労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

トータル・リコール SF映画としては上出来

2012-08-13 | いい映画観てますか?

=34 -4-】 火星に着陸した探査機「キュリオシティー」の映像をワクワクしながら見ている今日この頃、ずいぶん昔に火星に移住するという壮大なイメージでありながらしょぼかったシュワルツェネッガーのトータルリコールがリメイクされたというので、隙間時間を利用して鑑賞してきた。

 “記憶”が簡単に売買される近未来。世界は大きな戦争の果てに、正常な環境を失い、人々はわずかな土地で裕福なブリテン連邦と貧しいコロニーという二つの地域に分かれて暮らしていた。彼らは退屈な日常の中で、刺激を求めてリコール社の人工記憶を買いに行き、不満を解消していた。コロニーに住む工場労働者のクエイドもその一人。工場で働く毎日にふと嫌気が差し人工記憶センター、リコール社を訪れる。だが、彼の記憶が書き換えられようとしたその時、なぜか突然、ブリテン連邦の連邦警察官の襲撃を受ける。そこで自分の知らぬ戦闘能力を知り、困惑する。混乱の中、帰宅したクエイドは、今度は彼の妻ローリーに襲われる。「記憶を消され、新しい記憶を植えつけられただけ。ダグラス・クエイドなんて人間は、この世に存在しない」と話すローリーを振り切り逃げるクエイドは、その先に数々の謎メッセージと共にメリーナと出会う……。

 おやおや、設定は火星と地球ではないのね~ていうかSFXは当時より大進化しているにも拘わらず、さらに安っぽさが進化しているのはどうしてだろう。
スケール感や世界観までもなんか陳腐、とにかくアクションシーンだけでお話しを無理矢理に引っ張っていく、という映画でいささかストリー展開では退屈だった。
労働者が住むコロニーって地区が、混沌を描くためかアジア各地のスラムをかき集めたっぽくって鼻白むし、物語の芯も自体もシュワルツェネッガー版より微妙になっていて、分かりづらい。


 しかし、SF映画としての斬新さはかなりのハイレベルで、「お~っ!」と思わずうなるシーンがたくさん。
磁力によるホバー・カーや3次元エレベーターはなんとも理屈に合っててほんとうに近未来では出現しそうな出来映え、そして身体に埋め込む携帯電話というのにも驚いたがさらにその機能性についても斬新ですごい。
その他いろいろと感動したものがあるが、やはり№1といえば地球の中心を貫いて移動する「フォール」、いつかきっとこれは実用化されるぞ、いや実用化して欲しいと願ってやまない大変なアイデア!
特に地球の中心部であるコアの当たりを通過する際には重力が反転し、そしてその瞬間には無重力になるなんてのは、もうドキドキするし~すごいぜ!


 妻ローリーを演じるケイト・ベッキンセールの豹変ぶりがすげーっ、妻の時にはむちゃくちゃかわいらしくて愛らしくて「あー俺もあんな妻と暮らしたい!」ってなっていたのに、敵となった瞬間から鬼のような女に、「ぎゃー怖え~っ!」って。
その点では主人公の記憶の鍵を握る女性を演じたジェシカ・ビールはインパクトが弱く影が薄くなってしまった。

 エンドロールの後に何かあるかなと期待して最後まで座っていたけど・・・もう一押しが欲しかったな。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (47)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 友達に逢えるだけでテンショ... | トップ | あなたへ あの自作キャンピ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yutake☆イヴ)
2012-08-14 00:10:42
TBありがとうございます。

SF作品としてのレベルは高く
エンタメ度は高かったと思います。

ではでは☆
  コメントありがとうございます (  yutake☆イヴさんへ)
2012-08-14 06:58:15
  アクションのシーンをもう少し減らして
  その分のストーリーを掘り下げて欲しかったっす、自分としては。
ホントは・・・ (iina)
2012-08-22 10:15:03
>エンドロールの後に何かあるかなと期待して最後まで座っていたけど・・・
エンドロールが終わった最後に、ベッドから目覚めるというシーンがあるのは如何でしょう哉。
原作は、夢であったという話らしいですね。

>隙間時間を利用・・・
じつは、書記長もこの映画を観た気になってますが、ホントは観てないのです。
観た記憶を埋め込まれたにすぎません。どうか書記長の社労士としてのノウハウをiinaの頭に埋めてください。
  もしかしたらほんまそうかも(笑) (  iinaさんへ)
2012-08-22 13:42:14
  記憶の中をいろいろ触られたりするのってどんな感覚でしょう。
  記憶を封印したり、埋め込んだり、変えちゃったり・・・。
  きっと煩悩だらけの自分の記憶ですから、「Delete」されまくられそうで悲しいです。
  社労士としてのノウハウも「お前、労働組合やろ~」って変えられそうだ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

