労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

アンダルシア 女神の報復 景色は愛でれた・・・?

2011-07-20 | いい映画観てますか?
 昨夜は毎夏恒例のチーム大栄の納涼飲み会、毎年ビアガーデンやけど今年はちょっとハイソにANAクラウンプラザホテル大阪のcafe in the park。
ビアガーデンでなくてよかったよ!台風なんてなんのその、総勢14名じゃーっ!
で、今回、数年ぶりに参加の方がいた、自分たちと同時期に社労士受験勉強していたが合格できないまま家庭の事情などで受験勉強を断念、そのころからチーム大栄とは疎遠になっていた。
しかしその後再チャレンジして昨年見事合格したそうだ!
なおなお先生が支部の集まりで再会して、合格を知り、そして本日の、久しぶりのこの会への参加と相成った。
なおなお先生&つっちー先生な愛弟子たち、我らがチーム大栄の合格率がさらに上がった、最強の教え子たちやろ!v(≧∇≦)v イェェ~イ♪


=45 -8-】 TOHOシネマズ1か月フリーパスポート19本目、これが今回のフリーパスポート鑑賞ラストを飾った・・・(`´メ)

 スペイン北部に位置する小国・アンドラのホテルにて日本人投資家・川島が殺害される。実は川島は日本の警視総監の息子という事で、外交官・黒田康作は調査に飛んだ。事件の捜査は、警視庁からインターポールに出向している捜査官・神足誠が担当していた。黒田は事件の第一発見者のビクトル銀行行員・新藤結花をスペイン・バルセロナの領事館に保護しようとするが、何者かに襲われる。事件の裏には巨額な不正資金が絡んでいた…。

 なんかとにかくリアリティが無くて・・・。
まずは財務大臣・中央銀行総裁会議が開催されていてそれにまつわるエピソードがオープニングでもエンディングでも重要なエピソードになるのに・・・しかしねぇ・・・はぁ。
黒木メイサって宇宙戦艦ヤマトでもそう、こないだテレビでやっていた婚活のドラマでもそう、テンション最低か、ツッパリぎすぎすか、でれでれお目々ハート満開か、この3つの演技しかなくて・・・酷すぎてね・・・はぁ。
たしかに豪華キャストなんだけど、使い方がねぇ・・・脚本かな?制作側の都合かな?織田裕二側のせいかな?・・・はぁ。


 アマルフィ 女神の報酬ほどお金がかかっているようにも感じないし、せっかくの美しい景色で魅了させてくれるのも前作に比較してなら不満足。
それでもアンダルシアやアンドラの景色は素晴らしい、前作なみに余すことなく堪能させて欲しかった、せっかくの世界の車窓から的な映画なのだから(笑)

 前回同様、転の仕込みが突拍子過ぎて妙に複雑で説得力が無くて、それであの種明かしかよ~ってなもんで、まともに考えたら「むかつく」ので、肩の力は抜いたままで最後まで適当に見てください、あなたが期待した通りのお話にはきっとなりません。

 ちゅうわけで、これで溜まっていた映画レビューは全部書ききった。
しばらく観たい映画がないので、お盆くらいまではきっと映画の話はないかな、しばらくこのブログは通常営業に戻ります。(ってそもそもこのブログの通常ってどこの部分?←本人も不明ですわv(o ̄∇ ̄o) ヤリィ♪)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (47)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナニー・マクフィーと空飛ぶ... | トップ | 自家用車通勤時の通勤手当非... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
忍たま (sakurai)
2011-07-20 20:42:50
乱太郎が何気にみたい。。。
見ませんか?

と言うのは、そっちにおいて、ははは、お気に召さなかったですか。
うーん、アマルフィのおかげでハードル低かったおかげか、見れました!
脱青島も、それなりに成功してるようで、新たなキャラを構築したのではないでしょうかね。
  忍たま乱太郎ですか・・・ (  sakuraiさんへ)
2011-07-21 16:22:08
  こち亀よりはましかな?
  自分はカンフーパンダがむちゃくちゃ楽しみです♪

