協定を結...
赤ずきん (こんな映画見ました〜)
『赤ずきん』---RED RIDING HOOD---2011年(アメリカ/カナダ )監督:キャサリン・ハードウィック 出演:アマンダ・サイフリッド、ゲイリー・オールドマン 、ビリー・バークシャイロー・フェルナンデス、マックス・アイアンズ、ヴァージニア・マドセン、ルー....
赤ずきん / RED RIDING HOOD (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「トワイライト〜初恋〜」のキャサリン・ハードウィック監督最新作は、ダークな赤ずきんちゃんのスリラー レオナルド・ディカプリオ製作で、元々レオのアイディアで作られた作品。 「マンマ・ミーア」以降は最近....
赤ずきん(2011)☆★RED RIDING HOOD (銅版画制作の日々)
         恋をした、大人になった。 MOVX京都にて鑑賞。公開初日に行って来ました。クロエに続き、またアマンダ・サイフリッド主演作品です。 「トワイライト〜初恋〜」のキャサリン・ハードウィック監督がメガホンを撮ったダークファンタジーです。グリム...
赤ずきん (Memoirs_of_dai)
大人な赤ずきん 【Story】 ヴァレリー(アマンダ・セイフライド:アマンダ・サイフリッド )は木こりのピーター(シャイロー・フェルナンデス)と愛し合っていたが、ヘンリー(マックス・アイアンズ)...
赤ずきん (そーれりぽーと)
アマンダ・セイフライドだかサイフリッドだかややこしいよ! 大人版『赤ずきん』を観てきました。 ★★ 「大人になった赤ずきんの話」だというふれこみだったので、てっきり後日談だと思っていたら全然違い、始まった時点では狼と対峙した事もなければ赤ずきんを被ってす...
赤ずきん (だらだら無気力ブログ)
「トワイライト〜初恋〜」のキャサリン・ハードウィック監督がグリム童話の 『赤ずきん』をモチーフに描くファンタジー・ラブサスペンス。 危険な恋に落ちるヒロインの運命と村を襲った謎の人狼の正体をミステリアス かつダークなタッチで描き出す。 主演は「マンマ・ミ...
『赤ずきん』 (beatitude)
美しく成長した年頃のバレリー(アマンダ・サイフリッド)は、両親によって村一番の裕福な一族の跡取りヘンリー(マックス・アイアンズ)との婚約が決められたことを知らされる。だが、彼女には幼馴染みで木こりのピーター(シャイロー・フェルナンデス)という、将来を誓...
◆『赤ずきん』◆ ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2011年:アメリカ+カナダ合作映画、キャサリン・ハードウィック監督、アマンダ・サイフリッド、ゲイリー・オールドマン、ビリー・バーク、シャイロー・フェルナンデス、 マックス・アイアンズ出演。
赤ずきん (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「赤ずきん」監督:キャサリン・ハードウィック(『トワイライト〜初恋〜』)出演:アマンダ・セイフライド(『ジュリエットからの手紙』『ジェニファーズ・ボディ』)ゲイリー・ ...
赤ずきん (新・映画鑑賞★日記・・・)
【RED RIDING HOOD】 2011/06/10公開 アメリカ/カナダ 100分監督:キャサリン・ハードウィック出演:アマンダ・サイフリッド、ゲイリー・オールドマン、ビリー・バーク、シャイロー・フェルナンデス、マックス・アイアンズ、ヴァージニア・マドセン、ルーカス・ハース....
赤ずきん みた-♪ (★ Shaberiba )
 狼は いったい誰----??
赤ずきん (ダイターンクラッシュ!!)
2011年6月20日(月) 21:15〜 チネ6 料金:1200円(シネマイレージカード ポイント利用) パンフレット:未確認 『赤ずきん』公式サイト 史上最低の客に遭遇。注意すると口喧嘩になり、他の観客に迷惑をかける可能性大。そいつらとのトラブルを回避するために不戦...
赤ずきん (心のままに映画の風景)
美しく成長したヴァレリー(アマンダ・セイフライド)は、両親によって、裕福なヘンリー(マックス・アイアンズ)と婚約させられる。 幼馴染のピーター(シャイロー・フェルナンデス)と愛し合っていたヴ...
「赤ずきん」 (或る日の出来事)
よくも悪くも、「トワイライト〜初恋〜」のキャサリン・ハードウィック監督らしいミステリー・ラブ・ファンタジー。
■映画『赤ずきん』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
人狼我が出るという陰惨な歴史を持つ村で、美しく成長した少女・ヴァレリーをめぐる恋の鞘当てと、“人狼は誰なのか”を探るゴシック・ホラー『赤ずきん』。 童話の「赤ずきんちゃん」の内容、けっこう忘れてしまっていたのですが、本作を観ているうちにだんだんと思い...
ゴシックテイストですが、、〜『赤ずきん』 (真紅のthinkingdays)
 RED RIDING HOOD  生贄を捧げることで狼と共存してきた村で、美しい娘ヴァレリー(アマンダ・ サイフリッド)の姉が殺される。  本当は恐ろしいグリム童話、『赤ずきん』のゴス版。『ジ...
赤ずきん (銀幕大帝α)
RED RIDING HOOD/11年/米・加/100分/ダーク・ラブファンタジー/劇場公開 監督:キャサリン・ハードウィック 製作:レオナルド・ディカプリオ 製作総指揮:キャサリン・ハードウィック 出演:アマンダ・サイフリッド、ゲイリー・オールドマン、ビリー・バーク、...
狼は誰だ?〜「赤ずきん」〜 (ペパーミントの魔術師)
劇場公開のときは見に行かなかったんですけど、 ちょっと気にはなってたのよね。 赤ずきん ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]ワーナー・ホーム・ビデオ 2011-10-19売り上げランキング : 129Amazonで詳しく見る by G-Tools 「オトナの赤ずきん」て(わわわわわ) 話をど....
赤ずきん (いやいやえん)
グリム童話「赤ずきん」を基にした物語で、エピソードの断片が使われていましたね。 ゲイリー・オールドマンさん演じる神父が人狼が村人の中にいると言いあて躍起になるところがちょっと笑える。 雰囲気としてはダークファンタジーに似つかわしいちょっと暗めの映像...
赤ずきん (我が頭に巣くう映画達)
23点 2008年のアメリカ映画で、 監督は「トワイライト〜初恋〜」のキャサリン・ハードウィック、 主演はアマンダ・サイフリッドです。 アマンダ・サイフリッド、どこかで見たことがあるな、と思ってい...