労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

のぼうの城 コミカルでキャスティングも変テコで下手すりゃB級になりそうなのに・・・!

2013-01-14 | いい映画観てますか?

=57 -6-】 明日の朝から米子で仕事なので前日入り、岡山から14時5分の特急やくもに乗るはずやったのに倒竹があったようで午前からその列車までが運休となる。
次の15時5分から運転再開となるのだが指定席は取れなかったので、2時間ちょっと立っては辛いしまだまだ時間はあるが寒い寒いホームにて自由席に並ぶ。
するとその15時5分発はなんと1時間35分遅れての発車、寒いホームで2時間半近く立っているのと、暖かい列車内で2時間立っているのとどっちが正解やったのかようわからんような状況やし…( ̄○ ̄)

  TOHOシネマズ1か月フリーパスポートによる12本目の鑑賞、原作を読んだ母が「おもろいで、あんたも読みや」と絶賛していた。
鑑賞後に知ったが、この映画は水攻めのシーンが「大津波」を連想させると言うことから上映が延期になった映画の一つで、しかももっとも上映に至ったのがもっとも遅かった作品なんだそうだ。

 天下統一目前の豊臣秀吉が、北条勢を攻めようとしている頃。周囲を湖で囲まれ「浮き城」の異名をもち、人々が平穏に暮らす武州・忍城には、領民から“のぼう様”と呼ばれ、誰も及ばぬ人気で人心を掌握する成田長親という城代がいた。やがて石田三成は、秀吉より預かった2万の兵を進め、忍城に迫ろうとする。武将に求められる資質を持たず、まさに“でくのぼう”のような長親は戦いを決意、たった500人の軍勢で迎え討とうとするが…。

 忍城(おしじょう)は、埼玉県行田市にあった城で、1590年(天正18年)、豊臣秀吉の関東平定の際、従兄弟の成田長親を城代とし城主・成田氏長は小田原城にて籠城、その家臣と農民ら3,000の兵が忍城に立てこもった籠城戦を題材にした映画。
先日、母が神奈川に来た時に小田原城を見学、小田原攻めについていろいろと学んだばかりだったので、余計にこの映画を楽しむことが出来た。
とは言え、史実とはいろいろと違うようではあるが。


 でも原作者の和田竜も監督の犬童一心・樋口真嗣(共同監督)も、けっして史実に忠実にする気はなかったようだ。
時代考証とか言葉遣いとかもあえてこだわらず、この忍城戦の機微だけはしっかりと描くのだという点に徹底的にこだわっているようで、そこがこの映画(原作も?)の魅力になったのではないだろうか。
とにかく野村萬斎と山田孝之の演技が素晴らしい、野村萬斎は狂言師としての魅力と俳優としての魅力を余すことなく発揮していて、彼の舞を観るだけでも価値有り。
山田孝之、自分はこの作品と「その夜の侍」「悪の教典」の3作品をここ最近に立て続けに観たのだけどほんまとんでもない役者やと思う、どんな役でも気持ち悪いくらいにはまり役で演じている。(そういえば自分にとって評価の高い邦画のほとんどに山田孝之が関わっているような気がする)


 この映画、リーダーシップとマネジメントを上手く描いた作品だった、きっと監督も原作者もそれほど意識したわけではないだろうけど、自分にはそんな映画に感じた。
なんか妙に勉強になってしまった不思議な映画だった。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (34)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大阪人は一冬に一度は日本海... | トップ | 悪の教典 伊藤英明、ちょっ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ヨシヒコ (sakurai)
2013-01-31 22:46:51
勇者ヨシヒコの連ドラはご覧になりましたか?
あれはアホな傑作!!
山田君がいないと成り立たない傑作だと思ってます。

良くも悪くも萬斉でしたね。
彼の個性が強すぎて、いろんなアラが吹っ飛んでしまいました。

管理人さん。
うちの長女が1月から大阪の住人になりました。
山形から名古屋に行って、今度は大阪!
どんどんと西に行って、今に天竺にまで行くんではないかと思います!
そんなこんなで、ひとつよろしく。何をよろしくなのかも不明ですが。。。
Unknown (ふじき78)
2013-02-02 01:50:30
こんちは。
山田君(っていうと「隣の」みたいだ)は細身じゃない所がいい具合に個性出てるなあ。にしても、前田吟とか映画に出て来るのは「通」っぽいなあ。妙にTVに出てる人が多いキャスティングとも思ったけど。
  その連ドラは見てないです (  sakuraiさんへ)
2013-02-04 10:33:32
  しかし山田君、たいした役者ですよね!
  そしてその通り、萬斎です、強烈すぎました、「さすが!」が満載でした。

  実は自分は昨年10月から関東に単身赴任しております。
  ひとつよろしくできないのです(_ _)
  逆に自分は山形に近づいたので、自分が山形に遊びに行ったときには、ひとつよろしく。
  ご無沙汰しておりました (  ふじき78さんへ)
2013-02-04 10:34:39
  そうねんですよね、なんかテレビぽかった。
  でもそこを萬斎が映画にしてましたよ。
  隣の山田君、爆!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