  はい、前年ながら、お気に召さなかったですε-(;ーωーA フゥ…
  お話自体は、軽井沢で大丈夫な感じでしたよね。
  脱青島君は、キムタク進どうよう、黒木メイサとお近づきになりたかったのでしょうね。
  うらやましい・・・。
パンフレット (愛知女子)
2011-07-21 22:42:27
こんにちは!
私も宣伝の割りには期待はずれでした。
なんでこんな撮り方なの!?
とパンフレットを見てみると、言い訳ばかり…
震災後で大変だったのと、スペインの仕事ペースが合わない等々。
制作費が少なくても国内セットでは、いい撮り方が出来るのではないかと思います。
全体的にアップばかりなのがあまり好みではありませんでした。
こういう映像はスクリーンではなくて、携帯など小さい画面から観るものに向くのではないかと思います。

  せっかくの素晴らしい土地やのに (  愛知女子さんへ)
2011-07-22 22:17:23
  前作のアマルフィなみにもっとスケールを楽しみたかったです。
  じゃあ物語を膨らませましょう、ということで
  福山雅治と戸田絵里香をもうちょっと使い倒して欲しかったっす。
  テレビ局からの発展系のドラマって、どうしても話が前には進むけど
しかし深まらないし、膨らまないのですね、って傾向を感じます。
こんにちは。 (みぃみ)
2011-07-28 12:13:44
TBありがとうございました。
お返事、遅くなり申し訳ありませんm(_ _)m。
(新しいパソコンの導入をしておりました。)

天海姉さんの使い方間違ってる?な前作に比べると、ずいぶんおもしろくなってきたなぁと思いました。
続編があるなら、徐々に上昇していく事を期待中です☆。

フラメンコと闘牛の練習風景を見ることができたので、お!♪と思っていましたが、
確かに、今回風景は少なかったですね。
「アンダルシア」といえば。。。マッチ(近藤真彦氏)の歌を歌いそうになるのは、、、私だけですよね…:爆。

  アンダルシア (  みぃみさんへ)
2011-07-28 12:32:07
  自分もアンダルシアといえばマッチの唄しか思い出せません。
  あれってオリジナルがあったよね。
  「アンダルシアーに憧れて~♪」

>フラメンコと闘牛の練習風景を見ることができたので、お!♪と思っていましたが、

  あの2つのシーンは印象的でした!
  自分も感動してました、あの場面は!

  次の舞台はケニアとかでもいいんじゃない?
  でもきっと織田裕二が行きたい場所なんでしょうね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

