労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

源氏物語 千年の謎 現実と物語と自分の夢の中を行ったり来たり・・・(^-ω-^)Zzz..

2011-12-19 | いい映画観てますか?

=66 -12-】 「世界最古の長編小説」または「世界最古の恋愛小説」、昔からなんども何度も読もうと思って結局挫折しまくった源氏物語、、徹底的に映画やドラマや舞台に使われてきたであろう、今回の映画「源氏物語 千年の謎」の原作はコミックだそうだ。

 平安王朝の時代。才女との誉れ高い紫式部は、時の権力者、藤原道長の娘、彰子の女房として宮中に仕えていた。娘を中宮にし、権力を振るいたい道長は、帝の心が娘に向くよう、紫式部に物語を書くよう命じる。式部が綴る「源氏物語」の主人公・光源氏は輝く美貌と雅やかさで、宮中の女性を夢中にさせる。物語は見事、帝の心を掴み、晴れて彰子は帝の后となる。道長の野望は叶った。しかし、それでも式部は物語を書き続けるのだった。


 「光源氏と恋人たちのめくるめく情事が官能的に描かれる!」みたいな、もっとエッチな場面山盛りの映画だと、実は勝手に想像していたけど、映像は至って健全だった・・・...ρ(。 。、 ) チェッ
だからあまりドキドキすることもなく、淡々とお話しが進んでいくのだった・・・ρ(-.-、) ソウカヨソウカヨ・・・
彰子(蓮佛美沙子)、桐壺更衣(真木よう子)、藤壺(真木よう子:二役)、葵の上(多部未華子)、夕顔(芦名星)、みんな艶やかで美しく可愛かった。
でもさあ、話しが話しなんやから、もうちょっと色っぽくてもよかったんじゃね?(≧血≦;) グォオオオッ!!
衣擦れの音が典雅で耳に心地よかったが、それは着物を脱ぐときの音ではなくて、そそと歩くときの音やし・・・ヾ( ̄o ̄;)チガウッテバ...


 六条御息所を演じる田中麗奈、なっちゃんももう三十路、この映画の中では(源氏物語の中では)年増の貴婦人で嫉妬心から生き霊になってしまうという恐ろしい役柄、あのなっちゃんがこんな役をやるのだ~顔も怖かった・・・。
しかし何が怖かったって弘徽殿女御を演じる室井滋のエキセントリックな演技、顔もそうとう怖くて、この人だけがこの映画では異質で別の意味で恐怖。


 もっと文学的な内容だと思っていたが、そうでもなかったのが意外、藤原道長と紫式部とが絡む現実の世界と、光源氏の物語の世界、その両方を行き来する陰陽師(安倍晴明)、映像はどこまでも雅で色彩豊かで、リズムはゆったりとまさに平安朝、おかげで見ている自分は2つの世界と自分自身の夢の中(^-ω-^)Zzz..を行ったり来たり。

「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば」
界最古の恋愛小説「源氏物語」の誕生秘話が今明かされるという映画のキャッチコピー、その答えは紫式部の立場から見ればいいのか、それとも藤原道長の立場から見ればいいのか・・・どっちにしても安倍晴明を妙に多用しすぎてしまってそこの追求が曖昧なものになってしまったのが残念。
最後の最後で、光源氏と紫式部がすれ違うシーンで、なんとか取り繕えていたとは思うけど、ね。

 あ~あ、もっとお色気満載だったら良かったのになあ~俺的には←しつこい!・・・゛(6 ̄  ̄)ポリポリ

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (9)   トラックバック (39)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うろうろさ迷ったけど結局波... | トップ | 仕事前に若狭にてさくっとサ... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (のら)
2011-12-19 15:20:21
TBありがとうございました!確かにお色気シーンはすくなかったですねぇ^^;
私は「源氏物語」を漫画化した「あさきゆめみし」の大ファンでしたが、それに比べてみても。

