労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな〜と思いつつ飲んだくれて書いてるっす〜(* ̄∀ ̄)ノ■☆

Disney'sクリスマス・キャロル やっぱり3Dで観るのが正解だったのだ!

2009-11-27 | いい映画観てますか?

【 68-13- 1ヶ月フリーパスポート=16 】 Disney'sクリスマス・キャロル【字幕スーパー2D版】を先日観たんだけど、レビューに書いているとおり、かなり印象が悪く俺としては評価も悪かった。しかしTBさせていただいたブロガーの皆さんの評価を観ていると、3Dと2Dのどちらかを観たかで、きれいにこの映画の評価が分かれていることに気付いた。もともと吹き替え版をあまり好まないので、字幕スーパーを選んだのだけど、これは出来れば3D版も観ておきたいなあって思ってしまった。今まで3Dの映画も数々あったけど、それらと比較しても3D映画の質としても秀でているという評価も多い。さらにいえば、話題づくりのタレントを使っているというのではなく、しっかりとした専門職の声優さん達を起用しているので吹き替え版としてのレベルもかなり高いようだ。1ヶ月フリーパスポート中なので、300円だけで観れるというプライオリティも活かすことにして、もう一度観てきた。

 金がすべてで、家族を持たず、人とのきずなに背を向け、ただ己の金銭欲を満たすためだけに生きるスクルージ(ジム・キャリー)は、街一番の嫌われ者。あるクリスマス・イブの夜、かつてのビジネス・パートナーの亡霊が現われ、スクルージを彼自身の過去・現在・未来をめぐる時間の旅へと連れ出す亡霊にとりつかれると予言する。


 この映画はそもそも3D(three dimensions)用に作られていたんだ。2Dのほうでは、うざったかったり、しつこかったり、遠近法として不自然だったり、アングル的に馴染めなかったすべてのシーンが、逆にいかに自然でリアルで効果的なものだったのか納得がいったし、そのうえで感動した。こうなったらディズニーランドや(←一度しか行ったことがないのでものの例えとして)USJなんかのアトラクションの中(ターミネータとかスパイダーマンとか)にいるような感覚になってしまうので、こりゃもはや映画ではないぞ!うっかりのけぞってしまったり、目を閉じてしまったり、身体を傾けてしまったりとほんとうに臨場感たっぷりの映像。声優さんもほんとうに上手くて自然で、字幕スーパー版よりもリアリティあるアフレコだったように感じたくらいだった。


 2Dの方で目を背けたくなるくらい嫌だった、「人間のシワや吹き出物や脂肪のたるみなどそこまでリアルにしなくてもいいやんって思うくらいの細かい描写」は、すべて3Dのためのものだった。少し暗くなってしまう立体眼鏡を装着しているので、2Dで感じた異様に白すぎる人間の肌は、暖かみのあるちょうどいい肌の色となり、2Dでのリアルに描写しすぎた「シワや吹き出物や脂肪のたるみや光沢」は立体感を出すためのさりげない描写となり、絵本を観ているようなファンタジー感あふれる、まさにディズニーらしい人間味のあるキャラクターになっている。女性のキャラの胸元なんて、もの凄くふわふわ柔らかそうな暖かそうな超気持ちよさそうなんで、「あ〜あの胸の谷間に顔を埋めたら気持ちいいだろうなあ」ってついつい妄想モードに入ってしまったし・・・(*/∇\*)キャ