47 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アンダルシア 女神の報復 (だめ男のだめブログ)
「アンダルシア 女神の報復」 監督 西谷弘 原作 真保裕一 出演 織田裕二(黒田康作) 黒木メイサ(新藤結花) 戸田恵梨香(安達香苗) 福山雅治(佐伯章悟) 伊藤英明(神足誠) 鹿賀丈史(安藤康介) 谷原章介(川島...
アンダルシア 女神の報復 (佐藤秀の徒然幻視録)
戸田恵梨香をもっと使えよ! 公式サイト。真保裕一原作、西谷弘監督、織田裕二、黒木メイサ、伊藤英明、戸田恵梨香、福山雅治、鹿賀丈史、谷原章介、夏八木勲。「アマルフィ 女神 ...
『アンダルシア 女神の報復』('11初鑑賞87・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 3) 6月25日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 13:25の回を鑑賞。
【映画評】<!-- あんだるしあ・めがみのほうふく -->アンダルシア 女神の報復 (未完の映画評)
外交官・黒田康作が邦人殺人事件の裏に隠された国際犯罪の巨悪を暴く。
アンダルシア 女神の報復 (Akira's VOICE)
黒木メイサの存在感を堪能する映画!  
アンダルシア 女神の報復 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
アンダルシア 女神の報復 オリジナル・サウンドトラックゴージャスな“観光付き”サスペンス映画。ストーリーは表層的だが、前作「アマルフィ」よりは出来がいい。外交官の黒田康 ...
アンダルシア 女神の報復/織田裕二、黒木メイサ (カノンな日々)
前作の『アマルフィ~女神の報酬』はフジテレビ映画なのもありまして宣伝が煽り過ぎで映画も大風呂敷を広げ過ぎた印象がありましたけど、その後に放送されたTVドラマ『外交官 黒田 ...
アンダルシア 女神の報復 (新・映画鑑賞★日記・・・)
2011/06/25公開 日本 125分監督:西谷弘出演:織田裕二、黒木メイサ、戸田恵梨香、福山雅治、伊藤英明、鹿賀丈史、谷原章介、夏八木勲 守るべきものは、誇りか、愛か スペインとフランスに挟まれた小国アンドラで、日本人投資家の殺人事件が起こり、パリにいた外交官....
アンダルシア 女神の報復 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「アマルフィ 女神の報酬」に続き、織田裕二演じる外交官、黒田康作が活躍するサスペンスシリーズ劇場版第2弾。日本人殺人事件の調査でスペインを訪れた黒田が、国際テロ組織の陰 ...
劇場鑑賞「アンダルシア 女神の報復」 (日々“是”精進! ver.A)
アンダルシアに行きたくなる、旅行映画 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201106250004/ アンダルシア 女神の報復 オリジナル・サウンドトラック posted with amazlet at 11.06.21 サントラ SMJ (20...
『アンダルシア 女神の報復』... ※ネタバレ少々 (~青いそよ風が吹く街角~)
2011年:日本映画、西谷弘監督、織田裕二、黒木メイサ、伊藤英明、戸田恵梨香、谷原章介出演。 ≪大阪試写会にて観賞≫
アンダルシア 女神の報復 (花ごよみ)
「アマルフィ 女神の報酬」、 TVドラマ「外交官・黒田康作」に続く、 外交官・黒田康作を織田裕二が演じる今回の映画は スペイン北部のアンドラ公国から、 バルセロナそしてタイトルのアンダルシアを 舞台として展開します。 前作「アマルフィ」と同じく監督は西谷弘。...
アンダルシア (映画的・絵画的・音楽的)
 『アンダルシア 女神の報復』をTOHOシネマズ六本木で見てきました。 (1)前回作品『アマルフィー』が、イタリアの景観を随分と綺麗に捉えており、今度もそんなものが見られるのかなと思い、なおかつ、かなり以前になりますがアンダルシア地方のセビリアとかコルドバ、....
映画鑑賞【アンダルシア女神の報復】 (愛知女子気侭日記)
ロンダでマネーロンダリングとは‥と誰もが言ってみたくなりそうな(笑) 2009年、「アマルフィ女神の報酬」外交官黒田康作の続編。 舞台はスペインです。 世界遺産を空撮などでロケしています。 外務省 邦人テ...
アンダルシア 女神の報復 (ダイターンクラッシュ!!)
2011年6月28日(火) 15:45~ TOHOシネマズ川崎3 料金:1300円(シネマイレージデイ) パンフレット:未確認 前作同様、冠の地域での時間は、詐欺同然のように少ない。 『アンダルシア 女神の報復』公式サイト
「SUPER 8/スーパーエイト」みた。 (たいむのひとりごと)
天才と巨匠による超大作なだけに安心して観られるSF映画。それだけに大味ではあるけれど、火薬の量はハンパ無くてド迫力だし、厭味にならない程度のじらし加減(見えそうで見えない等)とか泣かせ要素は丁度良く、
映画「アンダルシア 女神の報復」 (Serendipity !)
