労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

GANTZ 田中星人ってなんやねん!ヾ(@^▽^@)ノ

2011-02-07 | いい映画観てますか?

=9 -3-】 土曜は娘の勤めている保育園のお遊戯会、「見に行きたい」って言ったらキッパリ断られた、どうして娘のお遊戯会を見に行ったらあかんねん~(ノ_<。)ビェェン日曜は初めてティップネスの石橋店に行った、むかしはレバンだった、なかなかいい施設だった~v(o ̄∇ ̄o) ♪今日から春闘仕込みの職場集会がスタート、全部の20箇所で開催するけど、本日いきなり出席率悪かった~幸先悪い~(T.T)で、日曜は仕事前の朝一にレッド、そして仕事&ティップの帰りにこの、予告編で超楽しみにしていたGANTSを観に行った。

 就職活動中の大学生・玄野は、地下鉄の駅で幼なじみの加藤を見かける。正義感の強い加藤は、線路に落ちた酔っ払いを助けようとするが、手を貸した玄野と共に電車に轢かれてしまう。次の瞬間、二人は見知らぬマンションの一室で目を覚ます。その部屋には、GANTZ<ガンツ>と呼ばれる黒い巨大な球体と、玄野たちと同じように、どこからか転送されてきた人々がいた…。

 原作はヤンジャンで連載されているコミックだそうだけど未読、でも聞くところによると、この映画では原作の世界観は見事に表現しきっているそうだ。鉄道事故のシーン、最初のあのマンションの部屋のシーン、ネギ星人との追い掛けっこマテェー((/`´)/。。。(;×_×)、おこりんぼう星人・千手観音・大仏星人との戦闘シーンなどなど、なんだかもたもたとした展開で、なんとなく「くどい」っていう印象にもなり、そのうえ少しちゃっちい感もあったりして(子どもの頃の仮面の忍者赤影のようなベタな特撮っぽさとか)、なんだかなあってな、けっこうダラダラ~な気分で観ていた。しかし見終わって考えてみると、「長い」ということではなくて、緩急が巧く効いていたのだろうか、感覚的には見事に尺ぴったりだった。微妙に「がんばれ!!ロボコン」のパロディ、ここでだけうちらの世代がバカウケ「ろーぼこん、れーてん」(田中星人もうちらの世代のためのパロディか~( `.∀´)イヒ)。


 松山ケンイチってほんま不思議な俳優やね、どんな役でもやっちゃうけど、どんな役でもその役なりの松ケンワールドになってしまう。(いつもマツケンって書いていたら、☆mitsu☆ちゃんからダメ出しをくらった(/*o*)/)二宮和也がいつものニノのまんまで、この映画の中でも、家を建ててしまいそうな勢いだったから、比較して松ケンの役者としての特異性が目立つ。NANAではベースの子やろ、男たちの大和/YAMATOではあの初々しい少年兵やろ(←これはいま思えば・・・)、デトロイト・メタル・シティではヨハネ・クラウザー2世やんか、カムイ外伝ではカムイやし、カイジでは渋く死んでいくあの男、笑う警官ではチラッと、ノルウェイの森ではあの複雑なワタナベ 、で、このGANTZでは加藤勝、いったいぜんたいもともとはどんなキャラやねん!?見るたんびに好きな俳優になっていくぞ。聞くところによると松ケンは「カメレオン俳優」「憑依型俳優」と呼ばれているらしい~ヾ州≧∇≦州ノ彡☆力" ノヽノヽノヽノヽ!!


 とにかく夏菜演じるこの岸本恵が、登場のシーンから死んでいくまで、何をしたってすべてがエロかわいくて~!(≧∇≦)キャー♪男ごころのツボを突きまくっとるんです~・:*:・(*´エ`*)ウットリ・:*:・ 彼女の素敵なボディのせいで気付いたが、男と女で微妙に仕様が違うボディスーツ、様々な武器、そしてなんともいえない光沢を放つガンツ自体など、小道具がすごい!そしてワイヤーワークやCGは特筆すべきものがある、これと比べると、せっかくの特撮技術が映画自体が駄目すぎて台無しになったSPACE BATTLESHIP ヤマトがほんと可哀想になってくるよ~(笑)