 本編スタート前の予告編では、「カールじいさんの空飛ぶ家」「アバター」の3D版が流れていた。これまでは3Dのためだけで内容のない映画が多かったという印象だったが、そのことはこのクリスマスキャロルのおかげで大きく変わって、これからは積極的に3Dを観たくなってきた。ただ出来れば、3D眼鏡をもっと改良して、装着感を良くして欲しいなあ・・。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (51)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リスクアセスメントについて今更... | トップ | あらとにサーフィンの神様が降臨... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やはり・・・。 (mezzotint)
2009-11-26 23:38:50
そうですか!
これはぜひ観ないきゃあだめですね。
TBありがとうございました。
早く観に行こうっと〜〜。
素晴らしかった〜 (KLY)
2009-11-27 02:49:14
ほんと凄かったですよね。
正にそこで生きているかのような臨場感。しかも単に立体的に見えてるんじゃなくて、その見え方や超高精彩である映像を活かす為に緻密に計算された構成。技術をひけらかしているんではなく、完全に使いこなしていました。
げに恐るべしディズニーピクサー。今までの3D映画と言っていたものが何だったのかと思いましたよ。これなら高いお金払っても惜しくないです。
  フリーパスポートパワーで (  mezzotintさんへ)
2009-11-27 13:16:16
  ぜひもう一度3Dの方も見てください!
  まったく違う映画に感じるほど、できばえが違いました。
  今日仕事が終わったら二条のTOHOシネマズに初めて行きます。
  「笑う警官」を見たいのだけど、上映時間が二条がいちばん見易いのです。
Unknown (  KLYさんへ)
2009-11-27 13:17:48
>技術をひけらかしているんではなく、完全に使いこなしていました。

  まさにその通りの感想を持ちました。
  アバターの予告編を見ましたが、実写でのDは・・・って感想を持ちましたが
  アニメーションなら、新しい世界観でした。
Unknown (あこぴ)
2009-11-29 11:26:10
超ぷりてぃな関西ジュニアたちと
本日クリスマスキャロル見に行きます♪

ひさぴのブログみて、ワクワクしてま〜す♪

  どうやった? (  あこぴへ)
2009-11-30 11:59:10
  ワンパクジュニア達、これでもう少しいい子になるか?(特に下・・・笑)
  3Dをみたんやろ?どうやった?

  そうそう忘年会企画、京橋に出来た例の串カツ屋さんの支店
  あそこはどうだろうか?
  あこぴは行ってみた?俺まだ行っていない。
  一度下見してこようかな。
  
クリスマスキャロル (あこぴ)
2009-11-30 22:56:49
みんながあのおじいさん(既に名前は忘れた)みたいに慈悲深くなったら世の中は平和になると思ったわ♪

で、物語はまぁまぁとして3Dの映像はすごく良かった!

関ジュニ々罎蓮◆悗錣, 』『おおおっ!』とアトラクション並みの反応だったわ(笑)

串カツ屋いってないわ〜お店は綺麗そうよ。
けど、京橋交通の便悪くないかな?

阪急沿線のマダムたちや、
大和川のむこうから来るおっちゃんとかおるし…

  下見いっとく? (  あこぴへ)
2009-11-30 23:20:40
  東西線があるから兵庫のみなさんは大丈夫やって。
てか… (あこぴ)
2009-12-02 12:28:28
25日の出席悩み中やったりして…^^;

クリスマスに子供らおいて遊びにいくのかわいそうやし…

欠席するかも…
:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
  欠席だめ!ヾ(・ε・。)ォィォィ (  あこぴへ)
2009-12-03 09:45:28
  こらー!あんた重量級の主役級やのに!・ナンデヤネン!(。-ω-)_θ☆(ノ・・)ノ
怒涛の (sakurai)
2009-12-08 08:16:39
TBありがとうございました。
3Dを体験したことがなく、これが初めてだったもんで、こんなもんなのかなあと思ったら、違ったようですね。
ときどき、眼鏡外して、「どんなふうになってるんだろう?」と、確認しながら見てました。
ジム・キャリーのうざいくらいの動きや表情は、ああいう映画にこそ似合うのかも!と、思ったりして。
ちゃんとした声優さんを使った姿勢もよかったと思いますわ。
  ごめんなさい! (  sakuraiさんへ)
2009-12-08 21:14:01
  ついついsakuraiさんのブログをじっくり順番に読んでいて
  TBしたい衝動に駆られてしまいました。
  ご迷惑をおかけします・・・、ヽ`アセ(;~▼~;)アセ、ヽ`

  3Dにはほんとうにこの映画でつくづく感心しました。
  すごいですよ!監督が上手ければ、いいテクです。
  そして声優、やっぱ大切ですよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