 7月14日、「外交官 黒田康作」シリーズの映画「アンダルシア 女神の報復」を観に「MOVIX三好」に行った。今回の自動車産業の休日変更の影響からか平日(木曜)でも結構混雑していた。  この作品は映画「アマルフィ 女神の報酬」から連続テレビ
映画「アンダルシア 女神の報復」 (FREE TIME)
映画「アンダルシア 女神の報復」を鑑賞しました。
アンダルシア 女神の報復 (迷宮映画館)
窓口で隣の人が、普通に「アマルフィ、お願いします」と言ってた。
アンダルシア 女神の報酬 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
まさかあの人が黒幕とは、全く気がつかなかった。こういう映画が邦画でもできるとなると、ハリウッドのスパイ映画も日本では安心できない。冒頭の入りからスピーディーであり、途中までテンポよく物語が進むのですっかり騙されてしまった。銃撃戦がやたらと派手な映画より...
<アンダルシア 女神の報復 (試写会)> (夢色)
万難を排して(違。笑)今日は病棟も落ち着いていたので、余裕を持ってやってきましたでもプリトヨの時よりも、すっごい人だ・・・空席を探しているうちに前から3列目まで来てしまったさすがにスクリーンがでかすぎて、ちょっと疲れたよ~でもでも、やっぱり黒田シリーズ....
[映画『アンダルシア 女神の報復』を観た(またも、超短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆驚いた。  かなり面白かった。  何が魅力的なのか考えたら、この作品が「ハードボイルド」作品として成立している点に魅かれたようだ。  主人公の外交官・黒田(織田裕二)は、いつも「苦虫を噛み潰した」とは言わないが、いつも不満げな顔で自分の正義感を貫徹さ...
アンダルシア 女神の報復 (うろうろ日記)
試写会で見ました。梅田芸術劇場、初めて行きましたが、めっちゃ広くてびっくりしまし
映画「アンダルシア 女神の報復」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「アンダルシア 女神の報復」観に行ってきました。真保裕一の小説を原作とする前作「アマルフィ 女神の報酬」、テレビドラマ「外交官・黒田康作」シリーズに続く、織田裕二主演...
アンダルシア 女神の報復 (だらだら無気力ブログ)
?『アマルフィ 女神の報酬』、テレビドラマ「外交官・黒田康作」に続き、 真保裕一の小説を基にした織田裕二主演のシリーズ劇場版第2作目となる サスペンス大作。 海外で極秘任務を遂行する「邦人テロ対策室」に所属する主人公が、日本人 投資家殺人事件の真相を究明す...
アンダルシア 女神の報復(2011-043) (単館系)
アンダルシア 女神の報復は、真保裕一の小説を原作とする前作「アマルフィ 女神の報酬」、 テレビドラマ「外交官・黒田康作」シリーズに続く、織田裕二主演のサスペンス作品。 スペイン、アンダルシア州ロン...
「アンダルシア」、織田裕二の黒田康作シリーズ (カサキケイの映画大好き!)
織田裕二演じる黒田康作シリーズの劇場2作目、 前作は「アマルフィ 女神の報酬」ヒロインは天海祐希 今回は「アンダルシア 女神の報復」ヒロインは黒木メイサ 副題を比べて観ると、ヒロインの役割がわかる、これは映画を見てから気付いた。 どちらにしても、外交官が...
「アンダルシア 女神の報復」政治圧力の前に屈しない黒田の最後まで貫き通した正義の戦い (オールマイティにコメンテート)
「アンダルシア 女神の報復」はアマフフィ、外交官黒田康作の続編でパリでサミットに同行していた黒田にアンドラで起きた邦人殺人事件の報が入り、黒田は邦人の身柄を保護するため ...
『アンダルシア 女神の報復』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アンダルシア 女神の報復」□監督 西谷弘 □脚本 池上純哉□原作 真保裕一 □キャスト 織田裕二、黒木メイサ、伊藤英明、戸田恵梨香、福山雅治、伊藤英明、鹿賀丈史、谷原章介、夏八木勲■鑑賞日 7月16日(土)■劇場 チネチッ...
映画『アンダルシア 女神の報復』劇場鑑賞。 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
夏季休暇で帰省していた娘と夫と三人で 『アンダルシア 女神の報復』(OFFICIAL SITE)を観て参りました。  
アンダルシア 女神の報復 (りらの感想日記♪)
【アンダルシア 女神の報復】 ★★★☆ 映画(36)ストーリー スペイン北部に隣接する小国・アンドラで、日本人投資家・川島の遺体が発見される
「アンダルシア 女神の報復」3年連続で、織田裕二の夏が『キターッ!』 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[アンダルシア女神の報復] ブログ村キーワード  外交官 黒田康作が活躍する、映画シリーズ第2弾。「アンダルシア 女神の報復」(東宝)。昨年の「踊る大捜査線 THE MOVIE 3」に続いて織田裕二主演作が、2年連続夏公開映画に登場…。ん?確かこのシリーズの1作目、「ア...
アンダルシア 女神の報復 (勝手に映画評)