34 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
のぼうの城 (だらだら無気力ブログ!)
期待どおり楽しめた作品で、キャスティングがイイ!
のぼうの城  監督/犬童一心&樋口真嗣  (西京極 紫の館)
【出演】  野村 萬斎  榮倉 奈々  上地 雄輔  佐藤 浩市 【ストーリー】 天下統一目前の豊臣秀吉が、北条勢を攻めようとしている頃。周囲を湖で囲まれ「浮き城」の異名をもち、人々が平穏に暮らす武州・忍城には、領民から“のぼう様”と呼ばれ、誰も及ばぬ人気で人...
映画『のぼうの城』観てきたよ~~\(^^@)/ (よくばりアンテナ)
面白かった~~~!! もう一回観たいと思います! この作品で野村萬斎さん大好きになっちゃったわ~~~(*^。^*) 小説版を読んだのは2年前記事はコチラ その時は知らなかったんだけど、この作...
のぼうの城 (Akira's VOICE)
カタルシスは無いが達成感はある。  
『のぼうの城』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「のぼうの城」□監督 犬童一心□脚本・原作 和田竜□キャスト 野村萬斎、榮倉奈々、成宮寛貴、山口智充、上地雄輔、山田孝之、平岳 大、       西村雅彦、平泉 成、夏八木 勲、中原丈雄、鈴木保奈美、前田 吟、中尾明慶、  ...
のぼうの城/野村萬斎、榮倉奈々 (カノンな日々)
犬童一心監督の作品としてかなり珍しい感じの大掛かりでスペクタクルな時代劇だなぁと思っていたら樋口真嗣監督との共作だったんですね。戦のシーンなど大スペクタクルなところは ...
のぼうの城 (いい加減社長の映画日記)
時代劇は、そんなに好きじゃないんだけど、予告編を観ると、なかなか面白そうだったので・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 天下統一目前の豊臣秀吉は、関東の雄・北条勢を圧倒的軍勢で攻めようとしている頃、周囲を湖で囲まれ「浮き城」の異名をもち、人々....
のぼうの城 (佐藤秀の徒然幻視録)
のぼうの田楽、石田三成の猿楽 公式サイト。犬童一心、樋口真嗣監督、野村萬斎(振付も)、上地雄輔、榮倉奈々、佐藤浩市、成宮寛貴、山口智充、山田孝之、平岳大、前田吟、鈴木保奈 ...
【のぼうの城】人心は水より強し (映画@見取り八段)
のぼうの城        監督: 犬童一心、樋口真嗣    出演: 野村萬斎、榮倉奈々、佐藤浩市、市村正親、成宮寛貴、山口智充、上地雄輔、山田孝之、平岳大、西村雅彦、平泉成、夏八木勲、中原丈雄、鈴木保奈美、前田吟、中尾明慶、尾野真千子、芦田愛菜 公開: 20...
のぼうの城 (花ごよみ)
和田竜作「のぼうの城」を、 犬童一心監督と樋口真嗣監督で映画化。 実在した武将・成田長親を描く。 主演の成田長親(のぼう様)には野村萬斎。 のぼう様とはでくのぼうの意味で 領民から親しみをもって受けいられている。 和平交渉に向かった長束正家(平岳大)の....
『のぼうの城』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
天下統一を目前に控えた豊臣秀吉は、残る北条氏討伐のため大軍を持って本拠地小田原城を包囲し、その支城にも軍勢を差し向けた。忍城攻略に向かったのは石田三成を総大将とする二万の兵、対する忍城に立て篭もるのは僅か五百・・・。 和田竜のベストセラー小説『のぼうの...
のぼうの城 (映画と本の『たんぽぽ館』)
戦いまする                       * * * * * * * * *  本を先に読んでいて、大好きだったのと、野村萬斎ファンでもありますので、 すぐに見に行きました。 今作はもともと脚本として書かれたもので、 それを小説に書き直し....
《のぼうの城》・・・痛快で愉快な狂言芝居 (Kathura West)
のぼうの城 監督:犬童一心、樋口真嗣 キャスト:野村萬斎、榮倉奈々、成宮寛貴、山口智充、上地雄輔、山田孝之、夏八木勲、芦田愛菜、市村正親、佐藤浩市、他 2012/日本 オフィシャルサイト 史実に基づいた物語(フィクション)だということです。歴史男と...
のぼうの城 (勝手に映画評)
石田三成による忍城水攻めの史実を元にした映画。 2011年9月17日公開予定であったのですが、同年3月11日の東日本大震災をうけ、その水攻めのシーンが津波を思い起こさせるということから一転公開延期となった後、満を持しての公開です。いや、確かに水のシーンは、津波を...
のぼうの城 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) 野村萬斎なくして本作はあり得ない!それくらい嵌まってた
のぼうの城(2012-144) (単館系)
のぼうの城 MOVIX川口 天下統一を目指す豊臣秀吉は関東の雄・北条家に大軍を投じるも、その中には 最後まで落ちなかった武州・忍城(おしじょう)と呼ばれる支城があった。 その城には領民からでくのぼう...
映画「のぼうの城」 (FREE TIME)
映画「のぼうの城」を鑑賞しました。