51 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
★「DISNEY'S クリスマス・キャロル」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、シネマイレージ会員の鑑賞ポイント6点と300円払って、 日本語吹き替えの3D版を鑑賞。 予告編もバシバシ飛んでくる3Dの「カールじいさん〜」と「アバター」だった。
Disney'sクリスマス・キャロル(2009) (銅版画制作の日々)
 未来は、まだ変えられるかもしれない… フリ―パスポート第3弾は、ジム・キャリーが嫌われ者のスクルージ他過去・現在・未来のクリスマスの霊等、全部で7役をこなすヒューマンファンタジー「クリスマス・キャロル」です。監督は「ロジャー・ラビット」「ポーラー・エ...
Disney’s クリスマス・キャロル (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。チャールズ・ディケンズ原作、ロバート・ゼメキス監督、ジム・キャリー、ゲイリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン、コリン・ファース、ボブ・ホスキンス、カラム・ブルー、ダリル・サバラ、フェイ・マスターソン、レスリー・マンヴィル。1842年のロンド...
映画『Disney'sクリスマス・キャロル<デジタル3D/日本語吹替版>』(お薦め度★★★) (erabu)
監督・脚本、ロバート=ゼメキス。原作、チャールズ=ディケンズ『クリスマス・キャロ
『Disney's クリスマス・キャロル』 (ラムの大通り)
-----さて、またまたフォーンが喋っちゃいます。 この映画、立川シネマシティのポイントがたまったとかで、 フォーンもこっそり観てきたのニャ。 監督は、フォーンも知っているロバート・ゼメキス。 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズや 『フォレスト・ガンプ/...
「Disney's クリスマス・キャロル」 (或る日の出来事)
14日はTOHOシネマズで1000円の日。吹き替え版で3Dというのはチケットを買ったときに知った。
Disney's クリスマス・キャロル (yanajunのイラスト・まんが道)
映画『Disney's クリスマス・キャロル』は、ロバート・ゼメキス監督がチャールズ・ディケンズ氏の小説を映画化した作品です。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
★Disney'sクリスマス・キャロル(2009)★ (CinemaCollection)
ACHRISTMASCAROL未来は、まだ変えられるかもしれない…彼の名前はスクルージ。金がすべての、嫌われ者。映時間97分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ディズニー)初公開年月2009/11/14ジャンルファンタジー/ファミリー/ドラマ【解説】文豪チャールズ・ディケンズの古典的....
Disney’s クリスマス・キャロル 3D (そーれりぽーと)
CG映画製作にはまってはるロバート・ゼメキスが次にCGで描いたのは、おなじみの『クリスマス・キャロル』を3Dで! 何故今さらクリスマス・キャロルなのか?そんなことよりも、『ハリー・ポッター第六章』IMAX版の前に流れてたグリグリ飛び出してくる3D映像に強烈に惹か...
『Disney's クリスマス・キャロル』・・・スクルージにも神の祝福を! (SOARのパストラーレ♪)
あまりにも有名なディケンズのクリスマス・キャロル。私が最初に読んだのは英語の授業で教材に使われた副読本だった。もちろん原文ではなく中高生向きに優しく書き直された物だったと思うが、私にとって辞書を引きながら英文を読むことの楽しさを教えてくれた思い出深い物...
Disney's クリスマス・キャロル (LOVE Cinemas 調布)
チャールズ・ディケンズの名作をフル3DCGで映画化。監督は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズや『ベオウルフ/呪われし勇者』で3DCGの鬼才ロバート・ゼメキス。またパフォーマンス・キャプチャーでの出演にジム・キャリーやゲイリー・オールドマンといっ...
クリスマス・キャロル3D <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