 正直、中盤のあたりでは「続編はもう見ないかな」って思っていたけど、ラストのあたりの衝撃的なシーンのせいで、絶対に次も見るって心に誓ったっ"\( ̄^ ̄)゛ハイ!!岸本恵ちゃんも再び登場しそうやし!エンディングロールでは、さらに「意外な事実」が発覚するし、そして本編終了後の初めて観た予告編では、さらに謎が謎を呼ぶ!早く続きが観たいよ!!!!
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (59)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« RED 予告編で見せ過ぎちゃった... | トップ | 倫理 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やっぱ松ケン最高だね! (☆mitsu☆)
2011-02-08 00:30:26
最初に出てきた「ネギ星人」の子供がちょっと怖かった・・・。
「田中星人」は笑えた(ノ∀\*)キャ
mitsuちゃんもニノ見てて思ったけど、就職活動中ってこととか、ついこの前のドラマの役とかぶっちゃったよ(゜∀゜ ;)タラー

ひさぽんも絶賛のとおり、松ケンやっぱ最高だよ!!
番宣とかでTV出てるときと映画の中と
顔が全然違うよね!!
別人みたい・・・・。
もちろん、青森訛りもまったくないし。
松ケン大好きになってくれたひさぽんには
是非、「人のセックスを笑うな」の松ケンを見て欲しい。


っつ~か、4月公開のGANTZ続編ちょ~楽しみだね!
Unknown (もつ)
2011-02-08 07:49:51
松山ケンイチはほんとに素敵な俳優ですね~

デトロイト~とデスノートのLとか、とにかくいろいろキャラに差がありすぎなのにどれもピシャリとはまるのがすごい!

  「ネギ星人」の子供 (  ☆mitsu☆ちゃんへ)
2011-02-09 07:19:13
  たしかに怖かった。
  でも殺すときのみんなの顔がもっと怖かったね!

  「人のセックスを笑うな」は観てないけど、おもしろそうやね。
  しかしタイトルのインパクトがもの凄い(笑)
  あんまり人(知り合い、とくにあらと)のセックスは観たくないけど。
  続編、楽しみだ!
  キャラの差を (  もつちゃんへ)
2011-02-09 07:20:46
  ものともしない、あの変化がすごい!
  ノルウェィの森と、デトロイトと、カムイが同一人物ってのが
  自分ではどうしても信じられないぞ。
フロントで (sakurai)
2011-02-09 22:25:07
チケット買うとき、上記の映画のとき、タイトル言うの、ちょっとはずかったです・・。おばさんのくせに。
男性側からも、女性側からもいろいろサービスがあって、よかったですえね。
おばさんは、もちろん息子のようなニノです
あんだけ謎を残された日にゃ、後編もみなあきませんが、やたら前後編の映画の作りも、金集めの感がなきしもあらずです。
田中星人には、笑うしかなかったです。星児さんは、知ってんですかね
  沈まぬ太陽のように (  sakuraiさんへ)
2011-02-10 14:16:40
  本気で「完結」させたければ、出来るのでしょうけど
  興業としての意味があるのですね。
  相撲の八百長とおなじ?(←って違うか~)
  とにかく後編も見ましょうよ。
  もうきっと口から妙に明るい光線をぶちまける田中星人は出て来ませんが。
こんにちは。 (愛知女子)
2011-02-12 08:03:54
『GANTZ』の最後気になりますね。吉高由里子と山田孝之のキャラが何の為に出て来たか分からないです。
あの同じ顔をした人物も気になります…。
アニメの方はもっと展開がくどいですよ。
千手観音は怖かったです。敵に回したくない……。
ところで、お嬢さんの職場に結局行かれたのですか(笑)

  解禁になった続編の (  愛知女子さんへ)
2011-02-13 07:40:34
  予告を観ていると「え~っ??」ってな感じです。
  もの凄く気になってますよ。
  原作もくどいのですか?
  今度からマンガ喫茶とかでは、ガンツを読んでみることを心に誓っています。

  娘の園のお遊戯会、行きたかったですけど行かなかったですよ・・・。
  友人の娘が通っているので、その親戚縁者のふりをして行こうかとも思いましたが
  あとでどんなキツイ仕返しがあるか解らんし・・・(泣)
TB有難うございました (シムウナ)
2011-02-14 20:08:31
TB有難うございました。
原作未読で観賞しましたが、
冒頭から、ぐいぐい引き込まれる展開に
興奮状態でした。原作とは異なる結末に
完璧な答えが提示されるのか
非常に楽しみです。
  原作、読んでみたくなりました (  シムウナさんへ)
2011-02-15 10:43:06
  まだ完結していない原作なのに
  映画ではひとまず結論を、独自の解釈でだすというんは面白いです。
  納得出来るのだろうか。
Unknown (Unknown)
2011-03-04 14:38:07
ストーリーは前半だけ原作通りですが、中身はだいぶ変わってますよ。本当はもっと気持ち悪いしエロいです。
Unknown (  Unknown)
2011-03-04 23:37:01
  ほ~い