どうも安倍晴明登場シーンで鼻白んでしまいました・・
TB、ありがとうございます。 (みぃみ)
2011-12-19 16:04:01
>「光源氏と恋人たちのめくるめく情事が官能的に描かれる!」みたいな、もっとエッチな場面山盛りの映画

なはははっ。私も、実のところ、期待していました。美男子2人と綺麗どころの女優陣が繰り広げるめくるめく情事を(/-\*)(照)。

でも、よく考えると売り出し中の若手美男子とパパになったばかりの爽やかさん。

そっちから攻めたのね~、と、麗奈ちゃんと中谷さん。。。そして、「女の愛」に驚愕し、名作に隠された秘密の部分を楽しみました。
こんにちは☆ (yutake☆イヴ)
2011-12-19 18:14:48
こんにちは☆
ご訪問&TBありがとうございます。
コメント欄無く失礼しておりますが、どうかよろしくお願いします。

いつもありがとうございます☆
Unknown (さいあき)
2011-12-19 18:17:06
「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば」の出典は藤原実資の小右記で、藤原家の栄華を象徴する歌として有名ですね

傲慢で何でもできると思っていた金正日のような道長が叶わぬ恋に悶々とするのでしょうか?

そのへんの悶々描写は濡れ場がないと伝わらないなぁ(笑)


  安倍晴明がねえ~(笑) (  のらさんへ)
2011-12-21 20:13:11
  「あさきゆめみし」で源氏物語に親しんだ人って多いのですね。
  自分は読んでいませんが、そうなんですか、もう少しお色気ありますかo(^o^)o ワクワク
  え?そこちゃう?
  味方がいてくれた!(笑) (  みぃみさんへ)
2011-12-21 20:20:27
  生田斗真と東山紀之、中谷美紀には迫力負けしていました。
  そしてオカルトシーン、長すぎました。
  しかし、みぃみさんのブログの記事のおかげでいろいろ勉強になりました!
  そういう映画だったのか!!
  こちらこそ (  yutake☆イヴさんへ)
2011-12-21 20:21:22
  いつもいつもありがとうございます!
  さすが文学原始人! (  さいあきさんへ)
2011-12-21 20:25:50
  この歌は知ってましたが、意味はまったく違うように解釈してまして、ちょっと恥ずかしいです。
  道長が悶々とするのではなくて、悶々とするのは紫式部です。
  でも悶々の意味が少し違う気がしますが。
  この映画の芸術性を高めるという純粋な意味で、濡れ場が欲しかったです!( ̄^ ̄)
日本インターネット映画大賞募集中 (日本インターネット映画大賞)
2011-12-26 21:52:25
突然で申しわけありません。
現在2011年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。
投票は1/19(木)締切です。
ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
なお、twitterも開設しましたので、フォローいただければ最新情報等配信する予定です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

