労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

ALWAYS 三丁目の夕日'64 1965年はどうせ地味ですよ、(゜ε゜;)ちぇっ!

2012-01-24 | いい映画観てますか?

=3 -0-】 1作目は「昭和を描く」がテーマで義理人情を全面に出した作品で、昭和の景色や風物の描き方には感動したけどただ泣き所が弱かった。
前作は強いて言えば「家族」がテーマだっただろうが、ただしいろんなエピソードをてんこ盛りに放り込んだせいで、一つ一つが浅くて、そのせいで上映時間の146分は無駄に長いって思ってしまった。しかしオープニングのVFXはすごいなあ、とは感じたが。
で、最新作、観ようかどうか迷いつつ、もともとビッグコミックスの原作は大好きやし、3度目の正直かという期待もあるし、時代設定がいよいよ自分の産まれた前の年である1964年(昭和39年)、観ておこうか。
なんかなあ、1964年って、新幹線と名神高速道路の開通に東京オリンピック開催と阪神タイガースの優勝とかなり華々しいのに、俺の産まれた1965年はマルコムXが暗殺されるを筆頭に地味で暗いニュースが多い、だからこの映画も1964年や、くっそ~。

 昭和39年。三丁目の住民たちは皆、オリンピック開催を楽しみにしていた。鈴木オートの社長、則文も大きなカラーテレビを買い、近所の人を集めて得意顔だ。長男の一平のエレキギターには頭が痛いが、従業員の六子は仕事の腕をめきめきと上げ、一家は順風満帆に見えた。そんな時、六子に思いを寄せる男性が現れた。六子が火傷で治療を受けた病院の医師、菊池だ。しかし、菊池には悪い噂があった…。


 今作は3Dが用意されているが、鑑賞は2Dで。
オープニングの東京タワーの空撮のシーンは3D用の映像、そこだけ出来が観たかったが、それ以外に3Dが必要そうな場面はなかったと思う。
3Dはまだまだ人間の想像力を越えることが出来ていないから。
作中で、茶川が白黒テレビを遂に購入して舞上がっていたら、お向かいの鈴木オートは大型のカラーテレビを購入、負け惜しみに茶川が「カラーテレビは人間の想像力を欠乏させるのだ、人間は想像力を膨らませるとちゃんと天然色に見えるのだ」てな感じのこと言っていた。
まさにそうやんか、まさか東京オリンピックの中継画像をフルカラー&3Dにする必要もなく、この部分は制作陣にとって自虐的な脚本でないかい?


 予告編ですべて見せちゃってたがそれでも巧くまとまっていた~(^-^)g""
前作でウィングを拡げすぎて大失敗していたことを真摯に反省したのか、今作では基本的な設定は六ちゃんと茶川の2つのお話しを同時進行させることにしてあって、そこにごくごく細かいエピソードを軽く絡ませるという風になっていて、すっきり。
ツッコミどころを誰かがちゃんと作品中で突っ込んでおくというのは新しい手法だ(笑)
茶川竜之介(吉岡秀隆)のむさ苦しさが、六子を演じる堀北真希ちゃんの美しさをより際だたせていると、ストーリーのコントラストだけでなく、キャラのコントラストもいい感じ。
あ~真希ちゃん、ほんとかわいいなあ~v(≧∇≦)v

 この作品を含めた3作は、戦後のなんもないところからがむしゃらに上を向いて成長し、モノによって幸せ度を測り満足するのだという時代までを描いていたとしたら・・・。
この映画の終盤で示唆していたのは、その次の世代(驚異的な高度経済成長期の金の卵と呼ばれた世代だな)の生き方がどうなっていけば幸せになるのかということだ。
鈴木オート夫妻や茶川の思い描いた未来はいったいどうなったのか、息子たちはそれに応えることが出来たのか、昭和40年代は30年代とは少々おもむきが違う時代(公害とオイルショックと核家族の時代)、さてさて続編はあるのかな?

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (56)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1998年1月の波乗り日記 | トップ | 天才ってほんと究極の偶然の産物... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
パチパチパチ! (sakurai)
2012-02-12 10:30:56
>3Dはまだまだ人間の想像力を越えることが出来ていないから。
その通りですねえ。
激しく同感します。
とにかく3Dが嫌いなのもんで、なんで人間の目を信用しないんだ!と思うくらいです。