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

59 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「GANTZ」 (NAOのピアノレッスン日記)
~なぜ、戦うのか~2010年  日本   PG12指定   (11.1.29公開)配給:東宝       上映時間:128分監督:佐藤信介原作:奥浩哉     「GANTZ」 ~週間ヤングジャンプ連載脚本:渡辺雄介音楽:川井憲次出演:二宮和也・・・・・・・・・・・....
佐藤信介監督 「GANTZ」  (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
公開初日の今日、仕事帰りに観てきました。 公式サイト⇒http://gantz-movie.com/index.html ふ、不思議な客層でした。 若い女の子とオタクっぽい男子が入り乱れてて… これは原作が好きで気になって観にきてる原作ファンと… 嵐の二宮和也ファン 松山ケンイチフ...
GANTZ  監督/佐藤 信介 (西京極 紫の館)
【出演】  二宮 和也  松山ケンイチ  吉高 由里子  夏菜 【ストーリー】 就職活動中の大学生・玄野計は、地下鉄のホームで幼馴染の加藤勝を見かける。正義感の強い加藤は、線路上に転落した酔っ払いを助けようとするが、手を貸した玄野と共に進入してきた電車に轢か....
GANTZ 前編 (Akira's VOICE)
「メン・イン・ブラック」+「バトル・ロワイアル」!!  
GANTZ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。奥浩哉原作、佐藤信介監督、二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜、綾野剛、水沢奈子、千阪健介、白石隼也、伊藤歩、田口トモロヲ、山田孝之。「DEATH N ...
【GANTZ】 ()
監督:佐藤信介 出演:二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多  生き残るために星人と戦い、そして殺すこと 「大学四年の玄野は地下鉄のホームで小学校の時の同級生加藤と再会した。加藤は酔っ払って線路に落ちた酔っ払いを助け、加藤を助けようと手を出し
GANTZ (to Heart)
製作年度 2010年 上映時間 130分 PG12 原作 奥浩哉 脚本 渡辺雄介 音楽 川井憲次 監督 佐藤信介 出演 二宮和也/松山ケンイチ/吉高由里子/本郷奏多/夏菜/綾野剛/戸田菜穂/田口トモロヲ/山田孝之 欧米でも高い人気を誇る奥浩哉の人気コミックを、前・後編の2部作で映像...
GANTZ/二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子 (カノンな日々)
初めて劇場予告編を観たときは「いったいこれは何?」という感じで内容がよくわからなかったのですが、その後のバージョンチェンジした予告編で星人とかいうモノたちと戦うSFアク ...
GANTZ (映画鑑賞★日記・・・)
2011/01/29公開 日本 PG12 130分監督:佐藤信介出演:二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜、千阪健介、田口トモロヲ、山田孝之なぜ、戦うのか──。奥浩哉原作の同名人 ...
劇場鑑賞「GANTZ」 (日々“是”精進!)
「GANTZ」を鑑賞してきました独創的にして謎に満ちたストーリー展開と過激なバイオレンス描写でカリスマ的な人気を誇る奥浩哉の同名マンガを、「硫黄島からの手紙」の二宮和也...
GANTZ観に行ってきました~~~~ (徒然”腐”日記)
面白かったですよ~~~~GANTZ原作の漫画は未読GANTZ公式サイトも覗かずに観に行ってきましたーぶっちゃけニノと松ケン見たさにwwwえーーーとネタバレって程ではありませんが内容...
GANTZ (食はすべての源なり。)
GANTZ ★★★★☆(★4つ) 面白かった~ ホント楽しかったです。満足!! 原作は知らないし、デスノートみたいに設定は突飛だけど、楽しめる! 二宮君は「普通の男の子」をやらせたらピカイチだね。すごいわ。 びびりつつも、戦闘にはまっていく今時のゲーム世代の男...
「GANTZ」試写会(舞台挨拶あり) (またり、すばるくん。)
今日は、「GANTZ」の試写会に、TOHOシネマズ梅田へ行って来ました。
「GANTZ」みた。 (たいむのひとりごと)
これは原作が凄く良く作り込まれているんだろうなぁ、という印象。原作を読んだことはなく、実は松山くんと二宮くんを観に行ったようなものなのだけど、思いの外内容に引き込まれてしまい観ている内から「これは続き