「のぼうの城」三成の理不尽な要求に戦を選んだでくのぼうの人々を惹き付けて勝利した人心掌握術 (オールマイティにコメンテート)
「のぼうの城」は1590年に豊臣秀吉が北条小田原攻めの時に石田三成が攻めた成田長親守る忍城の攻防戦を描いた実話のストーリーである。天下統一目前の秀吉相手にわずか正規の ...
のぼうの城 (うろうろ日記)
試写会で見ました。舞台挨拶に野村さんと榮倉さんと上地さんがきていました。豪華です
『のぼうの城』 (beatitude)
戦国末期。天下統一を目前に控えた豊臣秀吉(市村正親)は、最後の敵、北条家に大群を投じていた。周囲を湖で囲まれ“浮き城”の異名を持ち、人々が平穏に暮らす“忍城”に対し、秀吉は2万の軍勢で落とすよう、寵愛の家臣・石田三成(上...
のぼうの城 (映画情報良いとこ撮り!)
のぼうの城 浮城と呼ばれる城に、のぼう様と呼ばれる成田長親が居た。 のぼうとは、どうやらでくのぼうと言う意味らしい。 彼は、人気だけは、抜群だった。 そんな城に2万の軍勢を従えた石田三成がやって来た。 成田長親は、わずか500名の兵で、応戦するこ...
★のぼうの城(2011)★ (Cinema Collection 2)
この男の奇策、 とんでもないッ! 上映時間 145分 製作国 日本 公開情報 劇場公開(東宝=アスミック・エース) 初公開年月 2012/11/02 ジャンル 時代劇/アクション 映倫 G 【解説】 一大ベストセラー『のぼうの城』の元になった和田竜の オリジナル脚本を、「....
映画・のぼうの城 (読書と映画とガーデニング)
2011年 日本 和田竜さんによる原作は読んでおらず、映画も鑑賞予定に入れていなかったのですが 口コミ情報での評判は上々、さらに佐藤浩一ファンの主人がどうしても行きたい、と言うので夫婦50割で観てきました 天下統一目前の関白、豊臣秀吉の命により小田原...
「のぼうの城」 (ゆっくり歩こ。)
この映画は予告編を観るたび興味アリ!でした 原作は本屋大賞で話題になってた時、読んでみたいと思いつつ・・・ 歴史モノが苦手なので やめたのを覚えています 石田三成とか・・ 名前はかろうじて知ってる程度 歴史はよくわかんないけれど・・・ 野村萬斎の演...
■のぼうの城 (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第286回「時間が経過したとはいえ、あのシーンには・・・」 今日の作品もどうしても見たいと思った作品ではありませんでした。その理由としては邦画であることに加え時代劇だということ。何千、何百もある作品の中から研鑽され配給される洋画と違い、邦画には駄作が多...
のぼうの城 (迷宮映画館)
わかりやすい作りと、半端ない存在感の萬斎さん。
「のぼうの城」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2012年・日本/CIエンタテインメント=アスミック・エース配給:東宝、アスミック・エース 監督:犬童一心、樋口真嗣特撮監督:尾上克郎原作:和田 竜脚本:和田 竜撮影:清久泰延、江原祥二音楽:上野耕路
のぼうの城 (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  和田竜のデビュー作であり、第29回城戸賞(2003年)を受賞した脚本『忍ぶの城』が映画化されたわけだが、『のぼうの城』というタイトルで書いた小説が大ベストセラーとなり、直木賞候補にまでなってしまったため、映画のタイトルも『のぼうの城』に変更した
『のぼうの城』を109シネマズ木場3で観て良し悪し半々ふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★ああ榮倉奈々が可愛いなあ。それが大事だよお】    まず、榮倉奈々が可愛い。 多分、この映画だから可愛いというのではなく、 榮倉奈々という生き物自 ...
「のぼうの城」 人の力と銭の力 (はらやんの映画徒然草)
和田竜さんの小説「のぼうの城」の映画化作品です。 こちらについては珍しく原作を先
『のぼうの城』('12初鑑賞89・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 11月3日(土・祝) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 11:15の回を鑑賞。
のぼうの城 (愛猫レオンとシネマな毎日)
豊臣秀吉が天下統一目前にして、唯一落とせなかった城゛忍城゛ 城主、成田長親は領民から゛のぼう様゛と慕われる男。 どんな奇策を使って、2万の豊臣軍に、わずか500人の軍勢で 挑んだのか? コレは面白かった!戦国痛快活劇としてオススメ! 震災の影響で、1年以...
のぼうの城 (Diarydiary! )
《のぼうの城》 2011年 日本映画 石田 三成率いる大軍が落とせなかった忍城、
のぼうの城 (いやいやえん)
これ劇場で見たかった作品でした。だって戦国時代でしょ、しかも忍城攻め。原作は弟がもっていたのですが、わざと未読。それでもキャスティングはどうかと思いましたよ、案の定でしたが。 忍(おし)城の攻防戦を描