そっか、64年はタイガースが優勝したのか・・。
まあ64年は、新潟大震災なんかもあって、酷いこともありましたから~。
素直に泣かせていただきました。
一つの大きな出発、旅立ちだなあと思って見ましたが、そろそろ終わりにしてもらってもいいかなあと思いました。
  テクノロジーっていろいろなことを乗り越えていってスタンダードになるのだろうけど (  sakuraiさんへ)
2012-02-13 00:00:31
  出来が悪い、まだまだ試行錯誤で実験段階で胸くそ悪い3Dを見せられるのに
  追加料金を払わされると言うことも納得がいきません(笑)

  原作の時代の幅を考えたら、もう1作くらいはありそうですよ。
  朝日新聞のBeってのにサザエさんの検証シリーズがあるのですが
  時代背景は一緒です、あの時代は、ほんとに興味深いです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

56 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
No.299 ALWAYS 三丁目の夕日’64 (気ままな映画生活)
西岸良平のコミックを原作に、昭和30年代の東京下町に暮らす人々の悲喜こもごもを描いた人気シリーズ第3作で、シリーズ初の3Dで製作。前作「ALWAYS 続・三丁目の夕日」(2007)から5年 ...
映画「ALWAYS 三丁目の夕日'64」を観ました!!(2012-02) (馬球1964)
映画「ALWAYS 三丁目の夕日'64」を観ました!!
ALWAYS 三丁目の夕日’64 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。西岸良平原作、山崎貴監督。吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子、須賀健太、小清水一揮、マギー、温水洋一、神戸浩、飯田基祐 ...
パエリアを頼んでみました&ALWAYS三丁目の夕日'64見てきました。 (「しつこく」新×3もろもろ日記)
ピザーラ系列のパエリア宅配専門店「ビバパエリア」で パエリアを注文してみました。割引期間だったので。 パエリアは随分前一度だけ自分で作って、「うん、うまい」 と思ったんですが、夫はそれよりはカツどんとか チャーハン派なので・・・今回も「おしゃれだね~」 と...
ALWAYS 三丁目の夕日'64 (Akira's VOICE)
素直に感動を満喫した!!!  
ALWAYS三丁目の夕日'64 (★tip of the iceberg★)
良いとは聞いていたけど、ここまで胸に響くとは想像してなくて、鑑賞を1日遅らせて主人を誘って良かったと感じました。 3D鑑賞は、『アバター』と同じように撮影しただけのことはあり、また音響も良い環境のハウスだったので、充分に楽しめました。 この作品だけは、...
『ALWAYS 三丁目の夕日'64』 2012年1月9日 ニッショーホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ALWAYS 三丁目の夕日'64』 を試写会で鑑賞です。 この映画シリーズは初見でしたが、とても良かった 【ストーリー】  昭和39年、日本中が高度経済成長と東京オリンピックに沸く中、東京・夕日町三丁目はいつものように住民たちが和気あいあいと暮らしていた。...
ALWAYS 続・三丁目の夕日・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
昭和は遠くなりにけり・・・・ 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」は、タイトル通り2005年に公開された「ALWAYS 三丁目の夕日」の完全な続編。 前作は、昭和という人々の思い出の中に存在する「時間」その物を、...
『ALWAYS 三丁目の夕日'64』 (こねたみっくす)
幸せとは何でしょうなぁ。祭りの後のように少し淋しさを感じつつも、次の世代を担う若者たちの成長に楽しみを見出せる。これが本当の幸せなのかも知れませんなぁ。 「人情」をテ ...
ALWAYS 三丁目の夕日'64 (あーうぃ だにぇっと)
ALWAYS 三丁目の夕日'64
ALWAYS 三丁目の夕日'64 (LOVE Cinemas 調布)
2005年に公開され大ヒットした『ALWAYS 三丁目の夕日』、そしてその2年後に公開された『ALWAYS 続・三丁目の夕日』に続くシリーズ第3弾。今回は昭和39年、東京オリンピック開催の年の夕日町の住民を描く。出演は堤真一、吉岡秀隆、堀北真希、小雪、薬師丸ひろ子...
ALWAYS 三丁目の夕日'64 (近未来二番館)
ALWAYS 三丁目の夕日'64 - goo 映画
『ALWAYS 三丁目の夕日'64』に泣くのは恥ずかしくない (映画のブログ)
 まず『ALWAYS 三丁目の夕日'64』という題名が注目に値する。  同じように題名に年数が使われた映画には、1974年から1975年にかけて公開された『エアポート'75』や1999年末公開の『ゴジラ2000 ミレニアム...