47 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画:「トータル・リコール」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成24年8月13日(月)。 映画:「トータル・リコール」。 監 督: レン・ワイズマン 原 作: フィリップ・K・ディック     「トータル・リコール(旧題:追憶売ります)」 キャスト: コリン・ファレル / ケイト・ベッキンセール ジェシカ・ビール /...
劇場鑑賞「トータル・リコール」 (日々“是”精進! ver.F)
陰謀を、阻止せよ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201208100001/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しますのでご安...
トータル・リコール (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
舞台が地球の裕福な人々が暮らす地域と搾取される地域に分けられて、主人公は体制維持の秘密を握っているという設定だ。記憶を操作できるようになった世の中では権力維持のために、他人のそれを操作する。主人公たちが繰り広げるアクションは洗練されていて、最新のサイエ...
トータル・リコール(2012) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4,5点】(10)(10) 息つく暇も与えない怒涛のアクションに瞳孔が開きっぱなし!
トータル・リコール(2012) (新・映画鑑賞★日記・・・)
【TOTAL RECALL】 2012/08/10公開 アメリカ 118分監督:レン・ワイズマン出演:コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセイル、ジェシカ・ビール、ブライアン・クランストン、ジョン・チョー、ビル・ナイ なりたい自分になれる記憶、あなたは買いますか? 容易に記憶を金...
「トータル・リコール」みた。 (たいむのひとりごと)
火星が舞台でシュワちゃん主演の1990年版から、舞台を地球に移してコリン・ファレルでリメイク。ストーリーがほとんど変わっていないこともあり古いような新しいような感じだが、古き良きSF映画を再現しつつ、
トータル・リコール (とりあえず、コメントです)
フィリップ・K・ディック著の短編小説を原作にしたSFアクションです。 シュワちゃん主演の1990年版があまりにもインパクトがあったので、 これをどうリメイクするのだろうとかなり気になっていました。 設定を変えた近未来の世界は、かなり大変なことになっていました~
トータル・リコール / Total Recall (勝手に映画評)
1990年にアーノルド・シュワルツェネッガー主演で映画化された『トータル・リコール』のリメイク。1990年の作品では火星が舞台だったが、今作では地球が舞台になっています。 なるほど、そう来ましたか。地球が舞台に変わって、抑圧された人々の事をどう描くのかと思った...
「トータル・リコール(2012)」 SF設定の使い方が絶妙 (はらやんの映画徒然草)
アーノルド・シュワルツェネッガー主演、ポール・ヴァーホーベン監督のオリジナルの「
映画『トータル・リコール』(2012)★ココゾの“フォール”の仕業に絶賛です! (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    映画 『トータル・リコール』 と言えば シュワルツェネッカー主演の前作☆で ・頭が層状にスライスされたのや ・火星で目玉が飛び出そう><というのが 強烈な印象でした。   記憶を買える旅行体験のはずが と...
「トータル・リコール」シュワ(太)⇒コリン(細)へ(^^;。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[トータル・リコール] ブログ村キーワード  あのシュワちゃん主演のSF超大作をリメイク!「トータル・リコール」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。いやリメイクったって、ついこの間の映画じゃなかったっけ?シュワちゃん版って…、なんて思って調べてみ...
トータル・リコール (だらだら無気力ブログ!)
テンポよくて面白かったな。
『トータル・リコール』 (beatitude)
“記憶”が簡単に売買される近未来。世界は大きな戦争の果てに、正常な環境を失い、人々はわずかな土地で裕福なブリテン連邦と貧しいコロニーという二つの地域に分かれて暮らしていた。彼らは退屈な日常の中で、刺激を求めてリコール社の人工記憶を買い...
トータル・リコール (とりあえず、コメントです)
フィリップ・K・ディック著の短編小説を原作にしたSFアクションです。 シュワちゃん主演の1990年版があまりにもインパクトがあったので、 これをどうリメイクするのだろうとかなり気になっていました。 設定を変えた近未来の世界は、かなり大変なことになっていました~
レン・ワイズマン監督『トータル・リコール (2012)』(Total Recall) (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。1990年に製作されたポール・バーホーベン監督、アーノルド・シュワルツェネッガー主演で製作された『トー タル・リコール』の正統派リメイク。出演はコリン・ファレル、ケイト・
トータル・リコール (Memoirs_of_dai)
ミスリードはいいから顔を割って!! 【Story】 容易に記憶を金で手に入れることができるようになった近未来、人類は世界規模の戦争後にブリテン連邦とコロニーの二つの地域で生活していた。ある日、工...