「GANTZ」見に行ってきました。 (みやさとの感想文と(時々)感想絵)
GANTZVISUALBOOK映画『GANTZ』オフィシャル写真集(書籍)[集英社]《在庫切れ》価格:1,470円(税込、送料別)(こちらも売り切れ・・・すみません、最近売り切れな画像ばかり貼ってしまって...
GANTZ (LOVE Cinemas 調布)
奥浩哉の同名人気コミックを二部作で実写映画化したうちの前編。GANTZと呼ばれる謎の球体に集められた主人公たちが、個性的な装備で“星人”たちとの戦いを強制されるSFアクション映画だ。主演は『大奥』の二宮和也と『ノルウェイの森』の松山ケンイチ。監督は『ホッタ...
GANTZ (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】佐藤信介 【出演】二宮和也/松山ケンイチ/吉高由里子/本郷奏多/夏菜/千阪健介/白石隼也/伊藤歩/田口トモロヲ/山田孝之 【公開日】2011/1.29 【製作】日本 【ストーリー】 幼馴染の...
『GANTZ』 | 松山ケンイチの傑出した存在感と演技力。 (23:30の雑記帳)
松山ケンイチにとって日本というフィールドは すでに狭すぎるようです。 他の共演者がかすんで見えるほど、 その存在感と演技力は圧倒的な迫力をもって 見る者に迫ってきま ...
『GANTZ』 (こねたみっくす)
俳優・二宮和也の百面相を見るだけでも十分な映画でした。 原作が持っているエログロな雰囲気は後半には完全失速、人間ドラマも薄っぺらいなどマイナス要素が満載でも、アクショ ...
『GANTZ』('11初鑑賞13・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 1月29日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:20の回を鑑賞。
GANTZ (うろうろ日記)
試写会で見ました。死にそうになったニノとマツケンが、なぜか生き残っていて、GAN
[映画『GANTZ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆さて、朝一で観てきましたよ^^  原作もいちお読み込んでいる作品なので、邦画のSF表現技術の限界ゆえに、各シーンに、独特の世界観を再現するのにちゃちさが感じられるであろうことはしょうがないと覚悟しつつ、  「誰も指摘しないけど、タイトルの由来は『ロボ...
『GANTZ』 (だらだら無気力ブログ)
独創的にして謎に満ちたストーリー展開と過激なバイオレンス描写で カリスマ的な人気を誇る奥浩哉の同名マンガを、「硫黄島からの手紙」の 二宮和也と「DEATH NOTE デスノート」の松山ケンイチ主演で実写映画化 した衝撃のSFサスペンス・アクション。 2部作として製...
映画『GANTZ』 (よくばりアンテナ)
グロいし、怖いし、気持ち悪いシーンもあるし、ハラハラドキドキして、 息をするの忘れちゃうような、 ま、とにかく面白い作品でした~~~!! 原作のコミックは読んでませんが、 原作知らずとも映...
GANTZ パート1 (ぷち てんてん)
寒い、寒い!しかし天気予報を見るとこの寒さもあともう少し我慢すれば…と言っている。今年の冬はホントに寒いから暖かいのが待ち遠しいわ(でも花粉も飛んでくるけど)その寒さの...
『GANTZ』 (ラムの大通り)
※『PART2』の大胆予測もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----あらら。これもコミックの映画化だ。 「残された最後のカリスマ漫画」。 また、大きく出たもんだニャあ…。 「う~ん。 漫画は、その多くが若い人をターゲット...
GANTZ (迷宮映画館)
はーー、こういうお話だったのですね。いろいろと勉強になります、はい。
GANTZ・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
奥浩哉のベストセラーコミックを原作として、前・後編の二部作として構成されたSF大作。 死んだはずの人間たちが、謎の黒い球体“GANTZ(ガンツ)”に召喚され、“星人”と呼ばれる異形の敵と戦う、命がけのミッシ...
2011-05『GANTZ』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2011-05『GANTZ』(更新:2011/01/29) 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) 一ヶ月フリーパスポートで鑑賞の6本目。 南大沢のTOHOシネマズで鑑賞です。 原作未読ですけど面白かった。 ...