『ALWAYS 三丁目の夕日’64』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
『ALWAYS 三丁目の夕日’64』(公式サイト)を ちょうど冬休で帰省していた娘と試写会で拝見しました。   【きっと
ALWAYS 三丁目の夕日’64 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
「ALWAYS三丁目の夕日 ’64」オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る愛すべき昭和を3Dで描く「ALWAYS 三丁目の夕日’64」。希望と絆が求められる今、必要以上に泣けて困った。 ...
ALWAYS 三丁目の夕日‘64  監督/ 山崎 貴 (西京極 紫の館)
【出演】  吉岡 秀隆  堤 真一  小雪  堀北 真希 【ストーリー】 昭和39年、東京オリンピック開催の年。戦後19年目にして見事な復興を遂げた日本は、高度経済成長の真っただ中にあり、熱気にあふれていた。開会式の日、航空自衛隊のアクロバット飛行で作られた五輪マ...
映画:ALWAYS三丁目の夕日'64 高度成長期の日本への 強力なノスタルジア、そして日本の未来への想い。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
2005年の第一作、2007年の二作に続く、第三作。 当ブログではどちらもそのタイミングで感想をアップしている(2005-12-31 2007-11-04 ) <後輩曰く、「がん泣きしました」 <その後輩にしろ、私にしろ、昭和33年、という年は全くわかりようもない時代である。 <な...
ALWAYS 三丁目の夕日'64 (3D)/吉岡秀隆、堤真一、小雪 (カノンな日々)
私の中では第二弾の『ALWAYS 続・三丁目の夕日』で終わりと思っていたのですが、まさかの第三弾、しかも3D化までしちゃうなんて。 邦画の3D作品には基本的には期待していないんですけ ...
ALWAYS 三丁目の夕日'64 (勝手に映画評)
前作『ALWAYS 続・三丁目の夕日』から5年後という設定。実際にも、4年強経過しています。 一作目『ALWAYS 三丁目の夕日』、二作目の『ALWAYS 続・三丁目の夕日』のキャストを振り返ってみてみたんですが、子役も含めてすべてのキャストがずっと同じ俳優が演じていたこ...
『ALWAYS 三丁目の夕日'64』・・・東京タワーと新幹線とブルーインパルスと (SOARのパストラーレ♪)
巣立ちがあれば別れがある。夢をつかむとき、新しい出会いに胸を躍らすとき、悲しいかな別れは付き物なのだ。昭和の風情も懐かしい人情ドラマの第三弾。今回もたっぷり笑い、そしてたっぷり泣かせてもらった。
『ALWAYS 三丁目の夕日'64』 ('12初鑑賞12・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 1月21日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 14:10の回を鑑賞。
「ALWAYS 三丁目の夕日'64」 (みんなシネマいいのに!)
 シリーズの第3弾。 東京オリンピックで盛り上がる昭和39年が時代設定となってい
「ALWAYS 三丁目の夕日'64」六ちゃんの結婚と淳之介の別れの先にみた三丁目の絆の世代継承 (オールマイティにコメンテート)
「ALWAYS 三丁目の夕日'64」は2005年、2007年に公開されたALWAYS 三丁目の夕日シリーズの第3弾で1964年の東京五輪を舞台に三丁目の人たちが次の世代へと三丁目の絆を受け ...
親の心。『ALWAYS 三丁目の夕日'64』 (水曜日のシネマ日記)
『ALWAYS 三丁目の夕日』『ALWAYS 続・三丁目の夕日』に続くシリーズ第3弾です。
映画『ALWAYS 三丁目の夕日’64』 (健康への長い道)
 昨年末に1年間限定で東京へ異動の内示をもらいました。異動日は2月1日。ということで昨日は、いつもの中学時代の同級生たちが壮行会(という名の飲み会)を開いてくれました。  ところが、実は年明け早々には、僕の異動は3ヵ月順延と決定。昨日初めてそのことを発表し...
ALWAYS 三丁目の夕日'64 (そーれりぽーと)
あれ?終わったんじゃなかったの?蛇足なんじゃないの?と思いながらもやっぱり期待して『ALWAYS 三丁目の夕日'64』を観てきました。 ★★★★★ 最新技術で古き良き時代の日本の風景をさりげなく見せてながら、原作由来のコテコテな展開で泣いて笑ってほっこりさせ...
ALWAYS 三丁目の夕日'64 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
昭和39年の東京下町を舞台に、そこで暮らす人々の人間模様を描くシリーズ第3作。監督は前作、前々作に続き山崎貴が担当。「ゴールデンスランバー」の吉岡秀隆、「プリンセス トヨ ...