39 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
源氏物語 千年の謎(映画)見てきました。 (「しつこく」新×3もろもろ日記)
色々と感想も読んでいたので期待値は下げていったため 「そんなに悪くないけどなぁ」というのがあります。 生田斗真くんがミスキャストという意見もあるようですが 今、光り輝く若い公達(きんだち)をやらせて様になるという 人はなかなかいない気がしますよ。品のよさ....
源氏物語 千年の謎 (LOVE Cinemas 調布)
日本最古の恋愛小説「源氏物語」をモチーフに作者の紫式部の生きる現実世界と光源氏の生きる物語の世界が交錯する。監督は『愛の流刑地』の鶴橋康夫。主演は『ハナミズキ』の生田斗真と『阪急電車 片道15分の奇跡』の中谷美紀。共演に東山紀之、窪塚洋介、真木よう子、多...
源氏物語 千年の謎 (あーうぃ だにぇっと)
源氏物語 千年の謎
2011年11月30日 『源氏物語 ~千年の謎~』 朝日ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『源氏物語 ~千年の謎~』 を試写会で鑑賞です。 豪華な女優陣なんですが・・・ ここまで魅力的に撮られていないとグーの根も出ません。 【ストーリー】  平安時代、娘が帝の子を産むことを望む関白・藤原道長(東山紀之)は、紫式部(中谷美紀)にある命を下す。そ...
源氏物語 千年の謎 (新・映画鑑賞★日記・・・)
2011/12/10公開 日本 136分監督:鶴橋康夫出演:生田斗真、中谷美紀、窪塚洋介、東山紀之、真木よう子、多部未華子、芦名星、蓮佛美沙子、室井滋、田中麗奈、榎木孝明、甲本雅裕、尾上松也、東儀秀樹、佐久間良子 千年の時を越え、今、「源氏物語」誕生の秘密が明かさ....
映画:「源氏物語 千年の謎」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成23年12月14日(水)。 映画:「源氏物語 千年の謎」。 【監 督】鶴橋康夫 【監 修】朧谷寿 【脚 本】川崎いづみ 【原 作】 高山由紀子 【キャスト】生田斗真 (光源氏)・中谷美紀 (紫式部)・窪塚洋介 (安倍晴明)       東山紀之 ...
【源氏物語 千年の謎】(「源氏物語」簡単講座つき感想) 田中麗奈ブラボー! (映画@見取り八段)
源氏物語 千年の謎 監督: 鶴橋康夫    出演: 生田斗真、中谷美紀、東山紀之、真木よう子、田中麗奈、窪塚洋介、多部未華子、芦名星、蓮佛美沙子、榎木孝明、甲本雅裕、東儀秀樹 公開: 2011年...
「源氏物語 千年の謎」みた。 (たいむのひとりごと)
恋愛絵巻『源氏物語』と、その作者である紫式部の現実の恋物語が同時進行、あるいはクロスして描かれている作品。見送っても良いくらいに思う映画なのだけど、中谷美紀に真木よう子という私的に注目の女優さんの共演
源氏物語 千年の謎 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
源氏物語 オリジナル・サウンドトラック古典文学をフレッシュなキャストで映像化した「源氏物語 千年の謎」。現実世界と物語世界を交錯させた構成は新機軸で面白い。平安時代。絶 ...
源氏物語 千年の謎 (佐藤秀の徒然幻視録)
書くことは呪うことだ 公式サイト。高山由紀子原作、鶴橋康夫監督、生田斗真、中谷美紀、窪塚洋介、東山紀之、真木よう子、多部未華子、芦名星、蓮佛美沙子、室井滋、田中麗奈、 ...
源氏物語 千年の謎 (花ごよみ)
光源氏が主人公の物語と、 その物語の作者である、 紫式部の秘められた恋。 物語の世界と現世の交差、 二つの愛の世界が交じり合った「源氏物語」。 監督は鶴橋康夫。 制作総指揮は角川歴彦。 主人公・光源氏は生田斗真。 紫式部は中谷美紀、 式部が思いを寄せる藤原道...
源氏物語 千年の謎 (★the tip of the iceberg★氷山の一角)