「GANTZ」リアルSFコミック、リアルに実写化。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[GANTZ] ブログ村キーワード  週刊ヤングジャンプに連載中の大人気コミック、2部作として完全実写映画化!「GANTZ」(東宝)。う~ん、東宝さんは、「ヤマト」に「ジョー」に、更にコレと、原作ありきの映画化作品が続きますな~。しかも主演は、またまたジャニタレやん!...
GANTZ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
GANTZ VISUAL BOOK (タレント・映画写真集)現在も連載中の人気コミックを原作とする物語は、独創的で不条理な世界で苦悩しながら戦う2人の青年が主人公。物語は ...
『GANTZ』は「0てん おかねのことかんがえすぎ」でもないよ。 (かろうじてインターネット)
 『天装戦隊ゴセイジャー』終わってしまいましたね。  あぁ…まぁ…。ダメな作品であることは重々承知の上で、このマクラの文でグダグダと感想を書いていて、少しだけ愛着はあるんですけれどね、確かにダ...
「GANTZ  PART1」死にかけて召喚された先に待っていた謎めいた果てしない戦いの連続 (オールマイティにコメンテート)
29日公開の映画「GANTZ  PART1」を鑑賞した。 この映画は奥浩哉の人気コミック「GANTZ」を 実写化した作品で死んだはずの人間がGANTZによって召喚され、 そこである星人と戦って10 ...
『GANTZ』(2011)/日本 (NiceOne!!)
監督:佐藤信介出演:二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜公式サイトはこちら。原作未読。 これ、どうしよっかなーと思ってたんですけど、「意外とおもしろかった...
GANTZ (映画情報良いとこ撮り!)
GANTZ 就活中の幼馴染玄野と加藤は、駅で酔っ払いがホームから落ちたのを助けるために線路へ。 しかし、彼らは、電車に轢かれたしまったのだ。 2人は、ふと気づくと、見たことも無い場所に居た。 そこは、GANTZと呼ばれる球があり、そこからは出ることが出来な...
GANTZ    上映時間が長すぎないか (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
死んだはずの人間が「GANTZ(ガンツ)」という謎の球体によって、呼び出されてなんとか星人という謎の怪物と殺し合いをさせられる。2部作の前半であるこの作品を見ても、仕組みはわからない。わてが気になったのは、130分という上映時間の長さだ。一つ一つのシーンが間延...
人には必ず役目がある~『GANTZ』 (真紅のthinkingdays)
 就活中の大学生・玄野計(二宮和也)は、地下鉄のホームで幼馴染の加藤勝 (松山ケンイチ)を見かける。線路上に落ちた男性を助けようとした二人は、巨大 な黒い球体のあるマンションの一室に瞬間移動し...
映画「GANTZ」(2月5日) (Flour of Life)
ニノとケンイチさんの夢の共演映画、「GANTZ」を見てきました。
映画鑑賞【GANTZ】こんな映画観なら、もう一度観たい!PGなんて付けないで! (愛知女子気侭日記)
原作奥浩哉 監督佐藤信介 脚本渡辺雄介 《出演者》 二宮和也(玄野計) 松山ケンイチ (加藤勝) 吉高由里子(小島多恵) 本郷奏多(西丈一郎) 夏菜(岸本恵) 田口トモロヲ(鈴木良一) 山田孝...
映画「GANTZ」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『GANTZ』(公式)を、初日(1/29)鑑賞。昼過ぎの回で観客は130名ほど。女子高生が3割ほどで、あとは老若男女満遍なくと言った客層。『白夜行』で撃沈した後で、少々疲れ気味での鑑賞となった… 最初にお断りしておきますが、原作漫画や原作を基にした...
「GANTZ」 (大吉!)
<木曜日> (11年2月9日・TOHOシネマズ・10時~・130分) 就活中の大学生・玄野(二宮和也)は、地下鉄のホームで幼馴染の加藤(松山ケンイチ)を見かける。 正義感の強い加藤は線路に転落した酔っ払いを助けようとするが、手を貸した玄野と共に電車に轢か....
映画『GANTZ』 (闘争と逃走の道程)
 人気コミックの実写映画化。謎めいたストーリー、独創的な世界観、ハードなアクションが売り物らしい。僕は読んだことないけど。 Sound of GANTZサントラ バップ 2011-01-26売り上げランキング : 1064Amaz...
GANTZ Part1  (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://gantz-movie.com/ 原作の累計1200万部を販売した奥浩哉の人気SFコミックは未読。 1年ほど前、同僚にお勧めのマンガを聞いたら『GANTZ』と即答された。 でも、絵が好みじゃなかったので遠慮したんだけど、映画化されると知っていれば...