観に行くなら断然、3D をおすすめ。 吹替になってしまうが面白さは倍増スクルージが亡霊に連れられて 空を飛びまくるねんけど それが速いから まぁとにかく目が回りよりまくりますぜ (ただ単にワタクシの動体視力が弱ってるせい) 画面に奥行きがあって 雪なん...
Disney'sクリスマス・キャロル/Disney's a Christmas Carol (いい加減社長の映画日記)
レイトショーのはしごの2本目に「Disney'sクリスマス・キャロル」を鑑賞。スクリーンに行こうとしたら、チケットカウンターに長い列ができていて。スーパーレイトショーの時間(12時ごろ)なのに、すごいなぁ、と思いながら。「UCとしまえん」は、そういう意味で、時間...
劇場鑑賞「Disney'sクリスマス・キャロル」 (日々“是”精進!)
クリスマス・キャロル「Disney'sクリスマス・キャロル」を鑑賞してきました鑑賞予定にはありませんでしたが、前売券が当たったもので。差額を払い、3D吹き替え版を。文豪チャールズ・ディケンズの古典的名作を、「ポーラー・エクスプレス」「ベオウルフ/呪われし勇者」...
Disney'sクリスマス・キャロル (★YUKAの気ままな有閑日記★)
フェイントで鑑賞―【story】守銭奴で、家族を持たず、誠実な使用人ボブ(ゲイリー・オールドマン)やたった一人の甥(コリン・ファース)どころか、全ての人との繋がりに背を向けて生きるスクルージ(ジム・キャリー)は街一番の嫌われ者。あるクリスマス・イブの夜、か...
映画「Disney’sクリスマス・キャロル」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
109シネマズ木場。 ジム・キャリー、ゲーリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン。 *** 「クリスマス・キャロル」については既にご承知のとおり。 エベニーザ・スクルージという強欲でけちな嫌われ者の高利貸しが、 クリスマス・イブの夜、過去、現在、未来の...
Disney's クリスマス・キャロル 3D 吹替版 (映画道)
チェック:金銭欲を満たすために生きる男が、クリスマス・イブの夜の不思議な体験を経て、本当の幸福の意味を悟る奇跡と感動のファンタジー。 文豪チャールズ・ディケンズの不朽の名作を、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズのロバート・ゼメキス監督が映像化。 ...
Disney's クリスマス・キャロル (マー坊君の映画ぶろぐ)
「Disney's クリスマス・キャロル」監督:ロバート・ゼメキス(『ベオウルフ/呪われし勇者』)出演:ジム・キャリー(『イエスマン "YES"は人生のパスワード』『ナンバー23』)ゲイリー・オールドマン(『ダークナイト』『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』)ロビン・ラ...
Disney's クリスマス・キャロル IMAX-3D 字幕版/ジム・キャリー (カノンな日々)
私の本棚にはちょっと厚めの「クリスマス・キャロル」の絵本があるくらい好きな作品なんですよね。このタイトルから受ける印象なのか楽しいクリスマスのお話をイメージされる方も少なくないみたいなんですけど、実はちょっとダークなお話だったりするんですよね。初めて予...
「Disney's クリスマス・キャロル」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  芸達者なジム・キャリーの熱演。せっかくだから迫力ある映像で…と思い川崎のIMAXシアターまで出かけました。(近所のシネコンでは3D上映が吹き替え版のみだったので…)映像体験としてはまるでアトラクションのノリでした。ディズニーと...
クリスマス・キャロル (Akira's VOICE)
お金は大事やけど,人間愛はもっと大事。  
Disney'sクリスマス・キャロル (とりあえず、コメントです)
名作クリスマス・キャロルをデジタル映像が得意なロバート・ゼメキスが映画化した作品です。 初めての3D版で観てきました! 美しくてファンタジックな映像がとっても楽しかったです(^^)
Disney'sクリスマス・キャロル3D日本語吹き替え版 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
チャールズ・ディケンズ原作の同名小説を、ロバート・ゼメキス監督が製作・脚本も担当して映画化した。物語の完成度の高さとの相乗効果で傑作だと思う。パフォーマンス・キャプチャーという俳優の顔の表情を映像化する技術を使って3D化された映像は、まるで実写のようなリ...
「Disney's クリスマス・キャロル」 (キネオラマの月が昇る〜偏屈王日記〜)