『ALWAYS 三丁目の夕日’64(2D)』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ALWAYS 三丁目の夕日’64」□監督・脚本・VFX 山崎貴 □脚本 古沢良太□原作 西岸良平 □キャスト 吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、       薬師丸ひろ子、須賀健太、小清水一揮、...
ALWAYS 三丁目の夕日’64 (花ごよみ)
ALWAYSシリーズの、第3作。 監督は山崎貴 出演は吉岡秀隆、堤真一、薬師丸ひろ子、 小雪、堀北真希、もたいまさこ、 三浦友和等いつものメンバーに 今回は新たに森山未來、大森南朋等が参加。 前作から5年後、 東京オリンピック開催に沸く昭和39年、 東京夕日町三丁....
ALWAYS 三丁目の夕日'64 (ダイターンクラッシュ!!)
2012年1月24日(火) 19:00~ TOHOシネマズスカラ座 料金:1600円(シネマイレージデイ1300円+3D料金眼鏡持参300円) パンフレット:未確認 『ALWAYS 三丁目の夕日'64』公式サイト 渋谷のJAZZ WITH KAZZ界隈では、低評価のシリーズ第三弾。 しかし、俺は吉岡のワザ...
ALWAYS 三丁目の夕日64 (★ Shaberiba )
シリーズ第3弾!ですが、 シリーズNO1作品だと思います♪良かった~(涙)
ALWAYS 三丁目の夕日'64 (ハリウッド映画 LOVE)
ALWAYS 三丁目の夕日’64監督:山崎貫出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子、須賀健太、森山未来、大森南朋、蛭子能収・・・いままでの中で、一番笑った!泣いた!!
ALWAYS 三丁目の夕日'64 (B-scale fan's log)
公開中 山崎貴監督     出演 吉岡秀隆 堤真一 小雪      堀北真希 薬師丸ひろ子、森山未來、     須賀健太、小清水一揮 他 新評価 3.0 いろいろ用事があって、今年最初に劇場で見る映画。 良い映画が見たいなとこれにしました。 平日の昼間の劇...
ALWAYS三丁目の夕日'64 3D (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 大ヒットシリーズの三作目で、相変わらず古き良き昭和時代を描くほのぼのヒューマンドラマに仕上がっている。吉岡秀隆が主演で、子供たちも含めてずっと同じ俳優で通してゆくのは『男はつらいよ』や『北の国から』を髣髴させられて、なかなかいい感じである。  ...
ALWAYS三丁目の夕日’64 (Spice Cafe -映画・本・美術の日記-)
「ALWAYS三丁目の夕日’64」を観てきました。 オリンピック開催に沸き立つ1964年の東京。夕日町三丁目の住民たちの生活が綴られる第3弾。子どもたちも育って、将来を考え
三作目の夕日 (恋するネヴュラ)
というわけでサブタイ通り、行ってきました『ALWAYS三丁目の夕日’64』。平日
ALWAYS 三丁目の夕日'64 (映画感想メモ)
1と続があってこその良作。 いい加減あらすじ 1964年。東京オリンピックを前に
ALWAYS 三丁目の夕日'64 (2011) 142分 (極私的映画論+α)
 シリーズ最高傑作です
映画『ALWAYS 三丁目の夕日'64 [3D]』 (闘争と逃走の道程)
 昭和30年代、東京タワーの見える町、夕日町三丁目で暮らす人々の暖かい人間模様を描いた人気シリーズ第三弾。今回は前作から5年後、東京オリンピックが開催された1964年が舞台です。 「ALWAYS三丁目の夕日 ...
【ALWAYS三丁目の夕日'64】変わらぬメンバー変わらぬ優しさ (映画@見取り八段)
ALWAYS三丁目の夕日'64 監督: 山崎貴    出演: 吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子、森山未來、大森南朋、高畑淳子、米倉斉加年、須賀健太、小清水一揮、...
ALWAYS 三丁目の夕日’64 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://www.always3.jp/ 前2作は鑑賞済みで、今回はシリーズ初の3D作品だったけど2D版を鑑賞。 昭和39年、日本中が高度経済成長と東京オリンピックに沸く中、東京・夕日町三丁目はいつものように住民たちが和気あいあいと暮らしていた。 小説家の...
ALWAYS 三丁目の夕日'64 (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】山崎貴 【出演】吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/三浦友和/薬師丸ひろ子/須賀健太/小清水一揮/他 【公開日】2012年 1月21日 【製作】日本 【ストーリー】 昭和39年。オ...
『ALWAYS 三丁目の夕日’64』 (ラムの大通り)