トータル・リコール (心のままに映画の風景)
大きな戦争によって荒廃した近未来。 人々はわずかな土地で裕福なブリテン連邦と貧しいコロニーという二つの地域に分かれて暮らしていた。 毎夜、悪夢にうなされるダグラス(コリン・ファレル)は、希望...
トータル・リコール (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Total Recall監督:レン・ワイズマン出演:コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセイル、ジェシカ・ビール、ブライアン・クランストン、・・・3つのおっぱいだけは記憶が甦った!
トータル・リコール・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
本当の自分は何者か? ポール・ヴァーホーヴェン監督、アーノルド・シュワルツェネッガー主演で、1990年に大ヒットしたSFアクション「トータル・リコール」のリメイク。 元々はフィリップ・K・ディックの...
トータル・リコール (ダイターンクラッシュ!!)
2012年8月11日(土) 19:20~ TOHOシネマズ川崎6 料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) 『トータル・リコール』公式サイト シュワルツェネッガー主演バーホーベン先生監督の傑作のリメイク。 日本公開前にビデオを入手したほど、大好きなオリジナルは、...
『トータル・リコール』でもリコールされないこと (Healing )
トータル・リコール ★★★ “記憶”に頼らず なりたい自分になればいい そう言っちゃうと、元も子もないんですが、 いわずと知れた、シュワちゃん主演、ポール・バーホーベン監督による 1990年の伝説的なSF映画を コリン・ファレル主演、『ダイ・ハード4.0』のレン・ワイ...
トータル・リコール (Total Recall) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 レン・ワイズマン 主演 コリン・ファレル 2012年 アメリカ/カナダ映画 118分 SF 採点★★★ 事実と異なることを“事実として記憶”するってのは、社会情勢を見るまでもなくよくあることですよねぇ。私も子供の頃のとある出来事を“記憶”してるんですが、...
トータル・リコール (to Heart)
なりたい自分になれる記憶、 あなたは買いますか? 原題 TOTAL RECALL 製作年度 2012年 上映時間 118分 原作 フィリップ・K・ディック 脚本 カート・ウィマー /マーク・ボンバック 監督 レン・ワイズマン 音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ 出演 コリン・ファレ....
映画「トータル・リコール」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2012/8/11、ユナイテッドシネマ豊洲。 当日は東京湾大華火祭のため、午後から駐車場、および周辺道路の 規制があるということだった。 最も大きい10番スクリーンでの上映。 ついこの間は「ダークナイト・ライジング」をやっていたはずだが、 そちらは2番目に....
トータル・リコール/TOTAL RECALL (いい加減社長の映画日記)
シュワちゃんのは、観てないんだけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 容易に記憶を金で手に入れることができるようになった近未来、人類は世界規模の戦争後にユーロメリカとニューアジアの二つの地域で生活していた。 ある日、工場で働くダグラス(コリン...
『トータル・リコール』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「トータル・リコール」□監督 レン・ワイズマン □脚本 カート・ウィマー□原作 フィリップ・K・ディック □キャスト コリン・ファレル、ケイト・ベッキンセール、ジェシカ・ビール、       ブライアン・クランストン、ボキー...
映画「トータル・リコール」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「トータル・リコール」観に行ってきました。 1990年にアーノルド・シュワルツェネッガー主演で劇場公開された、同名アメリカ映画のリメイク作品。 今作ではコリン・ファレルが主人公を担っています。 リメイク版「トータル・リコール」では、旧作のそれとは...
「トータルリコール」(2012) (INUNEKO)
コリン・ファレルがまたリメイクでやらかした、てな口調でけちょんけちょんに笑ってやるくらいのつもりで見に行ったのですが…。 SF好きのツレのおともだし。 現場があまりにもあまりにもマジメにやっているので、悪口を言いにくい感じに。 全体、まったくのクソなんです...
「トータル・リコール」 (きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ))
シュワちゃん版が好きだったので 予告を見る限りではハズレだと思いつつ そのハズレ加減を確かめに行ってきましたが、 はっきり言って、つまらなかったです。 「ブレードランナー」な街並みに 「フィフスエレメント」のような交通システムに 「スター・ウォーズ」の帝国....
トータル・リコール (風に吹かれて)
あなたの記憶は本物?CGの進歩はすごい公式サイト http://www.totalrecall.jp1990年の同名映画(ポール・バーホーベン監督;アーノルド・シュワルツェネッガー主演)のリメイク原作