クリスマス・キャロル オフィシャルサイト (音量注意!) 「ポーラー・エクスプレス」を劇場で観なかったことを激しく後悔しました。 あわせてロバート・ゼメキス監督は単に「好き」というより、もう「信じてる」と言った方がいいくらいなので、迷わず劇場で鑑賞。 美...
Disney'sクリスマス・キャロル 3D吹替え版 (だらだら無気力ブログ)
英国の文豪ディケンズの不朽の名作をロバート・ゼメキス監督が3D映画と して映像化。 金の亡者であるスクルージが不思議な体験をすることによって人生を見つめ 直す姿を描く。イギリスのロンドンで商売を営んでいるスクルージは、金が全てという人間で 人との交流を嫌...
Disney'sクリスマス・キャロル (悠雅的生活)
神の祝福を。すべての人々に。
Disney'sクリスマス・キャロル 3D 日本語吹替版 (悠雅的生活)
神のお恵みを。すべての人たちに。
Disney's クリスマス・キャロル・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「Disney's クリスマス・キャロル」は、デジタルアニメーション映画の世界で、独自のスタイルを追求しているロバート・ゼメキス監督による最新...
映画「Disney''sクリスマス・キャロル 3D 日本語吹替版」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『Disney''sクリスマス・キャロル 3D 日本語吹替版』を本日初日に観て来ました。 採点は★★★☆☆(5点満点中3点)。ホントは作品の出来は70点、3Dメガネが30点くらいかな。 基本的に字幕版しか観ないので、日本語吹替の3Dは観る機会が無い。前の記事『映画「...
すべての人に祝福を〜『Disney'sクリスマス・キャロル』【3D・吹き替え版】 (真紅のthinkingdays)
 A CHRISTMAS CAROL  "God bless us, every one!"  19世紀、ロンドン。金の亡者スクルージ(ジム・キャリー)は、クリスマスが 大嫌いな孤独な...
「Disney's クリスマス・キャロル」 パフォーマンス・キャプチャーと3D (はらやんの映画徒然草)
イギリスの作家チャールズ・ディケンズの古典「クリスマス・キャロル」をロバート・ゼ
「Disney's クリスマス・キャロル」 (首都クロム)
 傲岸不遜な偏屈老人スクルージが全ての尺に金貨を用いていることは、冒頭でマーレイの伏せられた瞼の上から金貨を回収していく行為から明らかです。この嫌らしい爺さんのへの字に曲がった口が逆に曲がることは、果たしてあるのだろうかというほど。しかし哀しいのは、現...
『Disney's クリスマス・キャロル』 ('09初鑑賞168・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★− (5段階評価で 3.5) 11月14日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:15の回を鑑賞。
Disney's クリスマス・キャロル (Blossom)
Disney's クリスマス・キャロル A CHRISTMAS CAROL 監督 ロバート・ゼメキス 出演 ジム・キャリー ゲイリー・オールドマン     ロビン・...
『Disney's クリスマス・キャロル』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【Disney's a Christmas Carol】 2009年/ディズニー/97分 【オフィシャルサイト】 監督:ロバート・ゼメキス 出演:ジム・キャリー、ゲイリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン
Disney’s クリスマス・キャロル / Disney's a Christmas Carol (我想一個人映画美的女人blog)
今年は〈3D映画元年〉らしいけど、コレ観るなら絶対、3Dで {/ee_1/} この時期観たくなる、大好きなクリスマス映画のひとつに「ポーラーエクスプレス」{/kirakira/}がある。 そのロバート・ゼメキス監督の最新作は ジム・キャリーときいて楽しみに待ってました〜♪ (本...
悪夢のアトラクション(違)〜「ディズニーのクリスマスキャロル3D(吹き替え版)」〜 (ペパーミントの魔術師)
これはホントに3Dで絶対見てほしい! それも「IMAXで字幕版」が見れたらサイコー。 ・・・って、吹き替えしかやってない??? (少なくとも枚方はそうでした) だからかな〜、字幕か3Dかで悩んでるのを ちょこちょこブログ巡回でみかけたんですが。 ひとり7...