映画『アマルフィ 女神の報酬』、TVドラマ『外交官 黒田康作』に続く、黒田康作シリーズ第三弾。今度は、パリ・アンドラ・バルセロナが舞台。 TVシリーズは観ていないので、TVシリーズから続くネタがあるとわからないのですが、TVシリーズを経て、黒田のキャラクタが確立...
2.アンダルシア 女神の報復 (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 371オープニング土日動員: 20万5758人オープニング土
アンダルシア 女神の報復 (とりあえず、コメントです)
外交官の黒田が活躍するサスペンスシリーズ最新作です。 ドラマ『外交官・黒田康作』が面白かったので、今度の映画はどんな展開になっているのだろうかと とても楽しみにしていました。 前作の映画よりもキャラクターもストーリーも練り込んだストーリーに、出だしから引...
『アンダルシア 女神の報復』を109シネマズ木場1で観て、♪ロンダロンダとは乗れなかった男ふじき☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆戸田恵梨香ちゃんが黒田のパワハラにあってあられもない姿になりながら泣いて許しを請うシーンを追加してくれるなら星五つでもいい】 わからん。 マネーロ ...
映画『アンダルシア 女神の報復』 (闘争と逃走の道程)
 映画『アマルフィ 女神の報酬』、そして連ドラ『外交官 黒田康作』の続編。スペイン・アンダルシア地方を舞台に、外交官・黒田康作とインターポール捜査官・神足誠が、警視庁の面子を揺るがす国際犯罪に挑む...
アンダルシア 女神の報復 (ぷち てん てん)
☆アンダルシア 女神の報復☆(2011) 西谷弘監督 織田裕二 黒木メイサ 伊藤英明 戸田恵梨香 福山雅治 ~~~~~~~~~~~~ ふむ、こんな感じかな。 結構、評判がいいらしいよね。 フランス、スペイン、と舞台を海外にしてもわざとらしさがあまり感じられ...
アンダルシア 女神の報復 (シネマDVD・映画情報館)
アンダルシア 女神の報復 監督: 西谷弘 出演: 織田裕二/黒木メイサ/伊藤英明/戸田恵梨香/福山雅治/鹿賀丈史/谷原章介/夏八木勲 内容: スペイン北部に隣接する公国・アンドラで、日本人投資家が殺害された。国際会議の準備でパリを訪れていた外交官・黒田康作...
アンダルシア 女神の報復 (5125年映画の旅)
アンドラ公国で、日本人投資家が殺された。その男は警視総監の息子であり、テロの可能性を考慮した邦人テロ対策室は、外交官・黒田を派遣する。黒田は第一発見者の銀行員・結花が ...
■映画『アンダルシア 女神の報復』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
スペイン行ってバルセロナのバルセロネータ地区でフィデア食べたい! 海外のスキーリゾート行ってふっかふかの雪の中でボードしたい! と、海外旅行気分を盛り上げてくれる映画『アンダルシア 女神の報復』。 織田裕二が海外で大活躍する「外交官・黒田康作」シリ...
映画:「アンダルシア 女神の報復」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成23年7月1日(金)。 映画:「アンダルシア 女神の報復」。 【監  督】西谷弘 【原  作】真保裕一 【脚  本】池上純哉 【音  楽】菅野祐悟 【主 題 歌】イル・ディーヴォ 【キャスト】織田裕二 (黒田康作)・黒木メイサ (新藤結花)・伊藤英明 ...
アンダルシア 女神の報復 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
アンダルシア 女神の報復'11:日本◆監督:西谷弘「アマルフィ 女神の報酬」「容疑者Xの献身」◆出演:織田裕二、黒木メイサ、伊藤英明、戸田恵梨香、谷原章介◆STORY◆スペイン北部に位 ...
日本で事足りるスケール。 【映画】アンダルシア 女神の報復 (B級生活 ゲームやら映画やらD-POPやら)
【映画】アンダルシア 女神の報復 アマルフィ 女神の報酬に続き、真保裕一の小説を基にした 織田裕二主演のシリーズ劇場版第2作目。 【あらすじ】 スペインとフランスに挟まれた小国アンドラで、日本人投資家の殺人事件が起こり、パリにいた外交官・黒田康作(...
【アンダルシア 女神の報復】 (日々のつぶやき)
監督:西谷弘 出演:織田裕二、黒木メイサ、伊藤英明  守るべきものは、誇りか、愛か 「アンドラのホテルで日本人投資家が殺された。その男が実は警視総監の息子だったことからパリにいた黒田は調査を命じられた。 インターポールの神足に邪険にされながらも第一
アンダルシア 女神の報復 (『映画評価”お前、僕に釣られてみる?”』七海見理オフィシャルブログ Powered by Ameba)
守るべきものは、誇りか、愛か パリ~アンドラ~バルセロナ──情熱の国・スペインを駆ける、壮大なサスペンス超大作! 2009年に公開の「アマルフィ 女神の報酬」、そしてテレビドラマ...
アンダルシア 女神の報復 (銀幕大帝α)
11年/日本/125分/サスペンス/劇場公開 監督:西谷弘 製作:亀山千広 原作:真保裕一『アンダルシア』 主題歌:イル・ディーヴォ『TIME TO SAY GOODBYE』 出演:織田裕二、黒木メイサ、戸田恵梨香、谷原章介、大杉漣、鹿賀丈史、夏八木勲、福山雅治、伊藤英明 ....