トータル・リコール (ケントのたそがれ劇場)
★★★  1990年にアーノルド・シュワルツェネッガー主演で製作されたSF大作のリメイク版である。このオリジナルを観たのは、もう22年も昔の事なので、その内容については余り詳細には覚えていない。覚えているのは、当時まだ絶頂を極めていた赤絨毯の大劇場『新宿プ
「トータル・リコール」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:Total Recall)映画の設定自体が噴飯物である。21世紀末の地球は戦争によってほとんど人が住めない状態になっており、わずかに上層階級中心のブリテン連邦と下層階級民ばかりの豪州のコロニーの2か所のみが居住地域として機能している。地球の真ん中を貫通....
完全記憶能力 (Break Time)
今朝は、曇りがちで湿度が在り・・・・
『トータル・リコール』(2012) (【徒然なるままに・・・】)
フィリップ・K・ディックの短編小説『追憶売ります』二度目の映画化!――ではなく、ポール・バーホーヴェン監督、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の映画『トータル・リコール』のリメイク版です。 シュワちゃんが演じたダグラス・クエイドはコリン・ファレル、...
トータル・リコール (そーれりぽーと)
ポール・バーホーベン監督作のリメイクって事で、いろんな意味で期待していなかった『トータル・リコール』を観てきました。 ★★★ シュワちゃん版『トータル・リコール』の地球→火星のシチュエーションが地球上での出来事になったくらいで、ほぼ同じプロットをなぞっ...
■トータル・リコール [映画] (*Hello Nico World)
『トータル・リコール』(2012)アメリカ  監督:レン・ワイズマン 出演:コリ
映画を観た~トータル・リコール 日本語吹替え版~ (垂直落下式どうでもいい話)
本文はこちら→
『トータル・リコール』(コリン・ファレル版) (ラムの大通り)
(原題:Total Recall) ----これって、あのシュワちゃん主演のSFのリメイクだよね。 観る前まで、あまり期待していなかったようだけど…。 「うん。 予告編を見ても、前作と似たようなシーンがたくさんあるし、 おまけにナレーションの雰囲気までそっくり(な気がする)...
「トータル・リコール」 Total Recall (2012 SONY) (事務職員へのこの1冊)
ケレン味たっぷりポール・バーホーベン監督&普通の人の役は無理ですアーノルド・シュ
■トータル・リコール(2012) (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第275回「原作は同じだが、テイストは違った作品に・・・」 SF作家の大御所「フィリップ・K・ディック」の短編「追憶売ります」をポール・バーホーベン監督により、主演アーノルド・シュワルツェネッガーで映像化された「トータル・リコール」が公開されたのは19...
トータル・リコール (ここなつ映画レビュー)
安心して鑑賞できる作品。というと、語弊があるかもしれないけれど、SFの構成がきちんとしていて、こういう作品にしては珍しく論理の破綻がない。近未来都市の都市構造も映像もリアルだし、描写にはダイナミズムがある。それも、ある種の暗い、影のあるダイナミズム。...
「トータル・リコール」感想(簡易版) (流浪の狂人ブログ ~旅路より~)
 フィリップ・K・ディック「追憶売ります」原作。アーノルド・シュワツェネッガー主演で大ヒットしたSFアクションを、「アンダーワールド」のレン・ワイズマン監督、「アレキサンダー」のコリン・ファレル主演でリメイク。
トータル・リコール (いやいやえん)
シュワちゃん主演の「トータル・リコール」のリメイク。コリン・ファレル主演。 シュワちゃん版は私大好きな作品のひとつです。小さい頃に見たものだから、色々強烈に写ったんだよね。で、これ。火星はないしで色々変わってます、もはや別の映画。 SFとしての世界観...
トータル・リコール (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじ】  近未来、“記憶”は簡単に売買されるようになっていた。大きな戦争を経て正常な環境を失った世界で、人々はわずかな土地を、裕福なブリテン連邦と貧しいコロニーという2つの地域に分けて暮らしている。退屈な日常に飽き、刺激を欲した人々は、人工記憶セン...
トータル・リコール (銀幕大帝α)
TOTAL RECALL 2012年 アメリカ 118分 SF/アクション PG12 劇場公開(2012/08/10) 監督:レン・ワイズマン 製作総指揮:レン・ワイズマン 原作:フィリップ・K・ディック『追憶売ります』 出演: コリン・ファレル ケイト・ベッキンセイル ジェシカ・ビール...
それは~ まぎれもなく~ ヤツさ~♪ (RISING STEEL)
何度聞いてもお洒落でカッコイイテーマソングです というわけで常々、漫画「コブラ」と出だしがそっくりだといわれるこの作品をレビュー。 トータル・リコール / TOTAL RECALL 2012年 アメリカ映画 コロンビア製作 監督:レン・ワイズマン 製作:ニー...
【映画】トータル・リコール…の記事&2014年あけましておめでとうございます! (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
皆様、新年あけましておめでとうございます 当ブログ、今年(もなんとか)始動できました 本年も宜しくお願いいたします さて、まずは近況から… 2013年12月31日(火曜日・大晦日)は、帰省した友人がお土産(東京バナナの花柄のヤツ)も持って遊びに来てくれました。で...