労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

人が壊れてゆく職場

2009-05-13 | 書記長社労士 労働組合
 夕暮れから夜の帳が降りるまでの皇居って異世界や、大阪には有り得ん景色。


 俺の幼稚園からの幼馴染みが、ほんとうにどうしようもない働き方をしているようだ。前から「ええ加減にせいよ」な働き方やったのに、春以降、さらに非人間的な働き方になっている。しっかり話を聞いて対策を練りたいが、その話を聞く時間さえ確保でけん。しかし、俺の筆頭大親友やから、もちろん、なんでもやってやる。俺、怒ったら独特の怖さがある、ってな褒めてくれているのかどうかよくわからん評判をよく聞く。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 労働組合はまずは運動ありき | トップ | 491か所 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
労働法の実例:人が壊れてゆく職場 (本読みの記録)
人が壊れてゆく職場 (光文社新書)作者: 笹山尚人出版社/メーカー: 光文社発売日: 2008/07/17メディア: 新書 職場環境や最近増えている鬱病の本かと思って手に取ったら……違った。 本書は職場環境の話ではなく、労働法の話。 個人加入労働組合の弁護士が書いた、労働...