GANTZ (前編) (シネマDVD・映画情報館)
GANTZ (前編) スタッフ 監督: 佐藤信介 原作: 奥浩哉 キャスト 二宮和也 松山ケンイチ 吉高由里子 本郷奏多 白石隼也 伊藤歩 田口トモロヲ 山田孝之 劇場公開日:2011-1-29
ロボコン、0点 (宇宙のめいぐると)
「GANTZ」
GANTZ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
“GANTZ”に召還され、“星人”と戦うことになるという独創的な設定でカリスマ的な人気を誇る「GANTZ」は、週刊ヤングジャンプで2000年7月から連載開始し、コミックスも累計1200万部を突 ...
GANTZ (とりあえず、コメントです)
人気コミックを二宮和也さん&松山ケンイチさん主演で映画化した作品です。 やっぱりこの二人がどんな演技を見せてくれるのか観てみたいなあと楽しみにしていました。 コミック未読のままチャレンジした物語は、とても不可思議で理不尽な世界が広がってました。
★GANTZ(2010)★ (CinemaCollection)
なぜ、戦うのか──。上映時間130分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2011/01/29ジャンルSF/アクション/サスペンス映倫PG12【解説】独創的にして謎に満ちたストーリー展開...
映画「GANTZ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「GANTZ」観に行ってきました。 集英社の青年漫画雑誌「週刊ヤングジャンプ」で連載中の同名作品実写映画2部作前編。 映画「大奥」で主役を演じた二宮和也と、映画「デスノート」シリーズでL役を担当した松山ケンイチが共演するということで大いに喧伝された...
『GANTZ』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 GANTZ 』 (2011)  監  督 :佐藤信介キャスト :二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜、綾野剛、水沢奈子、千阪健介、白石隼也、伊藤歩、田口トモロヲ、山田孝之、落合扶樹、土平...
「GANTZ」 存在意義を見つける戦い (はらやんの映画徒然草)
例によって原作未読ですが、「GANTZ」を観てきました。 よく考えたら今年に入っ
GANTZ (5125年映画の旅)
線路に転落した人を助けようとして列車に引かれた幼馴染の玄野と加藤。次の瞬間、二人は巨大な球体が置いてあるマンションの一室にいた。同じように、死んだ瞬間に転送され部屋に ...
映画 「GANTZ」 (塩ひとつまみ)
原作は未読です。 地下鉄の線路上で轢かれてしまった 玄野(二宮和也)と加藤(松山ケンイチ)が 次の瞬間に居たのは、とあるマンションの一室。 そこには、同じように転送されてきた人が何人かと 黒い大きな球体、GANTZ と呼ばれる物体が。 ガンツから発信...
★「GANTZ」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは2/1ファーストデーだったので、 1本1000円で映画が観れました。 3本観たうちの1本目。
No.238 GANTZ (気ままな映画生活)
【ストーリー】 累計1200万部を販売した奥浩哉の人気SFコミックを、アイドルグループ「嵐」の二宮和也と松山ケンイチ主演で実写映画化した2部作の前編。共演に吉高由里子、本郷奏多 ...
今どき人気コミックの主流?『GANTZ』 (水曜日のシネマ日記)
人気コミックを前・後編の2部作で実写版映像化したSFアクション映画です。
GANTZ (tom's garden)
監督佐藤信介 出演二宮和也(玄野計) 松山ケンイチ(加藤勝) 吉高由里子(小島多恵) 本郷奏多(西丈一郎) 夏菜(岸本恵) 早退して観に行ったのに、気分が落ちる映画だった。 若い時なら、単純に「かっこいい」って思えたんだろうな。 生きるため...
GANTZ (銀幕大帝α)
10年/日本/130分/SFアクション・サスペンス/PG12/劇場公開 監督:佐藤信介 原作:奥浩哉 出演:二宮和也、松山ケンイチ、吉高由里子、本郷奏多、夏菜、田口トモロヲ、山田孝之 <ストーリー> 地下鉄のホームに偶然居合わせた幼馴染みの玄野計と加藤勝は、....
GANTZ (いやいやえん)
原作は確か7巻くらいまでしか読んでません。 星人との戦いはバラエティに富んでいてなかなか面白く、独特の世界観も良かったし、導入からすぐ異世界に引きこまれるスピード感もいい。二宮和也さんを私があまり好きではない事を差し引いても、まあ良くできてるほうかと...