----これって、何年か前に大ヒットした 『ALWAYS 三丁目の夕日』 『ALWAYS 続・三丁目の夕日』の続きだよね。 “寅さん”みたいにシリーズ化するの? 「いや、さすがにそれはないと思うけど…。 今回は、3Dということ、 そして年代が、前作から5年後ということ。 このふ...
「ALWAYS 三丁目の夕日'64」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2012年・日本/ROBOT・阿部秀司事務所 = 配給:東宝 監督: 山崎 貴 原作: 西岸良平 脚本: 古沢良太、山崎 貴 エグゼクティブプロデューサー: 阿部秀司、奥田誠治 プロデューサー: 安藤
■ALWAYS 三丁目の夕日'64 (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第254回「こういう使い方も悪くないと思えた。」 それにしても今年の年始は魅力的な作品が少ない。2012年の2回目のブログも邦画を批評することになった。今回の作品「ALWAYS 三丁目の夕日’64」は最新のVFXを使い昭和の古き良き時代の物語を魅力的なキ...
ALLWAYS三丁目の夕日'64☆独り言 (黒猫のうたた寝)
ついに東京オリンピックにカラーテレビですよ(笑)そして1964年(昭和39年)が舞台になってるので、新幹線も登場しての『ALWAYS三丁目の夕日』子供は成長し、いずれは巣立っていくんだよね~っというのがベースになってるのかな。一平くんは巣立たないけど(笑)巣立つのは、...
魂の望む方へ~『ALWAYS 三丁目の夕日'64』 (真紅のthinkingdays)
 1964年(昭和39年)、東京。オリンピック開催を目前に、街は好景気に沸き 立っていた。夕日町三丁目に暮らす人々も、それぞれに成長し、日々の暮らし を営んでいる。  大ヒットシリーズ 『ALWAYS ...
ALWAYS 三丁目の夕日‘64 (迷宮映画館)
とっても素直な気分で鑑賞できた。
ALWAYS 三丁目の夕日'64 (タケヤと愉快な仲間達~人生は映画のように楽しまなきゃソンだがや~ )
久々の映画館。 最近多忙でずっと行けなかったしね。 朝一ロードショーに行ってきました。 勿論、2Dです(笑) 前作から4年振りですかね?確か。 帰ってきた『夕日町』の人々。 これも邦画の中では好きな作品のひとつです。 高度成長期時代の風景を見るのも好き。 ...
「ALWAYS 三丁目の夕日’64」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
そもそも、東大進学と小説家になることは、二律背反することなのか。 東大出の小説家なんて、うじゃうじゃいるけどね。 ここはひとつ、出世を選ぶか自分の好きな道を選ぶか、という葛藤を表現するいちばんわかりやすい例えと見ておくべきなんだな。 そんなことより、淳....
「Always 三丁目の夕日'64」 (2012 東宝=日テレ) (事務職員へのこの1冊)
前作の特集はこちら。 シネコンのもぎりのところで「○○さーん!」と声をかけられる
ALWAYS 三丁目の夕日'64 (pure\'s movie review)
2011年 日本作品 142分 東宝配給STAFF監督:山崎貴脚本:山崎貴 古沢良太原作: 西岸良平 『三丁目の夕日』CAST吉岡秀隆 堤真一 小雪 堀北真希 薬師丸ひろ子 須賀健太 森山未來 もたいまさこ 三浦友和前作の記事を読んで、過去の自分が羨ましくなっちゃいました。...
映画『ALWAYS三丁目の夕日'64』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-14.ALWAYS三丁目の夕日'64■配給:東宝■製作年・国:2012年、日本■上映時間:142分■観賞日:2月14日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督・脚本・VFX:山崎貴◆吉岡秀隆(茶川竜之介)◆小雪(茶川ヒロミ)◆須賀健太(古行淳之介)◆大森南朋(富岡...
ALWAYS 三丁目の夕日'64 (とりあえず、コメントです)
昭和の時代を描いた大ヒットシリーズ第3弾です。 大好きなシリーズなので、今回も予告編を観た時から楽しみにしていました。 やっぱりほろりと泣かされて、最後には未来を信じたくなるような希望を感じる作品でした(^^)
ALWAYS 三丁目の夕日'64 (銀幕大帝α)
11年/日本/142分/ドラマ/劇場公開(2012/01/21) -監督- 山崎貴 過去監督作:『friends もののけ島のナキ』 -脚本- 山崎貴 -主題歌- BUMP OF CHICKEN『グッドラック』 -VFX- 山崎貴 -出演- *吉岡秀隆『ゴールデンスランバー』…茶川竜之介 *堤...
ALWAYS 三丁目の夕日'64 (のほほん便り)
まさか、あの西岸良平の、ほのぼのコミックから、このような映画3部作が出来るとは思わなかったので、それだけで、うるうる…大人達はともかく、子役達は成長が早いので、それも上手にアレンジできてヨカッタ気がしました。「ALWAYS 三丁目の夕日」「続・ALWAYS 三丁目の...