東儀秀樹さんがエンディングテーマを手掛け、篳篥を披露されています。ちゃんと役柄もありまして、一条天皇を演じています。ここでピンと来るべきでした。作品内で本格的な舞楽・雅楽シーンが盛り込まれています。舞楽・青海波「雅楽」ってどんな音楽? 実は昨日、中3の...
『源氏物語 千年の謎』…眠っちゃったよ~( ̄ω ̄;) (beatitude)
絢爛豪華な平安王朝の時代。一条帝の心を娘の彰子(蓮佛美沙子)に向けさせようと企む時の権力者・藤原道長(東山紀之)は、紫式部(中谷美紀)に物語を書くよう命じる。その物語の題名は『源氏物語』。主人公は今上帝と桐壺更衣(真木よう子)の間に生まれた光源氏(生田...
映画「源氏物語 千年の謎」@有楽町朝日ホール (新・辛口映画館)
 試写会の客入りは7割くらい。女性客9:男性客1くらいの割合で、和服姿の女性客が多数来場していた。   源氏物語 千年の謎(生田斗真 主演) [DVD]Amazonアソシエイト by
「源氏物語 千年の謎」多くの女を愛した先にみた嫉妬心に駆られた悪霊と想い人への意思表示 (オールマイティにコメンテート)
「源氏物語 千年の謎」は平安時代に活躍した作家、歌人紫式部の「源氏物語」を映画化した作品で、紫式部が藤原道長に依頼されて書き始めた源氏物語を執筆していくうちに紫式部に込 ...
源氏物語 千年の謎☆千年の時を越え、 (☆お気楽♪電影生活☆)
今、 「源氏物語」誕生の秘密が明かされる――
源氏物語 千年の謎 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
日本史上に残る恋愛小説『源氏物語』を、大胆な解釈で主人公・光源氏と作者・紫式部の恋を並行して描いた歴史絵巻。「ハナミズキ」の生田斗真、「小川の辺」の東山紀之、「阪急電 ...
「源氏物語 千年の謎」 物語世界に投射される女の情念 (はらやんの映画徒然草)
世界最古の恋愛小説と言われる「源氏物語」。 それを書いたのは紫式部であるというの
源氏物語 千年の謎 (pure\'s movie review)
2011年 日本作品 136分 東宝配給STAFF監督:鶴橋康夫脚本:川崎いづみ 高山由紀子原作:高山由紀子『源氏物語 悲しみの皇子』CAST生田斗真 中谷美紀 東山紀之 真木よう子 田中麗奈 多部未華子なかなか面白かった。面白かったんだけど、豪華絢爛な舞台と気品ある言....
源氏物語 千年の謎 (Diarydiary! )
《源氏物語 千年の謎》 2011年 日本映画 藤原道長に頼まれ彰子が一条天皇の寵
源氏物語 千年の謎 (とりあえず、コメントです)
源氏物語の誕生の謎をベースに平安の貴族の恋愛模様を描いた作品です。 どのような華麗なる世界がスクリーンに広がるのだろうかと楽しみにしていました。 期待通りの美しい絵巻のような世界と、現実と幻想が混ざり合ったような展開に魅せられました。
源氏物語 千年の謎(2011-112) (単館系)
源氏物語 千年の謎 源氏物語は紫式部が書いた書物とされ それの新解釈(?)の映画化。 藤原道長(東山紀之は、娘が天皇の寵愛を得るために 娘の女房役である紫式部(中谷美紀)に誰もが夢中になるよ...
源氏物語 千年の謎/生田斗真、中谷美紀 (カノンな日々)
日本人なら誰もが何らかの形で一度は触れたことがありそうな世界最古の長編恋愛小説『源氏物語』。その誕生秘話を新解釈で描くスペクタクルな歴史絵巻物語りです。『源氏物語』の ...
『源氏物語 千年の謎』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「源氏物語 千年の謎」 □監督 鶴橋康夫 □脚本 川崎いずみ、高山由紀子□原作 高山由紀子 □キャスト 生田斗真、中谷美紀、窪塚洋介、東山紀之、真木よう子、多部未華子、芦名 星、       蓮佛美沙子、室井滋、田中麗奈、榎木...
源氏物語 千年の謎 (かこぶろ。)
こちらも注目です。 7日(水)22:00~NHK 「歴史秘話ヒストリア」 「わたしが愛した光源氏~“源氏物語”女たちのドラマ~」  1000年前、突如、現れた奇跡の恋愛小説「源氏物語」。  “イケメン光源氏の相手は、絶世の美女ばかり”と思いきや、実は意外とそうでもない...