クリスマス・キャロル (映画的・絵画的・音楽的)
 「クリスマス・キャロル」を丸の内ピカデリーで見てきました。  ディズニー制作のアニメ映画など今更という気がしてパスしようと思っていましたが、デジタル3Dを覗いてみたいこともあって出かけてきました〔浦安のデズニーランドの中の劇場で、一度デジタル3Dを見たこ...
DISNEY'S クリスマス・キャロル (シネマ大好き)
ディケンズの名作をディズニーの3Dアニメで。情景が美しく、迫力があって、さすがディズニーでした。 金儲けにしか興味がない、冷酷な金貸しのエブニーザ・スクルージのもとに、クリスマスイブに三人の精霊が現れ、彼自身の過去・現在・未来の影を見せ、後悔と恐怖に...
Disney's クリスマス・キャロル (犬・ときどき映画)
Disney's クリスマス・キャロル字幕版 <Story> スクルージは、強欲で思いやりのかけらもない孤独なお爺さん。 甥っ子がクリスマスの食事に誘いに来ても「帰れ」。クリスマスの寄付にも「貧しくて死ぬのは運命だ、知らん」、従業員のクラチットに「なぜクリスマスを祝...
ディズニーのクリスマスキャロル3D (TSUTAYA×枚方駅前)
ハイ、Agehaです。 季節外れのクリスマス映画の予告はまだ半袖の頃からシネコンで流れていて 実は、1Fbookフロアでは10月とそして今月もこのDVDが流れています。 児童書・文庫いったい何種類出てるんだというくらい多いです。 どんな基準で本を選ぶのでしょ...
ディズニーのクリスマスキャロル3D (TSUTAYA×枚方駅前)
ハイ、Agehaです。 季節外れのクリスマス映画の予告はまだ半袖の頃からシネコンで流れていて 実は、1Fbookフロアでは10月とそして今月もこのDVDが流れています。 児童書・文庫いったい何種類出てるんだというくらい多いです。 どんな基準で本を選ぶのでしょ...
Disney's クリスマス・キャロル (迷宮映画館)
3D版、初体験
[遅ればせながら、映画『Disney'sクリスマス・キャロル 3D』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・今回、途中から、文学作品評論になります^^    ◇  タイトルで「遅ればせながら」としましたが、公開から遅れての鑑賞となりましたが、シーズン的には、それほど遅れてはいませんね^^;  素晴らしかったです。  物語は文豪ディケンズの名作で、丁寧...
時代を越えて語り継がれる名作。『Disney'sクリスマス・キャロル』 (水曜日のシネマ日記)
金儲けに執着し人間らしい感情を忘れてしまった初老の男性の物語です。
こっちの方が良い!『Disney'sクリスマス・キャロル(3D 日本語吹替版)』 (水曜日のシネマ日記)
金儲けに執着し人間らしい感情を忘れてしまった初老の男性の物語。今回観たのは3D日本語吹替版です。
【Disney’s クリスマス・キャロル】 (日々のつぶやき)
監督:ロバート・ゼメキス 「スクルージーはケチでお金だけが全ての町の嫌われ者。 あるクリスマスイブの夜、かつて一緒に仕事をしていたマーレイが亡霊となって現れた。 そして彼はこれから三人の精霊がやってくると伝える」 ディケンズのクリスマス・キャロルを
Disney'sクリスマス・キャロル (Diarydiary! )
《Disney'sクリスマス・キャロル》 2009年 アメリカ映画 − 原題 −
ちょっと欲求不満 「クリスマスキャロル」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ−映画編−)
時期的に観てみようかな〜、と、イギリスでは有名だという小説のCG映画、行ってきました。 ◆スクルージは金にがめつい強欲なじいさん。そ...
【映画】Disney's クリスマス・キャロル…2010年の残務整理(3) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日2011年1月3日(月曜日)…帰省していた息子はUターンラッシュの中、関東に戻って行きました。新幹線大変だったろうなぁ。 で、本日2011年1月4日(火曜日)は仕事始め。 …ちょいスロースタートめですね、このまま一年ってわけにはいかないでしょうけど 以下は映画...
Disney's クリスマス・キャロル (RISING STEEL)
Disney's クリスマス・キャロル / A CHRISTMAS CAROL 2009年 アメリカ映画 ウォルト・ディズニー製作 監督・脚本:ロバート・ゼメキス 原作:チャールズ・ディケンズ 撮影:ロバート・プレスリー ...