源氏物語 千年の謎 (こみち)
JUGEMテーマ:邦画  おこちゃまには、官能的過ぎたのでしょうか  映画を見ながらもそもそとしているお嬢様がたが   見受けられました。内容的には15禁でしょうか。   紫式部は、源氏物語をとおして藤原道長への ...
源氏物語 千年の謎  監督/鶴橋 康夫 (西京極 紫の館)
【出演】  生田 斗真  中谷 美紀  東山 紀之  真木よう子  田中 麗奈 【ストーリー】 平安王朝の時代。才女との誉れ高い紫式部は、時の権力者、藤原道長の娘・彰子の女房として宮中に仕えていた。娘を中宮にし、権力を振るいたい道長は、帝の心が娘に向くよう、紫式...
映画「源氏物語 千年の謎」 (しづのをだまき)
2011 日本
*『源氏物語 千年の謎』* (~青いそよ風が吹く街角~)
2011年:日本映画、鶴橋康夫監督、生田斗真、中谷美紀、窪塚洋介、東山紀之、真木よう子出演。
『源氏物語 千年の謎』 ('11初鑑賞178・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 12月29日(木) 109シネマズHAT神戸 シアター2にて 13:20の回を鑑賞。
「源氏物語 千年の謎」:無常感が無くて・・・ (大江戸時夫の東京温度)
映画『源氏物語 千年の謎』は、まあ予期した通りのつまらなさ。ちょうど10年前の東
源氏物語 千年の謎 (ルナのシネマ缶)
実は歴史の中で 平安時代は、なんか雅だし 妖怪や陰陽師が活躍するので 1番好きだったりします。 なので、評判はさておき 観てきました。 (だから、来年の大河もちょっと 楽しみだったりして・・・笑) 平安時代、権勢を誇っていた藤原道長(東山紀之)は、 ...
「源氏物語 千年の謎」 (みんなシネマいいのに!)
 「源氏物語」は日本映画の定番ネタで時々、思いついたように作られる。 もともと話
源氏物語―千年の謎― (映画的・絵画的・音楽的)
 『源氏物語―千年の謎―』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作では、原作小説(注1)に従って、光源氏を中心とする純然たるフィクションの物語と、紫式部を中心とするいわば“映画的”な「現実」の物語とが交錯して描かれていて、その狙い自体は随分と興味をひかれ...
源氏物語 千年の謎 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
源氏物語 千年の謎'11:日本◆監督:鶴橋康夫「愛の流刑地」◆出演:生田斗真、中谷美紀、窪塚洋介、東山紀之、真木よう子◆STORY◆平安王朝の時代。才女との誉れ高い紫式部は、時の権力 ...
映画『源氏物語 千年の謎』を観て (kintyre's Diary 新館)
11-89.源氏物語 千年の謎■配給:東宝■製作年・国:2011年、日本■上映時間:136分■鑑賞日:12月19日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■入場料:0円(招待券)□監督:鶴橋康夫□原作・脚本:高山由紀子□脚本:川崎いづみ□撮影:藤石修□照明:磯野...
源氏物語 千年の謎 (いやいやえん)
文字というのは不思議なもので、後に残り後を引く。書いた物語は彼女の願望であろうか、そう考えると愛欲に狂い嫉妬に走るいわば「女」というものに現実味がでてくる。六条御息所の女の情念は、式部の修羅そのものな
源氏物語 千年の謎 (のほほん便り)
絢爛豪華な平安王朝の時代を美男美女達が演じてるのが目の保養。 藤原道長(東山紀之)は娘・彰子に帝の心を向けさせるため、紫式部(中谷美紀)に物語を書くよう命令する。 紫式部が綴る「源氏物語」はたちまち帝の心を掴み… ってあたりの二重構造が斬新だったで...
源氏物語 千年の謎 (のほほん便り)
絢爛豪華な平安王朝の時代を美男美女達が演じてるのが目の保養。 藤原道長(東山紀之)は娘・彰子に帝の心を向けさせるため、紫式部(中谷美紀)に物語を書くよう命令する。 紫式部が綴る「源氏物語」はたちまち帝の心を掴み… ってあたりの二重構造が斬新だったで...